2010年05月28日

『未知のウィルス』


チーム桜子 渡辺直子

どこまで信憑性があるのか定かではありませんが、

何か情報をお持ちの方がいらっしゃったら。

と思い記事を書かせてもらっています。



「未知のウィルス」=エイズに似た怪病、中国で急速に拡散か



簡単に言うと、エイズに似た症状を持つが、

エイズ検査では陰性と出る得体の知れない病気が

中国で拡がっているとの記事です。


感染経路は多様化しているようで、

性行為からだけでなく、食事からの唾液感染などもあるとのこと。


日本人感染者も出ていて、情報も少なく治療法も

まだ確立されてないとのことで、



ご自身で情報を求めて

ブログを開設されてらっしゃる
方もいます。


私自身ネットで調べてみたところ、



イギリスのBBCでも取り上げられている


のを見つけました。


といっても、

こちらは日本人感染者さんのブログとは違い、

精神的なもんじゃないか。

HIV恐怖症みたいなもんじゃないか。

ということで取り上げられているようです

(英語に自信のある方、精読されてみてください)


ほかにも

中国人感染者の方たちの中国語のブログ


チャイナネットの記事


英文など
を見つけましたが、

中国語はからっきしダメなので分からず。

英語は私の英語力では読みきれませんが、

やはりBBCと論調は

似ているのではないかと思われます。


もうみなさんご存知かと思いますが、

こういった話しが出ている中、

岡田外務大臣は7月1日から

中国の中間層にもビザを拡大する
とのことです。


未だ口蹄疫の終息を見ないところへ

事の真偽ははっきりしないけれど、

今度は人間への伝染病が

起こっているかもしれない中国から

大勢の人間を受け入れようとしている。


もしも万が一にも

現実に人間へ被害を及ぼす伝染病が

広まっているのだとしたら、

絶対に中国人へのビザ拡大は

受け入れられるものではないと思います。


もしかしたら

未知のウィルス保持者かもしれない人間が

日本へノーチェックで入ってきてしまったら・・・。


もし最悪、このウィルスが日本で広まってしまったとしたら、

今の政府は対応できるのか?


口蹄疫の一件を見ても私には無理としか思えません。


こんな記事を見つけました。


日本政府 口蹄疫で 国連専門家チームの受け入れ断る 」


2010.05.21 共同通信

【ローマ共同】

日本政府は、

宮崎県内で拡大している口蹄疫封じ込めのため、

国連食糧農業機関(FAO)が

派遣を提案した口蹄疫専門家チームの

受け入れを断った。


在ローマ日本大使館を通じて

21日までに、 ローマのFAO本部に伝えた。


日本側は

「ワクチン使用などの対策を行っている最中で

現在は受け入れを考えていない」

とした上で

「今後もFAOから適切な助言を得たい」

と答えたという。


FAOのファン・ルブロス首席獣医官は、

世界の口蹄疫封じ込めの経験と

知識を持つFAOが、助言や勧告のため

日本に専門家チームを派遣する用意がある

との提案をしていた。


Meanwhile, the Japanese government has declined a proposal by the U.N. Food and Agriculture Organization to send an expert team to contain the escalating infection in Miyazaki.

一方、日本政府は、

宮崎で拡大している感染症を含むために

専門家にチームを送るという国連食糧農業機関による提案を

断りました。



政府はどうしてこの提案を断ったのか?


今の政府は

日本国民のために全力を尽くす気があるのか?

この政府の下で

もしも

人間に感染する伝染病が流行ったら対応できるのか?


いや、日本国民のために全力を尽くしてくれるのか?

不信感は増すばかりです。



申し訳ないですが、

口蹄疫での民主党を見ていると、

゛本音なんですか?゛と思わず問いかけたくなります。


この映像、当然

日本の地上波で放映されてるんですよね?


麻生さんの漢字の言い間違いなんてレベルとは

比べものにならないくらい酷い言い間違いですもの。


話し戻ってこの未知のウィルスですが、

本当のところはどうなのか?というのを

私には調べきれませんでした。

でも゛もしかしたら゛という可能性がある以上、

政府がしっかりと調査をして欲しい。

中国には多くの日本企業が進出し、

多くの日本人も住み、観光客の出入りもあります。

それだけでも

もし、この未知のウィルスが

人へ伝染するものだったら大変なのに、

事実調査も何もなく、

ウィルス保持者かもしれない人々へ門戸を大きく開くのは

正気の沙汰ではないと私には思えます。


そして、どうして゛今゛

中国人へのビザを拡大しなければならないのか?


Sluggish Gov't response fuels spread of foot-and-mouth disease in Japan

The Food and Agriculture Organization of the United Nations,
which is still awaiting an official request from the Japanese government for advice and support despite readying their experts to be deployed to Japan to assist,
have slammed the Japanese government's inability to respond swiftly enough to effectively identify and take the necessary measures to counter the rampant disease.


国連食糧農業機関は、

専門家を日本に派遣して

支援を行う準備ができているにもかかわらず、

日本政府からアドバイスと支援の公式要請がくるのを

引き続き待っている状態である。


FADは、日本政府の対応の遅れにより、

猛威をふるう口蹄疫に対抗するために必要な対策が

適切に取られていないことを非難している。



どうして要請をしないのか?

世界が非難を始めています。


私はこの記事を読んで、

<もし人への伝染病が流行ったとしても

この政府は口蹄疫と同じ態度を取るのじゃないか?

日本人のことなんて助ける気はないんじゃないか?>。


そう思えてしまいます。


未知のウィルスのことは、

もしかしたら取り越し苦労なのかもしれません。


でも゛はっきり゛しない状況があり、

それは最悪、人命を奪う可能性もあるかもしれない。


日本国民の生命と財産を守る責任のある政府には、

もっとよくよく考えてみて欲しい。


まずは゛中国゛ではなく、日本と日本人のために。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 00:48| Comment(10) | TrackBack(2) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
口蹄疫は韓国から持ち込まれたことが確定しています。だからこそ赤松はわざと感染を広めているのです。宮崎県も宮崎県で、私は国士の中山先生を落選させたのが原因で宮崎で発生したと考えています。
Posted by 愛国 at 2010年05月28日 06:36
俗称「人食いアメーバ」で知られる、劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症も元は殆ど無害(扁桃腺腫らす程度)の菌だったものが変異したものだと風聞します。又、日本が朝鮮や満州の統治した時も初期の頃は、アフリカのエボラ出血熱の様な風土病に随分苦しんだとも聞きます。よく当時の医療で駆逐出来た事に驚きです。
・・・SARS以来、中国もそれなりに防疫体制の改善をしてるけど・・・どうなんですかね?
Posted by この世で一番キレイな物はナマコのうんち? at 2010年05月28日 09:20
恐ろしいですね。なんとか、7月からの
中国観光客の拡大は止められないのでしょうか?
今の政府は、日本人を助けないでしょうね。
日本が憎くてしかたがないのでしょう。
Posted by 翡翠 at 2010年05月28日 12:31
恐いですね。口蹄疫の二の舞いにならなければいいのですが。
Posted by サンバ at 2010年05月29日 01:40
中国の情報については、青山繁晴さんや、関岡英之さんが詳しいと思います。チャンネル桜さんを通して、お二人の出演番組で取り上げていただけるようにお願いしてはいかがでしょうか?皆さん、お願いしましょうよ!
Posted by 母 at 2010年05月29日 09:44
(2010年5月13日)
中日新聞、『時のおもり』。奄美大島の南端にある加計呂麻島は、世界に三つしかないという酢が自然発酵するほどの自然を誇る。しかしその森と海の島で、森林の47%を伐採するというチップ工場が稼働しようとしている。

 木材はタダも同然というのに、無理矢理に伐採しても、この手つかずの自然が破壊されるだけだろう。最近、森林を買いあさる外資があるといわれており、多くは木材ではなく取水して海外に売ろうとしていると言われている。森林の土地売買には、規制をかけるべきだと思う。 
(転載終わり)http://homepage3.nifty.com/martialart/sikou.htm

日本国民には一読して欲しいです。
アメリカに頭をやられた人はこれから没落する。
お邪魔しました。
Posted by レンジ at 2010年05月29日 12:08
「日中食品安全協力推進に関する覚書」が31日に調印されようとしています。これで日本の先進的食品検査の技術や機器が中国へ流出します。
Posted by at 2010年05月29日 12:13
おはようございます

コメント、ありがとうございます。

口蹄疫といい、なんだか得体の知れない「裏に何かあるのじゃないか?」と勘繰ってしまうようなことや、コメントにいただいたような日本売り?に朝から驚いています。

この未知のウィルスですが、ほかの記事のコメントに紹介されていた、元警視庁通訳捜査官、坂東忠信さんのブログを読みました。

国内感染者の方と会ってこられたとのことです。

そして、《私は5月27日に、この問題に関する対処のおねがいメールを長妻厚生大臣に送り、このブログと同じ内容を、本日(5月29日)9時47分にもお送りしております》

とのことです。

詳細は、坂東さんのブログをご欄ください。
http://taiyou.bandoutadanobu.com/

私はブログを拝見させていただいて、やはり7月からの中国人へのビザ拡大はするべきではないと思いました。

よろしかったら、坂東さんのブログをお読みになっていただけたらと思います。
Posted by 渡辺 at 2010年05月29日 15:53
口蹄疫惨禍がテロであるという説が有力だが、

次は、日本人がその対象になる番なのだろう。

民主党は確信犯である。

アホの振りをしているのは、要するに、時間稼ぎなのだ。
仕訳はポーズ、目くらまし。

これらバイオテロその他を、他人事のように思っている間に、
取り返しがつかない状況になる。

力ずくで排除しない限り、日本人は殺され続けることになる。
Posted by 素朴人 at 2010年05月30日 20:35
素朴人さん、こんにちは

田母神さんのツイッターで、

>口蹄疫への国の対応がれた原因は、これら畜産農家が自民党支持だったからという記事を見ました。
http://twitter.com/toshio_tamogami/status/14805184362

今回のことではおかしなことが多すぎると感じます。口蹄疫はたまたまで、田母神さんが書かれているような理由で対応が遅れたのか?。はたまた素朴人さんが書かれていらっしゃるように、テロとして計画されたものだったのか?

政府は7月から中国人へのビザを拡大するとのことですが、対象者は4億人!!となるそうです。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0509&f=politics_0509_002.shtml

現状を考えても、正気だとは思えません。いや、中国からの視点で考えたら、戦術としては正しいのか?

どうなってるんでしょうね?そしてどうなってくのか、日本。。
Posted by 渡辺 at 2010年06月01日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38598855

この記事へのトラックバック

暴力団は朝鮮人の横暴に対抗した国士でもあったことを忘れてはならない
Excerpt: 大相撲名古屋場所で、暴力団幹部らが一般では入手できない維持員席で観戦していた問題で、日本相撲協会は2人の親方に処分が下った。 暴力団の大半は在日と言われている。だからこの処分は当然といっていいだ..
Weblog: 愛国を考えるブログ
Tracked: 2010-05-28 06:34

青山繁晴「アンカー」12月22日 菅首相の政権浮揚策? 硫黄島に訪問の真相は… 民主党内紛を青山がズバリ!・硫黄島の今後
Excerpt: 番組サイトより 「スーパーニュースアンカー」 (KTV)  http://www.ktv.co.jp/anchor/ 12月22日(水)のアンカーは… ▽菅首相の政権浮揚策? 硫黄島に訪問の真..
Weblog: 青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
Tracked: 2010-12-22 18:18