2014年04月17日

『どうってことない』

チーム桜子・渡辺直子です


この間の姉ちゃんとは違うウクライナの姉ちゃんと

話しをする機会がありました。


ウクライナからやって来ているお母さんと一緒で、

今はまだ国がどうなって行くか分からないので、

しばらくスイスの自分のところに居てもらうつもりだ

と話していました。


「ほかの国の惨状をテレビで見ていて、

こんな酷いことがあるんだろうか!って思ってたのね。

それが・・まさか自分の国にも起こるなんて・・」

溜息まじりに言っていました。


「日本も分からないよ。世界中で絶対に安全な国なんて

ないよ」と私が言うと、

「そうね。でも日本は大丈夫・・・なんじゃない?」

と姉ちゃん。


日本って、絶対大丈夫なんですかね?


もし大地震がまた来たら? 

しかも大量移民が入ってきた後だったら? 

入ってきた移民が反日教育を受けていて、

日本人には何をしても良いと考えている民族だったら?? 

ほかにも、朝鮮有事なんてもんが勃発したら、

日本に逃げてくる朝鮮人がたくさんいるのでは?

えとせとらえとせとら。 


これって、非現実的な話しってわけでもないと

思うんですけどね。


2011年の大震災のとき、まだ情報が錯綜していて

何が何やら分からなかったとき、スーツケースに

インスタント食品を詰めて日本に帰国したんですよね。


そのときに乗った日本行きの飛行機は

日本人のツアー旅行客で満席でした。

私のような個人旅行者なんて数えるほどだったと

記憶しています。


私や数人の外国人を含む個人旅行者は現地の新聞に

目を通していました。私も空港で買えるだけ買った新聞に

目を通していました。乗務員も新聞に目を通していました。


日本人ツアー客たちは、旅行が楽しかったのでしょうね、

ガイドブックを眺めたり、ゆったりと映画を見たり、

小説を読んだり、旅行の話しをしていたり。

私が見た限りでは、誰も震災に関する新聞を広げている人は

いませんでした。


乗務員のいるところへ飲み物を取りに行き、

イタリア語でオ−ダ−すると、「イタリア語ができるのか?」

と乗務員に話し掛けられました。「少しだけどね」と答えると、

わらわらと乗務員たちが集まってきました。


「日本はどうなってるんだ?」と聞きます。


「私にも分からないよ」に、「日本人はおかしくないか?」

と聞きます。


「???」


聞いてみると、ツアー客を指して、これだけの大惨事を

いくら旅行中だからだって知らないわけないだろ。

なのに誰も心配している様子がない。おかしいだろ。と


ほかの乗務員が「さっき聞いたんだけど、知ってるって

言ってた。それでこれだよ。危機感ってもんが何も

感じられない」と言って、みなで首を捻っていました。


ツアー旅行のご婦人に声を掛けられましたので、

知っているか聞いてみると、「知ってるよ」とのこと。

宿のテレビで惨事を見たそうです。


「ああ、大丈夫やろ。どうってことない」


あの家々が流される映像を見てどうってことない、って??


日本は昔から災害の多い国だから、何があっても

それは自然の摂理。だから、ドーンと構えた上で

「どうってことない」って言葉でも、、ない感じ。


それとも、他人事だから「どうってことない」の?


分からないです。いまだに。


世界で起こっていることって、日本にとって

対岸の火事じゃないと思うんですよね。


日本国内の大惨事ってことになれば、

なおさら他人事なんかじゃない。


たとえば、日本で移民大量受け入れ云々の話しが

出ていますが、これってもの凄〜〜く危険なことで、

自分の生活、引いては命まで脅かしかねない

トンデモない話しだと思うんですけど、

この話しの上に大地震とか重なったら、

も〜う、阿鼻叫喚てな事態にも

なりかねないんではっ?と想像しちゃうんですけど・・


う〜ん、グローバル時代だからイイんじゃない〜!


って本気で言ってる人、いないですよね〜。・・・

えっ、いる??


もしくは、「どうってことない」って軽く言える無関心な人も

多いのかしらんね? そんなことを最近、飛行機内でのことを

思い出しつつ考えてもみたりです。


日本人客を見て、乗務員たちは口々に゛おかしい゛、

゛変だ゛を連発していました。そりゃそうですよね。

自国が大惨事なのを知っているのに、全然心配も何も

してないんですもん。


まさか、日本人の大部分がそうであるとは思いたくない

ですけど、フともしかしたら、まさに自分自身の上に

何かが現実に起こってこない限り、無関心な人って

相当数いるんじゃないかしらん? 


まさか、まさか、う〜ん、でもどうなんですかね? 

 
 
ブログ村 ブログ村
,
posted by チーム桜子 at 17:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
自分も日本人ですが、何故でしょう。
震災に関しては、現実に起こって欲しくないことは信じたくない・考えたくない・直視したくない、という気持ちなのでしょうか。

移民政策にしても、賛成派は、島国の殻を破ってオープンで生き生きした国際交流ができると思っています。なぜ都合の良い事しか考えられないんでしょうね。治安の悪化の懸念など言えば、外国人差別だの島国根性の偏見だのと言われ。
移民政策は、特に日本にとって危険極まりない恐怖の予感がします。全般的に大人しく従順でルールを守る日本人が、貪欲で自己主張が強い外国人に利用される構図が目に浮かびます。
外国人にとって日本は犯罪天国でもあります。簡単に死刑にはならないし、日本の刑務所は本国の自分の家より快適だったりするそうですし。なぜ外国人の犯罪者の生活まで日本の税金で面倒見てやらないといかんのか!しかも批判すれば人権問題にされる。
犯罪者ではなくても、日本の福祉目当てになんだかんだと理由をつけて外国人が寄ってきますし。高齢化社会でただでさえ大変なのに、外国人の面倒まで見るのは税金がいくらあっても足りません。
移民政策の推進派(売国奴ともいえる)は、人口減少対策にとこじつけて良い事しか言いませんが、絶〜っ対裏があります。

何事も現実逃避をえずに、様々な事態を想定して備えておくべきです。
災害や防犯も、公的援助をあてにせず、自分で出来る限りの備えはしておくほうがいいと思います。いざという時、自治体や知事や政府がまともに機能するとは限りません。
Posted by 葉桜 at 2014年04月17日 19:28



来週月曜日の夕方からのTBSラジオの「荒川強啓デイキャッチ」という番組で、田母神さんが出演する様ですよ!!!

聞ける人は聞きましょう!!!


・・・TBSだけど・・・(笑)


Posted by ぱしり高跳び at 2014年04月18日 16:44
日本人抹殺を目的とした移民政策の主犯が移民である事が判明!朝鮮人には絶対に戸籍を与えてはならない
http://ken-ch.vqpv.biz/no/511_0.html
Posted by junn at 2014年04月18日 16:47
ブスで売れた初期の林真理子も、美人で売れた女子アナも、男社会の期待を背負っているという意味では大して変わらないと思う。そういう苛立ちが自分にはあって、いろいろ書き散らす原動力になっているのだが、あんまり周囲には伝わらないし、伝わらなくても仕方ない、とは思ってる。

「美しいことはいいことだ」という規範は強固なので、相対化しようとしてもシニシズムか「ベタな強がり」に陥るだけ。そんな現実に絶望しかかったときは、ウーマンリブの旗手である田中美津の、『いのちの女たちへ』を読みます。
ずっと昔に同じことを考えてた人がいるというだけで救われるわな。

ブスも美人も、「女」が消費されてるって意味では同列だろうと思うのだけど、あんまり伝わらない。その程度には、ブスと美人は分断されて消費されているのだろう。

「北条かやさんが小学校の頃からいじめられっ子で、高校時代にはリア充女子たちから胸のサイズを嘲笑されてトラウマを抱えるほど"下の階級"だったなんて信じられん」と言ってくれた人がいたが、幼少期から積み重なった私の怨念は林真理子にも負けぬほど強い。
本にはそれを100倍に希釈して書きました。



キャバクラで働くうち、いつのまにか、自分を縛る「男社会」に復讐しているような気持ちになっていった。女の事情や葛藤など何も知らない男性客たちを見下すことで、うっぷんを晴らしていた。だが同時に、彼らに媚びなければお金がもらえないというルールはしっかり身についてしまった、と思う。

容姿で女を序列化する、この社会が憎い、でも、そのルールで評価されることに喜びを感じざるを得ない自分に気づいたのが、キャバクラでの「収穫」といえば収穫だった。

Posted by かや at 2014年04月23日 16:49

ブス・・・?美人・・・?

では、レックリングハウゼン病の女性の容姿は、どちらの分類だろうか???
Posted by なぞなのだぞ at 2014年04月24日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93347536

この記事へのトラックバック