2013年12月09日

『福島のお米』

チーム桜子・渡辺直子です。


苦労されて作ったお米であろうから、自分たちも少し頂こうか

との陛下のお言葉から、福島のお米が御所に届けられたそう。


この間、ス−パ−で日本のお米が売っていました。

1キロが約12スイスフラン。

日本ブランドのなせる技なのか、かな〜りの高値です。


イタリアのビオショップに行ったら、日本の食品の棚の横に、

日本の食品の放射能は安全基準内であること。

なんら問題がないことが貼り紙してありました。


私、分からんことがあるんですよね。


震災が起こり、復興に向けてのチャリティーイベントやら何やらを

多くの在外邦人の方々がされていました。


ひょんな切っ掛けで、そういった活動をされていた方と

話しをする機会があったんですよね。


で、その方、もうそりゃ、結構な勢いで、

日本にはもう絶対に帰らない!

日本の食べ物は放射能に汚染されてるから、

絶対に食べない!!などなどなど


ほかにも、奇形児が放射能のせいで増えている。

癌が増えているなどなどなど


「ちゃんと統計とれてるんですか?

それって、全部放射能のせいって証明されてるんですか??」

と聞けば、そうに決まってる!政府は隠してる!!!

「・・・・・・・(汗)」


こういうことを、現地の人に話してるわけです。


でも片方で、チャリティ−だなんだっていうのにも

積極的だったりするわけで、、

もうね、分からんのですよね。


ほかの国に住む友人なんかに話しをすると、

「あーー、いるいる〜」なんて言ってたりもするので、

特に珍しい人たちではないのかしらん?


海外に住み、あやふやな思い込み?で

日本を貶めることを吹聴し、かたや、

日本との架け橋になりたい!とかで、

日本のイベントを積極的に催したり、

震災のチャリティーやってみたり。


う〜〜ん、分からん。。


陛下は、震災が起こり、まだどういった状況かも分からないとき、

東京からの避難をすすめられたそうですが、

それを断り、東京に残ることを即断されたと聞きました。


お米のことや、こういったことを知るたび、なんだろなぁ、

なんかジーンとしちゃうのと、

「ああ、日本や日本人ってこうなんだよな。日本人でよかったなぁ」

と思っちゃうのです。


それと同時に、こちらでたまたまお会いした、

「で、一体どうしたいの??」な日本人?を見ると、

なんでこうなっちゃうんだろうな〜?なんてことも

考えちゃったりするんですよね。

--------------------------------------

安倍総理も福島のお米をお取り寄せしたそうです。



ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82202503

この記事へのトラックバック