2013年10月14日

『無料配布の新聞に反韓デモの記事』

チーム桜子・マリノフ利江です。


トロント市内の駅やバス停などで

無料で配布されている新聞があります。

毎朝発行されている新聞で

主にローカルなニュースを中心に

外国のニュースも少し織り込んでいます。


10月8日版の新聞にはなんと日本の在特会の

「ヘイトスピーチ」の記事が掲載されていました。


anti korean photo.jpg


反韓のグループがヘイトスピーチにより

賠償金の支払いを命じたられた、という見出しです。


写真の下には在特会のメンバーが

韓国人はゴキブリ、韓国人を殺せ、海へ投げ込んでしまえ、

などと言ったという解説付きです。


ヘイトスピーチで学校に通う子供たちに恐怖を与えたとして

1200万円の賠償金を払うように命じた。


確かにゴキブリとか殺せというのは行き過ぎでしょう。

でもこのような記事が無料で配布される新聞に載るということは

大問題です。


朝晩の通勤時にこのメトロという新聞を読んでいる

トロントニアンはけっこう多いのです。


アジアの近隣諸国などと書いてあると

日本はすべてのアジア諸国とぎくしゃくした関係かと

勘違いしてしまいます。


でも日本人が台湾などに対して

「ヘイトスピーチ」をしたなんて聞いたことがありません。

問題はいつも韓国・北朝鮮と中国なのです。


私はヘイトスピーチは問題であり、

殺せとか海に突き落とせとうのは間違っていると思います。


しかし、この記事ではこのデモの背景が

すっぽりと抜けています。


もしデモの背景を説明しようとすれば

こんな小さなスペースで説明できるはずがありません。


ましてこの記事を読んだ人が興味をもって

「この新聞にはこう書いていあるけれど

実際はどうだったのだろう。

ちょっとインターネットで調べてみよう」

なんてことにはならないのです。


在特会の殺せのスローガンには賛同できませんが、

メトロのこの記事は日本を貶めるプロパガンダです。


このようなプロパガンダにはプロパガンダで対抗する以外に

ないのではないでしょうか。




ブログ村ブログ村
posted by チーム桜子 at 02:07| Comment(2) | TrackBack(0) | マリノフ利江
この記事へのコメント
在特会は短期戦略や中長期戦略ってまったくダメ。
国家間戦争に勝とうと思ったら、今のやり方じゃダメ。
情報戦も法律戦も負けてる
Posted by 千葉県民 at 2013年10月14日 12:28
韓国の反日行動で、日本人の多くの人が反韓国の考えになっていますね。
韓国と同じ考えでも国益に反しない点は何かを考えて行動が必要ですね。韓国と是々非々の考えを持つことです。「意見が相違して妥協できない点は、いつまでも話し合っても相違があるものは、答えが出なくてもいいです。妥協できる点は、妥協する。日韓が協力して日本の国益になるものは、協力する」これで良いと思う。
他国を尊敬して、批判する点は批判する。このように考えれば、ヘイトスピーチは起こりませんね。
Posted by 上坂ダム at 2013年10月16日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78146934

この記事へのトラックバック