2013年12月13日

『日本の米ならそれでいいのか?』

チーム桜子・まるこです。


【超限戦】外交は化かし合い、利益の共有こそが中共を包囲する[桜

20分あたりから。

上念司氏 「(自分は)安い米が入ってきたって

日本の高い米を食べ続けますよ」うんぬん。

彼の言うことは、「強者の理屈だよな〜」って

いつも思ってしまいます。

弱肉強食のジャングルで戦い続け、勝ち続けろ、

と言われているよう…。

私は、「何でそんなに戦い続けなくてはいけないの?」と、

…根本的なところで既に疑問。


スイスは国産品を高い関税で護っています。

スイスの食品はめちゃくちゃ高いそうですが、

国民は「それでよし」としている。


土地の狭いスイスで、他国並みの値段で牛肉を卸すためには

飼う牛の頭数を増やさなくてはならない。

そのためには牧場を増やさなくてはならない。

すると外貨獲得の資源のひとつである景観が崩れてしまう。

… だから国は護る。

スイス国民も納得して高いスイス国産牛を買う。


これ … いけないことですか? 


上念氏は、外国から安い米が入ってきても

高い日本米を買えばいいではないか、それが愛国者だ、と。


でも今現在でも既に安い外国米が、

たとえばお煎餅だとか、糊だとか

そういうところで使われています。

そういう分野で、既に日本米は場所を奪われている。


外食チェーン店だって外国米使っていますよね? 

それはピラフなどの焼き飯だけかもしれません。

でもその分確実に日本米はシェアを奪われていますよね??

安いカリフォルニア米が出たら買う人必ず出てきますよねぇ? 

愛国者でもこの不況下仕方なくそちらを選ぶ人 

… 出てきますよねぇ? 

それでなくても供給過剰で減反してるのに …。


それから私が素人ながらに危惧するのは、

米は日本の国内で作る国産米だとして。

今、農業の大規模経営化が進んでいますでしょ?


外国企業の参入自由になれば、

外国人による外国農業会社ができるかも。

田畑で実際作業しているのは日本人、あるいは日本の若者は

農業嫌うとかで、支那人かも、… で、経営者はアメリカ人? 

アメリカ式株式会社で、会社は株主のもの。

利益は株主の配当金へ。小作人は単なるサラリーマン。

移民を使えばもっと安く雇えるかも。 

… これ、韓国は既にこのパターンでは? 

働けど働けど利益はみんな外国へ流れていく。 


… これでも日本の、日本でできた国産米なのでしょうか? 

これではたとえ自給率100%だとしても

喜べない気がしませんか? 

これが皇室の新嘗祭で祭られる日本のお米ですか?

天皇陛下が祭祀をしている間皇后陛下は

各地のお米の名前を丁寧に書いているのだとか。 


戦前の地主さんは愛国者だったかもしれませんが

戦後の大規模農業経営者が愛国者である保証は

どこにもありません。

アメリカの農業ご覧になったことありますか? 

あれ、農業じゃないでしょ、もう。


最初は針の一穴で、大丈夫だと思っていても、

50年後堤防を決壊させます。余談ですが郵政民営化もそう。

今はまだ日本人の株主が株を手放さないでいる、そうですが、

次世代はどうなるかわかりません。

こういうのは世代交代する時が危険ですから。

意識の違いもありますし相続税などの現実的な問題も

ありますからねぇ。


もともと日本は昔から常に供給過多で、国内競争激しいのに 

… 走って走って走って、行きつく先はどこなのでしょう? 


まるこ

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 02:30| Comment(4) | TrackBack(0) | まるこ
この記事へのコメント
でも不思議なのは、スイスは昔から銃、砲関係は優秀なものを開発、生産して輸出もしてるのに、空軍の戦闘機なんかは外国から買ってる・・・何で自力開発しないんだろうか?
戦車は、40〜60年代頃は自力開発、生産したりもしたけど、現在はやっぱり輸入してる。

Posted by 888ミリ砲 at 2013年12月13日 10:23
ん〜他の制度が日本と比べ物にならない程充実してるスイスと食品の関税だけを比較してもなぁ。
庶民の立場で考えると「貧困層でも日本の高い米を食べ続けろ。他に選択肢はない」と言っているのと同様で上念さん以上の強者の理屈です。全面開放は望んではいませんが日本米や米農家を過剰に擁護したり過度に保護するのは逆に日本の首を締める事になると思います。
Posted by 通りすがりの主婦 at 2013年12月14日 12:18
888ミリ砲様

知りませんでした。技術的に無理なのかも、あるいは外交上のGIVE AND TAKE なのかも、ですね。

通りすがりの主婦様

「農業・食」は安全保障で考えるべきではないでしょうか?
少なくともフランスは日本以上に農業は保護されています。それでもEUになってからガタガタで小規模農家は廃業に追い込まれ自殺者も多いようです。
外国に頼って、いざという時諸外国が自国民優先にしたらお金で解決できない時がきます。一度潰した田んぼで再びお米がとれるようにするには相当な時間と労力が必要です。技術の断絶もあります。
アメリカは「農業」を完全に国家戦略として捉えていますよね。

Posted by まるこ at 2013年12月14日 21:27
こんにちは、農業は安全保障や文化、経済の問題さまざまありますが、話が複雑になるため個別に議論すべき問題であると思います。
コメ問題、戦後の農地解放、JA等々、、日本の農業問題は本当に複雑なため、国民もきちんと勉強する必要があると思います。
ちょっと前の動画ですが、非常に参考になるのでご参照ください。

【公式生放送】ニコ生シノドス「大丈夫か!?日本の食と農」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12850960

加えて、日本が過当競争なのはここ20年くらいです。原因はもちろん「デフレ」です。農業に限りませんが、デフレ下では経済のパイが縮小するために、シェア争いが激化してしまいます。
しかし、今のところ金融緩和の影響でインフレ傾向になっているため、過当競争も幾分収まるのではないかと見ています。
Posted by ヤルセ at 2013年12月16日 16:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82455095

この記事へのトラックバック