2011年09月23日

『フジテレビのデモに行ってきました!』

チーム桜子・加藤美奈子です。

みなさんご無沙汰しておりました。

19日にフジテレビ前のデモに行ってきましたので報告します。

先月のデモにも行きたかったのですが、都合が合わず、

やっと今回参加できました。


2011091913180000.jpg

テレコムセンターに集まる人々


2011091914170000.jpg

見上げるとフジテレビ社屋


2011091914290001.jpg

第一梯団から前方をみる


けっこうな騒ぎになりました。

話題はデモが終わってからです。


デモ中にフジ前に掲げてある国旗が

あまりにもボロボロで、

わたし達のもっている日の丸とは、

白地の色が全然違ううえに、端がボロボロで、

しかも3つあるポールの端に掲げてあり、

「フジテレビの日本に対する扱いそのものだな」…と

やや怒りがわいてきました。


2011091916520000.jpg

端がボロボロで色が周りと比べて全然ちがう、かわいそうな日の丸



しかし、なにせ日教組教育からやっと抜け出した身なので、

旗をみて「ひどい…」とつぶやくのみで済ませていました。


デモ直後にフジテレビ前で集まった時に、

水島社長が、「このボロボロの日の丸を

新しい綺麗なものに変えてもらいましょう」

と言ったので、旗を綺麗なものに変えるくらいなら、

なんの断る理由もないのでやってくれるだろう、

と思って、待っていました。


私の周りのみなさんは全員

その場を離れずに待っていました。


ところが1時間くらい待ったり話し合ったり

待ったりしているあいだに、

なんで綺麗な国旗を上げるのがそこまでいやなのか、

普段のフジテレビの態度を思い出すと、

しだいに日本と日本国民に対する態度

まさにそのもので共通すると思えてきて、

さらなる怒りがこみ上げてきました。


フジテレビなら、韓国の国旗を

あんなボロボロで揚げておくはずはありません。
 

日教組教育のままの私だったら、

たぶんボロボロであることが

そんなに悪いことだとあまり気付かないけれど、

指摘されたら、

「ああたしかに、国民から電波を借りているし、

フジテレビは日本有数の大企業だし、

国民の皆さんに見てもらっているわけだし…

たしかにみっともない。外国の方も来るし。

他国の国旗をあんなボロボロで飾っていたら、

その国に対する侮辱になるわけだし…」等々考えて、

「んじゃ新しいの持ってきて変えますよ。」

とサッと変えるはずです。


日教組教育を受けても、ものすごく左でないかぎり、

特に変えない理由はないですから。


だけど、フジテレビの1時間以上にわたる待ちぼうけ作戦、

新品の旗がすでに用意されて

すぐ変えられるのに変えない不思議な結論……


韓流ゴリ押しと日本貶めの番組制作と国旗に対する態度は、

韓国礼賛・日本蔑視という点で、

フジテレビ側では筋が通った態度なのだと確信しました。


フジの中島さんは変えようとしていたのに、残念です。


旗を降ろして変える時に揉め事になったのは、

アルソックの一人が突進してきたからだそうです。

アルソックを警官が制止して、

新しい国旗を掲揚することができました。


騒ぎのメインは押し合いへし合いで、

社長が倒れるとか小坂議員がどつかれるとかあったようですが、

暴力沙汰になったわけではありません。


しかしフジ前は1時間以上騒然としていて、

あの人数であの騒ぎを放送しない日本のTVって、

本当に終わってると思います。


19日は対抗して3万人集会と

子供22人のデモがあったそうですよ。彼らも必死です。


警官の皆様とフジの中島さん、ご苦労様でした。


わたしは揉め合いの5mくらい離れたところにいたため、

音でしか状況確認できませんでしたが、

いま桜プロジェクトを見て全容を確認しました。


アルソックは結局何がしたかったのかさっぱりわからない。

そんなに掲揚したくないって、日本人なんでしょうか。


先月のデモの前評判としては、

レイシズム、民族差別的なものにとらえられているようですが、

ちゃんとメディアが伝えていないからだと思います。

もしくはわかりたくないか。


先週土曜のチャンネル桜討論会の言葉を借りて

わかりやすくいうなら、

「もし韓国や中国で、日本のドラマを毎日3時間も流していたら、

そして他の局でもほとんどの時間帯で日本ドラマを放送していたら、

そりゃ怒るでしょ」という主旨です。


しかもそれが面白くないとしたら…。

需要がないのに放送されて、国民無視で全く不快です。


すごく面白いアメリカのドラマやイギリスのコメディーでさえ、

需要があるのに地上波ではそこまで放送されない。


KARAやその妹分のグループいくつかは、

わたし個人は一目置いています。

デビュー前に全員が全身お直し済みとはいえ、

あの脚線美とダンスのキレ、

曲がレディーガガの

フューチャリングかと思うようなギリパクリでも、

それを歌い上げる歌唱力…などは、

やはり日本のアイドルにはなかなかないものです。


まあまあ人気があってもおかしくない人たちだけれど、

ちょっとメディア露出の頻度が需要を数倍越えています。

どこの国の人でも、コアなファンしか付いていないような

二流以下の歌手や俳優が、

連日どこを見てもメディア露出していたら、

怒りだすのは当然のことです。


江頭2:50さんが雑誌の表紙を飾りまくって、

テレビでも雑誌でも持ち上げられまくって、

そのうえ毎日朝のニュースでも夕方のニュースでも、

どうでもいい江頭ミニニュースが放送されたら

(ウリ坊の群れと鬼ごっこしたとか、江頭の黒タイツ発売とか)

…怒りが毎日積み上がっていくのは目に見えています。


すみません、江頭さんは好きなのですが取り上げました。

一応嫌われる芸能人第2位だから…エガちゃんごめん。

彼にはあくまでも深夜枠に時々出て欲しい。


あとみなさん、フジテレビの誰かが、意図的に

日本をおとしめて楽しんでいるということは

知っておいて頂きたいです。


詳しくは「フジテレビ 韓流ゴリ押し」がわかりやすかったです。


在日の方が土曜の討論会に出演されていました。

「アメリカのドラマや映画は氾濫しているのに、

韓流だとダメだというのは差別だ。

洋食はあふれているのに、韓国料理が差別されている」と

その在日の方がおっしゃっていました。


反論するなら、韓流と他のコンテンツの違いは、

面白いか面白くないかです。

べつにアメリカが好きだからドラマを見ているのではなく、

面白いからです。


MTVのKorea番組をすっ飛ばして、

洋楽だけ見るのは、面白いし良いと思うからです。

すみません、正直、邦楽も日本製ドラマも

ほとんどすっ飛ばしています。


最近It’s demoという女子向け雑貨ショップで、

しつこいほど韓流を流行らせようと必死です。

韓国製食品は衛生面で不安がのこるものの、

店内で流れる軽快なK−popを、

ほとんどウザいと思いつつも、たまにいい曲が流れるので、

CDを購入しようとしたこともありました。

良いものなら買います。


韓国料理の差別は全く聞いたことがありません。

おいしいから「盛岡」冷麺はしょっちゅう食べます。

衛生面と治安面(高級焼肉店が裏社会の社交場だったり、

北朝鮮工作員の隠れ蓑だったり)の心配があるので、

そこはなんとか努力してください。

目に痛いどぎつい彩色の看板が、

まわりの風景に調和していないのも、何とかしてください。


そして何でも差別だというのは、

すごく自分を貶めている行為です。


朝鮮人差別だ、とすぐに主張する日本人は、

朝鮮半島の人たちを馬鹿にしています。

韓国朝鮮人が、守るべき弱い立場にいると思うから、

まともに思ったことを言えずに

レイシストだの差別だの言い始める。

差別しているのはまともに意見が言えない日本人です。

朝鮮の人たちを馬鹿にして、

なあなあで言うことを聞いてやろうとおもっている。

まるで子供の意見を聞き流して

放っておく大人と同じ態度です。


韓国朝鮮人の尊厳を認めるなら、

対等にものを言い合っていくのが本当の姿です。

本当に仲良くなるには、

正直に対等に接する必要があると思います。


私たち日本人としては、隣国韓国には、文化的にも経済的にも、

強く立派な国になってもらわないと困ります。

なにせ、その向こうに中国とロシアがありますから。


だけど、見たくもないクソつまらない番組は、

どこの国のものであろうといらない。

フジは私たち国民の電波を安く借りて、

特定の国の番組を大量に流して、

自分の国をおとしめる番組を作っている。


ゆるせません。


フジは明らかに意図的に、日本国民を侮辱しています。


わたしは、怒りを感じずに

まともに韓国の作品を楽しんでみたいです。


韓国では色んな事情で

骨太の精神が入った作品が生まれているみたいなので、

他の国の作品と同じように、

電通の思惑なんか抜きで純粋に楽しみたいです。



追記

ひどい台風でした。

紀伊半島は日本有数の美しくて神々しく

住民の思いやりにあふれた、

日本の誇るべき場所だと思います。

これ以上災害がひどくならないことを祈っています。

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 02:14| Comment(8) | TrackBack(1) | 加藤美奈子

2010年10月31日

『マツコから考える景気』

チーム桜子・加藤 美奈子です。

みなさん大変ご無沙汰しておりました。


ルーターの故障と、

めちゃくちゃ忙しかったのと、

私が怠け者なので、

ネットなしの生活を数ヶ月しておりました。


申し訳ありません。


でもチャンネル桜は見ていましたよ。


たいてい録画したのを週末に見るのですが、

見きれなくて3週遅れで見ることもあります。


HOTな話題を後から見ても、

けっこう有益な情報が多いので、

掃除しながら見ています。



中国によると、

「右翼の中心人物の水島社長が、

右翼知識人に発言の場を与えているチャンネル」

のようですが… (^-^;)




あまりにも忙しくて、

チャンネル桜を見るのに精一杯で、

地上波を見ないでいたら、

なんと私のアイドル、マツコ・デラックスが、

メジャーになって

TVに出ずっぱりではありませんか!!?


その友人のミッツ・マングローブまで

メジャーってどういうことよ!?


メジャーがダメすぎるから、

とうとうサブカル頼みですか!?


世も末!!?



ご存じない方は、ゴールデンタイムに

地上波テレビをつけてみてください。


体重と腹囲が同じなドラえもん体形で、

ドラえもんより10回りくらい大きく、

あまり話さないのに映る回数は多い、

謎の女装した人です。


MXテレビという東京ローカルでは、

言いたいことを言いまくりで

ひそかに大人気だったのですが、

マツコ節でうっかり口を滑らすのが怖いのか、

全国地上波では、

かなり言葉を選んでいるようです。


マツコの口から出てくるのは、

6割が毒舌、3割下ネタ、

1割まともな意見です。


毒舌をまともな意見にカウントすると、

(TVのわりには)

かなりまともなことを言う人です。


政治的なことは突っ込まないで下さい。

そういうジャンルの人ではないので。


TVに映る人のなかで、

青山繁晴先生と並ぶ正直な意見を言う人として、

大好きでした。


すみません青山先生と並べてしまいました。


もともとはゲイ雑誌の編集者だった?そうですが、

わたしはゲイバーのオカマだと思っていました。


中村うさぎ(整形と買い物依存症の不思議な作家で、

人間の欲望の深層に身を挺して入り込んで

ぶっちゃけまくるスタイルが好評?の人)と親交があり、

その関係でMXにでるようになったのかと思います。


週間女性のコラムも担当していたようです。


詳しいことをご存知の方は情報下さい。


いちおうファンなので。




みなさんに何をお伝えしたいかというと、

TV業界もそこまでお金がなくなってきたんだな、

ということです。


ある週刊誌によると、島田伸助など、

1回で300万以上といわれるギャラがもったいないので、

1回50万くらいのマツコに変えたとのことです。

マツコはなにより女性と子供に人気があるので、

安全パイだというのです。


池上彰が出ずっぱりなのも、

ギャラがすごく安いからだと読んだことがあります。


マツコはMXだから輝くのであって、

メジャーに出て正直な意見を言ったら、

全国から総スカンでしょう。


それでもあまりしゃべらせずに

画面に出すということは、

TVも相当切羽詰ってるなと思います。


その週刊誌の記事では、

「あんなゲイは本来

TVに出すべきキャラじゃない。

私はマツコが出るとチャンネルを変える」

という知識人の意見も載っていました。


そう感じる人もいて当然とは思いますが、

マツコは「私はしょせんキワモノよ」と

身の程をわかっているようです。


いまTVで稼ぐのは、

マツコが子供を作れないので、

両親の老後に備えるためだそうです。


それに、私は

島田伸助や池上彰のほうが不快なので、

すぐにチャンネルを変えますが…。

(ちなみにIKKOの美容情報は役に立たない上に、

気持ち悪いし趣味が悪いので、

すぐチャンネルを変えます。


IKKOデザインの着物、

まるで歌舞伎町レビュー格安店て感じで

最低でした。)


本屋に行ったら必ず池上彰の本が

1位や2位になっていて、

池上彰&カンサンジュンコーナーができています。


池上彰から学ぶものはほとんどないのですが、

一体日本人てどうなってしまったんでしょう。


TVの広告が、パチンコと高利貸しと保険と

プロアクティブばかりになって久しいですが、

本当に広告収入が減って困っているんだな、

とマツコを見ながら実感しています。


田舎のローカル線車内やバス内が、

広告ほとんどゼロ、

もしくはパチンコの新台入荷広告だらけなのには

慣れましたが、

最近はJRや東京メトロも、見回すと

自社広告か関連会社広告ばかりで、

吊り下げ広告はあっても、

棚上広告に空きが目立ちます。


日本は本当に不況なんだ…。


最近出張に行くことが多かったのですが、

地方の寂しさが凄まじいです。


商店街がシャッター通りになっているのは

前からですが、

主要駅のビルにテナントが入っておらず、

がらんどうです。


テナントがあっても、

安かろう悪かろうのチェーン店や

100円ショップなど、

やる気のなさが全面展開しています。


少しにぎわっている大型スーパーに行くと、

どこに行っても売ってる商品は同じで、

同じような安っぽいチェーン店ばかりで、

少しも面白みがない。


元気が感じられないです。


たまに地産地消で

頑張っているところがあっても、

食べ物しか買いません。

工芸品は、作りがとてもいいのに、

デザインが悪いために買うことはないです。


日本の地方を元気にするには、

いつの時代にも通用する洗練されたデザインと、

広告宣伝の方法だと思います。


旭山動物園、今治のタオルや熊野筆は、

デザインも広告も

そこそこ成功した例だと思います。


自殺者が急増した97年の方が、

まだ元気があった。


TVや新聞は

自業自得な部分があります。


しかし、TVや新聞以外でも、

元気のない日本を最近ひしひしと感じています。


このままだと、

これが一番底ではなくなるかもしれない。



世界では、喧嘩に弱いと、腰抜けだと思われて

結局バカにされるのです。


経済がだめになった上に、

神風・サムライ精神を忘れてしまった日本人など、

相手にされなくて当然です。


嘘つきで約束を守らず、

法律を無視して恫喝してくる中国に、

日本の経済の命運を任せるのは、

ジャイアンにラジコンを貸してあげるより

愚かなことです。


中国人観光客が

日本経済によい影響を与えるなんて、

大嘘だと思います。


私の実体験からそう感じるようになりました。


たとえば、

せっかく素敵な温泉旅館なのに、

大声を張り上げて

ろくに洗いもしないで入る中国人のせいで、

もう2度と行くかと思いました。


温泉情緒が皆無で、

目も当てられない洗い方と

マナーの悪さに辟易して、

早々に上がりました。


銀座三越には

他にあまりない化粧品カウンターがあって

充実しているのに、

中国の団体客の大声と

品のない態度のせいで、

ディスカウント・ストアで

化粧品を買ったほうがましだと思ってしまいました。


松屋銀座では、混んでいるトイレの鏡を

中国人が独占していてひどく迷惑な上に、

貧乏臭い格好と大声で、

せっかくのお店の雰囲気が台無しでした。


温泉旅館や百貨店は

特によく考えるべきだと思います。


売り上げのほとんどを占める日本人客が、

さらに遠のく結果になっていることを。


百貨店でわざわざ高い商品を買うのは、

商品そのものの価値のほかに、

買うときの雰囲気、サービスが

心地よいから買うのです。


安く売っている化粧品を

わざわざ百貨店で買うのは、

カウンターのインテリア、雰囲気、

美容部員さんの技術と品のよさなど、

商品そのもの以外の楽しみがあるからです。


温泉旅館は、

上品で落ち着いた雰囲気そのものが商品です。


それらが中国人観光客によってぶち壊しです。

百貨店で買う意味がない。

温泉にいってもくつろげない。


10月からは中国からの観光客が減って、

すこしマシになりました。


温泉の入り方くらい学んで

練習してから旅行してください、中国人…。


ほとんど洗ってないし、

そんなお湯に入りたくないし、


そうかと思うと

旅館のタオルで股をゴシゴシ洗うし、

こっちに泡やお湯や水が飛んでくるし、

洗っててもお湯につかってても

少人数でも、常にギャアギャア騒がしいし…


とても女とは思えない。


相手が日本人なら、裸で喧嘩するところです。


もう中国人ウェルカムの旅館には絶対行かない。

松屋には行かない。

銀座三越の資生堂には行かない。


とくにうるさい中国人ですが、

中国人だけではありません。


南米系の人も静かにするべき公共の場所で、

信じられないくらい大声でしゃべり通しです。


あと、都心の欧米人!

とくにアメリカ人。


英語だったら

大声で話していいと思うなよ!


時々英語がわからないだろうと思って

大声で日本人のことを

小馬鹿にしてるアメリカ人がいます。


にらんでやります。


ドイツ人とフランス人は・・・

日本に来ている人は好意的な人が多い。


あと、都心のインターナショナルスクールだか

アメリカンスクールだかの生徒…

マナーが悪すぎるんだよ!!

コンビニでも電車でも、

郷に入れば郷に従えってことを

肝に銘じてください!!


日本人て、静か過ぎるんですかね…。

ほんと外人の電車内のマナーに

腹が立つことが多いんですが。


みなさんはいかがですか?


ただの愚痴になってしまいました。

鬱憤が溜まっています。

ここで吐き出します。

デモで吐き出しきれなかったので。


この間の中国大使館前の抗議、

暗くてどこが中国大使館だかわからず、

抗議する前に通り過ぎてしまいました。


中国大使館前をただ通り過ぎた日本人…

おとなしさの極地です。

バカですね。


ほかの桜子さんたちが

真面目できちんとしているので、

わたしはおバカ担当で行こうと思います。


それしかできないし。


これからもよろしくお願いします。


以上

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 21:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 加藤美奈子

2010年04月21日

『女系論議について〜独女のひとりごと〜』

チーム桜子・加藤美奈子です。

皆様ご無沙汰しておりました!


先日、行ってまいりました。

鳩山首相が主催のお花見、じゃないです。

新宿御苑じゃなく、九段の『外国人参政権反対集会』方です。


ホントに集まったよ1万人以上!!!!

実は企画を知ったとき、

「1万人なんて無理だべ〜〜?」と思いましたが、

どういうわけか

全国から1万人老若男女集まりましたよ!!


しかし予想外に激しい野次が飛んでいました。

お二方のときだけ…。


亀井さんがせっかく来てくれたのに、すごい野次…。

亀井さんが、日本の惨状について

「親子や知り合いが殺しあうような世の中…」的な内容で

語っている時に、

「関係ねえよ!!」「外国人参政権の話しろ!」などと

声が飛んでいました。


しかしそれにジョークで答える亀井さん、

その度胸、尊敬いたします。


さすが政治家をウン十年やっているだけあって、

肝っ玉が据わっています。


わたしもあの度胸を見習おう。


ある意味亀井さん以上に勇気をふりしぼったのが、

松原仁さんでした。


亀井さんも松原さんも、髪型がぐしゃぐしゃですが、

それだけ過酷な立場にいるのではと、

むしろ迫力を感じました。


松原さん、とりあえずがんばれ!

司会者に2回もフォローされてましたが、

野次と拍手と比べると

「野次<拍手」だったので、がんばれ!!



いまは保守が分裂してる場合じゃないじゃないですか。


結集しようとしてるんだし、

まあまあみなさん、敵は外にありですよ。


個人的にはとっても楽しかったです。

あんなにたくさん人がいたのに、

100人の教室くらいの一体感がありました。



…余談ですが、

ほんとうに保守は今細かいことで(大事なことですけど)

分裂している場合ではないと思います。


正直、あの女系容認是非の討論は、

この国難を乗り切ってからでいい気がしています。

まあ、討論会、もう終わってしまいましたね…。


SAPIO読みました。ボロクソ言われてます。

でも勉強不足で、

わたしはちょっと今のところよくわからないです。


とりあえず、民主党をどうにかしようよ。

全米が笑うような首相を立てる政権をどうにかしましょうよ。

ただ…女の立場から言わせていただきます。


ただの「いち結婚適齢期女の独り言」と思って

お聞きください。


…たとえ100人子供を産んでも、

男の子が生まれない確率は0ではないから、

もしわたしが、万が一(ていうか『京が一』)

お后候補になったとしたら、

「男の子を何が何でも産まなければいけない」

なんて言われたら、考えただけで下腹部が痛みます。


そんなの耐えられない。


生理中なら、激しい腹痛になるでしょう。


もしも

「何が何でも閉経前に健康な男の子を産まないとダメ」

なんて彼氏に言われたら、

「そんなに欲しけりゃ、

適当に種をばら撒きやがれーーー!」と、

数発殴ってから別れます。


雅子様の苦悩を下腹部で感じます。

うう、ちょっと痛くなってきた。


そんな状況に置かれたら、

わたしの月経痛と月経困難症はさらにひどくなり、

子宮内膜症も子宮筋腫も悪化する気がします。


それ以上に身体全体の不調が続きそう。

負担が重過ぎる。

重すぎませんか?女性の皆さん。

わたしの月経痛が

毎月ひどいから過剰反応するんだろうか。


ああ、なんか、ほんとに痛い。

「妊娠しなきゃいけない」

という苦痛に耐える不妊治療だって辛いことで有名なのに、

「絶対男子」で

しかも「健康」で

その子は子孫を残せる年齢まで生きなきゃいけない。


「運が良かったら男の子かもね」

なんて気分と全然違います。


「ほぼ50%の確率で男が産まれるんだから

何が負担なんだよ。ビビってんじゃねーよ。」

とか思ったそこの男子!!

では、あなたが30日間の禁欲生活ののち、

目の前に自分の(大っ好きな)性的対象動画を

10回見せられ、

10回すべてエレクトしないでいられたら、

その反論を認めます。

(高齢の方は元気な頃を想像するとします)

あなたに子宮と卵巣を与えて、

毎月女性ホルモンに翻弄される生活を与えましょう。

きっとわかる。


それしか言えません。

女にはわからない男のつらさ、

男にはわからない女のつらさ。


皇位継承について、現状で

まったく問題ないと思うオジサマがたがいたら、

なんか男の身勝手さを感じてしまいます。


話を戻して…、そうそう、

しかも不妊率は実はかなり高い

(10%前後と聞いたことがあります)ので、

不妊だったらどうするんだろう。

運悪く男子に恵まれなかったら、

側室を復活しても良いんじゃないかなー…と、

素人なので思います。

「ぜったい男の子を産まなければならない」負担は、

側室がいる精神的負担とは比べ物にならない。


女は、「身体の浮気」は

そんなに心に響かないようにできています。


雅子様は将来の活躍を夢見て

一生懸命勉強してきたのに、突然ただの子宮扱いされて、

そりゃ心の病気にもなりますよ。

繊細で優しい方なら、

なおさら病気にならないほうがおかしい。


わたしだって男と同じように勉強を頑張ってきたのに、

結婚適齢期になったら、

周りが子産みマシーン(=女)扱いしてきて、

はじめはおおいに戸惑いました。


庶民のわたしでさえもそうなのだから、

皇室に入るなんて想像を絶する大変さでしょう。


王朝が変わらないことが大事なら、

側室を復活してもらった方が、女としてはずっと楽です。


お后が一人しかいないのは、ものすごい負担です。

しかも帝王切開になったら、

あと0〜1人しか産めない(子宮破裂などおこす)から、

帝王切開にならない出産で、

しかも子供も健康で

子孫を残すまで生きなければいけない……


ハードル高すぎですよ。お腹痛い。

お后一人制度はバクチに近い。

産婦人科のお医者さんの意見を聞きたいところです。


皇統って、遺伝子が大事なのか、

Y染色体が大事なのか、

Y染色体なら、そこに突然変異が起きて

深刻な病気になったらどうするのか、

わたしは素人なので全然わかりませんが、

生物学の進歩に合わせて

いろいろ定義しておかないと、

あとで大変なのではないでしょうか。


「進歩した医療」に頼るならなおさらです。


人工授精でもいいのか、代理母でもいいのか、

精子の機能不全があったらどうするのか、

皇室の範囲が狭ければ狭いほど選択肢は狭くなる。


そして皇室の構成人数が少ないというのは、

危険なんじゃないかと単純に考えてしまいます。

外国勢力が

「日本を潰すためには、たった数人の命を奪えばいい」

と考え実行したらどうなるのだろう、

あんなに頻繁に色んなところに皇族の方が訪問して、

危険がいっぱいではないのか、などなど…。


ごめんなさい、知識もないのに書きすぎました。


そんなこんなでもなんとか皇統が守られてきたのは、

「日本が他の世界ほど魑魅魍魎ではなく、

いくぶん平和」で、

「側室もあった」からでは…。


でも現在は、

「日本を潰そうと手段を選ばない外国」

「とっても少ない皇位継承者」

「お后一人のお腹にかかっている皇位継承者」……です。


……この変化って、危険すぎませんか!?


小林よしのりさんが焦ってしまう気も、

ちょっとわかる気がします。


まあそこから女系論に行くか男系で断固続けるか、

わたしはまだ勉強不足でよくわかりません。


神話もやっと勉強し始めたところなので、

水島社長や小林さんを批判する力がありません。


でも、ひどく危なっかしい気がします。

このままでは……。


すみません、余談が本論のようになってしまった。

みなさま参考文献などあったら教えてください。

高森先生の本も買いましたが、

他の人の本も参考にしたいです。


神話について勉強するには、

どんな本がおすすめですか?

ちなみにわたしは漫画レベルでしか知りません。


あ、本といえば、今日面白そうな本を買いました。


題名は「独身者は損をしている」

(アメリカ価値研究所編・エドワーズ博美他訳)


帯に

「アメリカのシンクタンクが発見した驚きの真実

――結婚によって女性は財産を築けるばかりか、

独身女性より健康的で、

精神的安定をも手に入れることができる」

とありました。


面白そうでしょ!?


わたしが日々感じてきた「家庭の大切さ」に

科学的根拠があるとしたら、おもしろそう。


このお話はまた後ほど。


では、みなさんまたお会いしましょう〜〜(^-^)ノ

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 20:17| Comment(35) | TrackBack(1) | 加藤美奈子

2010年02月08日

『マスコミが予想以上にプロパガンダ機関に成り下がっているorz』

チーム桜子・加藤美奈子です。


みなさんこんにちは。

パソコンが壊れて、パソコン無しの生活をしておりました。

ネットが見られないとあまり情報が入らなくて不便ですね。



さて、マスコミが民主党擁護・応援を

あからさまにやるようになってから、だいぶ経ちました。


まったくフェアでないVTR作りと、

コメンテーターのひど過ぎる誘導が目に余り、

自分のストレス対策のために、

読み上げニュース以外はほとんど見なくなりました。


TVを見ても

プロパガンダの手法として参考になるだけです。


じっと座って見ているわけではないですが、

朝の報道番組から怒りではじまり、

夜に報ステ古館アナののんきな決まり文句に

いちいち突っ込みたくなり、

テレビ東京ワールドビジネスサテライトの

中国経済頼り一辺倒の報道にうんざりし、

フジのニュースジャパンで

わずかに怒りが収まって床に就く…というのは

非常に身体に悪いので、

ネットで読み上げニュース動画や新聞サイトを見たり、

職場で朝日その他の新聞にざっと目を通す以外は、

雑誌・本・ネットで情報を集めてきました。


「たかじんのそこまで言って委員会」

「アンカー(青山繁晴さんがコメンテーター)」などが

見られない関東では、

真相に近づける情報が得られるのは、地上波TVでは無理です。


「TVタックル」で時々出てくる手がかりになりそうな発言や、

「朝まで生テレビ」の生発言くらいしかありません。


いさくのコメントとかね…。


いずれも編集や司会者の偏向によってかき消され、

うやむやになって終わることが多いので、

時間を食うわりに収穫が少なく、あまり見なくなりました。

まだ活字の方がマシです。


NHKは、とくにここ数年は

ほとんどすべてプロパガンダと言ってもいいくらい、

中国共産党か韓国の公共放送か

と思うような離れ業をやってのけるので、

チャンネルをまわすことすらしない。


わたしの職場はNHKと朝日新聞が好きらしく、

休み時間にパラっと見るだけでうんざりします。


祖父母世代は

「ニュースもドラマもNHK」と固定されていて、

祖父母宅でわたしにチャンネルを変える権限はないので、

うるさくない程度に(たぶんウザがられてる)

ツッコミを入れながら時々見ます。



NHKといえば、

お正月の夜中に放映された教育テレビ「日韓の歴史」

一挙放送はひどかった。


本っ当に酷かった。


おばあちゃん家でおもわず夜更かししてしまいました。


ご丁寧に

韓国の歴史家をわざわざ毎回呼んで(経費は受信料)、

NHK&韓国御用達の日本人?学者を並べ、

数時間に渡りウリナラマンセー作り話を

延々と誘導していました。


「優れた大陸の文化」が「朝鮮半島から」

(半島を経由しただけでは…)

「いかに日本に多くの影響を与えたか」を

まわりくどい方法で誘導し、

祖父母世代と真っ白まじめ人間を

「すばらしい半島のおかげで日本は歩んできた」

ような気にさせるので必死でした。


(あのNHKの「間」に耐えられるのは、

相当暇な人か、ゆったりとした「間」を楽しめる心の余裕のある

まじめ人間でしょう。

わたしなんかは、NHKだけは録画して

2倍速で見たい衝動に駆られ、

話の展開が遅くてイライラしてきます。

昔はそれがいい味出してたんですけどね。

NHKアーカイブスだけ放送すればいいよNHKは。)



というわけでTVはたまに見るのですが、

今朝(1/25)また久々にTVをつけてみました。


2週間ぶりくらいに朝の報道番組を見たのですが、

いままでの予想をはるかに超える偏向ぶりに、

驚き呆れ、TVをそこまでにする裏の事情を想像して

あらためて恐ろしくなりました。


活字では左右双方から言われているように、

まさに大政翼賛状態でした。


放送する時間枠からしてもう、ありえないです。

「芸能・スポーツ・3面記事・広告代わりと思われる

おそらくスポンサーつきの特集」などの占める割合が多すぎる上に、

肝心なマスコミの使命ともいえる

政治経済・国際情勢・社会問題は

3分の1か4分の1くらいしかない。


しかも問題の本質を意図的に避けてるとしか思えないVTRに、

コメンテーターの援護射撃付きです。


国民に真実を知らせ、

議論を起こさせる報道機関の役割は

一体どこに行ったのでしょう。


朝から憂鬱になりました。


ご飯と化粧と着替えをしている間、

読み上げ記事を

20分くらいで流してくれるサービスがあれば利用したいな…。


ラジオが一番近いのだろうか。そうだラジオを聴いてみよう。

もうコメンテーターなんか要らないよ。

鳥越さんはなぜずっと居るんだ。

まあTVに言ってもしょうがないか。

すでに期待すらしていないです。

地上波デジタルの必要性が全く感じられないので、

たぶんチューナーはつけないでしょう。



しかし今朝の政治ニュースは実に酷かった…。


小沢問題はそっちのけで、

「自民党の小泉次男&美しすぎる市議会議員」が

出馬するしないを報道し、

コメンテーターは

「自民党は憲法を作るとか

保守再生の動きがちゃんと出ているのに、

若い2人の出馬をアピールするのはセンスがない」


「いや国民は若い2人に注目するので、

そのニュースがなかったら自民党は注目されなかった」

と、どうでもいい点に注目して、揚げ足をとるのに必死でした。


保守再生の動きがあるのを知っているのに、

そんなどうでもいいことをコメントするというのは、

意図したことなのでしょうか、

番組で圧力があるのでしょうか。


コメンテーターも飯を食うのに必死ということでしょうか。



民主党のVTRでは、

小沢さんの顔が出たのはほんの一瞬で、

事情聴取を受けたホテルをチラッと映したのみ、

あとは鳩山さんのイチゴを食べる姿や

いつものブレブレを延々強調し、

コメンテーターの一人が

「今の民主党の焦点は小沢さんの献金疑惑」

とわずかにまともなことを言っても深く掘り下げず、

「(視察先で)イチゴを食べたりして、

鳩山さんがちゃんと仕事していないように見えるけど、

視察も仕事のうち」

と、またウルトラどうでもいいコメントで民主党擁護をし、

そこで政治ニュースは終わりでした。

そして芸能とスポーツが延々と続く…orz



今朝の報道でわたしが得た情報は、

「テレ朝やじうまプラスは、

・小沢さんの問題は避けて通りたい

・鳩山さんが潰れてもかまわない

・むしろ鳩山潰しに報道を集中して

 (選挙前の酒井法子効果と同様に)

 小沢さんから焦点をずらすよう目論んでいる

・そして自民再生は極力潰す方向

ということだけでした。



コメンテーターはもう…

そのへんのタクシーの運転手の方が

ずっといいコメントをすると思うような、

偏向プロパガンダスピーカーでしかないですね…。



自民・民主の両方について、

本筋から外れたコメントを毎日垂れ流すというのは、

知識人にとってはさぞかし苦労の多いことでしょう。

一体何を毎日読めばそんな的外れなコメントができるのか、

情報収集と分析がお仕事のコメンテーターの皆さん方に、

聞いてまわりたいです。


偏向が多い新聞でも、数社読めば

もう少しまともなコメントができると思うのですが…。


意図的にやっているとしたら見事です。


TVだけを見ている人には

問題の核心がさっぱりわからなくなるように、

うまくできています。


NHKのJAPANデビューと同様に、

その巧妙さに感心してしまいます。



CMといえば、

パチンコ・サラ金・FX・金の積み立て+超大手企業

+ここ15年くらいで急成長した

派手すぎる看板が目印の企業ばかりです。


(不況の中で急成長できるって、どうすればできるんでしょう。

教えて頂きたい。)




はぁ……。



情報は自分で掻き集めないとなにもわからない上に、

自分の選挙区に投票したい人がひとりもいないって、

八方ふさがりもいいとこですね。



TBSはもう不動産屋と化しているから、

赤坂にチャンネル桜と週刊金曜日系の放送局を入れて、

半々で放送したほうが

よっぽど有益だと思うのですが、いかがでしょうか。


ゴールデンタイムは日替わりで担当するとか。

視聴率が軒並み一桁って、

あんた…TBSは

国民の電波を無駄遣いしているだけのような気がします。



いま自分にできることは、誰に投票するかを決めるために、

自分で世の中のことを勉強すること、

声を上げるべきときはきちんとした方法で主張すること、

周りの人に知ったことを伝えること、などでしょうか。



わたしが政治に興味を持ったのも、

父が毎日TVや新聞にいちいちツッコミを入れて、

「本当のことは自分で勉強しないとわからない」

と教えてくれたからでした。


祖父もTVに向かって毒を吐いていたので、

そういう環境に育ったことを今は感謝しています。

世の中のお父さん、うるさがられても、

TVに向かって大きな声で毒を吐いてください。


スポーツ選手に向かって

「あいつはダメだ、打率〜割じゃ使えねえよ」

などと言うのを聞くと、

「自分じゃ100m走るだけで息切れするくせに、

ダセー親父だな」と娘は即座に思いますが、

政治や報道に毒を吐くのは国民の義務と権利なので、

大いに吐いて頂きたいです。


顔や雰囲気で政治家を選ぶ奥様にも、

堂々と親父らしく喝を入れてください。

女は有権者の半分はいるのです。


「政治に興味がない」じゃ済まされない。

子供の将来がかかっているんです。


あんまりみんなが適当に選んでいると、

「だから女は政治に参加する権利がないんだ」と、

本気で議論される日が来るかもしれません。

先人が血のにじむような努力でやっと勝ち得た参政権を、

無駄にしては申し訳が立たない。


「政治はオッサンたちに任せておこぉ〜」と思っている女子は、

自分のためにも将来の子孫のためにも、

真剣に考えるべきでしょう。


政治は自分の生活と身の安全に直結するんだけどなぁ。



正月、家族でTVを見ている時に、

「おねえちゃん、さっきからうるさいから、

いっそ政治家になれば?」

と妹からウザがられ、ちょっと凹みました。



でも最近、妹までもが、

TVで速報があると目をキラッとさせて、

「小沢逮捕?小沢逮捕?……なんだ秘書か…」

と興味を示すようになったので、

今後もウザがられることを決意した新年でした。

(・・結果、アレでしたがね。はああ、ため息)

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 03:07| Comment(10) | TrackBack(5) | 加藤美奈子

2010年02月01日

『小沢氏の仮想敵国は日本です』

チーム桜子・加藤美奈子です。

皆さんこんにちは!

 
年末からパソコンが壊れており、

新年のご挨拶も出来ずに失礼致しました。

遅ればせながら、今年も宜しくお願いいたします!


さて、先週と今週の小沢問題特集の

「闘論!倒論!討論!2010」(1/23・1/30放送)は、

非常にエキサイティングでした。必見です。


そして田母神塾で青山繁晴さんが話した

「日本は隠れたエネルギー大国」の話も、非常に興味深かったです。

 
前から噂はありましたが、小沢さん個人の仮想敵国は、

「日本と日本人」であることは、

その言動から間違いないでしょう。

http://www.j-cia.com/article.php?a=5738


ルーツがどこであれ、「日本を壊そうとしている人」が

最大の権力を握っているというだけでも恐ろしい。


いま行動しなければ、中国や韓国のように、

なんの精神的よりどころもなく、

伝統も文化も破壊された

「アジアの小国」に成り下がってしまう。


日本の評価が高いのは、

「文化レベルと国民の教育・道徳レベルが高い」

という精神的成熟あってのことなのです。


それを破壊する手段として、

「鬼畜旧日本軍」のイメージ作りがまず行われ、

戦後の日本人に大打撃をあたえ、

大きな効果を発揮してきました。


次の決定打として

日本の精神的破壊を狙うなら、

「天皇・皇道廃止」しかない、と明確に目標設定をして計画し、

数十年前から実行しているのが、朝鮮半島と中国です。


(もともと左のわたしとしては、この辺はピンと来なかったのですが、

親から教わった

「自然や物への畏怖、感謝、先祖を敬い子孫を愛す、

勤勉と努力をおしまず、礼儀をつくし身を清らかにしておく」

という日本人の基本概念が

2000年以上続いてきたおおもとが、「天皇・皇道」である、

というのが、最近やっと理解できました。


天皇についてはまた後日書きますが、

天皇は、外国から日本が尊敬される大きな要因であり、

気づいていない人もいるけれど、日本人の精神的な柱なのです。

中国人の方がそのことをよくわかっているという、

情けない現状…。(わたしも情けない一人でしたが。)



戦争からわずか60年後に、

日本解体なんてことになってしまうとしたら、

先の戦争で限界を超えて頑張った祖父母や先祖が、

泣くに泣けない。


じいちゃんばあちゃんが守ろうとしたのは、

「日本の伝統と先祖から受け継いできた

文化・教育・道徳・思想」です。


日本の風土と家族を守るためだけでなく、

「日本の価値は精神的・文化的なものにある」

と皆なんとなく思っていたはずです。


外国をみれば

日本がどれだけ奇跡的な国か、思い知らされるからです。

日本の精神的破壊をすれば、

「日本」そのものが消えてなくなる、

と外国人の方がよくわかっています。


今は「日本の精神的解体」が進行しています。


「そんな未来のためにシベリアに抑留されたり、

飢えや赤痢に耐えたり、

体力の限界を超えて必死に戦ったり

死んだりしたのではない!」

と遺骨さえ置き去りのままの

ご先祖の魂の声が聞こえそうです。


ラッキーなことに、ボロ負けしたにもかかわらず、

「天皇」という日本の伝統の大黒柱が、

奇跡的に断絶されずに済みました。


今の孫世代のわたしたちがボーッとしている間に、

「日本?なくなっちゃいました〜…けど、あれ…?」

なんて、無責任にもほどがある。


堂々とお墓参りできません。

墓自体が壊されているかもしれない。


国境をなくすのが左の人の目標みたいですが、

世界を旅すれば

「寝言は寝て言え」と心底実感するでしょう。

(そうでない鳩山さんみたいなお天気人間もいますが)


国境は「家の壁」で、

防衛は「鍵・戸締り・ドアの覗き穴

+念のための唐辛子スプレーと竹刀」、

国民は「家族」と考えれば、

家の中でのんびり平和に暮らせる安心感は、

ホームレスになったら絶対無理だ、と

すんなり思えるでしょう。


国境がない=全員ホームレスも同然です。


危ないったらない。


「バカの壁」が大流行しましたが、

「話し合えば理解しあえる」なんて幻想です。


どんなに想像力豊かな人でも、

人は自分の脳にあることだけでしか理解できない。

日本人同士でさえ理解不可能な人が多少いるのに、

ましてや文化がまったく違う外国人と、

中学生英会話レベルの語学で

理解した気になっているとしたら、

もう「あなた鳩山さんですか?」と言うほかない。


近所同士のイザコザさえ話し合いで解決できないのに、

なぜ話が世界レベルになると、

「話し合えば理解しあえる」という妄想を信じるのでしょう。


話が大きすぎて想像できないのでしょうか。

ヒットラーか誰かが、

「大きい嘘ほどばれにくい」と豪語していましたが、

そのとおりだなと思います。


今、日本解体の危機です。


興味はあっても政治に距離を置いていたわたしが、

デモに参加するくらいだから、

相当な危機感をもっているのだと最近自分で思います。


黒船来航どころの騒ぎではない危機だということを、

なんとか皆さんにお伝えしたいです。


長くなりました。


左翼の人も在日の人も、

平和に豊かに暮らしたいのは同じはずです。


国境をなくしたら、少なくともここ数百年間は、

「混乱と戦争」を各地に招くだけだと思います。


「平和」の反対は、今のハイチのような「混乱」です。

左の人も混乱・争乱状態を避けたいのなら、

是非いっしょに協力してもらいたいです。

左翼の人は、

「ものすごくいい人たちで、親切(すぎる)で、

身を粉にして活動している」のはよくわかっています。


創価学会の方も、共産党の方も、社会党の方も、

「なんとなくリベラル」な一般の方も、

もし見ている方がいらしたら、

もう一度考えてみてください。


外国人参政権と地方主権を認めたら、

「平和」の反対の状態になります。


差別とはまったく別の問題です。

日本の危機を実感していただきたいです。

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 03:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 加藤美奈子

2009年12月27日

『三島由紀夫との衝撃的な出会い』

チーム桜子・加藤 美奈子


みなさまこんにちは、加藤です。


今回はすこし中だるみということで、自分と三島由紀夫先生との、

衝撃的な出会いについて書きます。


年末なので、ゆるーい?話を聞いてください。


あまりよく知らない方のために…


三島由紀夫とは→1925年生まれで、

20代で早くも文壇で地位を確立し、小説・論説・演劇・映画など

昭和20年代半ばから常に話題の人でありました。


のちに「右翼的な」政治活動に傾倒し、1970年45歳の時に、

自衛隊市ヶ谷駐屯地でクーデターを呼びかけましたが失敗し、

割腹自殺をした人です。



文学にあまりハマることのできなかった10代の私は、

ほとんど三島由紀夫のことを知らずにいました。


NHKで見た割腹自殺の演説以外に、

「右翼で美輪明宏の知り合いで、なんだかとっても偉い人」

という知識しかありませんでした。


若い頃の美輪さんは、めちゃくちゃ綺麗ですね。

今はピカチュウよりずっとブライトカラーですが…。

1pikatyu.jpg



そんな真っ白状態の私が、初めて出会った三島由紀夫作品は、


「薔薇刑」!!


三島ファンならご存知の、

三島由紀夫先生の鍛え抜かれたボディーを

フンドシ一丁にして撮影した、

あの伝説の奇書、三島由紀夫ヌード写真集であります。


どこで見たのか忘れましたが、こんな本です

2hyousi.jpg



2fundosi.jpg



知り合いの家で見たのなら、

その人のことを絶対覚えているはずなので、

古本屋かもしれません。


当時は立ち読みできましたが、古書で数十万、

復刻版で5万円(即完売)するような貴重品だったんですね!(汗)

のちに「20世紀101冊の名作」に選ばれたんですね!



わたしは20代になったばかりの

お肌ツルツル乙女でございましたが、

食い入るように本屋で「薔薇刑」をガン読みしました。

きっと店主に嫌がられたことでしょう。


私のにじむ手の汗で、商品の価値が下がったかもしれません。

幼女の汗ならまだ価値が…いや失礼。


「み、三島由紀夫って、あのすごく偉い人だよね!?同一人物?

TVで見たのと同じ人に見える…」


戸惑いをあざ笑うかのように、

その人は三島由紀夫先生その人であることが、

読むうちにわかってきました。


……ちょ…、先生!!!?


先生、なんでヌード!?


混乱しました。



国語便覧でチラッと読んだだけでも偉く感じた三島先生が、

あられもない姿で次々と現れて、

「生きていると色んな衝撃があるな」と、

ドキドキしながらページをめくりました。


今でも思い出すと冷や汗が出てきます。

3barakei.jpg


4barakei.jpg



5misimabara.gif


http://www.athens.co.jp/store/111_315.html


よ、よくわからないけど、

先生のギャランドゥ(へそから下へ連なる毛)が見えております!!


立派な身体ですが、ぜんぜん全くそそられません!!


男のヌードに、そもそも興味がありません!!

エロスを感じません!!


身体に生えた毛のチクチク・もじゃもじゃ感が、

写真にするとひどく目立ちます!


やはり兄貴ヌードはツルッとするべきです!?


先生!鍛えたお尻が見えております!まりもッコリです!


眼がマジです!


眼力が尋常ではありません!


わずかに恥じらいが感じられ、見ているこっちが恥ずかしいです!!


これはSMですか!?


60年代の夜明けを飾る、前衛アートですね!


前衛過ぎてよくわかりません!!



わたしの頭で警報がなりっぱなしです!!



高校の国語便覧に載っていた、偉い三島先生はどこですか!?



そこが本屋であることを忘れるくらい、

頭をうずめて読みふけりました。


女性のヌード本も買えないのに、

男性ヌード写真を買う度胸はなかったし、財布も空なので、

心臓をバクバクさせながらその場を立ち去りました。


本屋さんごめんなさい!



以来、

「三島由紀夫 = フンドシ + 剛毛 + 眼力」

の回路がわたしの脳内で出来上がってしまいました。


この人は…常人とは違う次元で生きている人なんだろう。


そしてなぜ海外で人気があるのか?


ゲイカルチャーのカルト的カリスマなのか??


なぜ尊敬されているのか?



このような衝撃的な出会いをしてしまったために、

薔薇刑の三島先生がチラついて、

ちゃんと読む気になれませんでした。黒フンドシにSMですよ!?


しかも自衛隊で演説した後に割腹自殺って、一体何者だい…。


三島先生との交友関係を自慢している美輪さんは、

なんだか冥界と現世を自由に行き来できるみたいだし…。


というわけで、

ちゃんと三島文学に触れようと思ったのは、だいぶ後です。



2005年に

映画「春の雪」が公開されたので、友達と見に行きました。


その日に上映されている、一番まともそうな作品だったし、

あの薔薇刑の三島先生は一体どんな文学作品を書いていたのか、

まだ興味があったからです。


ロマン・耽美小説だと聞いたことがあるが、

フランス映画みたいな感じなんだろうか。

あの眼力で書いたんだろうか。



映画の感想は……(以下ネタバレ注意)***********



綺麗な映像だな…しかし最後の雪のCGがすべて台無しだな…

主人公(妻夫木聡)のやることなすこと、

青二才過ぎて、ついていけないよ…。


要するに、お互いリビドーの一番高い時期に、

欲望にまかせ全てを捨ててふけるくらい、

ものすごい快楽を味わったってことか。


「いけないこと」の最高レベルをクリアしたんだから、

尼さんになっても別に、一生分の思い出ができたし、

よかったじゃん。


青二才も良かったね。この先、誰と結婚しても満足できないだろうよ。


馬鹿だね。


それを悲劇的に描いているのが、なんだか入り込めないよーーー。


映画が悪いのか、原作が悪いのか、わたしの頭が悪いのか。

****************************


しかも途中5分くらい寝てしまった。


泣いてる人がいるよー。どこら辺で泣くんだ一体。


そこで、原作を読んでみようという気に少しなりました。


映画にするくらいだから、原作はもっと面白いはず。


黒フンドシは、無かったことにしよう。

あの眼力と筋肉を忘れるんだ!


その日、本屋に行ったら、

別の興味をひかれた本を買ってしまい、頓挫。


しばらくした後に、古本屋で

三島由紀夫の本を(薔薇刑以外で)初めて手に取りました。


「反貞女大学」(筑摩書房)という軽めのエッセイ本でした。


ほう、わたしの苦手な耽美路線でないし、なんか面白そう。

ぱらっと見た感じ、あの剛毛を忘れられそうな感じだし。


内容は、週刊誌に連載していた男女についての

エッセイをまとめたものでした。



これが……



思わず爆笑のおもしろさ!!!


まるで漫画を読むのび太みたいに、ゲラゲラ笑って読みました。


わたしも男女の機微について少ない経験から色々学びましたが、

私の言いたかったことが、ほぼ全部書いてある。


まとめて日記に書きたかったのに。


しかも

生きていたら80歳になる爺さんに、40年も先を越された。


私なんかが書くよりもはるかに面白い文章で。


非常に鋭い洞察力だけれど、

まだ40歳そこそこの人が書いたものです。


これだけリビドーの強そうな人は、特に男の人だと、

まだ欲望が強すぎて

冷静に分析できないのではと思っていたのですが、

三島由紀夫はリビドー以上に知力が勝っていたのかもしれません。



非常に感銘を受けました。



これがやっとたどり着いた三島文学の入り口となりました。



読み終わったあと、心の中で叫びました。



「私なんか最初から敵うはずないけれど、それにしてもすごすぎ!


三島爺さん時代先取りしすぎ!


三島爺さんかっこよすぎ!!


洞察力ありすぎ!!


文章うますぎ!!



もうフンドシ姿は良いイメージにすりかえられる!…た、たぶん!


あの眼力が、やっとかっこよく思えるよアニキ!」



そこで、三島由紀夫文学を片っ端から買ってみました。


残念ながら、「春の雪」は

最初10ページくらいでどうしても寝てしまいます。


耽美路線は性に合わないかも…。


評論やエッセイは何冊か読みました。



「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

とビスマルクは言いましたが、

三島由紀夫は45年しか生きていないのに、

30〜40代ですでにこの洞察力!

まさに賢者でしょう。


死後40年たってもなお、その言葉の価値は増すばかり。


ここまでの天才だと、

もう40歳で人生に探求するものがなくなって、

つまらなくなるのかもしれません。


割腹自殺は、

「どうせもうやることないし、目的(日本の未来)のために

最高にインパクトがあってかっこいいことをしよう。」

と思ったのかもしれません。

(三島初心者の意見なので、違ってたら教えてください)



とにかく常人ではない。


読んでおもしろい、観ておもしろい、行動がおもしろい。最高です。


耽美路線や「聖セバスチャンの殉教」に性的興奮を覚える(?)のは

全然理解できませんが、心から尊敬しております。


太宰治を嫌いなのも、同じ趣味で安心しました。


先述の「反貞女大学」の後にある「第一の性」に、

ボードレールの句を引用し、

「悪趣味の忘れ難い魅力は、

他人に嫌がられるという貴族的な快味にある」

と三島ダンディズムについて言い訳をしていました。


自分自身の鍛えた身体については、

「代書き屋の顔とニコヨン(日雇い労働者)の肉体」

と書いてあります。またまたご謙遜を。


先生の、世俗的なのか退廃的なのか貴族的なのか、

ボーダーラインがわからないところが好きです。



三島先生の先見の明も、読むたびに驚かされます。

洞察力はとどまるところを知りません。

できたらもっと長く、先生の言葉を拝聴したかったです。


三島由紀夫は全然知らないという方がいたら、

ぜひ読んでみてください。

おもしろいですよ。

耽美好きなら小説から、政治好きなら論文から、

漫画好きならエッセイから、おもしろ人間好きなら

ウィキペディアから読んでみてください。


きっと興味がわくはずです。


以上、三島由紀夫のススメでした。



追記:

「薔薇刑」を持っている三島ファンの方、

今度は手袋をつけて拝見させていただきますので、

どなたか見せていただけませんか?


あの興奮をもう一度……(^▽^;)


あと、石原さんが太宰ブーム批判をしたそうですが、

そこに三島先生の言葉が引用されていました。


「太宰の抱えている問題なんぞ、

毎朝冷水摩擦とラジオ体操をしていれば治ってしまう」※

と言ったそうです。



ちょ…うけるwww 三島先生面白すぎ!!!www

(wは「笑」の意味です)



「太宰治は病気でもなんでもいいから、

死ぬ時くらいひとりで死ね!!」と感じていたので、痛快です。

(太宰ファンの方がいらしたらごめんなさい。)



こういう毒舌爺さんは、むかしはたくさん居たように思います。


世の中の爺さん、もっと毒舌になれ!頑固じじいになれ!!

とエールを送りたいです。



ヌードにはならないで!



※正確には、下のように書いていたそうです。


「太宰のもつてゐた性格的欠陥は、少なくともその半分が、

冷水摩擦や器械体操や規則的な生活で治される筈だつた。


第一私はこの人の顔がきらひだ。

第二にこの人の田舎者のハイカラ趣味がきらひだ。

第三にこの人が、自分に適しない役を演じたのがきらひだ」


顔が嫌いって…w 毒舌が過ぎるよ先生!


本当に病気の人は冷水摩擦じゃ治らないよ!ひどいね先生(^-^;)

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 17:51| Comment(6) | TrackBack(1) | 加藤美奈子

2009年12月21日

『チャンネル桜って右翼なの? おまけの動画集』

チーム桜子・加藤美奈子です。


では、おまけ。

既出ですが…

百聞は一見にしかず、

気になる動画集。


まずは怖がることから。


【移民】

オランダの悲劇「多文化共生がもたらしたもの」

http://www.youtube.com/watch?v=Sotg-wxvvLc


ドイツの学校教育といじめ・移民政策の破綻

http://www.youtube.com/watch?v=y-pVuiMzvq4


外国人参政権の恐怖

http://www.youtube.com/watch?v=OB2Ys3mUb0I&feature=video_response


青山繁晴の外国人参政権の裏にあるもの

http://www.youtube.com/watch?v=9QxuJY0N8f0&feature=related


外国人労働者

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85


*番外編*


韓国のキジ虐殺デモに対する海外の反応
http://www.youtube.com/watch?v=6U5H_Q2KsNw

韓国が日本に抗議するため、なんと路上でデモする際、

キジ(日本の鳥だそうで)数羽をその場で虐殺し、

生で食べるという、もう最初から最後まで

全然理解できないパフォーマンスをしました。

(もとの動画がありますが、あまり見るのをお奨めしません。

人間不信になるので。)


それに対する海外の反応を集めたものです。


衝撃!隣人の真実と恐怖
http://www.youtube.com/watch?v=9B3ezRnkRyM&NR=1

韓国は日本を攻撃することを、国民の日常業務としております。

日本を何かにつけてストーカー&攻撃し、

「いつか原爆を落として、

日本という島ごと消滅させてやるーー!」と意気込むのが、

あちらではとっても楽しい娯楽となっているようです。


お隣の国ウォッチャーとしては、なんだかもう慣れてきました、

こういうの見るの…。


【内容解説】


・子供に日本を攻撃する絵を描かせて公共の場に展示する


・9割の韓国民が日本をものすごく嫌い


・日本の領土のはずの竹島に韓国軍を置いて、

  勝手に自分の領土と叫ぶ(根拠なし)


・韓国に近い「対馬」を「独島」と勝手に呼んで、

  これまた韓国領土にしようとする。

  国民全体がヒステリックに主張。勝手に「対馬の日」を作る。


・富士五湖の湖底に勝手に韓国国旗を立てる(アメリカのWBCで、

  アメリカの地であるマウンドに勝手に韓国旗を立てるのと

  同じで、彼らの日常となっております)


・海外では、日本と韓国を紛らわしくして、

  日本の信用度を利用しています。

  たとえば…サムソン・ヒュンダイなど、

  韓国企業が日本企業のふりをしてCMをつくる。

  ↑実際多くのアメリカ人が、

  韓国企業を日本企業であると混同して買っています(涙)


・忍者も柔道も、日本文化を韓国文化のように紹介


・さらに日本製品のえげつないパクリ、窃盗、著作権違反


・日本海と名前が気に入らず、グーグルなど世界中に圧力をかけ、

 「東海」と表記させる(韓国から見れば日本海は東だから)

  ↑これには日本の外務省が抗議する動画を作っています。

  外務省HPで見られます。


・スポーツ観戦でのマナーもへったくれもない日本攻撃、

  政治とスポーツを混同し、何しに来たのか意味不明。

  ↑これも見慣れてしまいました。いつものコリアンだなと。


などなど、カルチャーショックが大きいお隣の国です。


くわしくは「日本離れできない韓国」(黒田勝弘著)に

よくまとまっております。ちなみに黒田氏は、

在韓25年の愛韓派だそうです。


わたしも愛韓派…石焼ビビンバLOVEです。

↑これは愛韓派というのかな・・?(笑)

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 21:50| Comment(6) | TrackBack(2) | 加藤美奈子

2009年12月19日

『チャンネル桜って右翼なの?B』

チーム桜子・加藤美奈子です。


さて、左翼の功績は、たくさんあります。


まず、労働者が奴隷みたいな働き方をされないように、

きちんと法律などの制度ができたことです。


女性が子育て以外に人生でチャレンジしたいことがあれば、

昔よりずっと良い環境を作ってくれたのも

左の人たちのおかげです。


消費者運動などが盛り上がり、

企業の作ったものをそのまま消費するだけの時代から、

品質をチェックする機能を発展させ、

「賢い消費者」を増やしたのも左翼のおかげです。


人種差別撤廃も左翼のおかげかもしれません。


どれだけ60年代が激動の時代だったか、

「ヘアスプレー」などの映画がわかりやすいです。


しかし、左翼は功績だけでなく、よくないこともあります。


世の中のものや人を平等に分けるには、

どこかで集中して管理しないといけない。


そこで、管理する人たちに、そんじょそこらの金持ちとは

比べ物にならないくらいの権力が生まれます。


中国共産党や旧ソ連なんかがそれです。


労働組合にも特権が生まれました。


これはチャンネル桜の

過去の放送を見ていただきたいです。

【平成21年9/16「労働組合と政治」

梅澤昇平先生(尚美学園大学教授)】


つまり、左翼の理想とするものを実現するには、

なんと逆に全体主義(国の力が個人レベルまでギッチリ及ぶ、

ナチスみたいなもの)が生まれやすい体制にしなければならない

という矛盾が生じます。


中国やソ連を思い浮かべれば、

なんとなくイメージできるでしょう。


さらに、なんの責任もない野放しの「自由」は、

逆に無秩序(クスリ漬けの乱交パーティーみたいなところ)な

社会になり、逆に個人の自由がなくなってしまう。


安全な自分の部屋に閉じこもっていなければならず、

外に出るだけで危険をともなうような場所に、

個人の自由はありません。


もうひとつは、人間は生まれた時から不平等なのに、

無理やり「平等」にすることで、逆に不公平な社会を作ることです。


無理な平等をすすめることが、おかしな現象を生みます。


学校で徒競走に順位をつけないとか、

出来る子も出来ない子も差をつけないとか、

不思議な教育がそれです。


社会は競争と不平等だらけで、生き抜かないといけないのに、

子供の頃には別世界で育つことになってしまいます。


右も左も、行き過ぎはよくないね。


てなわけで、

皆様、読んでいただいてありがとうございました!



「そんなの知ってるよバカにすんなよ」

と思ったそこの女子、すみません、

わたしは政治が嫌いな友達に

語りかける感じですすめていくので、

チャンネル桜を見て(特に討論番組)ブラッシュアップし、

今現在、わが日本が秒読みで

危険な状態だとわかったら、即行動に出てください。


チャンネル桜のデモは、みんな手弁当です。


早く到着すれば、ボランティアとして

風船膨らましなどの作業をして士気を高めることができます。


終わったらみなさん無名のまま退散します。


ちゃんと掃除して…。


公共の道路で大声を上げるのは、

カラオケや剣道くらいでしか大声を上げない日本人としては、

とっても勇気がいりますが、

ちゃんと許可をとってあるのでご心配なく。


若い人が地方から独りで無名のまま参加して、

掃除して去っていったりします。


女の子もけっこういるから、大丈夫です。


みんなとっても親切で

礼儀正しいので、こちらが恐縮します。


ちなみに、私は常に独り参加です。


政治に興味のある友達がいなくってね。…


では、おまけ。


既出ですが…

百聞は一見にしかず、気になる動画集。まずは怖がることから。


【移民】

オランダの悲劇「多文化共生がもたらしたもの」

    http://www.youtube.com/watch?v=Sotg-wxvvLc


ドイツの学校教育といじめ・移民政策の破綻
    
    http://www.youtube.com/watch?v=y-pVuiMzvq4


外国人参政権の恐怖

    http://www.youtube.com/watch?v=OB2Ys3mUb0I&feature=video_response


青山繁晴の外国人参政権の裏にあるもの

http://www.youtube.com/watch?v=9QxuJY0N8f0&feature=related


外国人労働者

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%80%85

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:12| Comment(16) | TrackBack(0) | 加藤美奈子

2009年12月18日

『チャンネル桜って右翼なの?2.5』

チーム桜子・加藤 美奈子です。


みなさん『チャンネル桜って右翼なの? @&A』に、

たくさんのコメントありがとうございました。


なにか誤解されているようなんですが、

「政治に全然興味がない女子」向けに書いたので、

簡単にするために左翼・共産党・リベラルなどをひとまとめにし、

右翼・保守をひとまとめにし、

2つのイデオロギーから話をはじめたので、

詳しい方々には混乱を招いているようです。


チャンネル桜は日本でいう「右翼」ではない、ということと

「保守が中流以上で左翼が貧困層」というのは、

かなり初期のヨーロッパの話を言ったつもりだったのです。


左翼が貧困層の支持者を広げようとしたのは、

左翼の人も否定しないと思います。

貧困層が左翼になるなら、

反動としての保守は大雑把に言って中流以上になる。


しかし指導層はいずれも中流以上でしょう。

ちなみにわたしは中流以下です。



そしてそのすぐ下の文章で、

「今は保守=中流以上ではない」と否定したつもりでしたが、

弱かったですね。


左の説明をするときも、

ソ連と日本共産党をごっちゃにしたら

混乱するし正確ではないけれど、

子供に「さよくってなにー?」と聞かれたら、

一番最初の説明としては、

左翼と右翼から大雑把な説明すると思います。


「憲法9条をまもり、平和とくらしをまもるために

たたかう人たちのことだよ」

という方もいらっしゃるかもしれませんが…。


戦後政界とつながり、日本の政治を裏から操った「右翼」は、

児玉誉士夫氏をはじめとして、最初から金儲け主義で、

チンピラを集めて「ヤクザ右翼」を作った人たちだと理解しています。


戦中のドサクサにまぎれて大陸で金儲けをし、

その金で戦後政界に幅を利かすようになり、

大陸の利権を握る人たちでもあります。


チャンネル桜をそういうのと一緒にしている方がいたら、

違いますと言いたかったわけです。


今後「政治の話をすると眠くなる女子(うちの妹)」を

想定して説明するので、

本質に行き着くまでに、ものすごくおおまかで

時には正確さに欠けることを書くと思いますが、

入門ですのでお詳しい方は聞き流して下さい。


大きな誤認を招くようなことを書いたら、今後ともご指摘下さい。


ちなみにわたしはまったく専門家ではない、

ただのいち視聴者ですので、

専門の方がいらしたらご教授お願いします。

これからも勉強していきたいと思います。


あと、「チャンネル桜の中の人」ではないので、

詳しいことはチャンネル桜にお願いします。


(Bに続く)


 
 


ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 04:12| Comment(11) | TrackBack(1) | 加藤美奈子

2009年12月13日

『チャンネル桜って右翼なの?A』

チーム桜子・加藤美奈子です。

さてさて、それでは、今度こそ

「女子のための、日本の政治入門講座」、はじまりはじまりー。


皆さんご存知、

ジョン・レノンの「イマジン」は、非常に心打たれる曲です。

「想像してごらん、

国なんてないんだと

…殺す理由も死ぬ理由もない

宗教もない

さあ想像してごらん みんなが

ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね

でも僕一人じゃないはず

いつかあなたもみんな仲間になって

きっと世界は1つになるんだ」


なぜ心を打つか。


右翼も左翼も政治に興味がない人も、世界中が平和に仲良く、

殺し合いなんてせず幸せに暮らすことを、

本当はみんなが願っているからです。


イマジンは究極の理想なのです。


理想だからこそ心打たれる。


では理想は実現可能なのか?


少なくとも、これから100年先に、

イマジンの世界が実現できているか?



ここで問題が生じます。


これを「自分の生きているうちに実現しよう」とする人と、

「非現実的だからと少しずつ修正して行こう」

とする人の2つの方向に分かれる。



「自分が生きているうちに、

もしくは子や孫の世代に実現できる」

と思う人がリベラル(左翼)、

「現実との折り合いをしてから、

だいぶ先に実現するか、もしくはただの理想で終わる」

と思う人が保守(右翼)、

と私の中で定義しています。



リベラルと保守ではこの前提が違うので、

話が全然かみ合わないのです。


そこでまず、

「右翼とか左翼ってなによ?

右翼は街宣車に乗って迷惑行為をするヤクザで、

左翼は平和とか平等とかデモとかソ連とか?かな?」

と思っている方に、まず用語解説をします。



右翼

=フランス革命の時、

議長席から見て右側に座っていた議員の考え。

つまりフランス革命が起源らしいです。

主に保守・国粋主義(いままでの伝統をまもり、

国に誇りをもって国を守ろうとする考え)の人たち。


日本では、あのいまわしい街宣車と

ヤクザなイメージがありますが、あれは一部

「日本が好きで日の丸が好きなのはダサいこと」

というマイナスイメージ戦略の

一環だったことがわかっています。


なぜか街宣車に乗っているのは

日本人じゃなかったり…。


皆さんが「チャンネル桜=右翼=怖い団体」

だと思っているとしたら、

まんまとその作戦に

引っかかっているということです。


今回の題名の

「チャンネル桜って右翼なの?」に対する答えは、

戦後日本的な「右翼」の意味なら「NO」です。


つまり、ヤクザでも怖い団体でもない、

ただオヤジ臭が濃いだけです。


保守はふつう、

お金持ちや中流階級以上の人たちが支持します。


自分の今の権益や伝統を守る(保守する)ためです。


しかし最近はそう単純ではなくなってきました。


保守的な人と言うと、

男性はスーツ、女性はローラアシュレイや

シャネルのツイードなんかを着て、

子供のしつけは厳しく男女交際なんか許さない、

というイメージかな、と思いますが、

日本の保守はちょっと違う。


日本の保守はまたこれが特殊で、

西洋の保守とはちょっと違います。


子供を容赦なく鞭でぶったたくとか、

外人はみんな追い出せとか、

子供を産まない女はいらないとか、

そういう保守ではありません。(これはまたのちほど。)


このあいだ潮匡人先生が、

「保守とは垂直次元(時間的つながり)を

大切にすること、

リベラルは水平次元(今現在のこと)でしか

ものを発想しない人たち」という趣旨の発言を

されていました(12/2桜プロジェクト)が、

まさにそのイメージだと思います。


保守の悪い面は、60年代に

親と世代間闘争をしたお父さんに聞いてみてください。


熱弁をふるってくれるかもしれません。

意外に保守的かもしれません。


簡単に言うと、

「枠から外れた人間に冷たい」ことでしょうか。


新しいもの、革新的な考え、精神的な病気、

身体障害者、不妊の女性、働きたい女性、ゲイ、

外人、先祖や伝統を捨てる人など。


しかしこれは60年代以前の保守の姿であって、

その反動からリベラルが

圧巻した後の時代となった今、

そこまで「はみだし者に冷たい」思想でも

なくなっているようです。


むしろ「伝統と社会の秩序をぶっ壊す勢力」の

ストッパーとしての役割が強くなっています。


保守の決める「枠」は、時代によって変化するのです。



左翼

=おなじくフランス革命時、左に座っていた議員の考え。

急進派(過激派)・社会主義・共産主義

(大雑把にいうと、

「お金持ちが労働者をこき使って、

さらに金持ちになるのが

不平等と悲劇を生んでいるから、

工場や材料・儲けたお金などを

みんなで平等に分けよう」と言う考え)の人たち。


「自由(リベラル)」と「平等」は

このあたりの思想です。


貴族や王族など、

特権階級を許さないのもここから来ています。


生協や労働組合なんかも左です。


「平和」「環境保護」「男女平等」も、

声高に叫んでいる人たちは左側です。


フラワームーブメントやヒッピーも左かな。


20世紀は、

左が弾圧されながらも圧巻した時代でした。


その反動が今来てるんですね、きっと。


日本は学校教育が左翼思想にあふれたので、

いまやリベラル左翼の思想が

日本の大多数(マスコミ・教育・大学)になっています。


上に書いてある「左翼」から連想されるものが、

「なんだ、良いことばっかりじゃん」

と思ったそこのあなたは、

20世紀式日本教育にきちんと浸っていた人です。

まじめですね。


20世紀は(今でも)芸術・文学・漫画にいたるまで、

左翼思想にどっぷり浸かっています。


LOVE&PEACEだよハニー。


エコでロハスで肉食系女子だよベイビー。


私が小学生の時は、

リベラル左翼であることは

知識人の素養みたいなものでした。


大学教授や教師たちが熱心に左翼教育をしました。


朝日新聞の「天声人語」がテストに出て、

国語の問題に出てくる日本論は必ず

「世界の中で遅れた日本、

西洋と比べて劣った日本、

軍国主義でトチ狂った日本」

という内容のものばかりでした。


わたしも幼少時は

左翼思想に凝り固まっていました。まじめでしたね。



・ ・と今回はここまで!

次回は『左翼功績と問題点』から書いてゆきたいと思います!

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 05:02| Comment(18) | TrackBack(1) | 加藤美奈子

2009年12月11日

『チャンネル桜って右翼なの?@』

チーム桜子・加藤美奈子です。

みなさんこんにちは!


わたしは政治にあまり興味のない女子向けに、

わかりやすく解説することを目標にしようかな

と思っています。



まず、遅まきながら、

12月3日に参加されたみなさま、

冷たい雨のなか、本当にお疲れ様です!!



草莽(ふつうの一般の人)の力が、

こちらにビシビシ伝わってまいりました。


日本はまだ捨てたもんじゃない、

そういう勇気を与えてくれます。


さて、

「外国人参政権て騒いでるけど、どういうこと?

TVであんまり言わないじゃん。

チャンネル桜って右翼なの?バカなの?死ぬの?」

と思っているそこの方、

チャンネル桜は、

左の方から見たら右翼かもしれませんが、

日本の未来を案じるフツーの一般人に支えられた、

スカパー・インターネットの放送局です。



開局は2004年、

水島社長(TVプロデューサー・映画監督)が

私財をなげうって作ったTV局です。


細かいところは違えど、

おなじような方向の考えをもつ団体や

国会・地方議員の方々が応援してくれています。


資金については、

ウォッチャーとして見ていたようすだと、

カツカツのようです(涙)



スカパーの放送局としてやっていくには、

1ヶ月2000万円弱かかるそうです。


それを2000人委員会(会費月1万円!)という、

日本を思う真剣な方たちが支えるという仕組みです。

(まだ2000人集まっていないのです。)


他にインターネットで

チャンネル桜すべての番組が見られる

SO−TVの視聴料(月3500円)や、

友の会(月2000円)、サポーター(1000円)

デモや集会の時の、

自主的に参加した一般の方からの寄付

(1円玉から諭吉先生まで!)で成り立っています。



わたくしはとても月1万円は払えないので、

友の会などで協力させていただいてます(涙)



月1万円がどんなに大変なことか、

みなさんよーくよーくご存知だと思いますが、

それだけ期待されているTV局でもある

ということです。


そしてチャンネル桜の視聴者が

どれだけ真剣に日本の未来を考えているか、

わかっていただけるのではないでしょうか。



さてさて、それでは、

「女子のための、日本の政治入門講座」、

はじまりはじまりー。



・・と行きたいことろですが、

長くなりそうなので続きはパート2で!

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 19:49| Comment(17) | TrackBack(0) | 加藤美奈子