2010年10月27日

『 松浦芳子先生よりお知らせ 〜三島由紀夫氏没後40年  展示・出版記念講演会〜』

チーム桜子・長野 衣美です


松浦先生よりお知らせです!


あの三島由紀夫さん没後40年(まだ40年!)の講演会です。


いまや歴史の一部となっている三島さんを

傍で感じておられた方のお話は貴重です!

お時間ある方はふるってご参加

よろしくお願いいたします。



以下、松浦先生よりの転送です。





いつも一緒に活動下さっている皆様へ



いつもお世話になっております。


あまり怒ることのない日本人が

「尖閣諸島」に関する一連の動きに怒りの声をあげました。



先の大戦で、日本の平和を願いながら

「後をたのむ」と散って逝った青年達や、

これまでの日本を創って下さった先人達の思いを

後世に伝えるためにも、

私達は真実を知り

伝えていかねばならないと思っております。


このたび、下記の講演会を開催する事になりました。


これまで公開されなかった

「楯の会」関係の展示もいたします。


ぜひ、ご参加下さいませ。


【三島由紀夫氏没後40年 展示・出版記念講演会】


三島由紀夫氏没後四十年にあたり、

「楯の会」初代学生長であった持丸博(現、松浦博)と松浦芳子が、

当時の手紙や資料を展示しながら

三島氏・森田氏の人柄等を語ります。


日時:平成22年11月16日(火) 午後7時から9時

会場:中野サンプラザ(中野駅北口) クレセントルーム 

会費:五千円

  (松浦芳子著

  「三島由紀夫が愛した少女の手記」(仮)贈呈)

            WILLに一部掲載されましたが・・・

  (持丸博著

  「証言・三島由紀夫・福田恒存たった一度の対決」贈呈)


会場の都合で参加人数に限りがありますので、

FAX・メールにて申し込んで下さい。


参加費の振り込みも宜しくお願い致します。

FAX番号:03−3311−7810

メール:info@matsuura-yoshiko.com

参加費振込:

  郵便局 10180−24812431  

      マツウラヨシコ


主催:松浦芳子後援会(杉並区議会議員)

後援:頑張れ日本全国行動委員会

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年10月17日

『あのお〜、日本でもデモありましたけどお・・?』

チーム桜子・長野衣美です。


・・・もうね、怒る言葉も見つかりませんね。

マスコミ各社の皆々さま。


知らなかったとは言わせませんよ。

前回の2日のデモも、今回のデモも

ちゃんと事前にお知らせしましたよねえ?





前回約3000人、今回約3200人の国民が終結した、

戦後最大と思われるデモですけど・・?


なーんでどこもマトモに報道しないんですか?


で、どうしてこぞって

中国での反日デモの様子は報道するんですか?


・・なんで?


「中国で数万人反日デモ、日系スーパーに被害」


読売新聞 10月16日(土)18時25分配信


【成都=関泰晴、北京=大木聖馬】

沖縄・尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の

中国漁船衝突事件を巡り、

16日午後、中国の少なくとも3都市で

計数万人規模の反日デモが行われた。


四川省成都では日系スーパーが壊される被害が出た。

中国のインターネット上では、

「在東京中国大使館に16日抗議デモがある」

との報道を受けて対抗デモの呼びかけが

相次いでいた。


今回のデモは、9月18日に

4都市で発生した計数百人のデモより

はるかに大規模で、

修復の動きが出ていた日中関係にも影響を与えそうだ。


中国国営新華社通信によると、

デモが起きたのは、成都のほか、

河南省鄭州、陝西省西安。


浙江省杭州でもあったとの報道がある。


在重慶日本総領事館によると、

成都では16日午後2時ごろ、

四川省政府庁舎近くの広場に

学生ら約2000人が集まった。


学生らは

「日本製品を買うな」などと書かれた横断幕や

国旗を掲げながら、市内のイトーヨーカドーの

春煕店や伊勢丹に向けて移動を開始。


同2時20分ごろに店舗を取り囲み、

「釣魚島を守れ」「日本は出て行け」などと

シュプレヒコールをあげた。

最終更新:10月16日(土)23時15分

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:59| Comment(22) | TrackBack(2) | 長野 衣美 

2010年10月06日

『全国統一行動に参加の皆様へ 松浦芳子』

チーム桜子・長野 衣美です。



さる10月2日。

東京で大きな大きなデモが行われました。

日本のマスコミは相変わらずスルーです。


このデモの中心人物のお一人であり、

日々日本のために

頑張っておられる松浦芳子議員から

メールが届きました。

心のこもったお礼のご挨拶です。

是非ご一読下さい。

(以下、松浦芳子議員よりのメール)




日本を愛する皆様へ   


10月2日の

「尖閣諸島侵略糾弾!全国国民統一行動」

には、多くの皆様が

全国各地で参加して下さったこと

心より感謝申し上げます。


渋谷のデモでは、

通常のデモ行進より長い距離を歩いていただき

有難うございました。



幼子を抱っこしたり、背中におぶりながら

縣命にあるいて下さった若いお母様、

ベビーカーに幼子を載せ、

お子さんの手を引いて

参加して下さったお母様もいらっしゃいました。


皆さま一時間以上歩いて下さり

本当にお疲れ様でした。



終点地である代々木公園に入る際に、

足を引きずっていた4年生位の

お子さんがおられましたが、

大丈夫だったでしょうか。気になっております。



私も母親です。

これからの子供たちの祖国である

我が国「日本」が、

今後どうなっていくのだろうかと

気になって仕方がありません。


待っても待っても最後尾がこない・・・

この長い行進の中で、

黙々と歩いて下さっている若いお母様方の

母心の叫びが聞こえてくるようで、

涙が止まりませんでした。



代々木公園に入る所で

最後尾の方々をお迎えし、

拍手でご挨拶をさせていただきましたが、

人の波は延々と続いており、

いったい何人の方が参加下さったのでしょう。

感無量でございました。



沿道から思わず飛び入りで

参加してしまったという方も多くいらっしゃいましたし、

全国では、北海道札幌市・秋田県秋田市・

宮城県仙台市・新潟県新潟市・

栃木県宇都宮市・山梨県甲府市・

神奈川県横浜市・神奈川県鎌倉市・

静岡県掛川市・愛知県名古屋市・

京都府京都市・兵庫県神戸市・

香川県高松市・徳島県徳島市・

愛媛県松山市・岡山県岡山市・

熊本県熊本市・山口県宇部市・・・等、

計30都道府県47市町村にて、

チラシ配布や街宣、デモ行進が

予定されておりました。



名古屋でのデモ行進も

400人以上とお聞きしておりますので、

全国での参加者は

3000人を超えています。



(日本のマスコミは、

 中国での数人の抗議行動は報道しても、

 「日本を守ろう」というこの行動を

  報道しません。まったく・・・・。)



日本を愛する熱い思いの私達が

一致団結して行動をおこせば、

きっと、天も味方して下さるでしょう。


国民一人一人が、その立場で

最大限の行動を起こせば

きっと天が動きます。



先の大戦で愛する家族や祖国のために

「後を頼む」と、

一つしかないかけがえのない命をかけて

散って逝った青年達は、

今の日本を見てどう思われるでしょうか。


彼らの死を「犬死に」にしてはなりません。



尖閣諸島周辺に資源があると判った事で、

「資源小国を資源大国にしてはならない」と、

中国はじわじわと日本を揺さぶってきています。


今回の事件は、民主党政権となり、

「今なら大丈夫」と、日本がどう出てくるか、

試してやろうとの事でしょう。


領海侵犯ではなく、

公務執行妨害でとの対処の仕方も、

船長を釈放し責任を他になすりつける

毅然としない民主党政権のやりかたは

許せません。

(民主党の中にも怒っている議員が

 たくさんいますが)



一歩下がれば二歩前に出てくる中国には、

毅然とした外交を行わなければなりません。


都知事が強気の発言をしても、

文句を言ってこないではありませんか。



「国防は最大の福祉」です。

国が危なければ

いくら地方議員が懸命に活動しても

安心安全な社会にはなりません。



今後も皆様と一緒に

笑顔あふれる地域づくり、

誇りある日本を

次代につなげるために行動致します。


どうか今後も

よろしくお願い致します。

全国統一行動に参加の皆様、

有難うございました。


頑張れ日本全国行動委員会 事務局長

草莽全国地方議員の会 会長      

杉並区議会議員 松浦芳子

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 11:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年09月28日

『お陰さまでテレビがマトモです』

チーム桜子・長野 衣美です


皆さん、血圧上がってますか?

私は血圧上がりまくりです。


が、中国の尖閣問題のおかげで、

テレビがやっとマトモです。


なんと! 

9月27日にフジテレビの『とくダネ!』に

青山繁晴さんが出ています。


日本テレビでは勝谷誠彦さんが

中国を『ヤクザ』と言い張切ってます。


テレビ朝日では

小池百合子議員と、松原仁議員が頑張ってます。


そこに何とあの鳥越さんも

『日本政府が賠償請求するべきだろう』的発言を添えて、

松原議員達に同調しています。


・・ある意味奇跡の光景。


中でも青山さんはさすがで、

今回釈放された船長の『衝突』が意図的である事を

淡々ながらも強く訴えておられました。


普通の漁師ではありえないテクニックで

自分の船をあやつり、

鋭角に二度も海保の船に体当たりし、

ビデオ撮影までしていた事実などは

視聴者に分かり易く『中国の意図』が

伝わったのではないでしょうか?



当然、いまさら政府がビデオを公開したって、

中国に返された『漁船』は

偽装されたキズをつけられ、

『漁師である船長』がなぜか用意周到に撮影していた

『船長側から撮影された証拠ビデオ』も

偽装されていることでしょうとの事でした。


いいぞ!青山さん!

小倉さんもさすがに特に反論ナシ。


小倉さんの横に座っているピーコさんが、

なにか頓珍漢なコメントをして

水を挿さないかドキドキしましたが、

なんとピーコさんも

『民主党は何? 

こーゆーこと何にもお勉強してこなかったわけ?』と

ナイスつっこみ! 


『だっからあんな大々的に

中国に行った小沢さんに出てきて貰えば良いのに。

なんのために中国に行ったの?』(ざっくり概要)と

さらに突っ込まれており、

思わず拍手を送ってしまいました。



ハジメ姐さん、直子さん、まる子さん、

日本のテレビが頑張ってます。

嘘みたいな事だけど。


それにしても『政治主導』の民主党、

こーゆー時だけは

『いや、地検が勝手にやりました』って・・。


最後に、いつも孤独に頑張ってる新聞、

『産経新聞』の【産経抄】をご紹介します。


【産経抄】9月26日

2010.9.26  03:06


平成生まれのみなさんへ。長かったいくさが終わって、

中国がぼくたちの「ともだち」だった時期が

ほんのひとときあったんです。

つきあい始めたころには、

白黒の珍獣を友情の印に贈ってくれ、

上野動物園には長蛇の列ができました。


▼こんな愛くるしい動物のいる国はきっと、

やさしい人たちが住んでいるんだろうな、

とぼくたちは信じました。

もちろん、いくさで死んだ兵隊さんを祭った神社に

偉い人が参っても文句ひとついいませんでした。


▼しばらくして、「ともだち」は、

神社へのお参りに難癖をつけ、

ぼくたちが持っている島を

「オレのものだ」と言い出しました。


びっくりしましたが、トウ小平というおじさんが

「次の世代は我々よりもっと知恵があるだろう」と

言ってくれました。


▼でも小平おじさんは、本当は怖い人だったんです。

「自由が欲しい」と広場に座り込んでいた若者たちが

目障りになり、 兵隊さんに鉄砲を撃たせ、

多くの人を殺してしまいました。

みんなはびっくりして

「こんな野蛮人とはつきあえない」と村八分にしました。


▼それでもぼくたちは、みんなに

「こいつは本当はいい奴(やつ)なんだよ」と

口をきいてあげ、

貧しかった彼には、いっぱいお金をあげたり、

貸してあげたりしました。

おかげで「ともだち」は、

みるみるお金持ちになりました。


▼そのお金で「ともだち」は

軍艦や戦闘機をいっぱい買い、

今度はもっと大きな声で

「この島はオレのものだ」と叫びました。

「次の世代の知恵」とは、

腕ずくで島を奪うことだったんです。


パンダにだまされたぼくたちは浅はかでした。


「次の世代」のみなさんは、

もっともっと力をつけて

真の友人をつくってください。


お願いします。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:24| Comment(9) | TrackBack(3) | 長野 衣美 

2010年09月18日

『おいおいおい!これでイイのか?”国際理解授業”』

チーム桜子・長野 衣美です。


先日、小学校三年になる息子が、学校から帰宅するなり、

「アニョハセヨ〜」と元気に叫びました。


「はいいい? なんじゃそりゃ? どこで覚えたの?」

と私が聞くと、

「今日学校に韓国の人が来て教えてもらった」とのこと。


確かに! その日の授業は特別授業で

『国際理解』というものがありました。


『国際理解』というからには、

いろんな世界のお話が聞けるのかな。

楽しそうだなと 私も思っていたのですが・・。


でも実際は「国際」といえど、

お勉強するのは「韓国」の文化のみ。


おいっ!

いつから国際=韓国になったんだい?


息子に何を習ったのかと尋ねたら、

三班に分かれて言葉や遊びや文化など、

それぞれ興味のあるジャンルのお話を聞いたり

体験したりしたそうな。


まあいいさ。韓国の遊びや言葉を覚えたって、

何も悪いとは思わないけれど、

ちょっと待って! 

果たして学校はどんな基準で

200近くある国の中から韓国を選び

『国際理解授業』と銘打ったんだろうか?


例えば生徒達に興味ある国はどこ? 

とアンケートを取ったのだろうか?


その疑問を後日息子の担任の先生に聞いてみた。


結果は

「いや、アンケートなどは取ってませんが、

毎年恒例で韓国の方を呼んで

国際理解授業するというのが

年間スケジュールに組み込まれてまして・・」

とのことでして・・。


補足のように

『夏休み明けに、国語の授業で

"三年峠”という韓国のお話をすることの意味もあって・・』

とおっしゃっていました。


ほほう。


じゃあ「スイミー」の授業の前には

アメリカの国際理解授業はしないのかい?


「スーホの白い馬」の授業の前には

モンゴルの国際理解授業はしないのかい??


ついでに先生に

「その韓国の方々は

どこからの派遣で来られているのですか?」

と聞いてみましたら

「さあ・・」とのご返答でした。


で、調べてみました。


『民団新聞』のバックナンバーを。

愕然としました・・。


以下、民団新聞に書かれていた内容です。


記事は2001年のものですが、

ほかにも民団新聞のバックナンバーを調べたら、

いろんな地方で『国際理解授業』は行われていて、

各地で「絶賛」されていることが分かります。


「このときばかりは

教室で引きこもりがちがちな生徒までが夢中になり、

担当教師をびっくりさせていた。」とか、

「はじめは隅のほうでひっそりしていた在日の子が、

私たちとの出会いを通して

自らの出自を明らかにしてくれることもあった」

とか

おいおいおいおいおいおい・・・!

・・と突っ込まずにはいられない主観的かつ、

自画自賛的なこの記事!


で、やっぱり、『国際理解授業』は、

韓国以外のお国を選んでもいいんじゃないか!!



民団・日教組=民主党支持・・。

これ、偶然?

引く手あまた国際理解教育 「三年峠」で児童の関心


1205_b2.jpg

ペンイに目を輝かせる児童(川崎市立小田小で)


【神奈川】

川崎市内の公立小学校などで

国際理解教育の授業を行う川崎市教育委員会の

「民族文化講師ふれあい事業」が好評を博している。

この事業は市教委の主導で5年前から続いているが、

学校からの依頼の約3分の2が

川崎市ふれあい館の韓国文化講座に集中している。


2学期は国語の授業で

韓国の民話「三年峠」を学ぶためか

特に多忙を極めるという。


■□■□■□


川崎市民族文化講師ふれあい事業

依頼校の3/2が韓国文化要請


川崎市ふれあい館の学校訪問は神奈川県内全域を対象に

7、8年前から続いている。


ただし、市教委が

「民族文化講師ふれあい事業」として予算化した今は、

川崎市内の依頼校を回るだけで手いっぱい。

訪問先はほとんどが小学校だ。


この2学期、小学校では

3年生が国語の時間に韓国の民話「三年峠」を学ぶ。

児童の韓国への関心の高まりを受けて、

学校側が市教委に依頼するという例が多い。


ふれあい館では出し物として

マダン劇「三年峠」と、

子どもたち自ら民族楽器やチョゴリに触れ、

韓国の遊びを実体験するワークショップ形式の2つを

用意している。

チームは4人、ないしは6人で構成。

メンバーはその都度、

ふれあい館職員の朴栄子さんが

同館を運営する社会福祉法人青丘社の周辺に集う

同胞ボランティアに声をかけて編成している。


11月29日は市教委からの要請を受け4人で

市立小田小学校(平沢公子校長、500人)を訪問した。


体育館で自己紹介の後、各自が手分けして

チャンゴ演奏、民俗ノリ、韓国語学習、

チョゴリの試着などの各コーナーを担当した。

このときばかりは

教室で引きこもりがちがちな生徒までが夢中になり、

担当教師をびっくりさせていた。


最後に全体会を締めくくるにあたって朴栄子さんは

子どもたちに「違いを大切に」と呼びかけている。

この日は同小では

在日同胞子弟の在籍が確認されていたためか、

朴さんの話にはふだんよりも熱が入っていた。

この体験学習をただの文化交流や

文化理解だけにとどまらせず、

誰もが「共に生きる」国際理解教育の一環に

したいからだ。


朴さんは

「はじめは隅のほうでひっそりしていた在日の子が、

私たちとの出会いを通して

自らの出自を明らかにしてくれることもあった。


すぐ近くにいる違う文化を持つ人と

一緒に生きていくことが大事なのだと

子どもたちに伝えていきたい」と話している。

(2001.12.05 民団新聞)

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年08月20日

『ボーイスカウトの夏キャンプ!』

チーム桜子・長野 衣美です


行って来ました!『ボーイスカウト夏キャンプ』。


2泊3日の行程で、

我が家は家族4人、全員で参加してきました。


この猛暑の中、ひたすら登山やハイキング。

いい年してTシャツ潮吹きまくりの汗だくで、

一応お化粧をした顔も、

いつの間にやら勝手にナチュラルメイク。


汗脇パットなんぞ、たとえ挟んだって

汗で流れ落ちてしまうほど。

(もちろんはじめから着けていませんでしたけど)。


3日間、大人も子供も

良くぞ誰も倒れなかったと思うほど

過酷な暑さの中での活動でした。


ボーイスカウトと言っても、息子はまだ『カブスカウト』。

しかも一番小さな『うさぎスカウト』です。


・・そう言われても『?』ですよね。


そこで今回は

聞いたことはあるけど

良くわからない『ボーイスカウト』について

ちょっとご紹介したいと思います。


まず、詳しくはボーイスカウト日本連盟のHPをご覧下さい。

『ムービー』の欄には

イメージビデオなんかもあってわかりやすいです。


・・見ていただけました?イメージビデオ。

なかなか楽しそうでしょう?

『備えよつねに』をモットーとし、

野外活動中心に様々な経験を積める団体です。


うーん、素晴らしい♪


・・が、イメージビデオには肝心なことが抜けています。

スカウト活動は親の出番が大変多いです。


特に『カブスカウト』までは

普通のお母さんでも交代に制服を着て

『デンリーダー』を任されます。


そのストレス(?)で

デンリーダーが回ってくるたびに、

『こんな大変なもの、もう辞めてやる!!』

と子供の気持ちと関係なく、

私自身がそう思うくらいです。


その他バザーやらなんらや親の出番は多岐に渡り、

個人差は大きいですが、

『しまった! こんなはずじゃなかった』と、

トホホな気持ちになる親御さんは多いと思います。


でも不思議なんですよね。


一番母子共にしんどい筈の夏キャンプに参加すると、

『ああ、やっぱり

ボーイスカウトに入っていてよかった。来年も頑張ろう』

という気持ちになるのです。


炎天下で、活動中は

『辞めてやる! 来年は絶対来るもんか』と

呪文のように呟きながら

お山なぞを登っているのですが、

いざキャンプの解散時には、

えもいわれぬ充実感と感動に包まれるのです。


キャンプ中は家庭でも、学校でも

体験できないことばかり。


まず起床と共に寝具を整え、正装を身につけ、

時間までに廊下に並んで隊長のチェックをうけます。

その際、寝具が乱れていたり、

服装に歪みが見受けられると

やり直しになります。


勿論連帯責任で、

一人の不備はチーム全体に影響します。


その後、外に出て

『国旗儀礼』から始まる朝礼です。


『国旗に正面! 敬礼!!』の声と共に、

日の丸を掲げ子供達も親も敬礼をします。


夕方国旗を降ろす際も、

国旗に触る子供達は

いちいち正装に着替えて日の丸をおろします。


食事も基本は当然完食義務があり、

普段食の細い子も、周りに励まされ

完食するまでいただきます。


特に朝はしんどそうな子供もいますが、

皆家とは違って甘えません。


その後はひたすら野外にGO!

家族単位ではまず歩かない長い行程を、

気温36度の中、ひたすら前に進みます。


ただ歩くだけでなく、

途中20箇所以上に仕掛けられた

数々のミッションをクリアしつつ進むので、

実に一日掛かりです。


その中で歴史を学んだり、五感を磨いたり、

土地の特産物を覚えたり、手旗信号を解読したり・・。


子供達は普段経験できない事を

知らず知らずに体験してゆけるのです。


それら全はリーダーと呼ばれる大人たちが

企画し、仕掛け、見守ってくれています。


人間関係が希薄になったと言われる昨今にありながら、

お金が貰える訳でもないのに、

他所の子をこんなにも熱心に見守り、

叱ってくれるリーダー達の姿を見ると、

それだけで親達は感動してしまうのです。


そしてお手伝いだけで

リタイアしそうになるわが身を反省し、

また一年在籍してしまうのです。


・・で、その感動を引きずり、

新年度(スカウトの進級は9月です)進級してしまい、

しばらく経つと、

また『しまった!』と思うのですが・・。


そういえば

宇宙飛行士の野口聡一さんもボーイスカウト出身で、

現在も茅ヶ崎の団でリーダーをされているそうです。

で、野口さんが宇宙飛行士の記念館(?)の

ご自身のプレートの下に書き込んだ一言は

『備えよつねに』だそうです。


そうそう、麻生太郎元総理も何かの折に

『備えよつねに』とおっしゃっていましたっけ。


ボーイスカウト出身の有名人って

かなり多いんですよ。


アメリカ歴代大統領の殆どは出身者ですし、

野口さん以外の宇宙飛行士の方にも多いです。

芸能人も多いんですよ。


先日行われた『日本ジャンボリー』で

ゲストに招かれたサッカー日本代表の岡田前監督も

ボーイスカウト出身者だそうです。


子供がもう少し大きくなったら

是非ジャンボリーに参加して、

また一つ普段出来ない大きな経験をさせてやりたいな

と思っています。


また、2015年には

4年に一度の世界ジャンボリーが

日本の山口県で開催されることが決定
しています。



ボーイスカウトの世界JANバリーは、

サッカーワールドカップ同様に、

自国での開催は本当に希少なことなんです。


恐らく自分が生きている間には

もう日本での開催は無いと思われます。


しかも参加資格が『ボーイ隊のみ』みたいなのですが、

ちょうどその年に

上の子も下の子もボーイ隊に当る年だと気づき、

スカウトをやっているならば、

何が何でも経験させてやりたいな〜と密かに画策中です。


お子さんのいらっしゃる読者の皆さんで、

ご興味お有りの方は是非調べてみてください。


きっと貴方の地域にもボーイスカウトは存在します。

大変ですが、良いですよ。ボーイスカウト!

毎年辞めると言いながら、

在籍三年目に突入しようとしてるダメ母長野のレポートでした。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:20| Comment(4) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年07月23日

『リアルレポート 〜暴力教室〜』

チーム桜子・長野 衣美です。


暑いですね。

子供達は夏休み・・のはずが、

うちの学校では未だ夏休みではありません。


意味の無い『二学期制』により、休みは7月24日から、

夏休み明けは8月24日から始まります。


8月24日に再開された学校は、

『二学期』ではありません。


単なる『夏休みの終わり』です。

ではいつが二学期かというと、

10月の三連休に、

『たった一日の秋休み』をくっつけて、

その連休明けを以って『二学期』に突入します。


しかも、

『夏休み明け』から9月1日まで給食はなく、

午前中で子供達は帰ってきます。


はっきりいって甚だ迷惑な企画です。

だったら8月いっぱい普通に休ませてくれたほうが

いいのにと腹が立って仕方ありません。


・・まあ、この問題は置いておいて・・。


ごく親しい友人から、

彼女のお子さんが通う小学校での信じられない現状を聞き、

あまりのことに驚愕したので、

今回はその内容をこちらに書かせていただきます。


友人の子供A君は公立小学校の三年生。


A君自身はごく普通の学校生活を送っているのですが、

困ったことに同じクラスのB君が

連日授業中に暴力を振るうそうです。

B君の行動も、始めはまだ暴力行為にまでは及ばず、

自分が気に入らない授業は堂々とボイコット。

教室の後ろで寝そべったり、顔を伏せったりして

一向に授業に参加しなかったそうです。


でも、そこで

まともに叱られなかった事に味を占めたのか、

今度はちょっと気に入らないことがあると、

教室の椅子を頭まで振りかぶって、

投げつける行動に出始めました。


もちろん、他の子は騒然です。

B君の投げた椅子は誰にも当らなかったものの、

床にバウンドして

あらぬ方向に跳ね上がるほどの威力があるのです。


当然、あちらこちらから

悲鳴やB君を止める声が上がります。


が、その時担任の教師はあろう事か

『皆さん、B君を無視してください!

騒ぐと余計やってきますよ!!』と

他の生徒に関わらないように指示したそうです。


それが一度ならまだ良いのですが、

以降B君は頻繁に同じ行動を繰り返し

今ではほぼ毎日1回は

椅子を振りかぶって投げつけるそうです。

(B君の問題行動は他にもありますが、

あまりに多いので割愛します。)


・・椅子を振りかぶって投げるって、

それ、すんごく危ない事ですよね?

下手したら死にますよね?


にもかかわらず、B君の行動が

他の子の保護者の耳に入るようになったのは

『椅子投げ』が始まって

大分あとのことだったそうです。


何故か?


『B君が椅子を投げたり、問題行動に出るのは、

日常的な事過ぎて、

子供がいちいち親に報告しなかったから』です。


しかも、私が一番驚いたのは

担任教師が

『B君は威嚇しているだけです。

絶対に当りませんから、皆さん無視して騒がないように』

という教えを子供達に徹底したからです。


その徹底振りは、信じがたいものでした。


・・B君が椅子を投げる事を知った私の友人が、

ある日授業の様子を廊下から眺めに行くと、

ちょうど休み時間で、先生は不在だったそうです。

その時、またもB君が

一人の子を目がけて椅子を振りかざしたそうです。


なのに、周りは知らん振り。

見かねた友人が教室に飛び込んでB君を止めると、

今までフリーズしていた子供達が、

いっせいに『○○ママ、いけないんだよ!

無視して知らん振りしなきゃいけないんだよ!!』と、

在ろうことか

『悪事を止めようとした友人を悪者のように非難した』

そうです。


友人の子供までが必死になって

『ママやめて!

先生に構っちゃだめって言われているの!!』

と止めたそうです。


それを聞いて、私は鳥肌が立ちました。


・・カンの良い方、お気づきですね?


まさに今の日本の縮図がこの『暴力教室』です。


今正に

テポドンが発射されようとしているにも関わらず、

政府は根拠の無い『安全』をうたい、

国民に動揺を禁じました。


ただ国はまだマシで、

一応ミサイルを撃ち落すためのPAC3を配備しましたね。

(・・某テレビは

その『自分を守ってくれるPAC3』を見て

『怖いですね』という

脳天イカれたコメントを吐くコメンテーターや

『国民』をあたかも

『みんなの代表意見』のようにして放送していましたが・・。)


そんな状況下にあってまで

『PAC3の設置は憲法9条に反する』

と騒ぐ人も少なくありませんでしたが、

とにもかくにも

あの時日本は最低限の『防衛策』は取りました。


本当でしたら堂々と他国からロックオンされたら、

『先取防衛』が普通でしょうがね・・。


話し戻って、『暴力教室』では、

先取防衛どころか、正当防衛も認められず、

正当防衛どころか『危機を危機と捉える心』さえも、

封じ込められていたのです。


B君は椅子投げ以外にも、ちょっとした事で因縁をつけ、

マジメに黒板を書き写している子供の机の前に立ち、

その子を睨みつけながら、

その子の机をずっとガタガタ揺らすこともあるそうです。


やられた子供の心は、

きっと恐怖と怒りと悲しさと悔しさでいっぱいのはずです。


声に出さずとも

『先生助けて!』と叫んでいるはずです。


でも、その時も担任教師は

『気にしないで。無視しなさい』と言って

授業を続けたそうです。


・・それ

『公開イジメを無視せよ。先生も無視するから』

という事ですよね?


にわかには信じがたいこの話ですが、本当の話です。


ここで皆さんは

『B君は病気なのでは?』と思われると思います。


というよりも、

そう思わないと心の整理が付かないと思います。


私は専門家ではないので、そこは断言できませんが、

少なくとも友人は

『病気ではないと思う』と言っています。

なぜなら、B君は

親が参観にきた日は、ずっといい子で座っているし、

興味のある実践的授業には

何事も無かったように参加するそうです。


放課後、友人宅に遊びに来たときには

『俺、何やっても怒られないんだよね』

と自らの悪事を自慢したそうです。


当然、それを聞いた友人はB君を叱りましたが、

その後も態度が改まらなかったとのことなので、

まあ聞き流したのでしょう。


また、親が一緒のときは

至って普通の可愛い子を演じています。


たまりかねた友人は、担任ではなく、

教頭先生に相談をしたそうですが、

勿論学校でもB君の行動には困っているが、

きつく叱ると余計に事態を悪化しかねない。


今は色んなタイプの子供がいるので、

一概にガツンと高圧的に叱ることが

功をそうすとは限らない。


B君に関してもカウンセラーなどをつけて、

心を癒す事を目指している。


勿論親御さんにも『相談』している、

とのお答えだったそうです。


あの〜。

昔からいろんなタイプの子供はいましたけど・・?


でも、

『どんな理由があろうとも、

教室で椅子を投げるのは悪い事』というのは

共通認識ですよね・・?


それともなんですか? 


心の弱い子を認めてあげるために、

ごく普通の子は授業妨害を我慢したり、

下手したら椅子で頭割られて死んじゃって、

ニュースになったりしなきゃいけないんですかね?

そうして

『問題は何だったか、亡くなった生徒の為にも

皆さんで真剣に考えましょう』とかいう命の授業の

ネタにされなきゃいけないんですかね・・?


・・間違ってる・・。


『間違ってる』っという言葉ですら、

『B君やB君の親御さんの立場もあるから』

うかつに口にしてはいけない言葉なのでしょうか?


『B君が振り回したのがたとえ紙切れでも、

ならぬものはならぬ』なのではないのでしょうか?


誰にでも人権はあるのだから・・。


わからない・・。

ワカラナイ・・。


私にとってこの話は、

稲川淳二よりも身の毛がよだつお話でした。


この子達が、将来日本の未来を担うのですね・・。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:18| Comment(9) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年07月16日

『池袋チャイナタウンに行ってきました!』

チーム桜子・長野 衣美です。


皆さんご存知ですか?


池袋北口付近が、勝手に

「チャイナタウン」にされつつある事を。


池袋北口周辺を、

中国人の街にしようという「池袋チャイナタウン構想」。


しかし地元住民の強い反発で、

池袋チャイナタウン構想は実現しませんでした。


が、今でもこの近辺に住み着く中国人は

年々増え続けています。


詳しくは

「池袋チャイナタウン」などのキーワードで

ネット検索すると、いくつもヒットします。


いろいろな角度からのレポートがありますので、

あえてここにはアドレス添付しません。


皆様、ご興味ありましたら

調べご自身でご判断下さいね。


中には「池袋チャイナタウン構想」の

中心人物と思われる中国人の方が作った

「池袋チャイナタウン・公式ホームページ」もあります。


公式って…、オイオイ。


…まあ、こちらの読者の皆様は、

こんな知識はとうに

ご存知の方が多いと思いますので、説明はこの辺にして。


実際はどんなものなのか

気になった私は、

池袋をサクっとお散歩して参りました。


池袋北口の階段を上って、

いきなり目の前に現れた建物がコレ!


aKa1.jpg


…あ、赤いっ!



まさかこんな建物が

そこかしかしこに建てられているのか?!


…と思いきや、さにあらず。

ずんずんと街の中に入って行っても、

全国的に良く見かけるチェーン店の飲食店が殆どで、

その間に中国語の看板がちらほら…。


denno1.jpg


あとは怪しげな風俗店やホテルがポツポツ。


あたかも新大久保の中国版を想像していた私は、

ちょっと拍子抜けし、

「こちら側じゃないのかな?」 と、

駐車場警備のおじさんに道を訪ねてみました。


すると、

「あっちあっち、

線路沿いから向こうにズラーっとあるよ」

との返答を頂き、

おじさんの指す方向にお散歩軌道修正。


線路沿いには、なるほど、ちょこちょこと

中国語の看板があるものの、

おじさんの言うような「ズラー」は

見受けられませんでした。


ご覧のようにビルのガラスに

中国的看板は書いてあるものの、

殺風景なビルが続くばかり…。

とりあえず赤くはありません(笑)。


bill11.jpg



bill21.jpg


適当な所で引き返し、駅に戻る途中の派出所で、

お巡りさんにお話を聞いてみました。


「この辺り、想像よりも中国の店はないんですね」

という私の質問に、

「そうだよ。だってここらは古い商店が多いからね。

地元の人が許さないよ。

(中国のスナックが集合するビルを指し)

あーゆー建物は皆新しくて、ここも二年位目かな」

とお巡りさん。


「でも中国の人は沢山住んでるんですよね?

どこいら辺に住まわれてるんですか?」と訪ねると、


「もう少し奥のアパート辺りに沢山住んでるよ。

ここら辺聞こえてくるのは中国語ばっかり(笑)。

うっかり来た日本人はびっくりしてるよ」


…たしかに、

池袋北口の階段を上がった辺りから、

聞こえてくるのは中国語ばかり。

ここは中国か? と錯覚するほどにです。

中国の人は声がデカイので、余計に耳に入りますf^_^;


「私、もっと新大久保みたいになってるのかと

想像してました。

でも新大久保とも横浜中華街とも

全く違ううんですね」


「中華街ったって、

ここらの店は中国人向けの店で、

日本語通じない所も多いから、日本人は来ないよ」


「中国人の方々が増えた事で、

治安に変化が起きたと感じますか?」


「別に無いなあ」


…とのお話で…。


治安に変化無しというお巡りさんの言葉は

本当かしら〜。


まあ本当に超した事は無いけどね…。


心の中でそう呟きつつ、

お巡りさんにお礼を言って、池袋を後にしました。


ほんの1時間ほどの、池袋散歩終了。


そこで私が見た「池袋チャイナタウン」は、

「どことなく寂し気な閑散とした街」という印象でした。


でも、中国人の人口侵略は、

皆様ご存知の通りにすざましく、

「人口テロリスト」という言い方もあるくらいです。


そういった意味では、

建物は少なくても油断はなりません。


明らかに池袋に中国人が増えたのは事実であり、

また「池袋チャイナタウン」は

中国人マフィアの影も取り沙汰されていますよね…。


目に見えないぶん、逆に不気味な街でもあります。


実は、池袋にお散歩に来る前に、

15年来の知り合いで、

在日15年の中国人、Tさんに

「池袋の中国人街には行かれた事ありますか?」

と訪ねてみました。


Tさんは都内の大学で講師もされている関係で、

経由地である池袋には良く行くとの事。


そのついでに、例のチャイナタウンにも

立ち寄った事があるとの話でしたが、

Tさん曰く、

「あんな所行くもんじゃないよ。

まともな中国人はあそこには行かないよ。

あそこにいる殆どの中国人は悪い中国人ね。


ワタシわかるよ。

あの人達の言葉遣い、目つき、会話…。


まともな中国人はあんな所で

狭いアパートにタムロしないよ。


本当に日本できちんとに暮らすつもりなら、

日本人と同じ住宅街に住むよ。


あーゆー中国人が増えたから、

最近は真っ当な中国人まで避けられます」

と、ご立腹でした。


Tさんが日本にきた15年前は、

まだ日本に住む中国人は少なくて、

Tさん家族も週末ごとに

ご近所さんと餃子パーティーをして、

温かいお付き合いをして

日本に溶け込んで行ったそうです。


でも最近、中国人辛みの事件や、

不法に入国し、密かに住み着いている中国人の

素行の悪さが周知のものになってくると、

次第にTさんへの日本人の接し方も

変わってしまったそうです

(ちなみにTさんは

”餃子パーティー”の地から

お引越しもされています)


「中国人十億人のうち、五億人は悪い人」

と笑うTさん自身、

法をすり抜け日本に住み着く中国人には

ほとほと嫌気がさしているそうです。


「元々の人間が悪いわけじゃなくて、

教育を受けられていない人が多いからね。

教育は大事ですよ」と

Tさんはしみじみ語っておられました。


「アメリカのチャイナタウンも最近嫌われてて、

今チャイナタウンの警備は

中華系の警官に任されてるらしいよ」

…との情報も、Tさんが教えてくれました。

(あくまでTさん情報です)


…そんな訳で、今のところ表面的には

「池袋チャイナタウン」は

「チャイナタウン」の体を成していませんでしたが、

実際そこに住む中国人の数は

年々急激に増幅しています。


これがどんな意味を持ち、

どんな結果となって現れるかは私には計り知れません。


余談ですが、池袋は私の母の故郷であります。


夏休みなどには

母と長期で「里帰り」をしました。


なので池袋には

私の子供時代の思い出が沢山詰まっています。


駄菓子屋、路面電車、夏祭り。

昔ながらの池袋の景色が

どうか無くならぬよう、願って止みません。


以上、初夏の池袋お散歩レポートでした!!

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 15:59| Comment(9) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年07月09日

『そうだ! 選挙に行こう!』

チーム桜子・長野 衣美です。


いよいよ迫ってきました参議院選挙!


皆様、投票所へ行く準備は出来ていますか?

利き手は骨折してませんか??

大丈夫ですね?
 

イメージでなく、

ちゃーんとした政策を掲げている立候補者の名前を

白い投票用紙にお書き下さいね!



・・まあこれを読んでくれているような方は、

そんな事を言わずとも

正しい知識とお考えを持って

投票に行かれることと思いますが、

もし、身近な家族や友人に

『誰がいいのかわかんなーい』

という人がおりましたら、

下記のサイトなどを参考にして

下調べをするようにお勧めしてくださいね。



で、以下に紹介する文章は、

私のママ友達が外部のブログに書いた文章です。



彼女はついこの前まで、

選挙とか政治とか、そんなには興味はなく、

日本の現状に危機感も持った事のない、

フツーの若いママさんです。


でも、マスコミがやたらと民主党を煽り、

まんまと民主党が政権与党になったことで

『?・・なんかおかしくないか??』

と素朴な疑問を持ち始め、

様々な角度から調べた結果、

民主党の裏マニュフェストや、

マスコミの偏向報道を知り、

『こりゃあ、大変だ!

実は今、日本てすんごくやばいんじゃないの??!』

と気づき、

今まで書いていた『ほのぼの子育てブログ』から

がらりと方向転換!


同じ世代のママさんたちにも

本当の事を知って欲しいと、

勇気を持って政治に絡めたブログを

書き始めた方であります。


この友人に限らず、私の周りだけを見ても、

民主党が衆院選で圧勝したことで

政治に興味を持った

(・・というか持たざるを得なくなった)

ママさんたちが驚くほど多いです。


かつて世間話に

これほど政治ネタが持ち上がることなど

無かったと思うのですが、

最近、ごくごく普通に、ママ達の世間話しは

『学校・流行・政治』になりつつあります。


出来ることなら今までどおり、

オンナコドモは

くだらない話に終始していたかったなあ(遠い目・・)。


「もうそんな事は言っていられないほど

危機的な状況なんだねえ」


「家の子達が将来大人になる頃は、

消費税15%かねえ」


「子供の上司は中国人かねえ」と、

とりあえず受け取った子供手当ての

納入通知書を持ち寄りながら、

ママ達はため息をついております・・。



・・では、

以下に件の友人が書いたブログを紹介します


是非文中にあるサイトを参考になさって、

日曜日は選挙へGO!してください。


(〜以下・友人のブログより〜)


さてさて。来週は参議院選挙ですね。


とにかく、

TVや新聞雑誌などのスポンサーがある情報は

偏向報道がすごいです。


(ミノ.フルタチ.トリゴエ.オグラ.タハラ.イケガミなどの

報道だけで解った気にならないで〜)

↑私もネットで調べてびっくりしました!


消費税とか、表マニフェストだけじゃなく、

裏マニフェストとか危険な法案などもありますので、

自分で調べて投票して下さいね。


子育て中の方は中々時間も無いかと思いますが、

日本の未来や子供達の為に学ぶべきです。


私は娘を寝かしつけた後、布団の中で

携帯でいろんなサイトを渡り歩いて勉強しています。


参考サイト載せておきます♪

Google 未来を選ぼう 参院選 2010

↑例えば「蓮舫」で調べていくと、

データや動画など見れます。


「輿石東」も必見!!


自分の選挙区の議院さんだけでも調べましょ。


あともうひとつ絶対のオススメサイトは、

TVの偏向報道の酷さがすごくよく解るこのサイト。

普通の子育て中の主婦の方が書き起こしてくれています。

テレビにだまされないぞぉ

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:52| Comment(12) | TrackBack(2) | 長野 衣美 

2010年07月06日

『チーム桜子・新メンバー紹介』

チーム桜子・長野 衣美です。

またまた嬉しい新メンバー紹介です!


名前は水野 ことえさん。

とてもにこやかな若いママさんです。

お子さんの教育にも熱心で、

おもに教育関係のコラムになると思います。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


今回もご挨拶を兼ねて、

現代版『寺子屋』をご紹介してくださっています。

それでは、

水野さんにバトンタッチ致します!



タイトル「寺子屋青葉」


初めまして!チーム桜子・ことえです。


私は育児、教育をとことん知る上で、

日本の危機的な現状に実感を持ち、

「日本再生!」に情熱を注ぐこととなりました。


主にお子様が居られる奥様向けの日記になる

と思いますが、

子供は国の宝ですので、

全ての憂国日本人の皆様に

お付き合い頂ければ幸いです!


どうぞ、宜しくお願い致します!


今回は我が家の長男が今春より通い始めた

「新教育者連盟 神奈川支部」の

「寺子屋青葉」についてご紹介致します!

まずこちらをご覧下さい!


terakoya.jpg



そして、今年の学習内容の年間予定ですが、


4月、始業式、神社参拝、礼法、和歌


5月、お母さんに感謝、和歌、工作

   サムシンググレイトを知る、書道


6月、お父さんに感謝、和歌、工作

   日本の行事と伝統文化、書道


7月、日本の神様、和歌

   夏休みの過ごし方、書道


8月、夏休み親子作品、和歌

   夏休みの反省、書道


9月、祖父母御先祖様に感謝、工作

   みんな天才、書道


10月、国のために活躍した偉人の話、感想文

    神話、日本の国柄、和歌、書道


11月、文化の日、勤労感謝の日、書道

    新嘗祭参加、和歌


12月、神話紙芝居、書道

    天皇誕生日皇居参賀、和歌


1月、新年の抱負を語る、百人一首大会

   すばらしい国日本、書道(書初め)


2月、建国記念日、神武天皇のお話、和歌

   みんな命の兄弟、書道


3月、創造力を磨こう、和歌

   寺子屋で学んだこと、感想文、修了式


です!

その他毎回、

君が代斉唱、教育勅語、動揺や唱歌を合唱します!


はっきり申しまして、

今の日本では本当に貴重な学び場です!


私は、ここで、

「日本人に戻れる」と感じました。

(如何せん、戦後教育に

どっぷり浸かっておりますので、泣)



新教育者連盟の開いている、

寺子屋や学び場は全国各地にあります。


埼玉県  寺子屋大塚、寺子屋蕨

東京都  親子教室(六本木)

神奈川県 寺子屋青葉、宮前子供アトリエ、

わらべ歌の会、書道教室

大阪府  子供教室「菊水学園」

兵庫県  寺子屋神戸



本部のホームページはこちらです! 


そして、神奈川支部のホームページはこちら!  


ご興味を持たれた方、是非とも資料請求をして、

その素晴らしい内容をご自身の目でご確認ください!


間違いありません!私のお墨付きです!

(私がお墨を付けても駄目かしら?笑)


次回は我が家の2歳の長女が通っている、

同じく「新教育者連盟」の「乳幼児教室」について

ご紹介致します!


長文にお付き合い頂き、

ありがとうございました!感謝!!!

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:40| Comment(3) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年06月24日

『運命のデンマーク戦!頑張れニッポン!!』

こんにちは。

チーム桜子・長野 衣美です。


いや〜、

19日のオランダ戦は凄かったですね〜。

私も仕事終わりに見に行ってきましたよ!!


…東京ドームでの

パブリックビューイングですけどねf^_^;。



No1.jpg



南アフリカは遠すぎます。

でもドームも盛り上がっていました。

思ったより小さいモニターに映し出される試合を見る、

たったそれだけなのに、

八割以上の人はユニフォームを着ていました。


わが家も家族全員ユニフォームを着込み、

子供の頬っぺたには

日の丸シールの完全装備で観戦!


私たちはスタンド席での観戦でしたが、

グランド観戦というのもあり、

普段入れないグランドに

たくさんの人が溢れていました。


後ろの方でなら子供たちも走り回れるし、

ちょっとお高いですが、

家族連れにはグランド席がよかったな〜。



No21.jpg



初めてのパブリックビューイングでしたが、

これがなかなか面白い!

思う存分叫べるし。

予想に反して日本は頑張っていて、

世界ランク四位のオランダに対して一歩も引かず、

これが叫ばずにいられますか!!

ってくらいの善戦っぷり。


家で観戦してたら殺人事件でも起きたのか

と通報されそうなくらい叫んでも、

ここでなら全然大丈夫♪


みーんなが叫んでいますからね。


しっかしブブゼラうるせ〜(-.-;)。

モニターから聞こえるだけなのに、

ドーム中に地響きしていました。


そんなブブゼラと絶叫を子守唄に、

下の娘は試合開始直後からスヤスヤとお眠り〓。


No31.jpg



よく大音量の中、爆睡できるなぁ。


でも、「国歌斉唱」の時は

まだ起きていたので、とりあえず、良し!


つくづく思うのは、

ほぼ若い人ばかりの会場でも、

みんな声を張り上げ「君が代」を歌うし、

「日の丸」が大写しになると

大歓声で応えて、いる事実。


この光景を「日の丸、君が代」を

「問題」などという輩に見せてあげたいです。


韓国選手なんて国歌斉唱の時、

敬礼してる方もいましたね。

あれはあれで珍しい(笑)。


ところで、

韓国対ナイジェリアの試合も凄かった!

「引き分けか勝ち」で

決勝トーナメント進出という条件も日本と同じ。


そんな中、

韓国はナイジェリアに先制点を打たれ、

追いつき、また打たれ、追いつき…で、

結局引き分け。

見事決勝トーナメント進出を果たしました。


あの体格差を跳ね退けて

勝ち進んた韓国チームは素晴らしかったです!


これは何としても日本も頑張らねばっ!!。


国家間の問題は様々あるのでしょうが、

日本も韓国も、サッカー界では

「弱い・相手にならない」

と思われている東アジアのチームです。


そんなチームが二つも「アウェイ」で

決勝トーナメントに進んだら、

これはもう大快挙なんです。


だから私は韓国の今回の快挙がとても嬉しかったし、

日本も絶対に韓国に続いて欲しいと思います。


…ま、今回はそーゆーややこしい話は抜きにして、

完全アウェーの戦いに果敢に挑む

「サムライ・ブルー」を精一杯躍進を

応援したいと思います!


頑張れ!ニッポン!!


ニッポン!チャチャチャ!!ニッポン!チャチャ!!

No41.jpg


おまけ写真は、

ノンアクセサリーだったMY携帯に付けた

ワールドカップ限定ストラップです。

これで少しは女子力上がるかしら(笑)


100621_1618591.jpg


 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:36| Comment(4) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年06月22日

『チーム桜子・新メンバー紹介!』

チーム桜子・長野 衣美です。


皆さんこんにちは!

またまた桜子に新メンバーが

加わってくださることになりました。


名前は空木晶子(うつぎあきこ)さん。


大変博学な女性でございます♪


今は奥様として

お家で家事や育児に専念されていますが、

彼女の職歴(戦歴?)はかなりなものです。


そんなご自身の経験から滲み出る、

もの静かながら熱いコラムをお楽しみに!


では、空木さんのご挨拶をご覧下さい♪


『空木 晶子のご挨拶』


皆様こんにちは!

チーム桜子新メンバー空木晶子です。


ひょんなことから

こちらで書かせて頂く事になりました。

雪の降る日生まれ。


小学校時代から乱読を繰り返す、

筋金入りの図書委員。


地方の高校を卒業後、

いろんなバイトや仕事をしました。


なかなか貴重にな体験も。


昔はパティシエか、調理師になりたかったのですが

いろいろあり、

只今は家庭内で料理やお菓子を作って楽しむ

ごくごく普通の主婦のつもりです。


か弱き私が、

ぼーっと過ごせる日本の将来を願っています。


私の生まれ育ったところは、福岡8区。

そう、麻生さんの選挙区です。


私は、今でも覚えていますが、

小学校の頃の選挙ポスターで

麻生と言う読み方を覚えました。

そして、太郎って

簡単な名前だなぁって思ったのを

覚えています。


今思えば、とっても失礼ですよね。汗


いまでこそ、保守王国ですが

麻生さんが出てくるまで、

旧社会党が強固な地盤を持っていた

ばりばり左寄りの地域でした。


無論、教育も左より。


私達子供は、毎年終戦記念日に学校に行き

いかに日本軍が、残虐非道なことをしたかの話を

毎年聞かされました。


たまにネットで見る偽造証拠写真。


たぶん、ほとんど授業で見たことがあります。


小学生の半ば、

そんな授業の話を祖父に話していたら

普段温厚な祖父が

「そんなに日本がイヤなら、

何でさっさと帰らないんだ?

とっとと日本から出て行けば良い!」と

激昂して言った事があります。


当時の私は、びっくりして

今でもどんな話をしたか覚えていません。


祖父は、戦時中召集され

インドネシアに行っていました。


学校も先生も大好きだった私は、

先生が間違った事を教える事はない

と思っていましたし

祖父が大好きだったので、

普段の祖父も知っています。


でも、当時の私にはどうしても

「何であんな返事だったの」とは、

祖父に聞けませんでした。


でも、私の中には

その事がずーっと残っていました。


小学生のくせに、

2キロ先にある図書館に機会があったら通い

私が読めそうな本を、

手当たりしだい読みました。


当時の私には、難しすぎてわからない本や

理解できない本もありましたが

1つだけわかった事がありました。


2つの見方の本がある・・と言う事です。

当時私には、どちらがどうとか

わからなかったのですが

大人でも、1つの事について

違うことを言っているって言う事は

小学生の私には衝撃でした。


私は、それまでも家庭の事情で

本をよく読む子でしたが

それまでの物語や小説に加えて

政治や歴史の本もよく読むようになりました。


これが、乱読をするようになったきっかけです。


その祖父も、

私が20代の半ばにこの世を去りました。

あの話は、聞けずじまいです。


私があの世に行って

祖父と話がちゃんとできるように、

子供たちに、

なんでちゃんとしといてくれんかったんって

言われないように

今出来ることをやろうと思う今日この頃です。

こんな私ですが、皆様よろしくお願いします。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:55| Comment(3) | TrackBack(2) | 長野 衣美 

2010年06月18日

『日本のお母さんパレード第2弾!〜いよいよ明日!〜』

チーム桜子・長野衣美です。


告知です!

『日本のお母さんパレード第2弾』が

いよいよ明日に迫りました。


何の準備が無くても結構です。

お時間のご都合のつく女性の皆様、

是非、ふるってご参加くださいね!


ただ今結城純子さんも頑張って準備中です。


お手伝い可能な方はお気軽に

スタッフさんにお声掛け下さい。

きっと喜んでくださいますよ。



・ ・という私は仕事が佳境に入っていて

パレードには参加出来ません(涙)。


皆様のご報告を楽しみにしています。



あつまれ護国女子

☆民主党政権クーリングオフ・パレード

〜私たちの素敵な国、日本を女子力で護ろう〜


詳細ページ


※女性だけのデモ行進

約100人の女性たちが、着物など華やかな装いで

青山通りを闊歩した「お母さんパレード」。

このたび第2弾を実施します。


お母さんも、女子大生も、

オフィスガールも、マダムも…

女性だけの華麗なパレードで、

民主党政権クーリングオフの声を挙げましょう!


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・

゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.


日本をダメにする政権、政党はいりません。

選挙のためのばらまき政策に、

ニッポンを護る私たち"護国女子"は騙されません。


国民のほとんどが賛成できない

外国人参政権法案、パチンコの換金合法化、

差別したと疑われただけで、

逮捕状なしで逮捕されてしまう人権擁護法案。

これらの裏マニフェストがあることを、

私たちは知っています。


バラマキでだましておいて、選挙で勝ったら

まっさきに通すつもりでしょう?


また口蹄疫に対する対応の悪さ。

「国民の生活が第一」といいながら

国民を泣かせておいて

政府の対応に落ち度はないと

平気で言える民主党政権。


こんな民主党を支持するわけにはいきません。

このまま民主党政権が続くと

日本がダメになってしまいます。


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。

.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.


我こそは日本が大好きな

"護国女子"だという女性の皆様、

一緒にやりましょう。


ご先祖様が残してくれた平和な日本を

子供達に残すために、

今こそニッポンの女子力を見せつけましょう。



【日時】

平成22年6月19日(土)


【場所】

神宮通公園


【時間】

午後1時30分集合 午後2時出発


【予定コース】

神宮通公園 → 渋谷駅 → 青山通り 

→ 表参道 → 明治通り 

→ 神宮通公園

※コースは変更になる場合があります。


【パレードに参加する方法】


いろいろな参加方法があります。

あなたにできる方法で気軽に参加してください。

(2)以降は男性の方のご参加も大歓迎です!



(1) 当日プラカードを持って歩く


(2) スタッフとして参加する

プラカード作成などの事前準備、

当日のウグイス嬢、ビラ配り、撮影などなど、

裏方さんがたくさん必要です。

hanadokei2010@gmail.comまで

お申し出ください。


(3) 川柳を投稿する

プラカードや横断幕、コールに使って

パレードを盛り上げます。

今回のお題は

「民主党を支持できない理由」

「あなたが守りたい(愛する)日本」です。

HPの投稿ページから投稿してください。




(4) 民主党への褒め殺し文句を投稿する

今回のパレードは褒め殺し編でやります。

優しい褒め言葉で

チクリと効く文句を投稿してください。




(5) あなたの声を投稿する

コール等に使わせていただきます。

テーマは

「あなたが生活の中で実感した

現政権を支持出来ない理由」


(例)民主党政権下で社民党・国民新党によって出された

『派遣法改正』によって、

同じ職場に最長3年しかいられなくなり、

自分の意思とは反して仕事が続けられなくなった。




(6) 当日、取材をする

ブログをお持ちの方はぜひ当日、取材に来て

写真をとってパレードの様子を

ブログ記事にしてください。

youtube,ニコニコ動画などで

アカウントをお持ちの方は

動画アップをしてください。生中継も歓迎です。


(7) 当日、沿道から声援を送る

声援は何より勇気づけられるもの。

沿道や歩道橋からのご声援をお願いいたします。



【注意事項】

普段よりほんの少しお洒落して来て下さい

(本気のお洒落も大歓迎☆)

着物&浴衣大歓迎です。


当日は撮影が入りますので、

顔を映されたくない方は

帽子、サングラスなどを持参してください

各自、趣向を凝らしたプラカードを

ぜひご持参ください


梅雨なので雨になる確率が高いです。

雨になった場合、出来れば透明のビニール傘を

利用して頂きますようお願い致します。

参加者の雰囲気やプラカードなどが

傘に隠れてしまいますが

ビニール傘であれば

沿道の方たちに少しでも雰囲気が伝わりますので

出来るだけビニール傘での参加を

よろしくお願い致します。


【プラカードについて】

記事、動画などではプラカードをアップにして

取り上げられる事が多いです。

女性の立場から訴える言葉で

女性らしいプラカードを作って頂けると

効果的かと思います。


プラカードだけ写真を撮られて取り上げられても

女性的なものだと

「女性の立場から訴えている」というのがわかって

いいと思います。


ぜひ趣向を凝らしたプラカードをお持ちください。


またプラカードは

首にかけるタイプと手にもつタイプがありますが、

首にかけるタイプはあまりお洒落ではないので

手にもつタイプのプラカードがお勧めです。

皆さんの力作をお持ちください。


こちらでもプラカードを用意していますので、

工作が苦手という方は

手ぶらでお越し頂いても結構です。


>>プラカード作り(参考にしてください)


【主催】

あつまれ護国女子☆

民主党政権クーリングオフ・パレード実行委員会


【協賛】

愛国女性のつどい花時計/神楽花/

チーム桜子/Reform Japan

(50音順)


【お問い合わせ】

愛国女性のつどい花時計 hanadokei2010@gmail.com(結城)


*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・

**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.


皆様のご理解、ご協力よろしくお願い致します。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:00| Comment(15) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年06月03日

『ニッポンの学校』

チーム桜子・長野 衣美です。

皆さんこんにちは!


先日はドタバタと『小鳩辞任劇』が繰り広げられて、

色々と想うところのある方も多い事とお察しします。

お次は下馬評どおり菅さんなんでしょうかね?


・・まあ、あえてそこは置いておいて(笑)


先のまる子さんの記事を読んで

『ほほ〜!』と目から鱗の衝撃を受けたので、

今回は『日本の学校』について

ちょっと書いてみようかと思います。


以前から数回『今の学校ってこんななのよ〜』って

記事を書きましたが、

いずれもマイナス面ばかりが

クローズアップされてしまったのですが、

まる子さんの記事を読み

なるほど〜、自分が当たり前と思っていたことは

結構珍しい事だったのねん、

しかも良い面も多いのねん、と再確認!


で、小学校一年生の娘の時間割を

改めて見直して見ました。


ある日の時間割は

『せいかつ・算数・図工・図工・(給食)・国語・(お掃除)』・・。


今まではなんの感慨もなく眺めていた時間割ですが、

言われて見れば五つの枠の中で

実に多様な授業をしてくださっています。


『給食』も職員さんたちが栄養バランスを考え、

手作りでこしらえてくれた

おいしいものばかり。


子供たちは毎日

『給食おいしかったあ♪』と言って帰ってきます。


クラス全員での『掃除』にしたって、

当たり前のようでそうでないのかも! と改めて実感!


で、肝心の授業のほうで、

娘に『図工は何をしたの?』と聞いてみたところ、

『うんとねえ、折り紙千切ったりして、それを貼ってお絵かき』

『じゃあ、せいかつは?』

『あさがおの種植えたの♪

 二年生のお姉さんと一緒に植えたの!』との事。


あ、皆さん

『せいかつ』って聞きなれない言葉だと思いますが、

最近の小学1.2年生の『社会』・『理科』をまとめて

『せいかつ』といい、

『社会』と『理科』は

うちの周りでは小学3年生から始まります。


で、その『せいかつ』で植えた種は、

現2年生が昨年自分で収穫した朝顔の種なんです。


その種を現1年生である娘達にプレゼントし、

ペアになった子とマンツーマンで種植えをする

という授業です。


もちろん、

娘達は自分が収穫した種を

次の1年生にプレゼントしてあげて、

来年の春には『2年生のおねえさん』として

種植えの指導をしてあげる予定です。


それって当たり前のようで凄い良いことですよね?


植物の生態を観察するだけにとどまらず、

下の子に対して『教える』練習にもなしますし、

また自分がきちんと朝顔を咲かせ種を収穫しなければ、

次の1年生に種を渡してあげられないという

『責任感』を持たせる訓練にもなる・・。


ちなみに、3年生の息子は

よく授業で『町探検』に出かけていて、

地域のことは結構詳しくなっています。

『町探検』とは地域の商店や畑に出かけて行き、

そこの店主などにお話を聞く、というような授業です。


おかげで

私が入ったことのないような個人商店の内情にも

息子は詳しいです(笑)。


また、頻繁にママさんボランティアの

本の読み聞かせの時間や、

地域の方が指導されての『昔遊び』の時間、

PTA主催のイベントや講演会など

多種多様な『授業』があります。

夏休みに入っても『工作教室』や、

駄菓子屋さん付きの『夏休み映画祭』なども企画されており、

しかも無料です。(※駄菓子代別)


まあ一方では

そういうことをご丁寧にやりすぎるから、

夏休みが短縮され

かえって慌ただしくなって困るとか、

それより学力を上げてくれ

という意見もあるのですが(^^;)。


でも、子供の頃に学校の友達と一緒に

いろんな経験をさせてもらえるというのは

後にその子の夢に繋がって行く可能性も広がるわけで、

しかもそのほとんどが無料、

もしくは

破格の安さで提供されているという事の

ありがたさを自覚しないとな〜と考えさせられました。


昔から憧れていたヨーロッパの学校に代表される

『長いバカンス』ですが、

それに至るまでの普段の授業は

ある意味けっこう過酷だったんですねえ。


運動会や文化祭もないとのことで、

そういう大イベントで

子供は多くのものを学ぶ機会も多いと思うので、

私としてはこの先もあって欲しいと思う

『ニッポンの学校のあたりまえ』のイベントであります。


そしてまる子さんの記事で一番ハッとさせられたのが、

『日本の子供って学校好きな子が多いですよね?』

という一文。


確かに、うちの娘や息子や近所のお子ちゃま達も

『学校大好き』であります。


勿論イジメ等々もあるのでしょうが、

うちの周りに関しては、

もし問題が発覚したら、

先生達は丁寧に

問題解決に尽力してくださっている印象を受けています。


果たして日本の先生ほど、

よその国の先生が

個々人の問題に真剣に耳を傾けてくれるのかしら・・。


まる子さんも書いておられたように、

人種の問題などもあるので、

日本よりもっと絶望的なイジメや

先生方もそこに立ち入ることを

躊躇される場面も多いのでは? とお察しします。


日教組うんぬんの問題はありますが、

少なくても子供たちが

楽しく学校に通わせていただいていることに

感謝をしなければ、と思います。


・・ちなみに、うちの学校の先生で、

日教組に入っていない人はたった3名だそうです(笑)。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 13:43| Comment(11) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年05月30日

『またまた嬉しい新メンバー紹介♪』

チーム桜子・長野 衣美です。


先日の結城さんに引き続き、

またまた嬉しい桜子新メンバーを紹介します!



お名前は「丸 まる子」さん。

フランス在住の三児のお母さんです。


丸さんはフランスから遠き祖国日本を憂い、

お一人でブログ活動をされている方であります。


メンバーの渡辺直子さんが丸さんのブログに感心し、

「是非とも桜子に誘ってみては?」

と紹介下さったのがきっかけです。


丸さんにコンタクトを取ると、

これまた即答でオッケーをいただき、

この度めでたく桜子参加とあいなりました。


結城さんといい、丸さんといい、

やると決めたら行動が早い!!

お母さんパワー、頼もしい限りです♪


また、丸さんのプロフィール欄の似顔絵は

ご自身の作品です。


女性にも入りやすいように

イラストでも愛国活動をされている丸まる子さんを、

旧メンバー共どもどうぞよろしくお願いします!



それでは、早速丸さんのご挨拶をどうぞ♪




『丸まる子のご挨拶』


初めまして。

チーム桜子新メンバーの丸まる子と申します。

在仏10年目です。

3人の子持ち、ド田舎で自然派エコ生活送っています。


若い頃から

「ニッポンはこんなに悪いんだ〜!」

「ニッポングンはこんなに悪いことをしたんだ〜!」

教育の中でず〜っと疑問を持っていました。

比較文化とか国民性とかいうものに関心があったので、

「武士道を持つ日本人が、

いくら戦争とはいえ

突然想像を絶するようなやり方で

人を虐殺するようなことができるのだろうか?」…と。


本格的に「知る」ようになったのは、

こちらに来てネットを始めるようになってから。

ネット様々です。


10年前、最初にPC買った時は

日本語仕様のものを日本人から買っていたのです。

それが今では

こちらで普通の仏語仕様のものでも

簡単に日本語の読み書きができるのですから

技術の進歩とは…スゴイ!


ネットでの情報は、

それこそ砂漠の中で見つけたオアシスのよう。

しばらくは無我夢中で読み、

そして本を取り寄せて読み、の日々でした。

で、またこちらの反日が結構…。

何処の国でもそうなのかなぁ?


庶民はともかく、いわゆる知識人などが? 

子どもも学校の歴史授業で

言われてきたりするので、

シャカリキになって勉強しましたよ〜、

仏語での反論を、我が子を護るために。


何だか、歳のせいもありますが、

自分でも

「メチャ強くなった」と感じる今日この頃(苦笑)


ネットだけ見ていると

日本人も目覚めつつあると嬉しくなります。

しかし現実には

「東京裁判史観を

薄っすら頭に刷り込まれた無関心」派が多く、

前回里帰りした折も

意識してそういう話をしたり、

デモに参加したりしていましたが、

実は心が砕けそうになっていまして…。


だからチーム桜子に誘っていただいて

とても嬉しかったです。

やっぱ気持ちを同じくする人と繋がれると嬉しい。

海外にいて実際に行動できず、

イライラしている時でしたので尚更です。


みなさん、どうぞよろしくお願い致します。 

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:35| Comment(7) | TrackBack(0) | 長野 衣美 

2010年05月25日

『チーム桜子・新メンバー紹介!』

チーム桜子・長野 衣美です。


嬉しいお知らせです♪


桜子に新メンバーが加わることになりました。

お名前は結城 純子さん。


おや? どこかで聞いた気が・・。

そうなんです! 

先にお伝えした『お母さんパレード』の

主催者の一人で

ご自身も『花時計』という活動をされている、

あの結城さんです。



「もしよかったら一緒に桜子やりませんか?」

という私の誘いに

二つ返事で了解をくれた頼もしいお母さんです!


さすが!!


という訳で、

これから旧メンバー共々

結城さんを宜しくお願いいたします!


それでは、結城さんにバトンタッチします♪

----------------------------------------

『結城純子のご挨拶』


はじめまして。

チーム桜子新メンバーの結城純子と申します。

みなさん、どうぞよろしくお願い致します。


私は去年の衆院選の前まで

政治に興味がない、

ごく普通のお母さんでした。


選挙前、急に民主党のことばかり

耳に入ってくるようになったものですから、

何か変だな?と思い、

インターネットで調べてガクゼン・・・


それと同時に、若い人が自費で

チラシをコピーして

ポスティングしていることを知り、

とてもショックを受けました。


自分がアルバイトをしていた頃、

国のためにお金を使うなんて

考えもしなかったのに。


「若い子がやっているのに、

お母さんの自分が動かないわけにはいかない!」


それからポスティングしたり、

友達に説明したり、デモに参加したり、

自分にできることを少しずつ実行してきました。


そんな中で出会った保守の友達と、

女性だけでデモをしてみたいね

と話が盛り上がり、

5月3日に「日本のお母さんパレード」を

開催することになったのです。


さらに保守の友達の仲介で

長野さんと知り合うことができて、

今まで一読者だった自分がチーム桜子で

記事を書かせていただく立場になりました。


これが本当に自分の人生なのかと

不思議で仕方がありません。


私はこの国の未来は

とても明るいと本気で信じています。


なぜなら若い人たちが

目を覚まして努力を続けてくれているから。

気付く人は増える一方だし、

気付いたら諦めずに努力するしかないし、

数年後の日本は

とても変わっているのではないかと

夢見ています。


こんな時代だからこそ、

女性には笑顔でいてほしいと思います。


明るい未来を作るためには

暗い顔してちゃダメですよね。


私もチーム桜子の一員として、

明るく前向きな記事を書いていきたいと思います。


私達はいつだって一人じゃない、

みんなで努力を続けて

素敵な未来を作りましょう!

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:19| Comment(8) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年05月23日

『知っていますか? 【お母さんパレード】!』

チーム桜子・長野 衣美です。


皆さんご存知でしたか?


先の5月3日、晴天の東京で

子供手当てに反対する、

『お母さんパレード』が行われました。


当日はかなり気温も上がり、

強い風が吹いていたにも関わらず、

多くのお母さん達がお着物でデモを繰り広げるという、

大変珍しい抗議活動でした。



チャンネル桜でも取り上げられましたね!



5月3日に開催しました

女性だけのデモ行進の詳細は

こちらになります。

http://www.hanadokei2010.com/0503demo.php



デモの後に動画や記事として

取り上げて下さったサイトを

まとめたものです。

http://ameblo.jp/hanadokei2010/theme-10022129964.html



その行動力と勇気に感動して、

主催者のお一人である『花時計』代表の結城さんに

連絡を入れましたところ、

嬉しい返信を頂きましたのでご紹介します。



(以下転送)


長野様


はじめまして、こんにちは。

未来さんからご紹介いただきました、

花時計の代表の結城と申します。



チャンネル桜さんのチーム桜子のブログは、

立ち上げられた当初から

愛読させて頂いております。


女性から見た切り口の鋭さ、

新鮮さに「そうそう」と頷きながら、

日本の現状の危うさを勉強させていただきました。


先頭に立って訴え続けて下さって、

本当にありがとうございます。


桜子さんの記事のおかげで、

私たちのように後から立ち上がる女性が生まれて、

そして今後もこの波は続いて行くと思います。


女性の集まり同士で手をつなぎ、

協力し合っていけたら嬉しいです。


前回のデモは、4つの女性団体が

準備段階から話し合って、

デモの見た目や内容を一から作り上げたものでした。


川柳を募集して、

ウグイス原稿や横断幕に取り入れたり、

手作りプラカードを作ってきてもらったり、

たくさんの方のアイデアで支えてもらいました。


参加団体(あいうえお順)


・愛国女性のつどい花時計       

http://www.hanadokei2010.com/


・神楽花                  

http://ameblo.jp/kagurabana/


・子ども手当再審議要求デモ@ウィキ
 
http://www21.atwiki.jp/kodomoteate/


・日本の子供の未来を・守る会     

http://mamoru0210.blog48.fc2.com/


ご不明な点がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。


ブログで取り上げていただけるとのことで、

とても楽しみにしています。

どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

(転送終わり)


・ ・すごい!


私、知りませんでした!

こんなに沢山の女性が、

それぞれに立ち上がっていたなんて。


『チーム桜子』もそうですが、

少しでも『表に出て行動する』というのは

勇気が要りますし、

要らぬストレスを溜め込む事もしばしばです。


それを承知の上で

なお行動を始めた彼女達を、

皆さんどうぞ温かく見守ってください。


次回の『お母さんパレードは』

6月19日開催予定だそうです!


詳細はまたご報告しますね。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 15:24| Comment(6) | TrackBack(1) | 長野 衣美 

2010年05月21日

『口蹄疫の地獄絵図 〜ある畜産農家さんの日記〜』

チーム桜子・長野 衣美です。



ご存知のとおり、口蹄疫問題は

いまや全国に飛び火しようとしています。


政府は主な発生地区から半径10キロ圏内の

該当家畜の『全頭処分』を決め、

鳩山首相は

『これで十分感染は防げる』と宣言しました。



しかし、その裏で

日々繰り広げられている『地獄絵図』は

全く伝わってきません。


今日、ご紹介するのは、

当事者のある畜産農家さんの日記です。


少し長いのですが、

どうしても読んでいただきたい日記です。


日記主の畜産農家さんは

責任追及や政府批判のために書いているのではないので

転載される方は

どうぞ歪めずにお使いください。



何も出来ない私はせめて

この場を借りて農家の方の哀しみを少しでも

多くの皆さんに知っていただきたいと祈るのみです。


以下、転載



【地獄絵図】

畜産農家を、

遠くから言葉でいじめるのは辞めて欲しい。

お前らのせいだとか、犯人扱いするのは、

本気で辞めて欲しい


誰だって、一人として

なりたくてなった現実ではないのだから。。。


皆さんと同じ、家庭を持ち

幸せに暮らしていた人達なのですから。


殺処分の様子は、

本当に地獄絵図のようだった。


獣医さん達が来て、一頭一頭、注射で眠らせて

その後に、さらに注射で安楽死させると思っていた。


この養豚農場には、

人間よりも大きな母豚が数百頭、

青年豚がさらに多く、子豚が数千頭


口蹄疫の症状の出ていない

まだ元気な豚もたくさん居る


「何十人と獣医師が来たけどよ。

かき集められた経験の浅い獣医師たちは、

母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

急所は首筋の血管なのによ、

柵の外から身を乗り出して、お尻に打とうとするわ、

バカじゃねーか!

豚だって生きちょっし痛いから、

ひょいとお尻を動かして逃げるわな。


しょうがねーかいよ、俺が柵に入って

豚の首をガシって押さえつけてやる始末。


危険やっちゃけど仕方ないわ


首筋に注射を打つやり方を教えたっちゃけど、

ダメじゃわ・・・

もう、豚の首は、

突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。


豚はギャーギャー暴れるわ


ちくしょーーちくしょーーー!

もっと安らかに死なせてやってくれよ。


獣医師の免許をもっちょる奴しか、

殺したらいかんかいよ。手がだせん・・・


かわいそうでよ


もちろん、ベテランの奴は上手いし、

早くてよ関心するんよ。


でもな、みんな目に涙を浮かべながらも

作業してくれてるし、手を合わせてくれる人もいる。


命を救うための獣医師がよ。


今まで、命を助けるために、動物に声をかけ、

一生懸命働いてきた獣医師がよ・・・


この注射を打ったら、

こいつが死ぬって分かりながら、注射を打ちこむんよ。

そりゃあ、人としてつらいし、心が痛いわなぁ。

歯を食いしばるしかないのかよ!


俺はさ、もともと出荷のための豚なら、

なんとかあきらめがつくんよ。

出荷だと思えばいいちゃかい。


でも、母豚はよ。

俺がこの農場に努めだしてから

ずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。

顔見りゃ名前も、出産した回数も、

病気した時、エサを腹いっぱい食って喜んだ時。


悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、

み〜んな分かる。

共に生活してきた家族やっちゃかい。


口蹄疫に感染してしまって

痛々しい症状が出てる奴は、

鼻や口の水疱が破けて

痛いもんやからエサが食えんなっちょる。

それでも腹はへるかい、えさを探すわな。

豚は鼻が命じゃ。

人間で言う手のようなもんで

物を探るのは鼻で探るんよ。


痛いやろうに・・・


まともにエサが食えんかい。

俺が手で食べさせてやってた。


鼻も口元も、蹄も乳首も痛々しいのに、

俺を見つめる目はやさしくてよ。


なんだか、向こうが

ごめんよ〜言ってるみたいや。


ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)


注射打たれる姿に耐えられんで

離れたところから見てたら、

獣医師の腕をふりほどいて、こっちに走ってくっとよ。


ひずめが炎症起こして血を流してるもんは、

痛いから立ち上がれんで

ずっと横になってギャーギャー言ってる。


でも、立ち上がらせて

殺処分するところまで連れて行かんと、重いかいよ。

まず鎮痛剤打つっちゃわ。


したら、痛みが取れるもんじゃかい。

ひょいっと立ち上がる。

でも蹄からも血が出て、腐りよっかい


蹄が取れていくとど・・・


赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・


それでも、蹄が無くなった足で、

俺の所に駆け寄ってくる


はやくなんとかしちゃれよーーーー!(T-T)


ある程度の大きさの奴は、電気で殺すっちゃわぁ


でっかい火ばさみみたいな物で、まず頭を挟んでな、

スイッチを入れると高圧電流が流れ、失神する。


そしてそのあとに、胸の所を挟んで、

心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて

心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。


さっきまで、元気で、震えて泣きよったやつが。

突然静かに死体となるんよ。


たださ、時々、その動かなくなった豚を運んでたり、

穴の中に落とした時に、

生き返って動き出すやつがおるんよ。


気絶してただけなんやろうな。

哀れでなぁ、また殺さにゃいかん・・・。


まだまだ元気な奴らはさ、

どんどん穴ん中に落としていく、

みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。


一番下に落とされた豚たちは、

熱と重さで圧死ししていくけどよ。

後から後から落とされた豚は、

どんどんジャンプして

穴から必死に飛び出ようとするんよ。


その生きようとする動物の必死さに

また泣けてくっちゃがぁ(TへT)


その上からブルーシートをかぶせてよ、

コンパネの板を上において、

飛び出してこんように、

俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・


それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て

必死にぶつかってくっとよ。


ブルーシートの隙間からホースを入れて、

中にガスを流し込むんよ・・・


すると、だんだん静かになってきてよ、

しばらくするとシーンとなるんよ(T-T)



ちくしょーーーーーーー!


作業員達があちこちで、殺処分をしていってる

地獄を描いてる絵があるわぁ。


鬼が人間をいたぶっている絵よ。

あのまんまって感じ(*_*)


豚舎の中が、ギャーギャーって

今まで聞いた事もないような泣き声が

あちこちから聞こえるかいよ。


赤ちゃん子豚が不安な様子でジッとしちょっちゃわ。


病気に感染した奴は、

蹄から血を流して痛いし、

おっぱいが飲めんかい

コロっコロっ死んでいく。



それでも、豚舎が違ってたりで

感染していない元気な奴もいっぱいおる。


敷地が一緒やかいて、

経営者が一緒だってだけで

殺さにゃいかんとか・・・


本当に、この子達も殺さにゃいかんとか!


・・・


周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね


ひょいっと両手で掴み上げるわ


すると、身体をグッと堅くして、

不安げに身体をブルブル震えてるのが

手のひらから伝わってくるとよ。


ごめんなぁ、ごめんなぁ。俺が泣き出してよぉ


その身体に注射針が刺されて、

静かに、ぐったりと

手の中で重みだけを感じる物体になる


さっきまで硬かった子豚の力が抜けて、

何の力も入らない柔らかい物になるんよ。


もうどんだけの涙が流れ出たかわからん


あと、残ってた豚舎は、

ウィンドレスの豚舎じゃかい・・・


せめて、安らかにと思うてかいよ

帰ってくる時・・・

空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。


家に帰ってよ。風呂に入ってよ。

飯はよう食わんかい。


焼酎飲みながらテレビをみてるとよ

俺・・・いつのまにかボロボロボロ泣いてるっちゃわ

今頃、眠るように死んでってるんだろうなぁ・・・・。


お前よ。豚は言葉がしゃべれんけんどよ。

もしもよ、お前の子供をよ、

「なんで?」って言われながらよ。

国からの指示やかい言うて・・・

大好きなのに・・・手の中で殺せるか。」



まだ、口蹄疫の感染拡大は収まらない

今もまだ、毎日毎日、

牛や豚が殺処分されていく


そして全ての農家で、

こんな味わいたくもない体験を味わってる


なぜ、農場主や従業員が、

中に入って一緒に処分しないといけないのか


せめて、優秀な獣医師や、

テキパキ動ける自衛隊員を

もっともっと送り込んでくれよ!_| ̄|○(泣)


地獄絵図と書いたが、

中にいたのは鬼なんかじゃなく、愛情に溢れた人々でした。


全国にはたくさんの農家がある。


あまり消費者の目に届くことはないところで、

私たちが安心して

安全なものを食べていけるよう。

精魂込めて接してきている人達がいる。


私たちは彼らなしには

美味しいものを食べることが出来ないのです。


農家の方々の愛情をいただいて

生かされているようなもんなんですよね。


こんな時だからこそ、

いつもより町内で買い物します。


こんな時だからこそ、

宮崎産という文字が愛おしいです。


是非、みなさんも自分の地元で

地産地消を心がけていただきたいものです。


発生から今日で1ヶ月が過ぎました。


そして、今、131軒、11万8164頭の

生き物の殺処分が言い渡されました。

これ以上の被害農家を出さないためにも、

今、元気で生きている牛や豚の為にも

自分自身の意識を高くして、

「徹底消毒」にご協力ください!!!m(_ _)m


 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:12| Comment(9) | TrackBack(2) | 長野 衣美 

2010年05月11日

『政治で金(カネ)!〜谷亮子〜』

チーム桜子長野 衣美です。



どうなのよっ!!!皆さん!!!!

これ、どうなのよっ??!!!



田村で金! 谷で金!! 政治で金(カネ)!!!



谷亮子『現役を続行しながら、

誰もが望むような国づくりを目指します』


って・・。実はアタマ悪かった・・?



『小沢センセイ』と、

日教組のドン『輿石アズMAX』と握手している図なんて

リアル怪物君かと思いましたよ。


・ ・好きだったのに、ヤワラちゃん(TT;)。



それとも、アレかい??


日の丸背負って柔の道を突き進み、

結婚したらテレビの中でも

きちんと姓を変更する、

谷さんの保守的な部分に期待しても良いのかい・・?


千歩譲った希望的観測でございます。



で、皆さん、どうです??


このため息を止められる希望的な、

斬新なご意見お待ちしてます。


・・無理?

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 13:33| Comment(30) | TrackBack(2) | 長野 衣美 

2010年05月06日

『緊急拡散! 口蹄疫を放置する民主党』

チーム桜子・長野 衣美です。


『口蹄疫』

なぜかマスコミであまり取り上げられていませんが、

現在宮崎はドエライ事になっています。


もはやパンデミック寸前なのに、

民主党はマトモに対策を打ち出していません。


『野党』自民党が対策本部を儲け、

宮崎知事や皆さんと共に闘っておられます。



基本的に人への影響はないと言われている病ですが、

畜産農家周辺への影響は甚大だと思われます。

http://ameblo.jp/tokuda-takeshi/entry-10523782642.html

ネットではこの問題に対する

『マスコミのスルーっぷり』に

不自然さ覚えた方々が

ざわつき始めています。


奇しくも直前の渡辺さんの記事で

『食と農業』を取り上げていましたが、

口蹄疫問題は皆さんや皆さんのご家族に

直接関わる大問題です。


是非、身近な方々に

周知と勧告をお願いいたします。



で、このお病気の豚さん、

民主党の『母国』韓国からいらしたそうで・・。


なるほど。マスコミもスルーな訳ですね。


『国民の生活が第一』の民主党。


いまや希少になってしまった

日本の畜産農家の生活が

こんなにも分かり易い形で

軽んじられています。



以下、ネットで口蹄疫について

まとめてくださった方の文章の転用です。


『口蹄疫の危険性と現在の政府の対応状況』


口蹄疫 

世界的に最重要監視されてる最悪クラスの疫病

潜伏期間は7〜21日 

ファーストインパクトの押さえ込みには失敗

10年前に発生した際は

初動が迅速だったこともあって

殺処分は740頭で収束

その前となると1908年 500頭台

現在殺処分は「2万8000頭」  

過去100年間で最大のパンデミック危機

※県境での発症速報アリ

※これから中確率で本州にも拡散します

  この場合競馬・動物園等も無期限禁止になります
 
  イギリスでの被害例は3桁万頭

 
・他国なら非常事態宣言レベルの疫病を

7日以上完全放置

・「ビルコンS」韓国横流しにて薬品なし

・本来は即行われるべき

 「消毒会社への在庫調査」等も一切無し

・国命による消毒薬の配布は一箱たりとも支給無し

・疫病発病後通達済みにもかからず

  予備費を仕分けた為予算無し

・担当大臣外遊

・国家対策本部なし、国策指示無し

  現場曰く「FAX一枚来てないのはどういうことだ」

・10年前は740頭で35億かかった

  今回は27000頭以上 

  県の予算330億は既に無し

・現在現地現場を除くメディアにおいて情報規制中

・風、人、車を介して広がるにも関わらず

 現地からの移動に消毒(本来は国策)なし

・舟山康江農林水産大臣政務官

 「宮崎県の対応に問題があった」

・赤松農相【対応を官僚に投げてしまうと

 「政治主導」じゃなくて「官僚主導」になってしまうので、

 対応をさせない】

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:44| Comment(27) | TrackBack(4) | 長野 衣美