2010年01月04日

『太陽の国』

チーム桜子・大高未貴です。

あけましておめでとうございます!

晴天に恵まれ、いいお正月でしたね。


粛々と初詣に向かう人々とともに私も神社巡りをしてきました。

田舎にもかかわらず、よくもまあこんなに人が居たもんだと思うほど

多くの人が、小さな神社にも溢れ返っていました。

さぞかし氏神様もお喜びになられたことでしょう。

日本は本当に不思議な国です。


そういえば天皇陛下御即位20年の時に詠まれた歌の中に

「太陽の国」とありました。

ちょうど先月、スエーデンに行っていたとき、

私はしみじみ日本の太陽のありがたみについて

考えさせられたのです。


北欧は自然が豊かで美しい国ですが、

日の出が9時で日の入りが15時ぐらいなのには

まいってしまいました。

まだ16時だというのに外は真っ暗で

遅くまで残業しているような気分になってしまいます。


これでは「日の出とともに起きて日没とともに就寝」

なんて生活ができません。

ともあれ北欧では、太陽はとっても遠い存在のものでした。


一方で太陽が過酷なのは中東です。

砂漠の果てにユラユラとたちのぼる蜃気楼。

真夏の中東の太陽は、

まるで人々に鞭打ちをしているかのような厳しさがあります。

灼熱地獄で身も心も干上がりそうな大地にいると、

中東の人々が月や星を愛し、国旗にした意味がよくわかります。

イスラエルはダビデの星、

イスラム諸国の国旗はトルコやパキスタンなど

月をモチーフにしたものが多いのです。


21世紀は米中の時代とも言われています。

BUTどちらも「星」の国です。星は闇の中でしか輝きません。


両国の歴史の浅さは長い人類の歴史の中で、

瞬間的な「スター」にはなりえても

普遍的な存在になるにはほど遠いかもしれません。


強欲資本主義も、ソ連崩壊が証明したコミュニズムの欺瞞も

人類はうんざりです。


21世紀の世界に必要なのは、

人々の心をわけへだてなくあまねく照らし、

意識レベルを高める太陽の不思議な光線。


私事で恐縮ですが、私は聖徳学園という小学校に通っていました。


ですから朝礼では必ず『17条憲法』を朗読させられました。

「一にいわく、和をもって貴としとなせ」。


当時は意味もわからず一刻も早く退屈な朝礼が終わって、

楽しいお昼休みが来ることばかり考えていましたが、

この歳になってみると大陸と適度な距離を置く外交政策、

人々に「和」「大調和」を説いた聖徳太子の才覚に

頭が下がります。


浅薄な「友愛」などという概念とは次元が違うのです。


今年は多くの日本人が長い歴史軸を持つこの国の原点に立ち返り、

大切な事に気付く年になるような予感がします。


以前、日本列島とほぼ同じ大きさの巨大な白龍が

日本の下でとぐろを巻いて眠っている夢をみたことがあります。

起きて、「果て?なんだったんだろう?」

と夢を思い出しながら感じたことは

「変革期に発揮される日本の底力」です。


原爆やアメリカ占領軍の占領政策だって、

そう簡単には破壊できなかった日本の底力。


今年も微力ながらせっせこと、その修復作業に励みたいと思います。

戦争の傷跡から立ち直るには100年かかるといわれていますので、

いつ何時も絶望は禁物です。

国難に殉じて国を護ってくださった先人たちや、

不思議な「太陽の国」に生まれた事に

感謝しながら生きてゆきましょう!

 
 
ブログ村 ブログ村

posted by チーム桜子 at 08:45| Comment(3) | TrackBack(2) | 大高 未貴 
この記事へのコメント
新年おめでとうございます。

和魂洋才という言葉がありますが、新しいモノを取り入れ、そこからまた新しい良いモノを創造する優れた民族の英知が集まっているのが日本、今は本当に日本は元気がない。

今年はどういうことになるか、太陽の国に相応しい日本発の発想を世界に発進したい。
Posted by 怜 at 2010年01月04日 11:42
新年早々、緊急でございます。
ねずきちのひとりごとをご覧下さい。
朝鮮進駐軍なるものをご存知ですか?最重要です
三国人という言葉の経歴も知る事が出来ます。
Posted by 瓦 伝助 at 2010年01月04日 11:54
あけましておめでとうございます。
政治関連の情報を集めると、本当にうんざりして、気も落ち込んでしまいます。
そんな中、心に力が戻ってくるようなお話ありがとうございます。
今年は、チャンネル桜をはじめ保守論壇など保守勢力の言論の流れの中に、そのように、心の力を取り戻すような、人々を鼓舞するような流れも強まるといいと思います。
保守勢力を支える多くの人は、厳しい社会情勢の中を生き抜きながら、活動しています。
多くのマスコミのように、負の部分の報道のみだと疲れきってしまうのではないでしょうか。
心の燃料はとても大切だなと、大高さんのお話を聞いて改めて思いました。
Posted by とうふ at 2010年01月04日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34545493

この記事へのトラックバック

蒼海の 「明日は明日の風が吹く」 1
Excerpt: <p> 筆者は昭和十八年十二月、憧れの海軍兵学校へ入校した。</p>
Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて
Tracked: 2010-01-04 15:40

シナが狙う「日本の女性」
Excerpt:  シナが人口増加の抑制に実施した「一人っ子政策」。  しかし、男女比のバランスが大きく崩れ、シナが一番不足しているのが「女性」という事態にある。
Weblog: 「ゲスナメブログ」の逆襲
Tracked: 2010-02-04 19:40