2009年12月17日

『金持ちが悪い?』

チーム桜子・斉藤ゆきのです☆


最近、父親とケンカする事が多くて困ってます^^;

というのも、父親は

「暮らしが良くなるのなら、日本が中国になってもいい」

という爆弾発言を放つぐらい、左の考えなんですよね〜^^;


なので、

いくら日本が今危機なんだ!と訴えても聞く耳もたないんです^^;


最終的には

「全部金持ちが悪い!資本家が悪い」

ってなるんです。。。


私もその「資本家」に騙されて、

こういう活動をやらされてるんだってwww


私が頑張れば、その「資本家」が儲かるそうなんです。。。

資本家さ〜ん!儲かってますか?www


世界の事は全部金持ちが動かしてて、

私達はどうすることもできないそうです。。。


だから殺されても殺さないんですって。

(この言葉生で聞いてビックリした!)


だから日本を守るとかいうアホな活動はヤメロと・・・


その他のビックリ発言。。。

「天皇のせいで戦争になった」

「天皇も金持ちが儲かるからあるだけや」

「戦争中に天皇のせいで、

学校で厳しくされたから天皇を恨んでいる」

「従軍慰安婦はあった。

南京大虐殺もあったし、満州でも日本は酷い事をした」


兄は兄で、

「韓国は日本より軍事力あるんやから、

いつでも日本を火の海に出来る」

という発言をするし^^;


ちなみに嫁さんは在日ですw

助けてください・・・(笑)


 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:58| Comment(15) | TrackBack(1) | 斉藤ゆきの 
この記事へのコメント
斉藤さん、お疲れ様です。

私の義弟は、ウェールズ人なのですが、
なぜか日本人の友人よりも外国人参政権について
詳しく知っています。

私が「外国人参政権には絶対反対だ」と言うと、
「納税してるからいいんじゃないか」とか、
「在日を強制連行したことを本で読んだ」とか反論するので、
それらの誤りを指摘し、
「日本には反日日本人がいて、それが諸悪の根源なんだ」
と日本と英国との政治的事情の違いを説明するのですが、
理解しているんだか、していないんだかよく分からずに、
苦労しています。

斉藤さんのほうが私よりも大変な立場におられるようですが、
お互い、頑張りましょう。
Posted by 高天原 at 2009年12月17日 08:58
家の両親も似たようなものです。
母は普天間問題でも「米軍は全部出てけばいいのにね!」「思いやり予算は撤廃すべき」「自衛隊は縮小すべき」と言ってました。
けど私が日米安保の歴史や片務性や地理的条件・集団的自衛権のこと等を教えてあげたら、しぶしぶ納得してましたが・・・表面的に合わせただけかもしれません。
しかしお兄さんは・・・。
事実から間違えてますから・・・
正しくは「韓国は北朝鮮より軍事力あるんやから、いつでも北朝鮮を火の海に出来る」が正解ですよね。

Posted by 千葉県民 at 2009年12月17日 10:37
探偵ナイトスクープに「助けて!」と応募して、長原探偵(在日)に来てもらうとか・・・(笑)

しかし、すごいご家族ですね。そんな中よく、ゆきのさんだけ健全になられましたね。凄い!!!
因みに、現役自衛官の時の最終任地が兵庫県川西の自衛隊病院でした。甲山への夜間行軍なんかが思い出に残っております。

ナイトスクープが視聴できなくなって4年あまり・・・また視たいな〜。(笑)
Posted by へっぽこ群馬の予備自衛官 at 2009年12月17日 11:30
ゆきのさん、こんにちは

なかなか精神的に過酷な家庭環境のご様子、お察し致します。

もし、冷静に会話が出来るなら、「何故?」そお思うのか決して感情的にならずに聞いてみると良いかもしれません。

中国に併合されたチベット人は幸福になったのか?
中国に併合されたウィグル人は幸福になったのか?
中国に併合された南モンゴル人は幸福になったのか?
共産党に支配された中国人民は幸福になったのか?

先の大戦についても客観的事実と正確な時系列をお父上は知らないのでしょう。

自己矛盾を本人の口から言わせる対話戦略が必要です。

例文
沖縄米軍基地に反対派の人たちが爆弾テロしたり、米軍人の家族を拉致して惨殺したら怖がって出て行くでしょうか。

普通の人なら「戦争になる」と答えると思いますが・・

遠い昔実際に同じ事をされた国があります。


客観的事実関係
米軍はそもそも戦勝国占領地として沖縄に駐留していたものを、日米安保条約という国際法に則って駐留しています。

嘗て日本陸軍も第一次大戦後の国際条約に則って支那に駐留していました。

※日本陸軍の支那駐留については日清戦争から繋がる長い歴史の上での話ですのでここでは省略します。

チーム桜子メンバーであるゆきのさんには釈迦に説法ですが、所謂サヨク、なんとなくサヨクの人達の共通の弱点は歴史時間軸の欠落、連続した歴史の無視だと思います。

日本の歴史について左系の人に「何故そうなったか?」と追求すると必ず自己矛盾に陥ります。

SO-TVアーカイブの中村粲先生、小堀 桂一郎先生、名越二荒之助先生の講義は必見ですね。

高天原さん、英国には世界最強の情報機関とスパイ防止法が有ります、また外国人参政権を容認しているEU諸国も同様です、さらに国家間での共通の宗教道徳が存在していますが、異質な文化を容認したオランダがどんな悲劇を招いたか・・・
ウェールズの義弟殿はロンドンのソーホー地区やエッジウェアー・ロードがどんな処かご存知でしょうか?

日本にはスパイ防止法も情報機関も無いのです(怖



Posted by keaton at 2009年12月17日 11:39
斉藤さん、大変ですね。

少し気になるのですが、お父さんやお兄さんの発言で方言を使うのは役割語のような感じがして変な感じです。方言を使うのなら口語調の文章も全て方言で書くとかしていただけないでしょうか。

もしくは全て標準語にするとか、統一していただけたらと思います。

気になりました。
Posted by momo at 2009年12月17日 14:51
ゆきのさんが目覚めた奇跡に乾杯!w
Posted by うすぞう at 2009年12月17日 19:33
keatonさん

>ソーホー地区やエッジウェアー・ロードが
どんな処かご存知でしょうか?

これについては、私の勉強不足で知りませんでしたので、
今度、調べて話してみます。

スパイ防止法、オランダの悲劇、英連邦のことまで
引き合いに出して説明したんですけど、
最終的には「今はグローバリゼーションの時代で、云々」と
わけのわからない方向に向かっていく始末で。

頑固な欧州人というよりも、リベラルなアメリカ人みたいなやつですよ。

いいやつなんですけどね。
Posted by 高天原 at 2009年12月17日 19:49
参院選までに「新党」結成へ 平沼元経産相

平沼赳夫元経済産業相(無所属)は17日のCS放送の番組収録で、「参院選までに新しい政党を作ることが使命の一つではないかと思い努力している。
民主党の中にもよい人がいるから、巻き込まねばならない」と述べ、自民党や民主党の保守勢力を結集した新党結成に意欲をみせた。
Posted by 千葉県民 at 2009年12月17日 20:19

:天皇はいつでも韓国に訪問できる:

小沢衆議院議員が韓国訪問の際、いいました。

第二、第三の河野、村山談発言になる可能性が十分見て取れます。事実上、日本は中国の属国で、
従軍慰安婦、南京虐殺はあって、アジアの人々に迷惑をかけたこと。その謝罪と賠償を応じることになります。

中国人一千万人以上、在日特権を求め、外国人参政権を認め、日本の学校教育では日教組教育が推し進められ、自虐教育、反国旗、国歌、君が代に変わり、ジェンダーフリー教育が進められ、景気の向こう15年は後退になります。

不良外人、犯罪が大幅に日本で増加し、治安が乱れます。教育水準が低下します。子供たちや大人のマナーが悪くなります。

日本は民族百年の後悔を残すことになります。

あとは、国民の声しか残されません。
Posted by 自由と言論の会 at 2009年12月17日 20:25
なるほど、ゆきのさんの”複雑な家庭事情”・・・
よく理解できました。

百歩譲って、これからの国際社会は
「中国がイニシアチブをとってもよい」というのなら・・まだしも
『中華人民共和国・日本自治区』になってもよいというのは・・・

その「個人主義」な御父様の考えでいくと
徹底的な”貧乏民衆による共産革命・粛清による闘争”が必要ですね。
案外、我々がやっている、資本家の売国奴糾弾と似通ってたり・・

ただし「決定的に違う」のは
”その行動が【愛国心】に基づいているか?”というところでしょうか。


あと、慰安婦や南京・・の知識はアレとしても
皇統(左翼的には天皇制)に対する見解の相違は
キビシイですし、

身内に在日がいる=互いに生きる道が違う
という不幸も・・・心中お察し申し上げます。

私で助けれることがあれば、
「可能なことすべて、全力を注ぎたい」と存じます。
Posted by 愛國市民 at 2009年12月18日 00:28
ゆきのさんへ

まあ、政治と関係のないはずはありませんが、しかしこれほど不況で社会全体が不安定な世の中ですから、誰が悪いとか、何党だろうと、事実は一つしかないのですよ。親御さんは苦労されたのですから、価値観や考えがいろいろあっても受け止めて上げてください。お兄さんがいらっしゃるのですね、もし日本がなかったらどうなるの?とか言って返してはどうですか。個人の信条は身内の間でも様々です。問題もないのなら、うまく合わせてあげるくらいの余裕も大事です。お父さんやお兄さんに「日本会議」などのホームページを見せてあげてはどうでしょう。

音楽を聴いたり、普段とは違った話や情報を教えてあげたりする内に、わかってくれると思います
よ。歴史事実は変えることができません。だから
学校での教育はすごく大事なんですね。親から子へ、今はそういう自然が崩れています。一人一人が見直す運動をすすめる以外に日本の再生はないですから。頑張りましょう。
Posted by at 2009年12月18日 05:27
高天原さん

どうやら政治的または民族的な話には興味が無いのかもしれませんが、ひょっとしたら「ウェールズ人はイングランドに征服され、殖民されても民族の誇りを失わず、逆にプリンスの称号を勝ち取った(キリッ」みたいなプライドがあるかもです。

グローバリゼーションの時代と言う事なら、先ず金融グローバリゼーションがもたらした悲劇についてお話して見ては如何ですか?
リーマン、アイスランド、ドバイ、ギリシャ・・次はEUか北京が飛びそうですが・・・金融グローバリゼーションの世界には文化も宗教もイデオロギーも道徳も存在しません、あるのはゼニの論理だけです。
金融グローバリゼーションの元で世界を食い物にして儲けているのは所謂「ハゲタカファンド」ですが、ハゲタカに狙われた国の人々は豊かでしょうか・・・
民主主義の世界では所謂「多数決」で物事が決まります、政治判断という例外もたまに有りますが、「これが民意」と言われたらそれまでです、ある特定の地域で過半数を占めればそれが民意になるのです。
「ゼニ」を「人」に置き換えて狙い定めて市場(日本)に投入出来る隣国がある以上、我が国は外国人参政権を認める訳にはいきませんよね。

Posted by keaton at 2009年12月18日 12:15
みなさまコメントありがとうございます☆
私が奇跡的に目覚めたwのは、逆にこの父親のお陰かもしれませんねw 
こちらが冷静に話しをしていても、金持ちが悪いと興奮するので・・・歳を重ねると、自分の信じてきた世界を崩されるのが辛いのかもしれませんね^^;

momoさんアドバイスありがとうございます☆
まったく無自覚で大阪弁が出てましたw
今後は統一した方がいいですね^^

Posted by 斉藤ゆきの at 2009年12月18日 18:06
>私が奇跡的に目覚めたwのは、逆にこの父親のお陰かもしれませんねw

そういう機会ってバランスがとれていいかもしれませんね。

わたしも最近チャンネル桜をみたり、しばしばチーム桜子のブログを訪問するうちにかなり洗脳されてきました(笑)

ブログ村のランキングやカウント数もすごいですね! 

頭のいい斉藤ゆきのさんのことですが、自分と違う意見を聞くことってバランスがとれていいと思いますよ。
Posted by とも at 2009年12月18日 20:31
ゆきのさん方も大変ですね
「韓国は日本より軍事力あるんやから、いつでも日本を火の海に出来る」なんて奥様から言われたら、日本人としてお兄さん言い返して欲しいですね。
うちも祖母、叔母が韓流にはまっちまって似たようなものですが・・。

左の人って9条を金科玉条の如く言いますね。
私の義父も左の党員さんなんですが、勿論政治の話になるとことごとく私と話が合いません。勿論お互い大人なんで仲が壊れないよう微笑みながら会話してますが、理詰めで追い詰められた義父が最後にいう言葉はこれ。「孫が戦争に行くような世にはしたくない。だから9条を死守しないとね。」です。もちろんコレにも反論しますが、宗教みたいに信じ込んでるからコレだけは何言っても変わりません。信じ込んでるので反論すると驚いた顔されます。
世界は皆腹黒い。9条は理想・・というように話を進めると、「理想主義者と言われても、美しい理想家でいたい」なんて言うんです。
美しくないし他人を巻き込むな!と言いたいのを堪えて色々言いますが、これは信仰のようで何言ってもだめですね。
実家は朝日から産経に変えて10年経ったら随分かわりました。
やっぱり思考は周囲に存在する情報からつくられるので、普段から皆で声をあげることが必要だと思いました。
皆で頑張りましょう。
Posted by 穂日 at 2009年12月18日 21:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34240825

この記事へのトラックバック

*〔しーたろう〕の意見書文例 :“外務省の抗議要請”に応じた意見書*
Excerpt: <p>◆◇本日のエントリの主旨◇◆12月15日の天皇陛下と中国副主席とのいわゆる「特例会見」の件、遠藤健太郎オフィシャルブログさま「外務省『抗議してほしい』」によりますと、なんと、外務省側があからさまに「抗..</p>
Weblog: ガラス瓶に手紙を入れて
Tracked: 2009-12-18 10:36