2013年09月15日

『中国系カナダ人がマクドナルドで受けた「人種差別」とカナダの移民政策』

チーム桜子・マリノフ利江です。


先月末、ブリティシュコロンビア州に住む中国系カナダ人Sunさんが

マクドナルドで差別を受けたと抗議をしたことが

カナダの新聞に取り上げられました。

(中国系カナダ人と書きましたが

市民権を持っているのか永住者なのかは不明)

彼女に対する「人種差別」はリッチモンドというバンクーバーの

南にある市で起こりました。

事件の経緯を簡単に説明すると以下のようになります。


Sunさんがマクドナルドでホットチョコレートを注文したら

モカコーヒーが出てきた。注文したものと違うと苦情を言い、

飲みたいのはホットチョコレートだと主張した。

しかし店のマネージャーは彼女の中国語なまりの英語が

理解できず、その上注文待ちの長い列ができていたため

しびれをきらし、「忙しいのでどうぞお引き取りください」

とサービスを拒否。

これに怒り心頭のSunさんが中国系カナダ人組織に

人種差別だと訴えて話が大きくなり

カナダ全土に報道されたのです。


このような場合、双方の話を聞かないとフェアな判断はできません。

Sunさんは、自分の英語の発音が悪かったために

人種差別を受けたと訴えました。彼女の息子はインタビューで

「マクドナルドは中国語を話すスタッフを雇うべき」

と言っています。


chinese-woman.jpg


事件の全体を冷静に見てみると、マクドナルドのマネージャーは

もうちょっとSunさんに親切に接しても良かったのではないか

と思います。

そしてSunさんも小さな事件を全国紙の新聞に載せるように

おおげさにするのでななく、10年もカナダに住んでいるのですから

語学学校へ行き、もう少し英語でうまくコミュニケーションが

取れるよう努力すべきだったのではないでしょうか。


トロントには大小含めて多くのチャイナタウンが存在します。

そこには英語を話さない中国人が多く働いています。

カナダは英語かフランス語を話せることを

移民の条件としていますが、ファミリークラスで

両親や祖父母を呼び寄せる場合は

英語やフランス語の能力は問われません。

(両親や祖父母の呼び寄せについては、プログラムの見直しのため

2011年11月5日より最長24カ月間、新規申請を受け付けて

いません。)


結局のところ現在の移民政策に大きな問題があるのです。

Sunさんの事件は人種差別の問題でなく、今後カナダが

どのように移民政策を推し進めていくのかとうことを

問いかけています。


カナダは毎年25万人の移民を受け入れていて、

そのうち約10万人がトロントおよびその周辺に

定住しています。

その上、約10万人の違法移民者が建設現場などで

働いています。

移民政策は連邦政府の管轄ですが、

戦争犯罪者やその他の犯罪者の強制送還が優先されるため

上記のような軽違法移民の問題は置き去りにされがちです。


日本でも移民を受け入れるべきだという声が上がっていますが、

もし日本が移民を国の政策として受け入れるなら、

どのような人をどこの国から、どのように受け入れるのか

しっかりと議論すべきでしょう。優秀な外国人で日本で

働きたいという外国人は近隣諸国だけに限りません。

カナダはまだヨーロッパほどは移民問題が深刻になって

いませんが、それでも多くの人が危機感を感じています。

このまま毎年25万人の移民を受け入れ続けると

取り返しのつかない事態になるでしょう。


私は「日本はイスラム教の移民がほとんどいないので、

本当にいいわね」といろいろな人に良くいわれます。

でもそのたびに「日本は外国人永住者の問題があり、

それは表にでてこない。マスコミが報道しないから。

日本はじわじわと侵略されて、気が付いたときには

もう手遅れになるのではないか。非常に危機感を感じている」

と日本の現状を説明するのですが、

なかなか理解してもらえません。

最初は私の英語の説明が悪かったのかと思い

いろいろ言い方を変えて説明するのですが、

それでも「日本はまだ大丈夫」と信じているのです。


しかし、よくよく考えてみると「日本はまだ大丈夫」と

信じてくれていることはいいことなのかもしれません。

危機感を感じている!と思うだけで何もしなかったら

本当に手遅れになってしまいます。


私たち日本人(海外に住む日本人も含めて)一人ひとりが

立ち上がることがとても大切なのです。



ブログ村ブログ村

posted by チーム桜子 at 10:14| Comment(5) | TrackBack(0) | マリノフ利江
この記事へのコメント
日本マスゴミが絶対に報道しない在日朝鮮人優遇政策「在日特権」を廃止させよう
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-11614286860.html
Posted by junn at 2013年09月15日 20:52
Posted by junn at 2013年09月16日 23:32
チャンネル桜と
チーム桜子さん応援しています。
Posted by アルザスの風 Vent d'Alsace at 2013年09月17日 15:34
日本の出生率は低下していますが、就職難の日本人が多数…なのに移民?その辺が分かりません。
外国人は日本人に比べて利己主義の傾向が強く、逞しいですよね。日本のような、軍隊の無い、お人よしで大人しく優しく、外国人に甘くて、どんな酷いことをされても仕返しをせず、人権を気にし過ぎるほど大事にする国は、移民受け入れなぞしたら、国中土足で踏み荒らされるでしょう。移民の都合のいい主義主張を押し通され、日本らしさや日本の良さなど木っ端微塵に吹き飛ばされ、移民のいいようにされるでしょう。なのに移民受け入れを叫ぶ人(日本人??)は、なぜ明るい希望だけを抱いて、そう言えるのか理解できません。日本の国柄を破壊したい、日本を外国人に提供したいのでしょうか?それが正しい良いと信じているのでしょうか?
Posted by お猪口 at 2013年09月17日 21:39
数か月前、乙武さんが
  エレベーターのないビルの2階レストランに女性と行き、階段が登れないのでレストラン側に車椅子と自分を2階に運ぶように頼んだところ忙しい時間帯だから」「事前に連絡してもらわないと無理」と断られて、「こんな差別主義者は見たことない!」とブログで書いて大騒ぎになり店が公に謝罪していました。
日本人間でもこのような事があるのですから、文化の異なる外国人では頻繁にトラブルも起きるでしょう。
私は地方に住んでいるので、夜中に前から外国人が歩いてきたら恐怖を感じます。
大半の日本人がそうだと思う。
移民を受け入れるのは反対です。
Posted by あじさい at 2013年09月20日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/75730530

この記事へのトラックバック