2010年01月13日

『12月23日快晴』

チーム桜子 渡辺直子


空気がピンとはりつめて、

爽やかさを感じる心地よいひんやりさの中、

生涯で三度目の一般参賀へ行って参りました。


参賀へ向かう途中、明るい調子の東北弁が聞こえてきました。

わざわざツア−でやって来た人たちでした。

SANGA1.jpg


中学生の男の子たちのグル−プ、

外国人の友達を連れてきた日本人。


小さなお子さんを連れたお父さんが子供たちに

「いいか、陛下が出てきたら、こうやって旗をふるんだぞ!」

と教えていました。


坂道を片手に杖、片手に日の丸をもって

ゆっくりと一歩一歩あがって行くお爺さんがいました。


おばあさんが、

まだ幼稚園ぐらいのお孫さんと思われる子供さんふたりに

笑顔で腰をかがめて話しかけていました。


若いカップルたちもいます。


会場につき、人、人、人の中でお出ましを待っているとき、

君が代を歌いだした人たちがいました。


斜め前にいた親子の娘さんの方が

「なにあれ?」と不快感をあらわにして

歌が聞こえてくる方に顔を向けました。


それにつられてか、なんとなく私のまわりが

゛なんかいやぁねぇ゛という雰囲気になってきたな。

と思ったとき、

陛下がお出ましになりました。


前方で、「天皇陛下バンザーーーーーイ!!!」

と男性の叫ぶ声が聞こえると、

なんとなく流れ始めていた嫌な雰囲気が払拭されて、

あちこちで゛万歳゛の声が聞こえはじめました。


SANGA.jpg


不快感をあらわにしていた娘さんも、

そして私もこの声に゛ハッ゛と我にかえり旗を振りました。


日本人はもとより、欧米人のグル−プも旗を持っている人たちは

これでもかというぐらい旗をふっていました。


お言葉をいただき、また旗をふりました。

これでもかというぐらい。


帰りがけ、隣を歩いていたジャ−ジ姿の男性と

先輩分と思われる男性とのやりとりが聞こえてきました。


「連れてきてもらって、ありがとうございます!!」


「よかっただろ?」


「感動したッス」


「そうなんだよな。。感動するんだよな」


20代前半ぐらいの女性が少し興奮気味に、

「スゴイね!こんなに日の丸があるなんて!

初めてみたよ、こんなにたくさんの日の丸!!」

と一緒に来ていた友だちに語っていました。


参賀を終え、歩きながら耳を澄ますと色々な声が聞こえてきました。


゛名刺受所゛というテントがありました。

名刺を受け取っていただけるそうです。

列ができていたので、ダンナさんを並ばせました。

私は名刺を持っていないので。


陛下がうちのダンナさんの名刺を見てくれると嬉しいなぁ(笑)


そうそう、天幕の色が赤白ではなく、青白だったのですが、

この青白天幕はどういったときに使われるものなんですか?


鎌倉の鶴岡八幡宮でも見かけたんですよね。


●本当は、今回の帰国時にはダンナさんを一般参賀ともうひとつ、

皇居見学にも連れて行きたかった
んですが、

残念ながら今回は見学できませんでした。


もし何かの折に皇居近くへいらっしゃる方、

一度足を運ばれてみてはいかがでしょう。

とても良いそうですよ(要申し込み)

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 渡辺 直子 
この記事へのコメント
いい話ですね
空気読めない人がタイミング外して自己主張しても気持ち悪いだけですよね

いい加減エセ愛国者は「祝日でもないのに日章旗持ち歩く行為は街宣右翼と同格扱いされてマイナスイメージしか与えない」って事に気付くべきです

平日に小汚ない格好でデモする行為とかは、一般人からすると「定職に就いてないのに愛国叫ぶとか順番間違ってねえ?」とか「たた純粋に可哀想な人」とかしか見えませんもんね
Posted by 同意 at 2010年01月13日 04:45
あなたの文章も空気読めてないですよ。
Posted by 同意さんへ at 2010年01月13日 18:43
ホントだよね。
夜も明けない時間にこんなコメント入れる人の方がよっぽど「純粋に可哀想な人」のようにしか思えない。
Posted by 同意さんへ同意 at 2010年01月13日 19:25
緊急!!
外国人の大量利用できる抜け穴があるようです。
詳しくはブログまさか、右翼と呼ばないで!
大至急、拡散、周知お願いします。
公明、民主はこれに反対している。
Posted by 情報屋 at 2010年01月13日 19:39
それはどうして不快な空気がただよったのですか。わたしも空気も行間もよめないたちなもので、数分考えてなんとなくわかったようなわからないような感じですが(笑)そういった事はこれから考えていかなければならない問題ですね。

しかし政治について語るということはチーム桜子のブログに書き込むだけでも難しい事だと思います。このあいだネットでとてもショッキングなニュースを見つけました。見つけたというよりあまり興味がなかったので、いままで見落としていたというほうが正確かもしれませんが。いまここでそれについて言及はいたしませんが、政治について語るには世の中のことを最低限しっておかなければならないなあと反省しました。

それはともかくとして、昨今売国的なエセ左翼や、過激で差別的といわれる右翼集団が台頭しているようですが、チーム桜子はなにものにも影響されることなく独自の大道を歩んでくださいね^^

しかし素人にはぱっと見てどんなのか見分けることが難しいというのも引いてしまう事になるのかもしれませんね。たとえば全然気付かずにデモに参加したところ、そのデモがとんでも団体だったとか。あり得ない事ではないでしょ?(笑)

ちなみにわたしは御即位20年の『太陽の国』という曲、神保さんの記事で歌詞をしっているだけですが、とてもすきです。
Posted by とも at 2010年01月13日 19:53
一番上の奴がここまで粘着する理由がサッパリ解らん。年が変わったしいい加減終わりにしろって。一般人から見たらお前も十分気持ち悪いんだからさ。

そんな時間にそんな事を書きこんでいるのを見たら親が泣くぜ(嘲)
Posted by Raging River at 2010年01月14日 00:12
あっしは、新年の一般参賀に行きましたが、

陛下が、お出ましになった瞬間、国旗が風になびく

草原の如くに見え、毎回感動します。やっぱり日の丸は美しいなぁ〜

日の丸をもった欧米諸国の方々も年々、増えているのではないかな。
有り難い事です。
Posted by ポン太 at 2010年01月14日 01:11
コメント、ありがとうございます。

本当は、君が代が聞こえてきて不快感を示した娘さんのことは書くのやめようかな。とも思ったんですが書きました。

というのは、私も考えちゃったんですよね。なんでだろ?って。

歌った人たちは何かのグループのようで、みなさん同じ服を着てらっしゃいました。彼らが普段はどうされているのか私は全然知りません。

歌が聞こえてきて、娘さんが記事に書いたような不快感を示したら、不思議なんですけど、その反応が私には飛び火したように見えたんですよ。結局1回半歌われて陛下がお出ましとなりその゛反響゛は吹き飛びましたが。

例えば、(どこでもいいんですが)スーパーのレジに並んでたら、レジの人が君が代歌い始めた。とかだったら、「はぁ〜〜?」と思うと思うんですよね。でも不快感ではなくて、゛何かのパフォーマンスかいな?゛と私なら思うなぁ。それは、レジと君が代が結びつかないからです。でも、一般参賀と君が代はなんら場を壊すもんじゃないのになぁ。と思うんですよね。でも娘さんは不快感を示した。

なんででしょうね?

歌っていた人たちは、彼女の位置からは見えなかったと思うんですよ。そんなことやらを考えてたら、娘さんの気持ちが分かったような分からないような。。

この辺のことって、なんか大切なポイントのような気がしないでもないんですよね。

それと、ともさんが見つけたニュースって気になりますね。ちょっと話し違うかもしれませんが、ある人に「日本の報道は公正さを欠いている」と言ったら、「そんなことはない」と返されたことがあります。その方と話していて思ったのは、ある情報を吟味(?)するには、当たり前だけどベースとなる知識がないとオカシイとすら思えないのが普通かもなぁと。私も世の中のことを最低限でも色々知ってないと、アンテナにも引っかかってこないのだな。と感じた次第です。


情報屋さんの書き込んでいただいたブログで、外国人参政権の抜け穴を見てびっくりしました。

http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-162.html

こんな抜け穴あるんですね。。

最後に、一般参賀、国旗のたなびくさまはまさしく草原!感動しますよね。もしまだ行かれたことない方いらっしゃったら、ぜひぜひ一度は足を運んでみてほしいです^^
Posted by 渡辺 at 2010年01月19日 19:54
>本当は、君が代が聞こえてきて不快感を示した娘さんのことは書くのやめようかな。とも思ったんですが書きました

これは考えちゃいますね!
たとえば「外国人に参政権を付与したい!」というと、わあ〜 感動的!私利私欲のない善意のひと〜 っていう雰囲気になる。。でも単なる偽善者かもしれないですよね!

わたしも残念ながらそういうひとがいると、リアルの世界では、「他人を思いやる心をもったすごい善意のひと〜!」っていう反応をします(ごめんなさい。。)

それは、すくなくともわたしのまわりではそういう空気をかんじちゃうのですね。でも前にも書きましたがわたしは空気をよむことが全然できませんので、まったく間違ってるのかもしれません。

でもそれに疑問を感じていろいろ調べているうちに、事実は正反対だって気がついたのです!
外国人参政権は断固反対です!!
Posted by とも at 2010年01月19日 23:37
こんにちは、ともさん

゛空気゛ってありますよね。゛空気に呑まれちゃう゛ってのも。

私もリアルで空気に呑まれちゃうことありますよ(笑)。本当なら、「あらら、ちょっと待ってよ、なんか変だよ」とかうまく言えればいいんですが、言っても説明下手なもんでドツボにはまることもしばしば(笑)。呑まれっぱなしのこともしばしば(笑)です

でもさすがにイタリアで外国人に参政権を!を私利私欲のない善意の人〜♪なーんて反応したら、常識疑われちゃいます(笑)。フランスのように「論外」と考えるのが普通だと思うので。

てことは、日本というか日本の議会は世界の空気に呑まれてない?いやいや、゛読めてない゛ってことですかね。もういい加減に世界の空気を読んでもらいたいもんです。

外国人参政権は論外!私も断固反対です!!
Posted by 渡辺 at 2010年01月22日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34712806

この記事へのトラックバック