2015年10月15日

『ラグビー日本代表』

チーム桜子・神保京子です。


ラグビー日本代表がワールドカップで

南アフリカに歴史的な勝利を得てから、

にわかにラグビー人気が出ているようです。


以前、日本代表のエディー・ジョーンズ監督の特集を見て、

とにかく世界一の練習を!!!と言って、

めちゃめちゃハードで厳しいトレーニングと世界で戦うために

心優しい選手が泣くまでメンタルトレーニングを

している所をみて、このおじさんむっちゃ怖い・・・。

と思っていました。


そんなめちゃめちゃ辛い練習をこなしてきた彼らが

成績を残すことができてとても嬉しく思います!

おめでとうございます!

で、不思議だったのが日本代表と言いつつ、

別に日本人でなくとも代表になれるということ。


ラグビー日本代表の基準は

@ 本人が日本生まれ

A 両親か祖父母の一人が日本生まれ

B 本人が続けて3年以上日本在住

と、国籍はあまり関係ないようです。

何と言うか、ちょっと不思議です。


日本代表になって、もし母国のチームと戦うとなった際に

モチベーションが下がったりはしないものなのでしょうか。

アスリートにそんな事を言う方が無粋なのでしょうか。

数年前に猫ひろしがオリンピックに出るために

カンボジア国籍を取得した時は、日本で代表になれないから

カンボジア人になったじゃないの〜?

なんて叩かれていたように思いますが、

今回はそんな事は間違っても言っちゃダメな雰囲気が

あるんですよね。


タレントの乙武さんはラグビー日本代表を絶賛して

『国籍より頑張って戦う気持ちが大事』みたいに

言ってましたが、

国籍ってそんなに軽いものなのかなぁ。

と思ってしまうのです。


肌の色が違っても生まれた国が違っても、

日本国籍を取得して日本のために戦ってくれたら

そりゃ言うことはありません。

が、そうでない場合にどうにも日本人だけの力で

勝ち取れたわけではない“勝利”である。

という事実が付きまとうので、国際試合で勝った勝った!

と手放しで喜べない自分がいるんですよね。

なんと言いますか、看板と中身が違う違和感てのは

皆さん感じないものなのでしょうか。


こう書くと私は排外主義者とか言われそうですし、

ラグビーという競技自体が選手に厳格な国籍基準を

そもそも求めていないので、別に構わないんだ。

というのはわかります。

が、ラグビーの皆さんの活躍だけを以って、

国籍が軽んじられるのはちょっと違うのではないか

と思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 16:40| Comment(12) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年10月07日

『大村教授と内助の功』

チーム桜子・神保京子です。


昨日、ノーベル医学生理学賞に

大村智(おおむらさとし)北里大特別栄誉教授が

選ばれました。


おめでとうございます〜!!!


なんでも、大村教授の発見したエバーメクチンという

抗生物質から作られたイベルメクチンというお薬が

寄生虫にとても効果があるらしく、年間3億人の命を

救っているのだそうです。


すごいです!


大村教授のインタビューを見ていて、

誰にこの受賞を知らせたいですか?

という質問に、「15,6年前に亡くなった妻に

心の中で伝えました。一番辛い時に支えてくれた。」

とおっしゃっていて、お二人の夫婦の絆に

うるうるしてしまいました。


一番辛い時、と言うのは、

大村教授が研究者として駆け出しの頃、

お金が本当に無くて、研究費を奥様も一緒に働いて捻出して、

それでも足りない分は奥様がご実家に頭を下げて

借りに行ってそうやって研究を続けていたのだとか・・・。

今の価値観では離婚案件になりそうですが、きっと奥様は

大村教授の「常に世の中のためになる研究を!」という志を

共にしていたからこそ、ここまで協力できたのでしょうね。


奥様は大村教授の晴れ姿を見ることは

かなわなかったわけですが、きっとあの世から

教授を優しく見守ってくれていることでしょう。


大村教授、奥様、ノーベル賞の受賞、

本当におめでとうございます!

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年09月28日

『ドイツの難民』

チーム桜子の神保京子です。


先週土曜日に放送されたチャンネル桜の討論番組が

とても面白かったのでご紹介いたします。


【討論!】移民問題とグローバリズム


シリアの難民がギリシャやハンガリーを通って

ドイツを目指して大移動しているというニュースは

日本でもよく見ますが、その実態はちゃんと放送されません。


今回の番組では、出演者の川口マーン恵美さんが

ドイツ国内で一体どんな現象が起きているのかを

とても分かりやすく説明してくださって、

とても勉強になりました。


難民という言葉を耳にすれば、同情心から

何とかして助けなければ!

と思ってしまいがちですが、ドイツを目指す難民が

実は経済的にそこまで困窮していない場合や、

シリア難民を装った別の国の人間だったりと

一般に言う難民とは言い切れない人も混ざっていて、

問題がかなり複雑化しているようです。


今年だけでドイツに流入してくる難民

100万人にのぼるのだとか。

ドイツ国民がそれを望んでいるのであれば

仕方の無いことですが、これから難民による問題が

どんどん明るみに出てくることでしょう。


討論は全部で3時間分あってちょっと長いのですが、

日本の地上波では流れることのない情報が

色々と聞けてとても面白かったですよ。

ぜひご覧になってみてくださいね。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年09月15日

『被災地の外国人』

チーム桜子・神保京子です。


茨城県の鬼怒川周辺で大雨により堤防が決壊し、

たくさんの被害が出ました。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。


とある番組でこの鬼怒川で被災した方々の中に

多くの外国人住民がいて、

とても困っているとの報道がありました。


報道では、『英語も日本語も通じず、

途方に暮れている・・・。』と、

とても同情的に話していたのですが、

旅行客として来て被災したわけではなく、

この場所で暮らしていて日本語も英語も

話せない外国人って、どういうこと?


この茨城の常総市って

そんなに田舎ではないけれど、そこまで都会じゃないし、

日本語も英語も話せないで

どうやって生活していたの???

せ、生活保護とか???


一体どこの国の人なのか

全く触れられていませんでしたが、

常総市では発災後に空き巣被害が

多発しているとこのこと。

今までの日本の災害で空き巣被害が

ニュースになることなんてほとんどなかったので、

外国人の比率が割りと高い地域だったという事で、

大変申し上げにくいですが

様々な疑念が湧いてしまいます。


日本は本当に災害が多くて、毎年のように

どこかで誰かが被災する大変な事態が起きています。

それを日本人は力を合わせて

みんなで協力して乗り越えてきたわけですが、

文化や風習や言語や考え方の違う人々が

混ざった上で今後起こりうるたくさんの災害を

乗り越えることってなかなか大変なのでは

ないでしょうか。


移民や難民を受け入れよう!

なんて簡単に言う人がいますが、

平常時ならばいざ知らず、これだけ災害の多い日本で

彼らを受け入れて共に暮らしていけるのか、

ちゃんと現実を考える必要があると感じました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 11:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年08月28日

『夜の総火演』

チーム桜子・神保京子です。

先週、静岡県御殿場で自衛隊による総合火力演習が

行われました。

23日の本番では2万6千人の人が

見学に来ていたようです。

今回は観客にけが人が出たり

10式戦車のキャタピラがはずれたりと、

残念な事故がいくつかあったようです。

徹底的に事故の追求をして、

二度と事故が起こらないようにつとめていただきたいです。


一般的に総火演は昼の部が有名ですが、

今回、私は夜の部に行って来ました。


昼は2時間ほどみっちりやるのですが、

夜は30分ほどで終わるので、

始まってしまうとあっという間でした。


soukaen 01.JPG


夕闇の演習場にそびえる富士山。

と〜っても幻想的でした。


夜の部は自衛官が暗視スコープを使うので

カメラのフラッシュやライトは

目を傷つけるおそれがあるので、使用厳禁。

ですが、演習前に照明弾の打ち上げがあって、

それはカメラで撮ることができました。


soukaen 02.JPG


初めて照明弾を見たのですが、

あまりに明るくてびっくりしました。

照明弾はよくUFOと身間違えられますが、

確かに他に見たことのない光ですし、

パラシュートがついていてゆ〜っくり降下するので、

知らなかったらきっとUFOに見間違えると思います。

100万カンデラという明るさらしくて、

1カンデラがおよそロウソク1本だそうなので、

ロウソク100万本分!?

ちょっとよくわからないですが、

とにかくもうめちゃくちゃ明るかったです。

他にも夜間の総火演は銃弾の弾道が光るようにされていて

昼よりもくっきり見えたり、周囲がものすごく静かなので

砲弾の爆音がより鮮明に聞こえてきたりと、

昼よりもむしろ迫力があったように感じました。


夜の御殿場の山の中なんてなかなか行きにくいですが、

皆さんも機会があったら

ぜひぜひ見に行っていただきたいです。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年08月19日

『自衛隊のある暮らし』

チーム桜子・神保京子です。


静岡に越してきてから、およそ2週間。

こちらはとても涼しくて昼間でも室内気温は

30度にならず快適にすごせています。


先日、御殿場のスーパーで卵を買おうとしたら

おもしろいパッケージがありました。

gotenba-tamago.JPG

御殿場のいろいろな情報をのせるシリーズみたいで、

今回はもうすぐ開催される総合火力演習の情報が

載せられていたみたいです。

何だか、生活に密着している感じがあって良いですね。


この総合火力演習は年に一回、富士の演習場で

大規模に行われる演習ですが、1〜2週間前から

この練習で毎日毎日爆弾(?)とか拳銃(?)などの

爆音が聞こえています。


昼の部と夜の部があるようで、夜も遠くで

ドガーン!ボン!ボン!と音がしていますが、

こちらに住む人はみんな慣れた様子で、

もうすぐ総火演(総合火力演習の略)だね〜。

とのんびりと話しています。


もちろん、御殿場周辺には駐屯地が多く、

自衛官が多く住んでいるせいもありますが、

街中を陸自の車両が走っていても

誰も何も言いませんし、特に気にする人もいません。


もしかしたら、一部に強烈な反自衛隊の人が

いるかもしれませんが、大多数は自衛官が身近にいるのが

普通の暮らしです。

自衛隊と御殿場周辺の人々は本当に普通に暮らし、

とても馴染んでいます。


自衛隊と地域住民の関係性は

悪いところばかりピックアップされますが、

日本中のほとんどのところでは

うまくいっているんだろうなぁ。

そして、それは絶対に報道されないし、

何か問題があるときだけやたらと騒がれるんだろうな・・・。

と、卵のパック一つから、

またマスコミの酷さを考えてしまいました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年08月07日

『自衛官の引越し』

チーム桜子・神保京子です。

また引っ越しました。

自衛官と結婚して4年。

4回目の引越しです。

今回は宮城→静岡です。


結婚する時に、引越しの頻度は2〜3年に一度はある

と聞いていたのですが、

まさか毎年引越しすることになろうとは・・・。

今回は4回目ということで、ちょっともうやる気が出ずに、

ダンボールだらけの部屋で

ごちゃごちゃと生活しています・・・。


ここで、自衛官の引越しについて

ちょっと流れをご説明します。

まず、転勤の内示はかなり直前になるまでわかりません。

なので、風の噂などをもとに1〜2ヶ月前に

何となくの雰囲気で転勤を察知し、

引越し業者への見積もりを開始します。


今回も転勤先はおそらく埼玉か、東京か、静岡です。

という感じで引越し屋さんにお伝えして何社か見積もり。

一番安いところに決定。

引越し料金は全額補助が出るわけではないので、

頑張って値切り交渉をします。

本当はおまかせパックにでもしたいところですが、

そんな贅沢は言ってられないので、

頑張って荷造り、荷解きは自分でやります。


引越し当日、業者に荷物を全部出してもらったら、

自衛隊側の点検があります。

前回の部屋は1年ちょっとしかいませんでしたが、

ふすまや畳の張替え、部屋のクリーニングなどで、

結局6万円以上請求されました。

これは、官舎の引越しの度にかかります。

どんなにきれいに使っても請求されます。

毎年引っ越している私たちからするとけっこうな出費です。


それから、今回は長距離移動のために

ホテルに宿泊しました。

これは一泊あたり数千円の補助が出ます。

しかし、8月のレジャーシーズンだったため、

安いビジネスホテルが取れず、これも赤字です。


その他にも、引越し前後はどうしても自炊できないので、

外食かコンビニ食が続いてしまい、

ちょこちょこっとした出費が・・・。

なので、自衛官の引越しはどこをどうしても赤字なのです。


なんだろう。

国民のための自衛隊というのはわかりますが、

こうやって赤字を出して身を削って感謝も尊敬もされずに

何十年も自衛官が頑張って今のような活動をしてきたんだな。

というのが、身を以ってわかったわけですが、

腑に落ちない・・・。

そもそも官舎の家賃が安いのだから、

それで相殺してくれ、って感じなのでしょうか。

それにしても、自衛官の中でも転勤頻度は

けっこうバラバラなので、

毎年のように引越ししている人には

少しくらい多く補助して欲しいよう・・・(涙)

なんて言ったら、国民の皆様に怒られちゃいますかね・・・。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 15:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年07月23日

『強行採決じゃない』

チーム桜子・神保京子です。

いやぁ、暑い日が続いておりますね。

私の住む仙台は気温はそこまで高くはなりませんが、

何せ湿度が高く参っております。

屋内でも熱中症になるらしいので、

皆様、水分補給を忘れずに元気にお過ごしくださいね。


先週、安保法案が衆院を通過しました。

民主党がプラカードを掲げて

醜くがなり散らしていましたが、通過しました。


その際にテレビも野党もやたらと

『強行採決だぁぁ!』と叫んでいたように思うのですが、

野党の次世代の党も賛成してるんですが、

人数が少ないと無視されるんですかね?

もし、与党のみでの採決だったから

『強行採決』という言葉を使えるには使えると思うのですが、

与党だけじゃないのだから酷くないですか?


今までたくさんNHKやフジテレビや朝日新聞などに

デモをやって偏向報道をやめろと訴えてきたのに、

今回の安保法制に関する報道は本当に酷いものでした。


街頭インタビューで老若男女問わず

「首相は説明が足りない」とやたらと発言していましたが、

首相は国会で同じような野党の質問に

さんざん答えて説明しまくっていました。


その説明が国民に伝わっていないのだとしたら、

それはマスコミにも多少の責任があると思うんですよね。


視聴者の安保法案について知りたいという需要が

あるのだから、首相や防衛大臣に取材をしたり、

賛成・反対の両者で討論するような番組を供給すればいいのに、

それをやらないのはやはりこの法案をマスコミ自らが

阻止したいという本音があるのでしょうね。


あと一つ驚いたのが、法案が通過した日に

国会前に集まった人々が主催者発表10万人だったのが、

警察発表で6〜7千人だったと言う事です。


国民の8割だか9割近が反対している法案にも関わらず、

メディアが連日国会前のデモを宣伝しているにも関わらず、

国会前に集まったのが7千人というのは

ちょっと不思議だなぁ、と思ったのです。

7千人が少ないとは思いませんが、

地上波であれだけ宣伝しているのだから

もっと集まってもおかしくないのかなと思ったのです。


安保に対する世論調査の正確性が欠けているのか、

メディアの世論誘導が失敗しているのか、

ちょっと今の段階では分かりかねているのですが、

一昔前のネットが無い時とは違う現象が

起きているのかな???と思わせる出来事でした。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 02:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年07月11日

『中国株価暴落』

チーム桜子・神保京子です。


中国上海の株価が暴落しているらしいですねぇ。

チャンネル桜でも産経新聞の田村先生が上海株について

解説をしてくださっているので、どうぞご覧ください。

【田村秀男】株価暴落!中国経済の行方と日本は今・・・


株や経済の事にはとんと疎い私ですが、

中国政府が株の売りを強制的に停止させたりするって

すごいですね。


共産主義と資本主義の融合なんだかカオスなんだか

よくわかりませんが、これを発端に中国が

めっちゃめちゃな内乱とかに発展しやしないかが

ちょっと心配です。

そんな事になったら、日本に逃げてくる中国人が

増えそうで、それはそれで嫌です。


これをもって中国バブルの大崩壊になるのかは

よく分かりませんが、やはり触らぬ神祟りなしというか、

君子危うきに近寄らずと言うべきか、

日本は中国とは適度が距離感が必要だと

つくづく感じました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年06月27日

『自衛隊の花嫁』

チーム桜子・神保京子です。


先日、TBSで沖縄の自衛官と集団お見合いをする番組の

第二弾が放送されていました。

なんと、4時間のスペシャル番組でさすがに途中までしか

見れませんでしたが、内容はおおむね自衛官に好意的で

なかなか面白かったです。


沖縄の陸・海・空の自衛官32名に対し、

女性の応募は1244通って・・・。

すっごい人気なんですね〜。


かくいうワタクシも自衛官の嫁なので、このお見合い番組に

応募した女性の気持ちは、すっごくよく分かります。


自衛官は見た目がガッチリしていて、

男らしくてカッコイイ人がいっぱいいます。


しかも、規律が厳しい世界の人なので、時間にルーズだったり

約束を破ったりすることはないので、とても信頼できます。


この番組にもたくさん出ていましたが、自衛官は真面目な人が

本当に多いです。


オシャレさやスマートさには欠けますが、結婚しても

真面目にお仕事して家族を大事にしてくれるので、

女性を喜ばせる言葉は言わなくても、結婚生活は円満に

進むのではないでしょうか?


ただ、私も自衛官の嫁になって3年が経ちますが、

それなりに不満も出てくるもの。


転勤の多さや、官舎暮らしの窮屈さ、演習や訓練などが

あったら数日〜数週間帰ってこないことも普通にあり

夫に対してというよりも自衛隊のシステムに

イラッとくることが多々。


結婚して三年で、毎年引越しをしていますが、

引越し代金が全額出ないというのはかなりドン引きしました。

命の危険さえある大変な仕事なのに

お給料がいまいち少ないのも、ちょっと納得がいかないです。


とまぁ、不満をあげればキリがありませんが、

私としては夫が毎日頑張っていることが

日本の平和に貢献していると確信しているので、

自衛官である夫を誇りに思っています。


一昔前まで自衛官は給料泥棒とか人殺しとか

ののしられていた彼らが、今では若い女性が結婚したい人気の

職業になっていて、とても嬉しいです。


『自衛官の花嫁』なんてスペシャル番組が

堂々と放送されるのだから、

日本も少しずつ変わってきているのかな(?)

と思わせる番組でした。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年06月19日

『70年の痛み』

チーム桜子・神保京子です。


戦時中に沖縄戦で負傷した民間人とそのご遺族が

国を相手に補償を怠ったとして賠償と謝罪を求めた裁判が

行われているそうです。


痛み「70年消えたことない」=戦争被害、国に謝罪求めるー沖縄戦訴訟、地裁


これは時事通信の短い記事ですが、

戦後70年の痛みを訴える原告は

県内外に住む63〜95歳の男女79人ということで、

70年生きていない人も含まれていますが、

それは、まあ負傷者の遺族ということかもしれません。


で、不思議なのは記事中に出てくる豊見山さん76歳。

1944年に日本軍の整備工場に関わっていた時に

米軍に上空から撃たれて両足を負傷したそう。

2000年に援護法を申請したけれども却下されて

怒っているのだそうです。


援護法ってなんだろな?と思って調べましたところ、

軍人・軍属などが公務上の傷病及び死亡の際に

本人または遺族に適用される法律だそうです。

となると、1944年に豊見山さんは

おそらく5歳くらいでしょうか。

ずいぶんお若いようですが、

日本軍の整備工場で働いていた???

軍属って言うのは軍人ではなく、

軍関係の事務や整備や清掃や、その他もろもろのことを

する人のことだと思いますが、

5歳や6歳で雇用されていると言う話を

聞いたことがありません。

お給料もらっていたのかな?


まさか、そもそも軍属じゃないのに援護法を申請して、

却下狙いで国は面倒見てくれないー!!!

って次の手段に出たわけじゃないよね?ね?

戦時中に米軍が遊び半分に

普通の歩行者や子供を撃ち殺したって話は

良く聞きますし、それは本当に許しがたく

被害者は救済されるべきです。

ですが、いつの間にやら日本国が加害者で

日本国民が被害者で、国が悪くて

市民はかわいそうという構図に

すり替わっている感じは

とても気持ちが悪いのです。


今年は戦後70年。

今後も戦争被害者2世3世とか、被害を証明できない人々が

また新たな訴訟を起こしていくのではないかとぞっとします。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年06月10日

『井尻先生ご逝去』

チーム桜子・神保京子です。


チャンネル桜月曜日コメンテーターの井尻千男先生が

すい臓がんのためにご逝去されました。

享年76歳とのことでしたので、今の時代では

ずいぶんと早いお別れに感じます。


井尻先生は何年か前の保守系の集会で

登壇されていたのを拝見したことがあるのですが、

実に渋くて言葉に重みがあってまさにダンディ。

素敵なおじさまだなぁ、と思ったことを思い出します。


それが、あっというまに驚くほど痩せてしまって・・・。

本当に悲しいです。


先週、チャンネル桜で井尻先生の追悼番組が放送され、

その中で井尻先生が細い声で

『どうぞ皆さん、わたくしと一緒に、この、ね、

日本国を愛しましょうよ。もうね、こんなにね、

愛し甲斐のある国は無いよ。と私は思っております。』

とおっしゃった言葉が、涙まじりに聞こえて

本当に心を突き動かされました。


76年の生涯で豊富な知識と経験を得て

最期に私たちに日本を愛しましょう。

と伝えてくださった井尻先生。


雲の上にいらっしゃるであろう井尻先生と一緒に

これからもずっと日本を愛していきたいと思いました。


【追悼番組】 井尻千男先生ご逝去 

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年06月01日

『今井雅之さんを悼んで』

チーム桜子・神保京子です。


先週、俳優の今井雅之さんが癌のために亡くなられました。


およそ一ヶ月前にやせ細った今井さんが

自身が癌であるという記者会見を行い、

その時の痩せた体とそれに相反するギラギラした目つきが

今でも目に焼きついています。


今井さんは、チャンネル桜の設立時に

賛同者に名を連ねてくださったそうで、

芸能人には数少ない国想う勇士だったのだと

改めて感じました。


彼は東京MXというローカル局の番組に出演していて、

そこでの歯に衣着せぬ物言いは本当に見ていて痛快でした。

豪快で明るくて下ネタ満載で、

政治の話をする時もおちゃらけている時も

いつも真剣で一分一秒がギラッとしていて、

あんな人はなかなかいないです。


生前の今井さんは、無人島に流されたって、

砂漠に置いてけぼりにされたって

絶対に死ななそうなほど生命力に溢れていたのに、

癌でこんなに早く行ってしまうなんて、本当に悲しいです。


彼の発言は平和ボケした人ほど耳に痛く、

過激に聞こえたかも知れません。

しかし、今井さんは真剣に平和を愛し日本を憂い、

平和と日本を守るには具体的に

汗水流す必要性があることを説いていました。


道半ばであった彼に恥じないように

微力ながら頑張ろうと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年05月25日

『小岩井農場の歴史』

チーム桜子・神保京子です。


仙台に越してきてはや一年。

先日、連休を利用して岩手の観光地を巡ってきました。


まず最初に行ったのが小岩井農場でした。

iwate 01.JPG

お天気も良く新緑も美しく、本当にきれいで

のんびりとした風景に癒されました。

素敵な場所に農場を作ったものだな〜。

と関心していたのですが、小岩井農場の歴史を調べると、

そもそもここは西風吹きすさぶ不毛の大地で酸性の土壌では

何も育たない劣悪な土地であったそうなんです。

現在の緑豊かな農場からは想像もできない変貌ぶりです。


小岩井農場ができたのは明治24年(1891年)、

何と今から120年以上も前になります。

小野義眞、岩崎弥之助、井上勝の三人の創設者の

頭文字を取って『小岩井農場』と名づけられたのだそうです。


当時、鉄道事業を担っていた井上は鉄道を敷く上で

たくさんの田畑を潰したことに後悔の念を深め、

不毛の岩手の土地を開墾して大農場を作ることが

国家公共の為にもなると事業を計画。

井上はそれを三菱社にいた小野に相談。

すると、小野は社長の岩崎に井上を引き合わせ

出資を快諾し、小岩井農場開設へと動き出したのだそうです。


その後、困難な土地改良、経営不振、経営者の交代など、

様々な問題を乗り越えて、日本初の本格的な畜産事業を

展開します。


その事業目的が日本人の体位向上のためであったと言うから、

これまた感動しました。

明治期にできた新しい産業の根幹には国家国民に資する

明確な目標設定をする事業主がたくさんいらっしゃいますが、

小岩井農場もまさにその一つだったんですね〜。


現在もスーパーに行けば何種類ものメーカーの牛乳、

乳製品が並んでいて安価に安心で安全な国産品を

手に入れられます。

それもこれも明治に小岩井農場が畜産を始めた

おかげなんだな〜。としみじみ思いました。


普段、何気なく食べている乳製品にも

先人の並々ならぬ努力があったことを

忘れてはいけないですね。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年05月16日

『どうなる?大阪都構想』

チーム桜子・神保京子です。


5月17日に大阪都構想の住民投票があるようですね。

私は仙台に住んでいるので、

いまいちピンとこない問題なのですが、

大阪市の皆さんにとっては

自分の市がなくなるかもしれないわけですから

けっこう大きな問題ですよね。


そもそも都構想と言いつつ、中身は270万人が住む大阪市を

5つの区に分けて基礎自治体とするのが目的なのだそうです。

現在の大阪市は政令指定都市ですから、普通の市よりも

たくさんの権限と財源が県から委譲されています。


児童相談所の設置、国道・県道の管理、

小中学校の教師の任免、区役所の設置などなど、

政令指定都市だからこそできる都市計画や

行政サービスがあるわけです。


せっかくたくさんある権限が大阪市を一度解体して

5つの特別区にすると今まで持っていた今度は権限・財源が

府に戻されるわけです。


維新の会としてはそうして市の権限を府に移動させて

色々とやっていきたいということなのでしょうかね。

それを大阪市の人が望むと言うのであれば

それでけっこうですが、政令指定都市というのは

現行の地方自治法上では最も自立的な地方行政が

できる制度なので、それを手放して地方分権である

というのは、いささか矛盾しているような・・・。


ともあれ、橋下市長が改革!改革!と言うことで、

今までの市議さん府議さんは、今のままでも

できることはあるぞ!と、議会が活性化する

メリットはあるにはありますよね。


どうにもこのまま行くと、橋下さんの人気投票みたいな

住民投票になりそうなのですが、大阪市の皆さんはちゃんと

政策を判断して投票行動していただきたいと思います。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年05月08日

『平和と平和憲法』

チーム桜子・神保京子です。


ゴールデンウィークも、あっという間に

終わってしまいましたね。

今年は全国的に天気も良くて、連休を楽しんだ方も

多くいらっしゃったのではないでしょうか。


5月3日の憲法記念日は日本各地で改憲派と護憲派が

集会やデモを行って、それぞれの意思を

アピールしたようですね。


両方の意見を知りたいと思って色々と検索していたら

衝撃的な画像を発見しました。

hama.jpg

ネットから拾ってきたのですが、

この写真の記事が東京新聞にありました。

不戦の誓い 至高で最大の防御 若者よ 権力を疑え 

浜矩子さん(62)


護憲派として有名な浜さんが教育関係者の集会で

今年の3月に白雪姫に扮して権力に立ち向かい

憲法を守る演劇を行ったそうな・・・。


劇中、とある国の王子と魔法の鏡のせりふが、

「鏡よ鏡、この世で一番大切なものは何であるか?」

「それは平和憲法でございます。」

なのだそうです。

しかも、よく見ると白雪姫がもつ本の題名は

『マルクス』って・・・。

すごい発想力ですね。


この世で一番大切なのはとにかく『平和憲法』って、

『平和』じゃないのかよ!ってつっこみたくなりますが、

それはさておき護憲派の方は恥なんぞかなぐり捨てて、

かなりあの手この手で護憲アピールをしているんですね。


その姿勢というか、行動力は見習う点があると思いました。


現在、自民党などが憲法についての論議を始めている昨今、

改憲派も様々な形のアピールをしていかなくては

いけないのではと思いました。


それから、チーム桜子ブログのコメント欄について

お知らせいたします。

コメントで記事に全く関係のない内容や誹謗中傷や

不快感を感じさせるコメントがあった場合は、

管理者の判断によって削除させていただきます。

今後もチャンネル桜を応援する桜子ブログを

よろしくお願いいたします。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年05月01日

『ネパール大地震』

チーム桜子・神保京子です。


ネパール大地震の死者が5000人を越え、

一部報道では1万人に上るのではと伝えられています。

亡くなった方々には心よりお悔やみ申し上げます。


そして、この大地震ですが、ネパール国内での治安が

悪化していると聞き心配しております。

首都カトマンズでは余震や厳しい避難生活から逃れるため

45万人近くが地方に脱出し、救援物資の遅れに

苛立った人々が道路を封鎖し警察と衝突するような事件まで

発生しているとか。


そんな中で、

日本の救援部隊と自衛官が派遣されたわけですが、

治安の悪化した場所での救援は困難を極めると思われます。

それでもきっと地震の多い日本からの支援は

きっと役に立ってくれるのではないでしょうか。


ネパールの被災映像を見ていると、

建物のもろさに目が行きます。

耐震性のある建物であったら、もっと被害は

少なくて済んだのではないかと・・・。


今後、ネパールが復興するにあたり、

日本の耐震技術もきっと役に立ってくれるはず。


ネパールはインドと中国に挟まれた小さな国ですが、

ネパールの安定は日本にも良い影響をもたらすはずです。


今はまず、被災者の救援を、そして今後は

災害にも強い国になるように支援できれば良いと

思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 02:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年04月20日

『桜前線』

チーム桜子・神保京子です。


仙台でも桜が咲きました。


sakura sendai 01.JPG


場所は仙台から車で30分くらいの公園です。


sakura sendai 02.JPG


きれいですよね〜。


こちらに来てびっくりしたのですが、

こんなにきれいな満開の桜の下で、

花見客がちょびっとだけ。


めちゃめちゃゆったりゆっくり

お花見ができるんですよね。

この日は平日だったので余計にそうですが、

休日でも東京ほど窮屈な思いはしません。


チャンネル桜でも東京一極集中の問題は

よく話題になりますが、

花見ひとつを取ってみても

東京と地方との差がいかに大きいか良く分かります。


人口の一極集中の是非はいろいろあると思いますが、

東京の何でも手に入る暮らしも捨てがたいですが、

地方のゆったり広々とした暮らしも

なかなか良いものだと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年04月16日

『お帰りさない、加藤さん!』

チーム桜子・神保京子です。

産経新聞前ソウル支局長さんが出国禁止されてから8ヶ月。

理由はなぜかはよく分かりませんが、

韓国からの出国を許されて帰国されました。


いやぁ、本当にお疲れ様でした。

まずはゆっくり休んでいただいて、

日本を満喫していただきたいです。


そもそも、加藤さんが拘束されるきっかけとなったのは

セウォル号沈没事故の際、パククネ大統領が

連絡の取れない時間があり、もしかしたら男性と

会っていたのでは?という噂があることを

記事にしたためです。


結局事実はどうだったのか全くよく分かりませんし、

セウォル号の事故だって未だに行方不明者がいる状態。

そんな中で、韓国国内でのうわさを記事にしただけで

8ヶ月も帰国を許されないなんて、滅茶苦茶すぎます。


ただ、今回の出来事はよくよく韓国にとって

プラスだったのかと言えば決してそんな事はないと思います。

加藤さんを出国禁止にしたことで、日本人の対韓国感情は

悪化し、言論弾圧を行う韓国に対する世界の目は

厳しいものになったはずです。


私は滅茶苦茶な政府、司法、国民のいる韓国には

絶対に行きたくないと思いましたし、できる事なら

今後もなるべく関わらないで過ごしていきたいと

心から思いました。


この出来事は韓国という国がどんなものか

再確認できる好機となったのではないでしょうか。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年03月30日

『恥じない生き方』

チーム桜子・神保京子です。

先日、おじが急逝し、お葬式に参列してきました。

60代半ばでまだまだ元気だったのに

早朝洗車をしていたときに倒れ、

発見が遅くなって処置が間に合わず旅立ったのだそうです。

直前まで元気で、車の中には食べかけのパンが置いてあり

洗車後に出かける予定だったのだそうです。

検死の結果は心筋梗塞だったそう。


おじの死に驚きはしたものの、

私はこのおじが大嫌いでしたので、

突然の死にも悲しみは湧きませんでした。


彼はさんざん親戚に迷惑をかけて、

あちこちに借金をしていたので、

きっとろくな死に方をしないだろうな。

と内心思っていました。


そんな人が冷たいコンクリの上で誰にも発見されずに

亡くなっていたと聞き、人生って帳尻が合うように

できているのだな。と不謹慎にも葬儀のあいだに

ぼんやりと考えていました。


おじの死に際し、やはり人に恥じない生き方を

していきたいと心から思いました。

人からお金を借りたり迷惑をかけても何とも思わなかった

おじは恥の感覚が欠落していたのだと思います。

戦後すぐの頃に生まれ、高度経済成長とともに

物とお金に翻弄されながら生きていたおじは

結局、欲望を抑えて身の丈に合った暮らしを

選択することはできなかったし、周囲の言葉に

耳を貸すなんて発想もしなかったのだと思います。


ただただ愚かな道を選び続けたおじは

人生を正しい方向に導いてくれるような人に

出会えなかったと言う点では

非常に可哀相だったのだと思います。

今回、近親者が亡くなっても何とも思わない

私自身の非情さに打ちのめされますが、

せめて、彼の生き方を反面教師として

私は人に恥じない生き方を模索していきたいと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子