2010年04月25日

『 自民党の子育て支援策』

チーム桜子・秋野ななです。


今日はとっても嬉しいことがありました♪

なんと、小泉進次郎さんと握手したんです♪♪


いやぁ、ほんとにかっこ良すぎるんですけど!!(*^_^*)


進次郎があんなにかっこ良いなら

生の孝太郎はどんだけなんだ!?(なんだそりゃ(^_^;))


思い出すだけで、どきどき

にやにやしてしまいます!

(旦那ににやけてるとこ見られたし。。。)


私のミーハーさはさておき、

街頭演説中に頂いた自民党の

子育て支援策を転載します。


【出産〜乳児】


☆子供の医療費無料化(12歳まで)

☆子供の多い家庭に手厚く傾斜配分する児童手当ての拡充


【幼児】


☆地域の実情に応じた保育サービスの充実

☆幼児教育の無償化

☆待機児童ゼロ作戦の加速

☆保育士の待遇向上


【小学校〜中学校】


☆小学校給食の無償化☆放課後児童クラブの拡充

☆小学校副教材費や遠足修学旅行費等の無償化

☆塾に通わなくて済む公教育の充実


【高校〜大学】


☆授業料免除と生活費を給付する『給付型奨学金』の創設

☆無利子奨学金の拡充


私が注目するのは、

☆幼児教育の無償化

☆塾に通わなくて済む公教育の充実

この二つが実現するなら

3人目考えても良いとさえ思います!



うちは幼稚園1ヶ月約3万かかります。

2年保育なので

単純計算で3×12×2で72万円。

下の子も同じだけかかるでしょうから

144万円。


さらに、今の教育では

きちんとした学力を付けるには

塾が必須でしょうから、

将来の教育費を考えたら、

3人目は到底考えられません。

(丸川議員は今日の演説で

土曜日授業の復活と

教職員免許更新制度の厳格化を訴えていました。)


でも赤ちゃんは欲しいーーー。


下の子1歳で可愛い盛りを見てると

もう一人こんな子が欲しい〜!

と思ってしまいます。。。


財源も効果も外国人にばらまく意味も

不明なこども手当てより、

自民党の政策の方が

絶対に少子化対策になると思うのですが

どうでしょう??



月に2万6千円もいらないから

直ちに幼稚園無償にしてほしいです。


小学校に上がる前までに

子供にかかるお金を減らして、

その分を就学後に回せるなら、

もう一人欲しいと思う御家庭、多いと思うのですが。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 05:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 秋野 なな 
この記事へのコメント
知っていますか?子ども手当は日本の親のいない施設の子はもらえないんですよ


なのに金目的丸出しの外人が当たり前の顔をして窓口来るんです。


ニュースによると


兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したと


いう554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請


崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。


市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。


こんな外人の金目的の養子縁組丸出しを1人でも認めれば、外国の人身売買が急増する、犯罪の手助けになる。



お金目的の養子縁組には国は支給しないと信じたい。
Posted by at 2010年04月25日 14:20
阿保守乙!!!
Posted by at 2010年04月25日 22:16
これ、なかなか良い政策ですね。うちの女房もこども手当てとか配るより保育所の整備や無償化とかの方が助かると言ってました。

でも自民党はこれだけではなく、安全保障の面等も事実に基づいた政策をはっきりと打ち出して頂きたい。そうすれば民主党との違いがより鮮明になり、有権者も判断しやすいかと思います。

……あ、あとコメントが可哀想な人は無視で(笑)
Posted by 興味津々 at 2010年04月26日 16:23
皆様コメントありがとうございます。
554人分のこども手当て申請、話題になっていますね。民主党支持者が目を覚ますきっかけになればいいのですが。。。

>興味津々さま
お金よりも子育てしやすい環境が整わなければ、子供を生みたい人は増えないでしょうね。
外交や安全保障は票にならないと言われるそうですが、国の根幹が揺らいでは日々の生活もままならないことを国民は認識しなければなりません。
自民党には、民主党との違いを明確にして、平和ボケ日本人にも届くようにアピールしてもらいたいですね。
Posted by 秋野なな at 2010年04月27日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37355081

この記事へのトラックバック