2013年12月05日

『自分の思いが動作に出るから思草(しぐさ)と書く‏』

チーム桜子・渡辺です。


江戸しぐさに学ぶリ−ダ−シップ
という記事を見つけました。

よいな〜。と思ったので、以下抜粋
--------------------------------------
江戸しぐさの基本は、思いやり、おかげさま、お互い様、

言霊(ことだま)、思草(しぐさ)といった考え方にある。


 思いやりは相手の気持ちを汲み取り、上手に対応することだ。

花に水をやるとき、バケツとジョウロのどちらがいいか。

当然、ジョウロのほうが花にやさしい。

人間とも同じように接すればいい。


 ものごとには表と裏があり、自分が輝いていられるのは、

裏で支えてくれる陰の人がいるからだ。

そこから生まれたのがおかげさま。

そして、お互いさまは助け合い、譲り合いの気持ちを、

言霊は魂と同じように言葉を大切にすることを、

思草は自分の思いが身体の動作、しぐさに表れることを

意味している。- NPO法人江戸しぐさ 理事長 桐山 勝 氏)

----------------------------------------


江戸しぐさ
ってのがあるのを、恥ずかしながら最近知りました。


大元の短い記事
をザッと読むだけでも、目からウロコが落ちまくり。


そしてこんなことをちょこっと知るだびに、

日本って本当にスゴイのね〜。と

ちょっと感動してしまうのです(こういうこと、もっと小さい頃から

周りの大人からや、学校なんかでも教えてもらえてたら、

私ももちょっとイイ感じのオトナになっていた気もするのよね、、

ってまだ遅くない?(笑))

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81967157

この記事へのトラックバック