2010年07月30日

『うなづく 〜ホンダの社長がバカと一喝!〜』

チーム桜子・榊 ハジメ


社内の公用語を英語にしようという企業が出てきていることに、

ホンダの社長が『バカ』と一喝しております。


ごもっとも!


・・と、うなづいてしまいました。

外国語というのうにはホントーに難しいものです。


日本で中国の会社にオーダーだしたり

取引してる会社の皆さん

相手の会社の担当者、窓口が

もし日本語の出来る 中国人だったら

絶対に 日本人と話すのと同じ調子で話したり

メール書いたらだめですよ



中国の人は わかってなくても 

わかった わかってるって 言う 

くだらんプライドの国民なんですから

日本語がわかってなくても 

専門用語や 外来語が聞き取れて無くても

わかったわかった 問題ないって 言うんですから

できるだけ簡単な言いまわしで

誤解の生じない表現で

何回もしつこく繰り返し

しかも相手に 今言ったことの意味を

自分の言葉で 復唱させて 

理解してるかどうか 確かめましょう


それだけで、

いま 取引上や生産上で発生している 問題の

30%くらいが解決してしまう可能性も 

ありますからね!!


以前の会社で日本語通訳の女の子が 

常に私に日本語で話しかけてくる

中国語で言い直して、と 言っても

またしつこく日本語で言ってくる

「あんたが日本語勉強したい気持ちはわかるが

われわれはお金もらって仕事してるんだ

あんたの個人の情熱とか 熱心のために

中途半端な 日本語でやりとりして 

間違いが起こったら 会社に迷惑がかかるんだ

会社は学校じゃねえんだ 

ここはあんたに日本語勉強させる 学校じゃないんだ


日本語で言ってもいいけど 

必ず中国語でも 言い直せ 内容を確認するから」

と 毎回怒っても 

まだ日本語でしゃべってくる



こういう通訳を 向上心があるとか

熱心とか褒めてはいけない


自分のスキルを高めることしか眼中にない

典型的な中国人である

姐さんは13年 中国語で

中国人とやりとりして 仕事してきて 

一応誰からも 中国人と変わらないくらい

流暢、と言われるが

常に いい間違い、聞き間違いがないか

伝わってるかどうかを 

それはそれはしつこく確認する

電話の最後にいろいろ言い回しを変えて

今話した指示、依頼内容を

何回も繰り返し 相手に確認する


それくらい 言語コミュニュケーションというのは

危険なものなのだ


日本人だけで日本語でやりとりする生活しか

しらない人には 

言葉を媒体にした仕事のやりとりの重点とか

起こり得る危険というものは 

ピンとこないだろうなあ


中国人は とくに 

世界一 言い訳と自己保身の強烈な民族なんで

また思い込みの激しい人たちなので

指示の復唱は絶対必要であります


ゆえに、この記事にある

日本人同士で 英語で仕事 なんていうのは 

ほんとうにばかげていると思う


そんなことはNOVAの中や 仲間内の宴会や

ネットのおしゃべりでやればいいことで

仕事で 万一 

いい間違い聞き違いで問題が発生したら

いろんな人に迷惑がかかり、

会社は損をして・・・というのを

全然考えていないと思う


宗一郎さんは やっぱ 偉いなあ

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 03:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 榊 ハジメ 
この記事へのコメント
やはりホンダは本当の国際企業だね。
「超ヤバイ〜〜〜!」なんて日本語使ってる若者が英語喋ったらますます混乱するよ。
Posted by 千葉県民 at 2010年07月30日 11:56
社内の公用語が英語ですか…。
こっそり日本語でやり取りしている社員がいたら
罰金とかになるんでしょうかね。

日本人同士で英語で仕事というのは解せませんね。
仕事ができても英語が苦手で成績が伸び悩む
社員なんかも出て来そうですね。

語学も大事ですが仕事がやはり第一なのでは。
Posted by 杉浦 at 2010年07月31日 15:17
千葉県民様 お久しぶりです

コメント感謝です

実は私が今回の記事で主張したかったことも
千葉様と同じなのです

仕事が忙しく 長文がかけないので 割愛しましたが、

本当は 仕事の中で日本人のお客様の日本語の
表現力のあまりの低さに 日々 けっこう
困っておる、ということも書きたかったのです

日本で日本人同士で日本語でコミュしてるだけ
の皆様は 知らないうちに ものすごい日本語
能力が退化しているのです

だから 日本人相手と同じ感覚で
メールをばんばん 中国人の通訳程度の人間に
出して仕事を処理してると
どんどん間違いが発生いたします・・・

私は 日常的に頭の中が2ヶ国語なので
常にあいまいな表現、誤解を生む表現を
脳内で排除しないと 脳内翻訳が出来ないため
日本語能力を常に研鑽する必要があります

すでに言い尽くされた言葉ですが
日本語の語彙の貧しい人間、日本語で正しく
思考できない人間、日本語の表現力の弱い人間が
外国語をいくらやっても 頭打ちです

自分は中国語を留学中2年間必死で勉強しましたが その後は全く中国語を勉強してません

その後の10数年間 意識してやっていることは
日本語の本をたくさん読んで
それも難しい本を読んで 日本語の表現力、
思考能力を上げることです

その結果 中国語も自然に能力がupしました

まずは自国の言葉を100%マスターする
更に磨き上げる、その上での外国語だと
自分の体験を通して実感しております




Posted by 榊 残業 ハジメ at 2010年08月02日 23:44
杉浦様 コメント感謝です

語学もそらあ大切なんでしょうが

それが一番の評価基準になってしまっては
会社ではなく 通訳派遣会社ですよね

まずは仕事の能力、で 語学もできたら
すごいわあ っていうのが本当だと思います

言葉なんて 本人の気合があれば
片言でも筆談でも通じます

それこそ 今はパソコンがあって
絵や写真はバンバン検索できるし
パワーポイントはあるし 動画も出せるし
正直、語学は通訳を雇えば済む問題で
やはり 能力とやる気、気合の方が
重要だと思います

ホンダの社長はやっぱり本物の国際人だと
私は心から感服するのであります
Posted by 榊 残業痩せ ハジメ at 2010年08月02日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39887389

この記事へのトラックバック