2010年04月21日

『女系論議について〜独女のひとりごと〜』

チーム桜子・加藤美奈子です。

皆様ご無沙汰しておりました!


先日、行ってまいりました。

鳩山首相が主催のお花見、じゃないです。

新宿御苑じゃなく、九段の『外国人参政権反対集会』方です。


ホントに集まったよ1万人以上!!!!

実は企画を知ったとき、

「1万人なんて無理だべ〜〜?」と思いましたが、

どういうわけか

全国から1万人老若男女集まりましたよ!!


しかし予想外に激しい野次が飛んでいました。

お二方のときだけ…。


亀井さんがせっかく来てくれたのに、すごい野次…。

亀井さんが、日本の惨状について

「親子や知り合いが殺しあうような世の中…」的な内容で

語っている時に、

「関係ねえよ!!」「外国人参政権の話しろ!」などと

声が飛んでいました。


しかしそれにジョークで答える亀井さん、

その度胸、尊敬いたします。


さすが政治家をウン十年やっているだけあって、

肝っ玉が据わっています。


わたしもあの度胸を見習おう。


ある意味亀井さん以上に勇気をふりしぼったのが、

松原仁さんでした。


亀井さんも松原さんも、髪型がぐしゃぐしゃですが、

それだけ過酷な立場にいるのではと、

むしろ迫力を感じました。


松原さん、とりあえずがんばれ!

司会者に2回もフォローされてましたが、

野次と拍手と比べると

「野次<拍手」だったので、がんばれ!!



いまは保守が分裂してる場合じゃないじゃないですか。


結集しようとしてるんだし、

まあまあみなさん、敵は外にありですよ。


個人的にはとっても楽しかったです。

あんなにたくさん人がいたのに、

100人の教室くらいの一体感がありました。



…余談ですが、

ほんとうに保守は今細かいことで(大事なことですけど)

分裂している場合ではないと思います。


正直、あの女系容認是非の討論は、

この国難を乗り切ってからでいい気がしています。

まあ、討論会、もう終わってしまいましたね…。


SAPIO読みました。ボロクソ言われてます。

でも勉強不足で、

わたしはちょっと今のところよくわからないです。


とりあえず、民主党をどうにかしようよ。

全米が笑うような首相を立てる政権をどうにかしましょうよ。

ただ…女の立場から言わせていただきます。


ただの「いち結婚適齢期女の独り言」と思って

お聞きください。


…たとえ100人子供を産んでも、

男の子が生まれない確率は0ではないから、

もしわたしが、万が一(ていうか『京が一』)

お后候補になったとしたら、

「男の子を何が何でも産まなければいけない」

なんて言われたら、考えただけで下腹部が痛みます。


そんなの耐えられない。


生理中なら、激しい腹痛になるでしょう。


もしも

「何が何でも閉経前に健康な男の子を産まないとダメ」

なんて彼氏に言われたら、

「そんなに欲しけりゃ、

適当に種をばら撒きやがれーーー!」と、

数発殴ってから別れます。


雅子様の苦悩を下腹部で感じます。

うう、ちょっと痛くなってきた。


そんな状況に置かれたら、

わたしの月経痛と月経困難症はさらにひどくなり、

子宮内膜症も子宮筋腫も悪化する気がします。


それ以上に身体全体の不調が続きそう。

負担が重過ぎる。

重すぎませんか?女性の皆さん。

わたしの月経痛が

毎月ひどいから過剰反応するんだろうか。


ああ、なんか、ほんとに痛い。

「妊娠しなきゃいけない」

という苦痛に耐える不妊治療だって辛いことで有名なのに、

「絶対男子」で

しかも「健康」で

その子は子孫を残せる年齢まで生きなきゃいけない。


「運が良かったら男の子かもね」

なんて気分と全然違います。


「ほぼ50%の確率で男が産まれるんだから

何が負担なんだよ。ビビってんじゃねーよ。」

とか思ったそこの男子!!

では、あなたが30日間の禁欲生活ののち、

目の前に自分の(大っ好きな)性的対象動画を

10回見せられ、

10回すべてエレクトしないでいられたら、

その反論を認めます。

(高齢の方は元気な頃を想像するとします)

あなたに子宮と卵巣を与えて、

毎月女性ホルモンに翻弄される生活を与えましょう。

きっとわかる。


それしか言えません。

女にはわからない男のつらさ、

男にはわからない女のつらさ。


皇位継承について、現状で

まったく問題ないと思うオジサマがたがいたら、

なんか男の身勝手さを感じてしまいます。


話を戻して…、そうそう、

しかも不妊率は実はかなり高い

(10%前後と聞いたことがあります)ので、

不妊だったらどうするんだろう。

運悪く男子に恵まれなかったら、

側室を復活しても良いんじゃないかなー…と、

素人なので思います。

「ぜったい男の子を産まなければならない」負担は、

側室がいる精神的負担とは比べ物にならない。


女は、「身体の浮気」は

そんなに心に響かないようにできています。


雅子様は将来の活躍を夢見て

一生懸命勉強してきたのに、突然ただの子宮扱いされて、

そりゃ心の病気にもなりますよ。

繊細で優しい方なら、

なおさら病気にならないほうがおかしい。


わたしだって男と同じように勉強を頑張ってきたのに、

結婚適齢期になったら、

周りが子産みマシーン(=女)扱いしてきて、

はじめはおおいに戸惑いました。


庶民のわたしでさえもそうなのだから、

皇室に入るなんて想像を絶する大変さでしょう。


王朝が変わらないことが大事なら、

側室を復活してもらった方が、女としてはずっと楽です。


お后が一人しかいないのは、ものすごい負担です。

しかも帝王切開になったら、

あと0〜1人しか産めない(子宮破裂などおこす)から、

帝王切開にならない出産で、

しかも子供も健康で

子孫を残すまで生きなければいけない……


ハードル高すぎですよ。お腹痛い。

お后一人制度はバクチに近い。

産婦人科のお医者さんの意見を聞きたいところです。


皇統って、遺伝子が大事なのか、

Y染色体が大事なのか、

Y染色体なら、そこに突然変異が起きて

深刻な病気になったらどうするのか、

わたしは素人なので全然わかりませんが、

生物学の進歩に合わせて

いろいろ定義しておかないと、

あとで大変なのではないでしょうか。


「進歩した医療」に頼るならなおさらです。


人工授精でもいいのか、代理母でもいいのか、

精子の機能不全があったらどうするのか、

皇室の範囲が狭ければ狭いほど選択肢は狭くなる。


そして皇室の構成人数が少ないというのは、

危険なんじゃないかと単純に考えてしまいます。

外国勢力が

「日本を潰すためには、たった数人の命を奪えばいい」

と考え実行したらどうなるのだろう、

あんなに頻繁に色んなところに皇族の方が訪問して、

危険がいっぱいではないのか、などなど…。


ごめんなさい、知識もないのに書きすぎました。


そんなこんなでもなんとか皇統が守られてきたのは、

「日本が他の世界ほど魑魅魍魎ではなく、

いくぶん平和」で、

「側室もあった」からでは…。


でも現在は、

「日本を潰そうと手段を選ばない外国」

「とっても少ない皇位継承者」

「お后一人のお腹にかかっている皇位継承者」……です。


……この変化って、危険すぎませんか!?


小林よしのりさんが焦ってしまう気も、

ちょっとわかる気がします。


まあそこから女系論に行くか男系で断固続けるか、

わたしはまだ勉強不足でよくわかりません。


神話もやっと勉強し始めたところなので、

水島社長や小林さんを批判する力がありません。


でも、ひどく危なっかしい気がします。

このままでは……。


すみません、余談が本論のようになってしまった。

みなさま参考文献などあったら教えてください。

高森先生の本も買いましたが、

他の人の本も参考にしたいです。


神話について勉強するには、

どんな本がおすすめですか?

ちなみにわたしは漫画レベルでしか知りません。


あ、本といえば、今日面白そうな本を買いました。


題名は「独身者は損をしている」

(アメリカ価値研究所編・エドワーズ博美他訳)


帯に

「アメリカのシンクタンクが発見した驚きの真実

――結婚によって女性は財産を築けるばかりか、

独身女性より健康的で、

精神的安定をも手に入れることができる」

とありました。


面白そうでしょ!?


わたしが日々感じてきた「家庭の大切さ」に

科学的根拠があるとしたら、おもしろそう。


このお話はまた後ほど。


では、みなさんまたお会いしましょう〜〜(^-^)ノ

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 20:17| Comment(35) | TrackBack(1) | 加藤美奈子
この記事へのコメント
最近よく思うのですが、私が日本を貶めたい、日本を破壊したいという勢力ならば、保守陣営に工作員を送ると思うんですよね。
私たち日本国民は実際に北朝鮮工作員に拉致されて、連れ去られているわけです。
保守陣営の中に工作員がいないと考える方がおかしい。
疑心暗鬼は保守陣営を壊しますが、警戒心は忘れない事だと思います。
Posted by とうふ at 2010年04月21日 20:40
初めまして。
「子宮扱い」されたら
たしかに、辛いと思います。でもあえて
言わせて貰えれば、それを超えて尚
耐えて男子を産むのが使命と覚悟して頂くのが
皇室に入ると言う事ではないかと。
そのくらいの覚悟をしてご結婚されたのでしょうね?聡明なる東宮妃のことですから。
ただ、男系男子が望ましいけれど
現状では、私にはわかりません。
実際、このままでは本当に将来が
あまりにも心許ないのは確かです。
側室制度があればいいのですが、今の時代
それは許されない事でしょうか・・・。
なんとも辛い事態です。

保守は大同団結しなければならないと思っています。今は非常時です。
打倒民主党、打倒売国勢力!で一致団結すべきです。
Posted by 翡翠 at 2010年04月21日 21:07
はじめまして。

ざっと読みましたが、

「保守派は団結せよ。

 でも、
 『産む機械ではない』と子宮がアタシに囁いている。

 (抑圧者の)男たちよ、AVを10回見て
 10回すべておっきしなかったら、反論を
 認めてやる。

 アタシは勉強不足で、皇位継承問題と
 いうものがよくわからない」

…何を言いたいのか、さっぱりわかりません。
Posted by MiffyChan at 2010年04月21日 22:32
下らないコメントは無視で。

小林よしのりは商売でやっているか、そうでなければ背後に何かが存在するのでしょう。先週の桜で新田均先生に論理矛盾を徹底的に暴かれていましたけど、もう本当に酷い代物です。
私も社長はスルーした方が良いのではと思ってましたが、あのような悪質なプロパガンダはしっかり叩いておくべきかもしれませんよ。

参考文献ですが、新田均先生の『「現人神」「国家神道」という幻想』などが宜しいかと思います。

Posted by Raging River at 2010年04月21日 23:29
目の前に小沢民主という日本を巣食う魔物が跋扈している今日、我々は天皇を中心に一丸と成らな
くてはいけない時に何をやっているのかと思う。小林氏も今は子供手当てなどの売国法案をサピオで
話題拡散して欲しい。
皇位継承で保守が分裂している様を一番ニヤニヤして喜んで見ているのは
小沢民主の魔物どもでしょう。
皇位継承の議論は民主を倒してからにすべき。

Posted by ポン太 at 2010年04月22日 00:26
保守団結を訴えてるようで保守分断言いたい事は分かるけどやってる事がまちがってる。
Posted by at 2010年04月22日 02:12
日ユ同祖論で、神の存在を信じる立場から失礼します。

時々、コメント書かせてもらってますが、私としては、どんなに野次られても日本は北朝イスラエル王国の末裔だと思ってるので、皇室は絶対神の恩恵を受けた、地上に於ける唯一無双の存在だと思っております。ですから、全ては天意であって、もし男が全く生まれなくなるのであれば、それは地上の皇室の役割が終わる兆しなのでは?と、考えてしまいます。つまり、神の代理である皇室が終わるということは、本物の神が地上に来る。ということです。

「ふふ、何かのカルト教団か?」と多くの人はここで嘲るか罵るか呵々大笑するでしょう。

でも、結局、「唯物論で無神論者」が皇室を論じれば、「男でも女でもいいじゃん。」という事になる。

実在する神の存在を無視して「神は人間の想像でこしらえた架空の存在」という観念があるかぎり、皇室論議は堂々巡りするだけでしょう。

別にどこかの宗教に入信する必要などない!

それは今村均陸軍大将がよくお示しくだされてる。自ら周囲の人々に「聖書を読みなさい」と言いながら、自身は特に洗礼などは受けてない。

「神などいないよ!ダーウィンの進化論の様に猿から進化したんだよ!!」と盲信してる人がいたら言いたい。「一つの証拠すら無いだろが!!!」と。・・・「似てるから、そうだろう」という「観念論」でしかなく、科学とは言えない。むしろ進化論こそカルトに近い。

証拠が無い・・・南京大虐殺と一緒です。

・・・・ま、こういう考えの人もいる。っていう程度でお読みくださると幸甚です。異端視はなれっこです。(笑)
Posted by ライオンがワライオン at 2010年04月22日 11:31
私も皇室のことは、よくワカランが小林よしのりが義理も人情も礼儀もない奴だってことは分かりました。
下品で乱暴な奴は嫌いです。
Posted by 千葉県民 at 2010年04月22日 14:50
ライオンさんは何か
ネットカルト『伊〇〇山道』の影響受けてませんか?

Posted by 梅 at 2010年04月22日 19:11
高森・小林、あの連中が言ってるのは直系論ですよ
悠仁殿下がいるのにそれを無視した直系論
あれは保守のふりした日本の敵なので戦わざるをえない
あからさまな左翼よりタチが悪いですね。保守のフリをしている分。
保守じゃないから合同することもない。
Posted by 護 at 2010年04月22日 20:10
ちょっと気になったので書かせてもらいます。

なにやら日本の一般女性は勘違いされているようですが、あなた方が天皇家に嫁いで「私だったらどうたらこうたら」言うのが完全に間違っているのであった、あなたに男の子を産んでくれなんて誰も頼んでいません。中国大陸や朝鮮半島に嫁ごうが我々は全く関心もありませんし、何でも自由にやってください。ただし、自分を天皇家の人間に置き換えて、人権問題を振り回すのは、気持ち悪いので絶対辞めてください。

それから、あの天皇の皇位継承に関する論争を見て、どちらに分があるかわからないようでしたら、そのようなことをここに軽々しく書かないで頂きたい。

ちなみに、私は断固チャンネル桜を支持し、毎月1万を援助していますが、このような軽々なコメントはほんとに気持ちが悪い。
Posted by 秋田びと at 2010年04月22日 22:17
みなさんたくさんのコメントありがとうございます!
何も知らないくせに書いてしまってすみません。本を紹介していただいたRaging Riverさんありがとうございます。皇室の方々を自分に置き換えてしまうのは畏れ多いと思ったのですが、皇室に入った方の負担が、これまで(側室があった頃)より重過ぎるのではないかと心配してしまいました。勉強になりました。あまりにも神聖視して皇室の方々が苦しむよりはマシかなーと、バカな独身女がつぶやいてしまったとお許しください。もっと勉強します。これからもよろしくお願いします。
Posted by 加藤美奈子 at 2010年04月22日 23:33
別にいいじゃないですか。よくわからなくても発言したって。
感情って大事でしょう。
まして「保守」なんて理屈(論理、知識)優先じゃないでしょう。
「生まれて育ったこの国が好きだ」っていう感情が第一だと思いますが・・・。
ただ一つ女性の方に聞きたいのは、今の雅子妃殿下の状況を考えたとき、側室の復活を論理で素直に割り切れるのでしょうか?
皇室に嫁ぎ男子を産むことができず、苦悩して適応障害に罹ってしまったから側室を置く?
結構これって酷いことなんじゃないですか?
妃殿下の立場からすれば、一番欲しいのは皇太子殿下の愛情ではないのでしょうか?
いくら皇室の方とはいえ人間です。
私は正直言って側室の復活はやってはいけないと思います。
少なくとも国民の立場からは言うべきことではないと断言できます。
私は皇太子殿下も妃殿下も愛情を欲し、愛情にあふれた日本人であると信じます。
Posted by ももすけ at 2010年04月23日 00:06
おっと、これは驚いた。キリスト教を信じている方が他にもいたとは。天皇はシャレムの王「メルキゼデク」なのである。

米国もヨーロッパもエセキリスト教国なので日本の皆さんはご注意を(殺すな、嘘をつくな、姦淫するな、父と母を敬え、お金に仕えるな、など全く守ろうなって考えてもいません。哀れ、エセキリスト教国)。水島さんの仏教は遙かにましかも。
Posted by 秋田びと at 2010年04月23日 00:07
わたし個人としては、旦那に「絶対男じゃないとお前の存在価値ないから」って言われるより、公式に2号さんを作ってもらった方がはるかにマシです。
側室を置くかどうかは皇室の方々の決めることです。わたしなんかがあれこれ失礼なことを言っても仕方がないので、皇室会議の復活を望みます。
Posted by 加藤美奈子 at 2010年04月23日 00:13
梅さんへ

私めの駄文に目を通して頂きありがとうございます。
さて、件のネットカルトの人は全くの初耳です。と言うか、「ネットカルト」っていう言葉が初耳でした。・・・お恥ずかしい。

因みに自分が影響を受けてる人はあまりに多すぎて書ききれませんが、日ユ同祖論は、きっかけは元イスラエル国防軍で日本で神社の神官見習いもされてた事で有名(?)なヨセフアイデルバーグ氏ですかね・・・。

あとは、聖書。・・・日本人の先祖が書いたものだと思ってます。日ユ同祖論者だし(笑)。
Posted by at 2010年04月23日 08:17
失礼、上の文HN書き忘れました。
Posted by ライオンがワライオン at 2010年04月23日 08:21
現在の若い女性の気持ちの理解は重要ですね。側室ね、世界は全く相手にしなくなるでしょうね。側室という言葉自体に嫌悪感を抱くでしょうね、エセキリスト教国は。現在では何人もそのような2号なる存在を有することは許されていない。宮家を復活させるような別の道を選択した方がよいでしょう。藤原教授が言うように、歴史というものは重い。その重さを現在日本人は全く理解しようとしない。従って、そのような日本人が大勢なら、女性天皇誕生、将来天皇システムを廃止も致し方ないでしょうね。そこまで馬鹿なったのか日本人??!!
Posted by 秋田びと at 2010年04月23日 08:22
はじめまして。

チャンネル桜二千人委員会のやたがわと申します。

皇室の男系護持の重要性を説いている人には男性が多く、女性にはなかなか理解されないということがわかって、非常に勉強になりました。

それをふまえた上で、少しだけお時間下さい。

原則として、皇室の皇位継承制度は、1人の女性に「是が非でも男を産んでほしい」という仕組みにはなっていません。

ここはまず押さえておいてください。

小林よしのり氏が言う『側室なしの男系維持は不可能だ』というのはまやかしです。

彼はこういうことも述べている。

『明治天皇も大正天皇も側室の子である。その後に昭和天皇、今上陛下、皇太子殿下と3代も嫡男が続いたのは異例の幸運だったのであり、逆に女子ばかり続くことだって当然起こる』

一組の夫婦から男子が誕生する確率は必ずしも50%ではありません。

日本の出生率は約1.3人となっていますが、これは独身者も含めた数字で、夫婦間の出生率は2人を超えています。
所得に余裕がある世帯では、さらに増える傾向にあります。

男子が産まれる確率というのは、子供2人の場合は75%、3人の場合は87%、4人の場合は93%です。

皇室で一夫一婦制になってからのお子様の数では、大正天皇は4人、昭和天皇は7人、今上陛下3人。
これによる男子誕生の確率は93%→99%→87%で継承されていることになります。

小林よしのり氏が言う『異例の幸運』などということではありません。

さらに宮家が4家あるとすると、出生率2で計算しても、0.25の5乗で、0.00098。
つまり男子が誕生しない確率は0.1%未満となります。

したがって、一般の国民のように、だいたいこどもを2人ぐらい産んでいただければ(3人産む人がいたり、1人だけ産む人がいたりということです)、側室などなくても、普通に男系継承が可能となります。

悠仁親王殿下ご誕生以前では、皇室では女性が連続して誕生され、0.4%(256分の1)ぐらいでしか起こりえいない事態が起こってしまいました。

これはよほど珍しいケースであるので、これこを前提に制度を考えることなどできません。

それでも悠仁親王殿下がご誕生され、ひとまず危機は回避されたのだから、次は宮家の安定確保をめざし、旧宮家の男子の皇族復帰を考えるのは、至極当然のことであって、側室がなければ男系継承はできないというのは、小林よしのり氏が単に基本的な確率の計算ができないだけの問題です。

ですから、「側室がなければ皇統は維持できない」、「皇族方とご結婚した場合、必ず男子を産まなくてはならない」という前提は捨て去ってください。

女系容認派のごまかしに惑わされず、いままで通りのことを静かにに守っていくという素朴な考えで十分なのです。

水島社長はシンプルにそのことを主張されているだけです。

長々とすみませんでした。
Posted by 谷田川 at 2010年04月23日 18:18
やっぱり、小林氏の考えは偏っている、と
思いました。
ご丁寧なお話、有難うございました。
Posted by 翡翠 at 2010年04月23日 18:33
みなさんコメントありがとうございます!!
秋田さん、日本より厳格な一夫一婦制の考えのキリスト教国から相手にされなくなるというのは、わたしも危惧しました。あの人達は他の価値観をあまり受け入れないし…。側室廃止は西洋文化に受け入れられるための第一歩だったんですね。日本以上に浮気が多いくせに偉そうに…(米国では既婚男性の7割以上が浮気歴ありだそうです)

やはり皇室の方々は、わたしなんかよりずっとずっと日本国のことを考えてるんだな〜と、勉強すればするほどありがたく思います。

谷田川さん、丁寧なコメント、本当にありがとうございます。ブログやってて良かった。側室なしでも、雅子妃たったひとりに重圧がかかっているわけではないのですね。安心しました。
みなさんどうもありがとうございます。
Posted by 加藤美奈子 at 2010年04月23日 19:45
最後のコメント。お上の方、失われた10部族の末裔が日本人などの妄想的なものは止めた方がよいのでは。遺伝子学的に言えば、現在の日本人はアイヌから琉球民まですべて遺伝子がほぼ同じで、バイカル湖付近を起源にしていることがわかっています。朝鮮民族とは全く異なる遺伝子です。似たような遺伝子を有するのはチベット人のみです。

妄想を広めるのではなく、キリストの教えに従ってどのような逆境でも素晴らしい人生が送れるのだということを示すことが、その教えの本質ではないですか。ちょっと「野次って」しまいましたね。ごめんなさい、お上の方。
Posted by 秋田びと at 2010年04月24日 00:14
谷田川さんへ
少し質問なのですが、「男子が生まれる確率が子供2人の場合が75%・・・。」についてなのですが、これは男女の出生比率の事とは違うんでしょうか?と言いますのは、最近偶然見た放送大学(ホントはNHKが支援してるので嫌いなのですが・・・)の講義で、「男女の出生比率は普通、女1に対して男1,06ぐらいだが、中国は一人っ子政策の為、生まれる前に女だと解ると、堕胎する傾向があるため、男女の出生比率が1,20:1ぐらいになっている・・・。」というのを聞いたからです。
義務教育修了程度でしかない自分にも解りやすくお教え頂けるとうれしいのですが・・・。すいません・・・。
Posted by 数ならぬ身 at 2010年04月24日 03:23
数ならぬ身さんへ

これまでの人口統計では常に男性の数の方が少し上回っているというこは承知していますが、一応、公平を期するため、シンプルに男女の比率を1:1で計算しました。

子供が1人の場合は、男子が産まれる可能性は1:1で50%。

子供が2人の場合は、
【男】【男】
【男】【女】
【女】【男】
【女】【女】
と4パターンとなり、男子が産まれる可能性は4分の3で、75%になります。

子供が3人の場合は、
【男】【男】【男】
【男】【男】【女】
【男】【女】【女】
【女】【男】【男】
【女】【女】【男】
【女】【男】【女】
【女】【女】【女】
と7パターンとなり、男子が誕生する確率は7分の6で、87.5%程度。


確率の計算方式は、子供1人につき5割(0.5)なので、2人の場合は、0.5の2乗で0.25(男子が誕生しない確率25%)、
3人の場合は0.5の3乗で、0.125(男子が誕生しない確率12.5%)ということになります。

ちなみに、宮家が4家あればということは、嫡流と併せて5組ということで、一世代の子供の数が平均10人と考えれば、0.5の10乗で、0.000976(男子が誕生しない確率は約0.1%)となります。

乗数の計算については電卓を使用してますので、文系の自分では詳しい数式は説明できません(笑)
とりあえず結論は同じなので堪忍してください。
Posted by 谷田川 at 2010年04月24日 10:18
秋田びとさんありがとうございます。
 
秋田びとさんのDNAに関する部分の認識が自分とは異なるみたいです。情報ソースが確かならば是非確認したいと思いますので、ご教示下さればとおもいます。
あと、梅さんへの所でも書きましたが、ヨセフアイデルバーグ氏が大きなきっかけとなっておりますので、そちらの著作の明らかな矛盾や間違いなどを御指摘願えれば、私としても解りやすく思います。

ついでに、もしかしたら、秋田びとさんには自分が苦労知らずの変わり者みたいに思われてるかも知れませんが、私もまた、いくつかの神の試しに会っております。20代の内7年間は母の介護。土日祝日ゼロな上、食事制限もともにしていたので、カレーなどの刺激系や油っこい肉類など食べませんでした。一番ひどい時は55日間風呂に入れず頭など油粘土状態でした。(笑)それが終わったかと思えば身内の自殺が2件と未遂が1件。
その次は母の時ほどではないが、父の世話。(笑)母の時のしんどい時などは、これがあと何年続くのかと考えだすと、職場からの帰りの運転中の車中で「このまま車ごと、どこかに突っ込んで死んじゃいたい。」なんて30回ぐらいは思ったと思います。不思議と寝不足や疲労がたまると死ぬのが恐くなくなるんですよね。どーでもよくなっちゃう。「休めるなら死にたい。」っていう考えになるんですよね。一歩手前で思い止まれたのは聖書のおかげですが、だからと言ってこんな話を得意げに人前で話すのは、もっと苦労してる人から思えば恥ずかしくてできません。今回は敢えて書かせていただきましたが・・・。
各人が各様に「試練」を受けておられると思います。ですから、逆境に絡めた聖書の話は基本的にしません。この様にくどく、長ったらしくなるので・・・。
秋田びとさんも試練にあっても自殺だけはしないでくださいね。普段は「そんなのしないよ」と思っても、その時になると違ってきますからね。ヨブの試練プラス四肢がもがれ両目両耳を失っても、そこから何かを学ばなければならないのがキリスト者ですからね。自殺は原則として依願退職と同じで不採用になりますからね。神から。

釈迦に説法ですね。ごめんなさい。
Posted by ライオンがワライオン at 2010年04月24日 12:07
谷田川さんへ

有難うございます。大変恐縮です。

2人の時の男と女が生まれた場合を、どちらかが男ならいいんだなんて思っていたので、一緒として考え66・6・・・%じゃないかと思ってしまったので・・・。別々に考えるんですね。

数ならぬ身の自分の様な者にこんなに丁寧に説明して頂き本当に有難うございました。すいませんでした。
Posted by 数ならぬ身 at 2010年04月24日 12:31
なるほど。。

男系・女系論争にはほとんど関心がありませんでしたが、すこし関心がでてきました。

日本人はしっかりと男系の御皇室をまもっていかなければなりませんね。
Posted by サンバ at 2010年04月24日 14:21
みなさんたくさんのコメント有難うございます!
なんか高校の数学みたいで懐かしいですね。
ちなみに、男子が生まれるときわずかに多いのは、なにも中国のせいだけではなく、自然にほんの少し多めなのです。その代わり男子は20歳までの死亡率が女子よりわずかに高い。20歳になる頃に男女とも同じくらいの割合になっています。
なぜそうなのかは知りません。男の人は丈夫でないと生き残れないようにできているのでしょうか。厳しいですね。
大変勉強になりました。女系に行く前にたくさん方法はあるんですね。国体をしっかり守って、受け継いでいきましょう!
Posted by 加藤美奈子 at 2010年04月25日 18:02
ライオンがワライオンさん、介護の負担が大きかったら、近くの病院か役所に相談してみると、介護度がついて負担が大幅に軽減されるかもしれませんよ。ケアマネージャーさんとよく話し合って、ひとりで抱え込まないで下さい。今は生活保護や介護保険などが整ってきて、収入がなくても介護度5で一人暮らし、2人暮らししている人はたくさんいます。近くの介護に熱心な病院に相談してみることをおすすめします。
Posted by わお at 2010年04月25日 18:02
わおさん、大変温情のこもった返コメ感謝です。

大丈夫です。父は全然、母ほどではないし、母の時の教訓がたくさんあるので、それを生かしまくってます。(笑)はっきり言って手を抜きまくりです。(笑)それこそ介護の極意ですね。だからこそ、今こうしてパソコンを買う余裕が出来、コメントを書いたりする暇があるんですよ。(笑)

ただ、母の死後自殺した身内の一人は、自分の補佐みたいな事を時々やってくれていた人で、知らない内に介護うつみたいになっていた様です。未だ信じられないのですが、母の死後から言動がおかしくなり、3週間後ぐらいに後追い自殺の様な感じでした。ほんとにたまに、関わっていただけなのに、そういう事になってしまう事もあるんですよね。・・・これも重要な教訓です。

桜に集うみなさんは基本的にやさしい人達ですよね。私が日ユ同祖論なんて言ってるからその風当たりがあるのは覚悟の上ですが、皇室を敬う基本意思は固いですし、少額ながら、友の会でかれこれ5年ぐらいは支援させていただいてます。

変わり者ですが、これからも宜しくお願いします。
Posted by ライオンがワライオン at 2010年04月25日 19:02
女性からの立場で皇太子妃殿下、擁護する事は理解できますが、実際は、皇室に対して、色んな思惑で動いている、闇の勢力があります。

例えば、何故、女性天皇、待望するのか、それは、皇統としての歴史が断絶し、違う王朝の誕生となる訳です。男系万一系が途絶えます。
つまり、そう願う勢力がある訳です。

さて、雅子妃殿下は、悲劇の妃殿下でしょうか?
何故、皇室公務、適応障害なる摩訶不思議の病名でやらず,静養や、小和田家の集まりに熱心なのか、何故車で移動の際、皇太子殿下が後ろの座席なのか。何故、天皇陛下に口答えするのか。
何故、天皇両陛下と東宮の関係が冷えたのか、何故、宮内庁や東宮、学習院校長、などと、外務省出向人事が多いのか、何故、巨大信仰団体の催しに皇太子殿下が出席するのか。何故、雅子妃の父君の執務室の椅子の裏に菊の御門があるのか。

雅子妃、中心とする、何かが進行しています。
単に、皇位継承権の問題だけではありません。日本の内外にある、日本乗っ取り、解体、目指す勢力が大団結して、動いています。

例えば、皇太子殿下が即位して、誰かの影響う受け(誰とは言いません)が、皇室典範改正して、欲しい、とのコメントだされた場合、どうなりますか?

今のメデイアは、黒幕の指示で動いてます。
長くなりましたが、もう少し、裏の世界の動きも知って欲しく、書き込みました。
失礼しました。
Posted by K at 2010年04月26日 13:45
>日本の内外にある、日本乗っ取り、解体、目指す勢力が大団結して、動いています。

それとは逆の勢力、つまり保守の側にも高森さんや小林よしのり(元々は左翼ですが)のような女系天皇容認という論を張っている人物もいる訳です。これはどういう意図があるのかなと。

実は偽装保守で工作員だった…などとは今の時点では言いませんが、正直あまりにも最近の小林よしのりはおかしいし、また先々週の桜で新田さんが暴露されていた高森さんの悠仁親王殿下がお生まれになった際に発した「これで私の方が不利になりましたね」という異常なコメントを考えるといろいろ想像せざるを得ないですね。
Posted by Raging river at 2010年04月27日 01:03
Riverさん、これは諜報戦争ではよくある話です。
撹乱戦で情報操作する、あるいは本人が知らず知らずの内に洗脳され、誘導される。心理学や、精神医学では、よく分かる話です。

日本でも、保守派といわれる人たちも、色んな層があり、多種多様です。民主主義の国ですから、それでいいのですが、例えば、奇麗事保守、真性保守、行動保守、同じ、保守と名乗りはしますが、主義主張は異なります。

これが、敵対する勢力からすれば、なんと攻めやすい相手に映ります。

今現在は、マスコミ、メデイア、もある種、操られた方向で動いていますが、いずれ、多くの国民が本当の事実に気がつくでしょう。
まあ、その時は遅いかもしれませんが。

一点だけ、
皇太子殿下、雅子妃の結婚について、これはそのようになるために、演出され、計画された経緯があります。最初の出会いから、婚約まで、シナリオがありました。決して、偶然の恋物語ではありません。

試しに小和田氏の祖父、小和田金吉氏、調べて見て下さい。その先の系譜がはっきりしませんし、ネットでも規制がかかっています。
反対に雅子妃の母方は詳しく載っています。
次の皇后陛下になられる方の系譜が分からないなんて事はありえません。
Posted by K at 2010年04月27日 02:16
天皇家は一般の『日本国民』ではないことが非常に重要だと思います。天皇家には『氏・姓』が存在しません。『氏・姓』は天皇陛下からいただくものだということは歴史的には事実として存在しています。歴史的永続性に現在の合理的精神を全て当てはめるのはとても危険だと思います。科学的な合理性がないと共産党がいうようなことになるのは保守の立場からすると納得がいきません。
天皇は日本国に住んでいるが、政治活動も禁じられている『日本国民ではない存在』であることを考えなければいけないと思います。『ヒトは生まれながらにして自由かつ平等である』とする理念と天皇という存在は本来、相容れない概念でしょう!!
Posted by Nippon at 2010年05月17日 05:14
凄く疑問なんですが、加藤さんは5宮家あればお世継ぎのプレッシャーは支えきれると思いますか?

5宮家あれば確率論で男子が産まれるので皇統維持は可能とう考えが非常に疑問です。

この5宮家を維持し続けるためにはこの5宮家で常に最低5人は男子を産まなければいけない訳ですし。

私はたった5宮家ではとてもじゃないが、絶対に男子を産んで下さいなんてお願い出来ません。プレッシャーと言う点で何も解決していないと考えます。

加藤さんは本当に5宮家なら大丈夫とお考えなのですか?
Posted by テラ at 2010年06月15日 15:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37284778

この記事へのトラックバック

婦人病 症状
Excerpt: 婦人病 症状についての情報です。
Weblog: 婦人病 症状
Tracked: 2010-06-30 13:55