2010年02月01日

『小沢氏の仮想敵国は日本です』

チーム桜子・加藤美奈子です。

皆さんこんにちは!

 
年末からパソコンが壊れており、

新年のご挨拶も出来ずに失礼致しました。

遅ればせながら、今年も宜しくお願いいたします!


さて、先週と今週の小沢問題特集の

「闘論!倒論!討論!2010」(1/23・1/30放送)は、

非常にエキサイティングでした。必見です。


そして田母神塾で青山繁晴さんが話した

「日本は隠れたエネルギー大国」の話も、非常に興味深かったです。

 
前から噂はありましたが、小沢さん個人の仮想敵国は、

「日本と日本人」であることは、

その言動から間違いないでしょう。

http://www.j-cia.com/article.php?a=5738


ルーツがどこであれ、「日本を壊そうとしている人」が

最大の権力を握っているというだけでも恐ろしい。


いま行動しなければ、中国や韓国のように、

なんの精神的よりどころもなく、

伝統も文化も破壊された

「アジアの小国」に成り下がってしまう。


日本の評価が高いのは、

「文化レベルと国民の教育・道徳レベルが高い」

という精神的成熟あってのことなのです。


それを破壊する手段として、

「鬼畜旧日本軍」のイメージ作りがまず行われ、

戦後の日本人に大打撃をあたえ、

大きな効果を発揮してきました。


次の決定打として

日本の精神的破壊を狙うなら、

「天皇・皇道廃止」しかない、と明確に目標設定をして計画し、

数十年前から実行しているのが、朝鮮半島と中国です。


(もともと左のわたしとしては、この辺はピンと来なかったのですが、

親から教わった

「自然や物への畏怖、感謝、先祖を敬い子孫を愛す、

勤勉と努力をおしまず、礼儀をつくし身を清らかにしておく」

という日本人の基本概念が

2000年以上続いてきたおおもとが、「天皇・皇道」である、

というのが、最近やっと理解できました。


天皇についてはまた後日書きますが、

天皇は、外国から日本が尊敬される大きな要因であり、

気づいていない人もいるけれど、日本人の精神的な柱なのです。

中国人の方がそのことをよくわかっているという、

情けない現状…。(わたしも情けない一人でしたが。)



戦争からわずか60年後に、

日本解体なんてことになってしまうとしたら、

先の戦争で限界を超えて頑張った祖父母や先祖が、

泣くに泣けない。


じいちゃんばあちゃんが守ろうとしたのは、

「日本の伝統と先祖から受け継いできた

文化・教育・道徳・思想」です。


日本の風土と家族を守るためだけでなく、

「日本の価値は精神的・文化的なものにある」

と皆なんとなく思っていたはずです。


外国をみれば

日本がどれだけ奇跡的な国か、思い知らされるからです。

日本の精神的破壊をすれば、

「日本」そのものが消えてなくなる、

と外国人の方がよくわかっています。


今は「日本の精神的解体」が進行しています。


「そんな未来のためにシベリアに抑留されたり、

飢えや赤痢に耐えたり、

体力の限界を超えて必死に戦ったり

死んだりしたのではない!」

と遺骨さえ置き去りのままの

ご先祖の魂の声が聞こえそうです。


ラッキーなことに、ボロ負けしたにもかかわらず、

「天皇」という日本の伝統の大黒柱が、

奇跡的に断絶されずに済みました。


今の孫世代のわたしたちがボーッとしている間に、

「日本?なくなっちゃいました〜…けど、あれ…?」

なんて、無責任にもほどがある。


堂々とお墓参りできません。

墓自体が壊されているかもしれない。


国境をなくすのが左の人の目標みたいですが、

世界を旅すれば

「寝言は寝て言え」と心底実感するでしょう。

(そうでない鳩山さんみたいなお天気人間もいますが)


国境は「家の壁」で、

防衛は「鍵・戸締り・ドアの覗き穴

+念のための唐辛子スプレーと竹刀」、

国民は「家族」と考えれば、

家の中でのんびり平和に暮らせる安心感は、

ホームレスになったら絶対無理だ、と

すんなり思えるでしょう。


国境がない=全員ホームレスも同然です。


危ないったらない。


「バカの壁」が大流行しましたが、

「話し合えば理解しあえる」なんて幻想です。


どんなに想像力豊かな人でも、

人は自分の脳にあることだけでしか理解できない。

日本人同士でさえ理解不可能な人が多少いるのに、

ましてや文化がまったく違う外国人と、

中学生英会話レベルの語学で

理解した気になっているとしたら、

もう「あなた鳩山さんですか?」と言うほかない。


近所同士のイザコザさえ話し合いで解決できないのに、

なぜ話が世界レベルになると、

「話し合えば理解しあえる」という妄想を信じるのでしょう。


話が大きすぎて想像できないのでしょうか。

ヒットラーか誰かが、

「大きい嘘ほどばれにくい」と豪語していましたが、

そのとおりだなと思います。


今、日本解体の危機です。


興味はあっても政治に距離を置いていたわたしが、

デモに参加するくらいだから、

相当な危機感をもっているのだと最近自分で思います。


黒船来航どころの騒ぎではない危機だということを、

なんとか皆さんにお伝えしたいです。


長くなりました。


左翼の人も在日の人も、

平和に豊かに暮らしたいのは同じはずです。


国境をなくしたら、少なくともここ数百年間は、

「混乱と戦争」を各地に招くだけだと思います。


「平和」の反対は、今のハイチのような「混乱」です。

左の人も混乱・争乱状態を避けたいのなら、

是非いっしょに協力してもらいたいです。

左翼の人は、

「ものすごくいい人たちで、親切(すぎる)で、

身を粉にして活動している」のはよくわかっています。


創価学会の方も、共産党の方も、社会党の方も、

「なんとなくリベラル」な一般の方も、

もし見ている方がいらしたら、

もう一度考えてみてください。


外国人参政権と地方主権を認めたら、

「平和」の反対の状態になります。


差別とはまったく別の問題です。

日本の危機を実感していただきたいです。

 
 
ブログ村 ブログ村


posted by チーム桜子 at 03:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 加藤美奈子
この記事へのコメント
加藤さんのおっしゃる通りだと思います。
一人でも多くの方にこの危機を広めなければ。
しかし行動を起こすと実感しますが、
「お友達をなくす覚悟」…ですよね(涙)

さて、昨日、例の『そこまで言って委員会』にて
これからの政治を取り巻く環境はどうなる?
という予測のコーナーで、小沢の回し者、勝谷氏が
「極右政党が誕生する」と言っていました。

たぶん明日の決起集会を知っていてのことでしょう。
いよいよ動き出すわれわれに、
マスコミは極右と命名し騒ぐことでしょうね。
負けませんよ。
Posted by パイナップルケーキ at 2010年02月01日 08:29
千葉県市川市の市議会で永住外国人への地方参政権(選挙権)の付与に反対する意見書の採択に委員会レベルで決議しながら、在日本大韓民国民団(民団)のロビー活動の結果、一夜にして本会議で否決されていたことが31日、分かった。外国人参政権では、在日韓国人らが地方選の投票権を得ることになる。「国家の主権や独立を脅かす恐れがある」と外国人参政権に批判が広がるなか、民団の組織的な「巻き返し工作」が明らかになった。
百地章・日大教授(憲法)は「外国勢力の働きかけで自治体の意思決定が覆った。まさしく『政治工作』だ。議会は国益に対する意識が乏しく、無警戒過ぎる。参政権付与で、こうした動きがもっと公然と行われる恐れがあることを憂慮している」と話す。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100201/plc1002010037004-n1.htm
Posted by 千葉県民 at 2010年02月01日 08:57
外国人参政権問題、帰化できない在日事情
ブログ 韓流研究室 の記事ご覧下さい。
マルハン会長の悪しき前例の根絶を!!

在日済州島人の「不法入国」から「特別在留」獲得まで 
−大阪を事例に− 高 鮮徽(鹿児島大学)
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/8108/koh1.htm
●1970年以降の「不法入国」の8割以上を済州島人が占めている。(1970年代半ばからは、大量の集団密航時代に入る。)
●ケース2,男性、1947(23歳)年、済州島で結婚、四・三事件関係の地下運動で罰金刑を受け、一時的避難のつもりで密航(三崎上陸)。翌年、親族が他人名義の外国人登録をしてくれる。30年後に自首して「特在」を取得
●大阪で密航者同士の結婚。夫は強制送還後、再び密航。永住韓国人と同棲し子供が出来る。住民運動の成果により、「特在」認められる。
新・極右評論も重要です。ソフト侵略はとっくにやられている。
Posted by 台湾は日本の生命線!! at 2010年02月01日 17:33
「あなた鳩山さんですか?」でおもいっきり噴いてしまいました^^

外国人参政権反対です!
Posted by 外国人地方参政権絶対阻止! at 2010年02月01日 20:11
あまりコピペは好きじゃないんですけど、今日こんなネタが出回ってました。まあずっと前に産経の阿比留記者がブログに書いていたのですけど。

●小沢一郎政経研究会
講演謝礼 525,000円 H20.4.23 (株)オーケープロダクション
(取締役 小倉智昭 所属タレント 小倉智昭 諸星裕 室井佑月)
講師謝礼 300,000円 H19.4.19 高野孟
講演謝礼 300,000円 H19.9.10 二木啓孝
講演謝礼 500,000円 H19.12.25 勝谷誠彦
講師謝礼 300,000円 H18.4.11 末延吉正
講演謝礼 500,000円 H18.7.14 森田実
講演謝礼 500,000円 H18.12.6 倉田真由美

●改革国民会議
講師料 500,000円 H20.7.11 山口二郎
講師料 500,000円 H20.7.12 寺島実郎
講師料 500,000円 H19.2.1 株式会社 森田総合研究所
講師料 500,000円 H19.2.3 嶌 信彦
講師料 500,000円 H19.8.20 有限会社 大谷昭宏事務所
講師料 500,000円 H18.2.12 末延吉正
講師料 500,000円 H18.7.16 勝谷誠彦


民主党の御用コメンテーターって随分魂を安売りしているみたいで。
Posted by Raging River at 2010年02月01日 22:35
よろしければ、↓を転載なりあちこちに知らせてもらえないでしょうか?小沢氏の新たなるアキレス腱です。

【民主党・小沢一郎】 平成17年に沖縄・辺野古に土地を購入したのは何のため?
http://www.youtube.com/watch?v=Y17uh-O6-jE

小沢が辺野古飛行場予定地付近に1500坪の土地を購入してました。

最初から辺野古が既定路線だったのでしょうか?

登記簿にしっかり小沢一郎の文字があります。(↓画像)
平成17年に辺野古に1500坪の土地買って基地移転でボロ儲けようとしてたのがバレバレです。

現地取材を含めて詳細はyoutubeでお楽しみください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1035898290
Posted by 初めまして at 2010年02月02日 04:14
関係のない書き込みですいません。

先月1月18日に肺炎で亡くなられた、

ミッキー安川さんの追悼番組がラジオ日本でありました。日本で唯一と言ってもいい、保守番組で長年、多くの保守のリスナーの方や様々な方に受け入れられました。ご存知のない方もいると思いますが、中で「ミッキー安川のズバリ勝負」は定評で、多彩なゲストを毎回向かえ、チャンネル桜のような番組です。このようなかけがえのない方や放送はこれからの日本にとても貴重です。

小生が保守に目覚めたのもラジオでした。実はこのラジオこそ、インターネット以上に影響力があります。これからは一つ一つの媒体を見直すきっかけができ、少しでも日本人が多く目覚めることが大事です。わけのわからぬ書き込みをどうも失礼でした。
Posted by 保守覚醒 at 2010年02月02日 04:27
水間条項より転載

日本テレビが、「外国人参政権付与法案」の賛否投票を2月3日(水曜日)まで募集しています。覚醒しているインターネットユーザーの皆様方の総力を挙げて参加しましょう。

日本テレビの賛否投票のアドレス
http://www.ytv.co.jp/wakeupform/form_set.html

皆様のご協力お願い致します


Posted by 和を愛する庶民 at 2010年02月02日 05:09
上のURL間違ってます。正しくは
http://www.ytv.co.jp/wakeup/form/form_set.html
です
Posted by 佐藤公彦 at 2010年02月02日 09:37
警視庁品川署は1日までに、公然わいせつの疑いでNHK営業局新宿営業センター職員山下寛容疑者(52)=東京都品川区=を逮捕した。同署によると、逮捕は1月31日で、容疑を認めており、2月1日に釈放された。
逮捕容疑は昨年12月4日午後9時55分ごろ、品川区内の区立公園で、ズボンのファスナーを下ろして下半身の一部を露出し、通行中の20代の女性に見せた疑い。
山下容疑者は勤務後に酒を飲み、帰宅する途中だった。女性が近くの集合住宅に入る山下容疑者の姿を目撃しており、同署が防犯カメラの画像などを基に捜査していた。
NHKによると、山下容疑者は受信料の集金管理業務を担当。
広報局は「関係者や視聴者の皆さまに深くおわびします。事実関係を調べ、厳正に対処します」とコメントした。
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020101000878.html
Posted by 千葉県民 at 2010年02月02日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35045721

この記事へのトラックバック