2013年11月03日

『入国管理局』

チーム桜子・ 丸まる子 改め まるこです。


入国管理局に電話しました。

担当者はとても丁寧な日本語で説明してくれました。 

が、 … しかしっ! 外国人だし。たぶん支那人か台湾人?


流暢な日本語を話していても、ちょっとしたアクセントで

日本人でないことは分かります。

入国管理局で働いているのですから、公務員のはずです。 

公務員なら日本国籍はあるのでしょうから、

たぶん日本人と結婚して日本に帰化した外国人で、

法律的には何の問題もないのでしょうが …。


部署は外国人の在留カード担当。きっと支那人が多いと思うので、

支那語ができるというのは強みなんでしょうけど …。


でもこれ、悪く考えれば、周囲の日本人に知れずに

支那人同士、あんなこともこんなことも喋れてしまいますよね …。


真正日本人で、支那語ができる人、たとえば元通訳捜査官の

坂東忠信さんとか、そういう国家意識を持った日本人が

担当すべきなのでは?


脇が甘すぎ … って言うか、こういう個人情報分野で

担当が外国人って … 

聞くところによると、戸籍関係、出入国関係、個人情報関係、

特にそのへんに結構いるようですよ?


個人情報と言えば、ああ、思い出した! 

自分のPC遠隔操作で直してもらった時も、… 

担当者、外国人でしたね〜。 


ある意味そこら辺の日本人よりも

きれいな日本語使っていましたけど。


話していてイヤ〜な気分ですし、怖いです。

こんなことはつい十年前にはなかったことです。


何と言うのか … チェスやオセロのように、

こう要所要所を取られてしまって、私たちの子供が大人になる頃、

この国はどうなってしまうのか … 

かわいい赤ちゃんを抱いている貴女、

ちょっとは想像してみてくださいよ?


ムンクの「叫び」も真っ青です、マジで。

まるこ

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:45| Comment(6) | TrackBack(0) | まるこ
この記事へのコメント
韓国人のベトナム戦争でのベトナム人大虐殺証言で共通な点は, 無差別機関銃乱射, 大量殺戮, 妊産婦, 女性に対する強姦殺害, 家屋への放火などだ. 生存者の証言を土台に韓国軍の良民虐殺方式を整理してみると、いくつかの共通した類型が現れる。

住民たち(大部分が女性と老人, 子供たち)を一ケ所に集めた後、あるいはいくつのグループにまとめて、機関銃を乱射して抹殺する。

住民たちを一戸に追い詰めて銃を乱射した後、家と一緒に死亡者も生存者も全部燃やす。

子供の頭を割ったり首をはね, 脚を切ったり四肢を切断して火にほうり込む。

女性を強姦した後、殺害して, 妊産婦の腹を胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。

住民たちを村のトンネルに追い詰めて毒ガスを浴びせて窒息死させる。

韓国軍の大量虐殺が強行された所では、子供たちの口にキャンディやケーキが含まされていた. 老人たちの口にはタバコが咥えられていた場合が多かった。

恐らく、村人を安心させながら一ケ所に集めるための手段だったようだ。.
Posted by junn at 2013年11月04日 08:40
入管職員=公務員が、外国人や元外国人とは、入管職員採用には国籍条項が無いのでしょうか!?ガードが甘いですね。一部の地方自治体では既に国籍条項撤廃されている所があるし、どこまで外国人に甘いんだろう。
日本は外国人にとって、なんだかんだ言っても入国しやすく住みやすい国だと思いますよ。福祉が充実しているし、「人権侵害」の言葉に弱いし。
そんな日本の甘さに付けこまれた結果の情報漏えいが心配。まあ、純日本人でも左巻きで外国にすり寄る人はいますが…。それに、そもそも法務省事体が、日本はホントに大丈夫か!?と不安にさせられる要素があります。
私個人的には、公務員採用には、帰化したのが本人は勿論、親や祖父母の代でも甘いと思います。それを外国人を採用とは…。日本人ですら公務員になりたくても、最近は高倍率でなかなかなれないんですよ?!
Posted by お猪口 at 2013年11月05日 17:04
根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。
過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる。

米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。

それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている。

「食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた」「ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた」

報告書はまた、「慰安婦は客を断る特権を与えられていた」「(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった」と書いている。
雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)。
Posted by junn at 2013年11月05日 17:13
米側資料の慰安婦は「大金稼ぎ欲しいもの買えた」 韓国主張の性奴隷とは異なる風景
2013.11.5 09:20 (1/2ページ)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131105/plc13110509210006-n1.htm
Posted by junn at 2013年11月06日 09:35
「日本の教科書の検閲はやめなさい――歴史の見方は国によって違うものだ」米バンダービルト大学教授ジェームス・アワー(産経新聞、2001年8月14日、「正論」)。

≪≪≪      ≫≫≫

最悪の「戦争」は南北戦争

日本が歴史上の出来事についてきちんと反省しないと批判する外国人は、往々にしてその証拠として日本の歴史の教科書問題を持ち出す。だが、こんな批判をする人は、言う前によく考えるべきだ。

地理上近くにあり、文化的にも似ている2つの国は、めったに歴史を同じように見ることはないだろう。特に問題のある場合には、その傾向は強いであろう。

例えば、伊藤博文の暗殺者は朝鮮半島では英雄であるが、日本では暗殺犯である。私は今年、日本の還暦に当たる。この年になるまでの様々な経験の積み重ねから、私は、人の見方というのは、その人がどこに住むかによって違ってくる、ということを知った。

特に、生涯で初めて米国南部の町に住んだ13年ほどでそのことを知り、とても衝撃を受けた。

1988年にテネシー州に移る前、私はミネソタ州に生まれ住み、ウィスコンシン州で学校時代を過ごした。その後、米海軍士官になり、日本、マサチューセッツ、ワシントンDCでほぼ20年を過ごした。

学校に行っていた時代を含む47年間。私にとって、最悪の「戦争」はいつでもおのずと、第二次世界大戦を意味した。しかし、2001年の今日でもテネシー州の大半や元南部連合国であった州では、最悪の「戦争」とは米国の南北戦争のことだ。

過去の戦争による死傷者数を比べれば、南部の人の言うことは正しい。
第二次世界大戦を含め、米国人が参戦した戦争では南北戦争による死者が1番多いのだ。

それに加えて、米国南部と北部の人では、南北戦争が起こった原因への見方がそれぞれ違う。北部では奴隷制度がもっとも大きな要因であったと思う人が多いし、南部ではユニオン(連邦)から脱退して1776年に自発的に連合することを選んだ州の権利をめぐって戦争が起こった、と思う人が多い。

≪≪≪      ≫≫≫

類似した教科書のほうが驚き

この点からすると、中国や韓国は何を目的として日本の教科書を批判するのかと考えざるを得ない。戦争という歴史的事実の大きさを考えると、中国、韓国、日本の教科書がそれぞれに異なった内容をもつより、類似した内容である方がより大きな驚きではないだろうか。

この3国がお互いに合意して共通の歴史をもつべきというなら、結果としてできる教科書は内容があいまい過ぎて、ほとんど意味をなさないであろう。

批評家の中でもこうした共通の歴史観を持つことを薦める人がいるが、この考えは少し単純すぎないだろうか。

当然、人はそれぞれ自国の歴史を振り返り、それについて勉強すべきだ。
私がとても大切だと思っているのは、日本、英国、米国のような民主主義が発展した国では、歴史を学ぼうとする国民は、自国はもちろん、他国の歴史について様々な考え方を書いた本をいつでも手に入れることができるということだ。

英国人がジョージ・ワシントンやその後継者が何を成し遂げたかを知り、米国北部出身の私が南北戦争時代のもっとも偉大な将軍はユリシーズ・S・グラントではなくてロバート・E・リーであるということを知る。

同じように、日本人は、南京で起こったことについて中国人が何を考えているかまた、1910年から1945年の日本による統治を朝鮮半島の人がどう見ているかを簡単に調べることができる。

≪≪≪      ≫≫≫

多様な考え認める自由な国

しかし、中国ではそうではない。中国の学生や国民は、台湾の民主主義的発展を知らせる本やニュースは入手しにくい。同じことは、北朝鮮についても言える。

過去の間違いを再び繰り返さないために、それぞれの国が歴史を学ぶべきだ。民主主義国家では子供たちの学校の選択や、様々な考え方についてどの教科書を読んで学びたいかの選択が可能だ。

日本の教科書を検閲しようとする前に、それを非難する人たちは事実を調べるべきだ。

自由の国では様々な見方が容認されている。南部人である私の妻と北部人の私は「戦争」がどれを意味するかについては意見を異にするかもしれないが、私たちは今日メーソン・ディクソン・ライン(南北戦争以前、奴隷を許す州とそうでな州を分ける線)の両側の人々が信じていることをよくわかっている。

妻や南部人の多くは、私が「南北戦争」と呼ぶ戦争を半ば冗談ながらいまだに「北軍侵略戦争」と呼ぶのだが、彼女はヤンキー(北部人)の私と結婚してくれ、私たちはとても幸せに暮らしており、子供たちには米国、ヨーロッパ、アジアの歴史を幅広く教えている。
Posted by junn at 2013年11月06日 11:34
可決されましたか。いやめでたい。 日本支配開始の一歩です。
我々は日本への帰化など望んでいません。
日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね。

民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで
我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。
当然我々寄り議員は韓国にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。
60万在日のパワーを見せつけてやります。

コリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。そして日本をのっとります。
マスコミは我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。
この条例成立がそれを証明しているでしょ?

あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し
日本中の都市街で投票条例を得る。公務員にもなる。

最後は参政権【日本の主権】を手中に収めます。
住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。
対馬にだって後ろには民主党 ,公明党がついてます。

独島も実質的に我らのものになっていますし
強制連行や従軍慰安婦も事実として認められました。
今からこれからですよ。対馬も韓国のものになるでしょう。

広島・静岡の首長は帰化した同胞。
もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。
これからの日本の主人は我々コリアンです。

どうせあなたたちは何も出来やしない。パチンコ・携帯電話 で我々に貢ぐだけ。
デモの1つもできない。結婚も 出来ない。

我々は日本人の主人として日本を変えていく。
あとは我々に任せてあなたたちは消えなさい。
民主党 はわれわれの党。
http://www.hoshusokuhou.com/archives/33842244.html
Posted by junn at 2013年11月07日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79785500

この記事へのトラックバック