2014年05月05日

『受難パレード』

チーム桜子・渡辺直子です。

少し前になりますが、復活祭は家族で過ごす。

これ、義務。

ってことで、イタリアの主人の実家へ行ってきました。


復活際といっても、

キリスト教圏に生まれ育ったわけではない私は、

お義母さんのイタリア料理をたらふく食べて、

復活祭にちなんだお菓子食べて〜。と

「ああ、美食の国、イタ〜リア。今年もご馳走さんでしたっ」

てなもんですけどね。


で、イタリア人たちもみんな私のようなのか。っていうと、

もちろんそんなことはないわけで(笑)


ちゃんと教会でのミサも各地でありますし、

ほかにも受難パレードなんてのもやっています。


IMGP0207.JPG


写真は、主人の実家のある小さな街で行われる

パレードに備えて、家々が飾りつけをしたところ。

ご近所さん同士で話しをしながら、家の前の掃除をしたり、

飾りつけをしたり。


全戸が飾りつけをしたりしてパレードに備えているわけでは

ないですが、実家の前の通りを見ると3分の2ぐらいの家

が飾りつけをしていました。


パレードは夜なので、門のところに蝋燭をともして、

ご一行を待ちます。ご一行は神父さんを先頭に、

祈りを捧げながら行列が続きます。

飾りつけをした家の人たちも庭に出て、

一緒にお祈りを唱えていました。


なんかね、こういう行事は続いて行って欲しいな。

と思うのですよね。


ご近所さんたちが道を掃除したり、飾りつけしながら

井戸端会議をしてみたり。夜には「遅いわよねー」と

窓辺からお互いに声掛けあってみたり。


ご近所さんたちの良き交流の場にもなっているし、

繋いで行かなければいけない歴史や文化が身近に

感じられもするので。


ふと思ったんですけど、もし宗教の違う民族が

多数を占めたら、こういった行事も無くなって

しまうんじゃないかしらん。


主人は無神論者なんですけど(宗教系の学校に入れられて、

尼さんに相当しぼられてキリスト教が嫌になったそう)、

「こんなパレードやめちまえ!」とかそういうのは

無いです。昔から続いていることだし、

自分は興味ないけど、まぁ、どうぞ。って感じでしょうか。


イタリアの地に生まれ育ったイタリア人だったら、

無神論者だろうがなんだろうが、昔からのことに

ケチつけたりってのは無いと思うのですよね。


でも宗教性の強い民族だったら、やめちまえ!って

こともアリなんだろうなと想像してもみたりです。


スイスでの話しですが・・・子供たちにお昼を

食べさせる場所に、ある移民の子供とそのお父さんが

食堂に世話になろうとやって来たら、入り口に飾って

あった十字架を見て、「これを外せ!外さなければ、

子供を通わせん!」と騒いで騒動になった。

とあるスイス婦人が話してくれました。


「ここはキリスト教の国、嫌なら帰れ!」と

スイス婦人は怒っておりました。


そりゃ、そうなんですけどね。実際はこういう人たち、

帰りませんし、折れません。イタリア人もスイス人も、

こういった移民たちに、権利は主張するけど義務は

果たさない。とよく言っとります。


もちろん、ちゃんと義務を果たす移民たちもいますが、

果たさない移民たちは沢山いるし、移住した国に

なじもうとせず、その国のおいしいとこ取り狙い、

自分たちの宗教なり習慣を押し付けてナンボってな

移民も大勢いるわけです。


ヨ−ロッパが右傾化している〜。なんて声も

聞いたりしますが、こういう移民たち、もう勘弁っ!!

てのは、国関係なく当たり前に思うことなんじゃないかし

らん。


ということで、話し戻って、受難パレード。


こういったキリスト教の国に来て、世話になっといて

十字架外せ!とか言えてしまう人たちが多数を占め

てしまうと「受難パレード??そんなんやめちまえ!」って

のもあると思うんですよね。


日本に置き換えてみると、反日教育を国あげてやってる

中国・韓国人が多数を占めてしまったらどうなるんだろ?


これ、非現実なことでなくて、もう実際にそういう街って

ありましたよね?


なんだか、手を変え品を変えで移民を日本に入れる話しが

あるみたいですが、移民で苦しむヨーロッパに住むと、

なんでそういう話しになっちゃうのか不思議です。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 01:53| Comment(9) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
都内で准教授やっているのだが、 今後5年間で日本人の院生を 減らすような話が出ている。特に韓国の院生を入れろとのこと。
http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/32362246.html

【日本人差別】民主党の置き土産 留学生1人に年間約200万円
http://hosyusokuhou.jp/archives/37036737.html
Posted by junn at 2014年05月05日 10:45
【連載】「ロールモデル不在」で迷う女子は「コリン星」をめざす!? 小倉優子が注目される理由(J-CAS-北条かや) 専門家の言う「ロールモデル」とは、仕事も子育ても頑張る女性像。この両立モデルにこだわる人を「ロールモデル厨」と呼びます。
http://www.j-cast.com/kaisha/2014/05/04203534.html

--

日本は宗教にほとんどいかず、アニメ、アイドルの世界に人が向いています。

女性に少し仏像ヲタがいますが。

日本人は迷いの中、模索中。
Posted by lizzy at 2014年05月05日 13:07
働いても働かなくてもシングルマザーの貧困率が変わらないという衝撃
http://blogos.com/article/85809/

要約すると、滅私奉公できる男しか正社員にしない企業と、すってんてんになるまで使えない社会保障と、親族に面倒見させろという社会の狭間でシングルマザーぼっこぼこという話。
Posted by blogos at 2014年05月05日 14:36
「日本軍、隠蔽へ生き埋めや自殺強要」 慰安婦“でたらめ”紹介 韓国HPで子供向けに 
韓国・女性省の公式ホームページに掲載されている慰安婦問題を扱ったコーナーで、真偽が明らかではない元慰安婦たちの証言がそのまま真実のように扱われ、子供たちの教育資料として使われていることが5日までに分かった。以上、冒頭より/産経新聞 平成26年5月6日朝刊 購入紙面(1面)より
http://torakagenotes.blog91.fc2.com/blog-entry-2620.html
Posted by junn at 2014年05月06日 10:21
西表島から水牛車で行く由布島に1時間滞在しただけで3人の妊婦を見かけた。
竹富島と西表島に行くと必ずマタ旅妊婦を見かけるが産科医は一人もいない。交通の便も悪く、何かあったら赤ちゃんに対してどう責任を取るのだろう?
八重山諸島は素晴らしい旅先だが、妊娠を甘く見ているとしか思えない。
Posted by yuki at 2014年05月06日 11:08
>民主党の置き土産 留学生1人に年間約200万円
ここにも民主党時代の悪法が残っていたのか〜っ!
外国人へのバラマキには、ほんと眩暈がします。
民主党時代、マスコミによる公務員叩きが酷かった記憶がありますが、あれはマスコミの高給と反日工作や、全ての公務員を悪役にして公務を民営化させるよう世論を誘導したり(外国人を公務員に採用している自治体もありますね!)、(反日)外国人へのバラマキや(反日)外国への資金援助から目をそらさせるための工作だった、と確信しています。
それから反日の赤い教員が税金から給料を貰って生活していながら、国を貶める教育をするのは許しがたい犯罪です。
Posted by at 2014年05月06日 19:40
男女の出生比率を見る限り、神または、神に相当する存在はいるんじゃないでしょうか?

毎年、男:女がおよそ1.06:1の比率であると、大学の講義で習いました。

数学的な、男:女が2分の1の確率で生まれると考えるなら、女の方が多くたって良いはずなのに、何故に男の方が微妙に多く生まれるのか?

ある家庭は男ばかりが生まれたり、ある家庭は女ばかりが生まれたり、又、子供が1人も生まれない家庭もあり、どの家庭が何人生まれるだとか、こんなのコントロール出来るのは神、もしくは神に相当する存在だけとしか思えません。
Posted by 旦那様に一言申す(笑) at 2014年05月07日 03:27
http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/
【今日は何の日?】ブッシュ大統領、リガで演説(5/7)




■きょうの出来事
ブッシュ(長男)米国大統領、ラトビアの首都リガで演説
(2005年=平成7年)

Posted by junn at 2014年05月07日 07:09
マタニティー旅で儲けてる旅行会社や観光施設から地域の周産期施設に挨拶とかないわけ?

マタニティ雑誌に広告料出してマタ旅推奨お花畑記事出してんじゃないよ!

→「マタ旅」ブーム…リスク覚悟してほどほどに
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=97750&from=tb
Posted by 七瀬 at 2014年05月08日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95370689

この記事へのトラックバック