2010年11月03日

『活き活きしましょう!』

チーム桜子、水野ことえです!


皆様、お元気でお過ごしですか?

急に寒くなったり、台風が来たり、、、と、

政治以外でも何かと気苦労が絶えませんね(泣)


私は10月31日、靖国神社に行って参りました。


10年前の私には考えられないことですが(汗)

無性に、行きたくて行きたくて、仕方がなくなるんです。


あ、前日の30日は家族揃って

「教育勅語」を朗唱致しましたよ!


120年前の人々は、

どのような心持ちで読んでいたのかしら?

と、思いを馳せながら、、、。


2ヶ月半ぶりに訪れた靖国神社は、

相変わらずの清々しさで、

まだまだ未熟な私を優しく迎え入れて下さいました。

いつ来ても、良い気持ちになります。


いつものように、まず参拝。

そして、最後にまた手を合わせ、

「日本と世界のお役に立てますよう、

日々精進致します。ありがとうございます。」

と、いつもの様に唱えましたが、

今日はもう一言付け加え、

「尖閣諸島に自衛隊が配属されますよう、

どうぞお力添え下さい」

と、お願いして参りました。


私はいつも、自分にも言い聞かせるのですが、

いくら世の中が、日本が、

大変なことになろうとも、

私は日本人として、

日本の素晴らしさを感じ、知る人として、

誇りと自信をもって、活き活きとしていよう!と。


命がけで日本のために尽くした先人の方々は、

私たちが毎日ニュース等を見て、

くよくよしたり、げんなりしている姿なんか

見たくないはず!と、思うのです。


日本って最高だわ!!!

大御神様、ありがとうございます!!!

天皇陛下、ありがとうございます!!!

ご先祖様、ありがとうございます!!!


日本に尽くしてくださった、全ての人、生き物、

ありがとうございます!!!


よっしゃ!絶対に守ったる!!!


と、前向きに、

必ず良くなる!良くする!と信じて、

日々、活き活きとしましょうよ!!!



と、、、

私は天然担当でお願い致します(笑)


以上!

こんな時代だからこそ、日本を謳歌しましょう!

の、水野でした。

ありがとうございました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 水野ことえ

2010年08月15日

『乳幼児教室』

お久しぶりです!チーム桜子、水野ことえです!

皆様お元気でお過ごしですか?


私は、長男が夏休みに入った事もあり、

この暑さで溶けそうになりながらも(笑)

毎日のように、お弁当持参で

公園やら動物園やらに出かけ、

夏の日々を子供達と謳歌しております!


お蔭様で、立派な土方焼けをしましたよ!


しかしながら、内心は

「私って、はりきり主婦じゃない!格好いい!」

とノボセております(笑)



さてさて、本題(笑)


前回予告しました通り、

今回は

「新教育者連盟」の催している乳幼児教室について

お知らせ致します。

とても素晴しい教室なので、是非ご一読下さい!


大まかな流れは、

まず、朝の会

(礼法、奏楽、皇居遥拝、国歌斉唱、園長先生のお話、

教育勅語唱和、歌、古事記紙芝居等)


そして、母子別授業になり、

子供たちは

明治神宮内の散策や東郷神社に参拝に行き、

お母さん達は

子育てのお話や、和歌、書道を習います。

その後、さよならの歌を歌って解散になります。


私と娘は前年度(娘がまだ1歳半に満たない頃)から

通わせて頂いておりますが、

1年間通って、娘はこちらが思う以上に、

素敵に成長しております。


例えば、君が代を口ずさんだり、、、

    教育勅語も少し覚えていたり、、、

    正座(らしき座り方?)が出来るようになったり、、、
    

私も沢山の事を学んで、

子供や、家族、周りの人たちとの

上手な生活の仕方や、

どのような事を理想にするか、、、等、

少しは成長出来たかなぁ?と思います、、、うふふ(笑)



でも、やっぱり

「通って良かった!」と一番思える事は、

日本人らしさを学べた事です!


和歌や、書道とはどのような事なのか、、、

季節ごとにある行事の意味は、、、等々、

ここでは書き切れない程沢山の日本の事を、

園長先生や、素晴らしい先生方に教わりました。


現代は、

私も含め「核家族」の時代です(泣)


子育てをしていると、

不安になり、寂しくなったりもしますよね。

そういう意味でも、本当に良い場所です。

だって、憂国な奥様友達が出来ますから!


是非是非、見学に来てください!


お問い合わせ「新教育者連盟

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 06:28| Comment(4) | TrackBack(1) | 水野ことえ