2010年11月25日

『教えてあげよう ちうごくがどんな国か』

チーム桜子・榊 ハジメ


先日 出張でシンセンに行ったんですが

いつもは会社の車や白タクで行く姐さんが 

今日は 経費節減と気分転換で 

電車−中国自慢の新幹線−和諧号で

行ってきました


さて 普段どおりに

なじみの 常平駅に着きましたら

和諧号乗り場棟の入り口に 

でっかいカービン銃をかまえた

(ええ あれは持ってるんじゃないです かまえてました)

武装警察が立ってるじゃないですか 仁王立ちで


1358425_857639399_113large[1].jpg





駅ですよ 駅 空港じゃないんですよ だたの電車の駅

1358425_857626699_52large[1].jpg



(画像はイメージです 姐さん今日カメラ持ってなかった

 まあ 持ってても 撮れないわ 撃たれるもん)




間違い探しの風景かよ と よくよく見回してみましたら

駅の周りに「亜運会なんたらかんたら」って看板や 垂れ幕が

やたら目立つ・・・広州で現在開催中の アジア大会のための

特別警備なの? これ?


なにか?運動会の安全のために なんか起こったら

駅前で 人民を 撃ち殺すってーか?


駅前やであんた 

みんなが日常的に使ってる交通の足やで 和諧号


アジア大会成功のためには 

人民の20〜30人 撃ち殺すんか この国はよ・・・


やるかもな 全然やるかも


駅の中に入ったら 切符売り場に 

でっかい黒いドーベルマンつれた武装警察が うろうろ


何か?この国は アジア大会の成功のために

人民の30〜40人くらい 噛み殺すんか?


・・・余裕でやるな・・・全然やるよな はい ORZ


そして 電車の改札で 乗客全員飲料没収


飛行機かよ!? 

ただの電車やんか 電車250キロ出る電車


どんだけ 身に覚えがあるんだよ

どんだけ 人民に対して後ろ暗いことしてるんだよ

どんだけ 人民 信用してないんだよ

どんだけ 人民を 人間扱いしてないんだよ





不思議なことに 利用昇降客数が 

何倍か何十倍のシンセン駅には

武装警察見かけなかった・・・?


なんで こんな小さなトンカン駅に カービン銃?

終点の広州東駅には 武装警察出てるのか 

とっても知りたい



和諧号に乗りながら 考えた


たかが 電車の駅(しかもたかがトンカン駅)に 

カービン銃が

やすやすと配備されるような感覚の国を

相手にするのに

尖閣の海上保安隊は 丸腰で 

先制攻撃も 禁止ですか



ああ ほんっと 日本の平和主義者って




ズレてるわ

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 03:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 榊 ハジメ 
この記事へのコメント
15年ぐらい前にウラジオストクに行ったのですが、交通整理(警備?)の警察か軍人かよくわからないロシア人も普通にカラシニコフカービン(AKS74U)を持ってました。持って見せつける事で抑止力になってる様ですよ。
Posted by 88式短延期信管 at 2010年11月25日 09:51
中国は深刻な宗教対立がある国でもないし、デモも自由な発言も禁止されているのに・・国民は選挙権もない人がほとんどなのに・・その上、銃で治安維持ですか。
本当に怖い国だと思いました。
アジア大会のジャッジメントにも、いろいろ物言いがついていますよね。
なんだか、嫌な感じです。
Posted by しおん at 2010年11月25日 13:56
日本も港や空港や原子力発電所は、機動隊に銃持って立たせるべきですけどね。
日本はやらなさすぎ。
Posted by 千葉県民 at 2010年11月25日 19:54
皆様 コメント 心より感謝いたします

さて 姐さんは無知で 知らないんですが

日本では 銀行の現金輸送車の警備員は カービン銃ですか?

シンセンや トンカンの街中で 普通にみかける

現金輸送警備員は みんなカービン銃です

銀行の入り口に ガタイのいいのが カービンかまえて

出入りする 普通の利用客を 怖い顔で にらんで威嚇してます

なんで 表口から金を出し入れするのか 謎です

あれ見てると 強盗さんを 生け捕りにする気 ハナっから

無いのかいな いきなり 殺すんかいな 事情も聞かずによ

と この国ってほんと 命安いなあと とほほな気分になります


まあ 香港の警備員の銃も たいがい でかいけどね 昔からね
Posted by 榊ハジメ@残業疲れ at 2010年11月25日 22:48
こええええ
Posted by 穂日 at 2010年11月29日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41843701

この記事へのトラックバック