2010年08月15日

『乳幼児教室』

お久しぶりです!チーム桜子、水野ことえです!

皆様お元気でお過ごしですか?


私は、長男が夏休みに入った事もあり、

この暑さで溶けそうになりながらも(笑)

毎日のように、お弁当持参で

公園やら動物園やらに出かけ、

夏の日々を子供達と謳歌しております!


お蔭様で、立派な土方焼けをしましたよ!


しかしながら、内心は

「私って、はりきり主婦じゃない!格好いい!」

とノボセております(笑)



さてさて、本題(笑)


前回予告しました通り、

今回は

「新教育者連盟」の催している乳幼児教室について

お知らせ致します。

とても素晴しい教室なので、是非ご一読下さい!


大まかな流れは、

まず、朝の会

(礼法、奏楽、皇居遥拝、国歌斉唱、園長先生のお話、

教育勅語唱和、歌、古事記紙芝居等)


そして、母子別授業になり、

子供たちは

明治神宮内の散策や東郷神社に参拝に行き、

お母さん達は

子育てのお話や、和歌、書道を習います。

その後、さよならの歌を歌って解散になります。


私と娘は前年度(娘がまだ1歳半に満たない頃)から

通わせて頂いておりますが、

1年間通って、娘はこちらが思う以上に、

素敵に成長しております。


例えば、君が代を口ずさんだり、、、

    教育勅語も少し覚えていたり、、、

    正座(らしき座り方?)が出来るようになったり、、、
    

私も沢山の事を学んで、

子供や、家族、周りの人たちとの

上手な生活の仕方や、

どのような事を理想にするか、、、等、

少しは成長出来たかなぁ?と思います、、、うふふ(笑)



でも、やっぱり

「通って良かった!」と一番思える事は、

日本人らしさを学べた事です!


和歌や、書道とはどのような事なのか、、、

季節ごとにある行事の意味は、、、等々、

ここでは書き切れない程沢山の日本の事を、

園長先生や、素晴らしい先生方に教わりました。


現代は、

私も含め「核家族」の時代です(泣)


子育てをしていると、

不安になり、寂しくなったりもしますよね。

そういう意味でも、本当に良い場所です。

だって、憂国な奥様友達が出来ますから!


是非是非、見学に来てください!


お問い合わせ「新教育者連盟

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 06:28| Comment(4) | TrackBack(1) | 水野ことえ
この記事へのコメント
乳児教室すばらしいですね!
子育てサークルには行ってますが、普通のところなんで
和歌や書道、君が代なんていいなあ、と思います。
Posted by you at 2010年08月16日 01:09
いや〜、暑い残暑が続きますが、元気で乗り切っておられるでしょうか。

ところで話が反れますが、子育て、核家族化が現代日本で様々な波紋を呼んでいるのをご承知かと思います。先日、日本テレビの女子アナウンサーで、「山本真純」さんが自殺しました。日テレでは以前にもあったそうですが、痛ましい背景に何があるのでしょうか。

「産後うつ」に悩み、自分を追い込んだしまい、ついに自殺まで決意するほど、重度な悩みを1人が抱え込んでいたのかと思うと、心痛な思いがします。残された1歳半のお子さんと、ご遺族の方の思いを察するに、他人事とは思えません。

同じ悩みを持つ女性の方はたくさんいるんじゃないかなと思います。どうして語り合い、解決しなかったのか、死ぬなんて、そんな勇気があったら何でもできて、人生の何倍もの取り返しもできたんじゃないかと。ご冥福をお祈りしましたが、何ともつかぬ、昔は大家族で、お祖父ちゃん、お祖母ちゃんがそばにいて、親戚やご近所、友人の励ましもたくさんありました。今の様な日本社会になってしまった現実の矛盾と言うのでしょうは、悲しい気もしますね。

暑い日が続きますが、事故や健康に気をつけて、暑い夏を乗り切りましょう。
Posted by 男性ですが、失礼します。 at 2010年08月16日 04:07
男性ですがさんへ

「死ぬ勇気があれば云々・・・」は自殺したいと本気で考えた事が無い人が陥りがちな考え方なんです。

自殺の時の思考は「絶望」なんです。生きたいと思わないんです。だから「いつ、どこで、どうやって死のうか」ばかり考えてしまうので「勇気」なんて全く湧かないんです。だから、はっきり言ってしまえば防ぎようがありません。

私は生まれつき結婚も恋愛も難しい体の為、健常者の人と比べてしまい深く絶望しました。死ぬ事ばかり考えました。ただ、より重度の病苦、障害を負って生きてる人達を見てギリギリ死なずにいます。今でも例えばここのチーム桜子さんの方達の様な普通に子供がつくれる境遇の方々ばかりを見てしまうと自分の境遇がつらくなってしまいます。出来るだけ考えない様にしてますが・・・。

・・・ま、そんなとこです・・・。
Posted by ユスラウメ at 2010年08月16日 15:43
you様
ありがとうございます!
そうなんですよ、貴重な教室なんです!
君が代を乳幼児に歌って聞かせる場所は、
ここしかないのではないかしら?
一番大切な時期ですものね。


男性ですが、失礼します。様
ありがとうございます。
確かに辛過ぎるニュースでしたね。
私はやはり、戦後教育が全ての要になっているのではないかと思います。
生きる意味も教わらないまま、親になるのは相当大変なのではないかと思います。私も大変でした。
そして、子供たちに対して、世間の人は想像以上に冷たい眼差しで見ていたりします。
増してや、育児で睡眠が上手に取れない不安定になりやすい状態での、その世間体は辛いですね。

15日、靖国に参拝してまいりましたが、子供2人を連れても、全然苦になりませんでした。と、言うのはやはり、周りの方々の視線が温かいのが大きな理由でありまして、子供は国の宝、神国日本の子供、と言う日本人の心が当たり前に皆さんの中にあったからだと感じます。
全ての母親の中にも、世間の方々の中にも、当たり前にあってほしいですね。


ユスラウメ様
ありがとうございます!
確かに「絶望」のみなのですよね。
私も若い頃、酷くしんどい事がありまして、死の事ばかりを考えていた時期があります。
ユスラウメさんに比べたら、些細なことになるのでしょうが、自殺者の心の流れが少しだけ想像できるのです。
それでも30年近く生きてやっと、
自分は日本という素晴らしい国に生まれたのだと言う事と、
良いことをする為に生きているのだと言う事と、
人には使命というものがあるのだという事を、
沢山のご先祖様や、両親、新教育者連盟の先生方に教わって気が付きまして、その様な事が頭を過ぎるのが減りましたけれども、気が付いていない若い人たちが、自殺を選んでしまうのが、親心もあってか、辛くて仕方がありません。

せめて、政治家や教育者等、聖職に就いている方たちが「日本の素晴らしさ」「自国に誇りをもつ」事を教えてくだされば、自殺者はかなり減るのではないかと思います。

今回は、本当にユスラウメさんに感謝しております。
改めて、考える時間を持つことが出来ました。
正直、ここに返信を書くのに一昼夜かかりました。
ユスラウメさんは、きっと私なんかよりも多くの人を救えると感じました。
自殺がどういうことなのかを、いとも簡単に、簡潔に教えてくださったのですから。

本当に、ありがとうございました。



Posted by 水野ことえ at 2010年08月18日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40167993

この記事へのトラックバック

日本を軍事大国にして敗戦を風化すべき。
Excerpt:  今日は終戦の日だ。偉大な日本がおかしくなったのはこの戦争に負けてしまったからだ。なんとしてもこの戦争を過去のものにして忘れられるようにしないといけない。そのためにも軍事大国を目指し、特定アジア諸国に..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2010-08-15 06:46