2014年03月16日

『伝えるってことと、知るってこと』

チ−ム桜子・渡辺直子です。


「今、ウクライナで何が起こっているの?」、

隣にいたスイス人に聞きました。

「戦争よ」

席を立ったウクライナ人が「ごめん」と戻って来ると、

また電話がかかってきて席を立ちました。

声を荒げて何やら話していますが、内容は分かりません。

お国の言葉で話しているようです。


「ごめん」とまた戻ってきたときに、

家族はウクライナにいるのか聞いてみました。

家族はウクライナにいて、元気だということ、

家族のいるところは静かなところだと話してくれましたが、

少し間を置いて、「静かなところ・・、家族は今のところ

大丈夫だけれど、ウクライナに安全なところなんかないわ」

と付け足しました。


2、3年前に食事に出かけた席で、たまたま隣合わせた

コソヴォ人と話しを始めました。話しが進むうち、

お互いにスイスにどうしてやって来たのか。

そういう話しになりました。

彼女はコソヴォ紛争から逃れるためにスイスへやって来たそうです。


「酷い戦いだったんだってね」と私が言うと、

「えっ、あなたは知ってるの?・・あれは、本当に酷かった」

と答えてくれました。


日本のジャ−ナリストがコソヴォへ行ったときの話しを

聞いた覚えがあると話すと、「じゃあ、日本人はコソヴォのことを

知ってるの?ありがとう!ありがとう!」

と繰り返しお礼を言われました。


(青山繁晴さんが話してらっしゃるのを聞いた覚えが。。

それと、青山さんはジャ−ナリストではなく、

今は実務家という肩書きだったと記憶していますが、

話しの中ではジャ−ナリストが話していた。と言いました)


報道という仕事って、大切で尊いものなんですねぇ。

なんかシミ〜ジミと考えてしまいました。

お義母さんと電話で話していたら、お金や不動産の話しに

なりました。


「ウクライナが大変なことになってるでしょ。

私たちの生活にも何か影響が出てくるかもしれないから、

しっかりと状況を見とかなきゃ駄目よ。世界は繋がってるんだから!

ここからは遠い日本で何か起こっても同じこと!

世界はね、繋がってるの。自分には関係ないなんて思わないで、

しっかり見とくのよ!!」


喝を入れられました。


ボ〜っとしてますからね、私。


なんていうか、こっちの人たちって、お義母さんみたいな感覚を

多くの人が多かれ少なかれ持っている気がします。


日本人は、どうですかね?


でもね、お義母さんのような普通のオバチャマがこういうことに

関心が高いってのに、やっぱ外国はセチカライんだべな。

と思ってもみたり。


それに比べると、私も含めた日本人のボ〜っとしてるのを見ると、

日本って住みやすい良い国なんだな。守られてたんだな。

そんなことに関心払わずとも安心に安全に暮らせてたんだな。

幸せだったんだな〜。とも思ってみたり。


なんだか過去形になってんのは、今は国民のひとりひとりが

関心を持たなければ、私たちが享受してきたものを守れないん

じゃないかと。


ふと思ったんですけど、私みたいな専業主婦の姉ちゃんが、

自分の生活に関係してくるって感覚で政治に興味を持つってのは、

相当ヤバイんでないかな〜。と思うんですけど、どうなんですかね?

昔の日本の主婦とか女性って、どうだったんでしょかね?

すご〜く守ってもらえてたイメ−ジあるんですけど。

そういった守られてる安心感の中で、家のことや家族のこと、

子育てなんかをしていたイメ−ジ。


そんな守られてた女性たちが政治に関心を持つ、か。。


ウクライナの姉ちゃんを見たり、コソヴォ紛争から命からがら

逃げてきた姉ちゃんを知るに、安心や安全の中で暮らす、自分を

しっかりと守ってくれる人や国がどっしりとあるということが

どんなに幸せなことであるかを実感したりもするんですよね。


では今の日本ってがっちり守られてるんだろか?


う〜ん、疑問。


このまま無関心で、他国で起こっていることは他人事ってことで

ノホホ〜ンとしてたら、将来ってどうなるのかしらん?


ウクライナやコソヴォ、他人事ではない気がちょっとしてきても

みたり。とは言っても、情報がないとねぇ。

そういや、日本では、ウクライナのことをどう報道しているんで

しょうね?


世界は繋がっている。ウクライナもコソヴォも対岸の火事ではない。

だからよく見ておかなけりゃイケナイ。と言われても、もしくは

分かっちゃいても、ネットで情報を探して見比べてみる時間なぞ

ないし・・、家事しながら、子供の面倒みながらテレビつけて

横目でチラリが精一杯。仕事して疲れて帰ってきて、ほっと一息、

テレビつけてが精一杯。こういう方、多いんじゃないでしょうか。


そう考えると、テレビの影響と責任ってスンゴイ大きいですよねぇ。

いやぁ、これはしっかりと仕事せにゃ〜。って、いったいどれだけの

人がプロとしての仕事を全うしてるのかしらん。。

日本の報道に疑問湧きまくりだったりします。


日本人は平和ボケだとか、お花畑とかよく言われますけど、

どうしてそうなってしまったかの責任の一端は、

日本の報道にもあるんじゃないかなぁ。

と色々諸々考えてもみたりです。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 18:04| Comment(12) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
河野談話問題−”言葉ではなく行動で”という韓国の要求
http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/69154200.html
 安倍首相が、国会において河野談話の踏襲を表明したことを受けて、韓国の朴大統領は、”幸い”という言葉で評価したそうです。日本国にとりましては、”不幸”極まりないのですが、かの国の外相は、”次は言葉ではなく行動を”と日本国に対する要求を強めております。

 アジア女性基金に際して、韓国側は、”日本国が法的な責任を認めて謝罪し、賠償しない限りこの問題は終わりにしない”として、元慰安婦達に基金からの支援を断らせた経緯があります(個人を対象としたものではなくとも、財政支援は実施した…)。おそらく、”言葉ではなく行動を”という言葉の真意は、韓国側に個人の賠償請求権を認めよ、ということなのでしょう。しかしながら、河野談話とは、裁判における”事実認定”ではないことは、昨日の本ブログの記事で述べました。あくまでも、韓国との密室における裏取引による日本国の韓国への政治的な譲歩なのです。仮に、このような要求を安易に認めるとしますと、韓国側は子孫にまで権利を拡大し、莫大な額の請求がなされることでしょう。

 河野談話の作成の経緯については再検証作業を進めるというのであれば、日本国政府は、河野談話が韓国側との政治的な合作であり、法的な事実認定ではないことを明確にすべきです。そして、事実の裏付け無き法的賠償はあり得ないとして、元慰安婦証言の再検証、並びに、日韓請求権協定に関する司法解決を試みるべきなのではないでしょうか。
Posted by junn at 2014年03月16日 20:35
毎年20万人の移民受け入れ!政府が本格検討開始・日本を滅ぼす・「維新政党新風」しかない
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5385.html
Posted by junn at 2014年03月16日 23:57
2007年08月24日
【刑事告発】河野洋平氏は公務員職権濫用罪に該当
http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/153688.html
Posted by junn at 2014年03月17日 07:01
国賊、河野洋平     
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-858.html
あらためて河野洋平という男が日本にとって如何に大きな災厄であった
かが思い知らされます。

河野洋平殿、「政治家の仕事」とは?と一度でも考えたことがありま
すか?日本国憲法第15条に「すべての公務員は、全体の奉仕者であって、
一部の奉仕者ではない」と書いてあります。つまり公務員は国民全体の
ために仕事を行い、その仕事自体が国全体の利益つながることでなけれ
ばなりません。

しかるに貴方のしてきた仕事や発言は日本の利益に全く貢献せず、逆に
貴方は中国や韓国の利益のために仕事をしてきました。

国民は一生懸命働いて、その税金で政治家を養っています。その政治家
が燐国のために働いているなら、納税者としては、とても我慢できません。

政治家は善悪や道徳心で思考をめぐらしてはいけません。あくまで国に
とって「損か得か」で判断しなければいけません。道徳心や善悪、同情心
でしか判断できないということは「公的な考え」と「私的な考え」の
区別が出来ない頭の悪い人だということです。

政治家は公的人間です。公的な考えと私的な考えの区別ができない人は
政治家になってはいけません。国民が迷惑します。

政治家は日本の国益を代弁するのが仕事です。河野氏のように日本に
だけ非があるように言うのは、政治家の使命を投げ捨てた税金泥棒です。
この男のように国益を外国に売り渡す思考しか出来ない人を「売国奴」
と呼びます。

あなたは長年多くの国民から「売国奴」と言われてきました。それは
日本を無視して、韓国・中国重視の行動をしてきたからです。
あなたは「なりすまし日本人」ですか、それとも純粋の日本人ですか、
純粋の日本人なら底抜けの大馬鹿野郎です。

他国の利益を重んじ、他国の代弁者になり、自分の国の大切な国益を
損なう行為に突き進んできた河野洋平は「売国奴」と呼ばれるのは
当然のことです。

売国奴とは国を裏切る者です。国を裏切るとは、すなわち国民を裏切る
ことです。あなたは日本国民全てをおとしめ、さげすみ、卑しめてきた
ことがまるで分かっていません。

このいやらしい、汚らわしい反日的日本人、それが河野洋平です。
Posted by junn at 2014年03月17日 07:17
■■■■ JOG Wing ■■■ 国際派日本人の情報ファイル ■■■■

JOG Tweet 中国 4.反日外交

中国の国際世論戦/日本の反撃/孤立しているのは中国/反日外交の舞台裏

伊勢雅臣
http://melma.com/backnumber_256_5996427/
Posted by junn at 2014年03月17日 10:37
ウクライナ問題の情勢 【佐藤 優】
http://ameblo.jp/zipang-analyzing/entry-11789201004.html

Posted by junn at 2014年03月17日 10:42
Posted by junn at 2014年03月17日 17:10
忘年会帰りに買春しなければ韓国政府が報奨金 批判され中止

2014.03.07 16:00

 国家の貧しさは経済指標だけで示されるものではない。先進国の仲間入りを果たしたと喧伝する韓国が、実際は世界から“ヘンな国”と呆れられている証拠が「OINK」(オンリー・イン・コリア=Only in Korea)という言葉の存在だ。「韓国でしか起こらない、普通ならあり得ないこと」といった意味で使われる。「OINK」の事例をジャーナリスト・室谷克実氏が解説する。

 * * *
 2006年12月に女性家族省は「忘年会の帰りに買春をしないと誓約したグループには最高100万ウォン(約10万円)の報奨金を出す」というキャンペーンを発表。
 
 違法であるはずの買春が常態化していることを政府が自ら認めてしまったのだ。海外メディアに批判され中止に追い込まれた。

※SAPIO2014年3月号


Posted by junn at 2014年03月17日 17:37
女帝について2
http://www.eonet.ne.jp/~yanaken/miyasama/column2.htm
 備考として、竹田・北白川・朝香・東久邇の四家には明治天皇の皇女が嫁いでいる。さらに東久邇家には昭和天皇皇女成子内親王が嫁ぎ、旧皇族中最も皇室と血縁的に近く、現当主の信彦氏は昭和天皇の初孫、今上天皇の甥になる。また久邇家は香淳皇后の実家にあたる。賀陽家にも貞明皇后の姪が嫁いでおり、女系を介してみると、五家ともに、皇室とは非常に近い血縁関係にある。

旧皇族の皇籍復帰を
http://www.kokueki.com/souken/seisaku/02-kouseki.html
 世論調査を見ると、当初女系天皇容認が約八割もあったのに、現在では六割程度まで下がっています。時間が経つとともに女系容認派の割合は確実に減ってきているのです。血筋にしても、確かに男系では約四十親等離れていますが、神武天皇から見れば等しく皇胤という点に置いてなんら問題はありません。それに女系を介してみれば非常に近い関係にあります。朝香・東久邇・竹田の三家には明治天皇の皇女が、さらに東久邇家には昭和天皇の第一皇女成子内親王が嫁がれています。久邇家は香淳皇后のご実家ですし、賀陽家の場合は貞明皇后の姪が妃殿下となられています。自らは女系継承を主張するのに、とんだダブルスタンダードぶりです。それになにより、天皇陛下を始め皇族方と旧皇族のみなさまは「菊栄親睦会」という団体を通じ、今に至る親戚づきあいを続けていらっしゃいます。皇籍を離れたのも、占領中に強制されたものであり、憲法同様なんら正当性は認められません。
Posted by junn at 2014年03月17日 17:58
厚かましい韓国の要求−”誠意を見せよ”
http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/69156987.html
 予測されていたとはいえ、安倍首相の河野談話継承の発言を受けて、韓国政府は、早々に、厚かましくも”誠意を見せよ”と日本国政府に迫っているそうです。

 安倍首相の発言があるまでは、韓国は、いわば”崖っぷち”の状態でした。河野談話の根拠となった元慰安婦の発言が再検証に付されるとすれば、その信憑性が崩壊することは目に見えていましたし、河野談話が日韓合作であることが判明すれば、さらに韓国は窮地に立たされたはずです。いわば、絶体絶命の状態であったのですが、アメリカの支援と安倍首相の発言によって一気に形成は逆転し、ひとまずは一息つくことができたのです。この時、韓国には、日本側の譲歩の意を汲んで、慰安婦問題を取り下げ、沈静化をはかるという選択肢もあったはずです。首相の河野談話踏襲発言は、”韓国に退路を用意した”とも解されなくもありません。しかしながら、韓国には、こうした配慮は通用しなかったようです。慰安婦問題からの全面的な撤退どころか、攻撃的な前進を開始したのですから。

 日本国側の譲歩を韓国が逆手にとった以上、もはや日本国は、韓国の面子に配慮する必要はなくなりました。韓国は、自国への配慮は無駄であることを、自ら証明したようなものなのではないでしょうか。
Posted by junn at 2014年03月17日 21:28
高給取りの慰安婦の実態とは異なる、強制連行の奴隷説がまかり通ってしまった。先人から子孫まで、すべての日本人に対する侮辱と、屈辱。味をしめて、いつまででも因縁付けてたかってくるでしょう(怒)。
朝鮮民族とは、関った者に穢れと災いをもたらすのでしょうか?そして韓国の言いがかりに屈する日本の弱さも行けません。日本人のくせに、日本の足を引っ張る議員が多過ぎる。
移民受け入れをすれば、大方中国や韓国から押し寄せると思われますが、自ら望んで来てもどうせまた賠償金目当てに様々な事で因縁付けをするに違いありません。強制連行されて不当な賃金で強制労働させられたとか、平気で言いそうです。
Posted by at 2014年03月17日 21:32
"韓国は、歴史捏造によって、被害者を演じる卑怯者"ではないか?「朝鮮は植民地だった」と嘘をつき、責任逃れを続けているのではないか?
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=4445

Posted by junn at 2014年03月17日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90588722

この記事へのトラックバック