2009年11月21日

『日本と沖縄の分離を目論む朝日新聞の努力』

かねてから朝日新聞の夕刊には、

日中友好を錯覚させる

恣意的すぎる記事が載ると思っていたが

今回の記事はひどかった。


11月16日から

4回に渡って連載された

『琉球400年を歩く』は、

米軍基地問題との時期的折り合いも含め、

“日本の沖縄侵略の定説化”

ならびに、

中国の覇権主義でしかない

東アジア共同体を促進する

実に巧妙なプロパガンダ記事に

なっている。



 まず史実について

朝日は

『琉球王国 1429年に

尚巴志が琉球を統一。


中国に朝貢し、

王に任命してもらう冊封体制に入った。


1609年、薩摩藩の侵攻を受け、

日本の幕藩体制に組み込まれたが

中国への朝貢も継続』と主張し、

あたかも中国の属国だった琉球に

日本が侵攻したかのような概念を

ばらまいているが、史実は違う。


古くから沖縄は

日本と中国の貿易の中継点として栄え、

双方に朝貢していた。


薩摩侵攻については

当時の地政学を振り返る必要がある。


大陸では

西洋列強がアジア侵略を企て、

沖縄を日本侵略の基地にするため

虎視眈眈と布石を敷いていたのだ。


薩摩藩があせるのも無理はない。


座して死を待つより

祖国防衛のために立ち上がった

日本の日清、日露戦争の背景に酷似する。



第一回目では

『苦難の唐旅、福建の上に』という題目で

福建省と沖縄の交流、


2回目『流・中の蜜月 姿を変え脈々』


第3回『“久米36姓”復興に道歩む』では

沖縄に流れる大陸の血と

薩摩侵攻の酷さを描き、


第4回『台湾人の交流新時代に』で、

かつて石垣島と台湾の間に

国境はなかったとし

地球市民を登場させている。


冒頭にあげたメインタイトル

『琉球400年を歩く』は

『薩摩侵攻から400年にあたるのを機に、

シンポジウム

「アジアの中の琉球・沖縄400年」が

27日に那覇市で開かれる』

という一文がすべてを物語っている。


現在進行形で行われている

中国によるチベット侵略は

“進駐”という言葉で濁し、

400年前の薩摩侵攻を

メインタイトルに持ってくる感性は

あきれるばかりだ。


さすが人民日報と

業務提携しているだけのことはある。


更に一連の記事の目論見を

見事に集約しているのが

11月19日の外岡編集委員のコラム

『文化交流拠点を沖縄に』

『東アジア文化共同体を

促進するにあたって

最適の拠点が沖縄』と断じ、

朝日新聞御用学者・姜尚中教授に

『中世の古琉球の時代から沖縄は

東南アジアは中国と深く結びついてきた。


更に「植民地問題や、

戦後の米軍基地問題では、

朝鮮半島とも密接に連動してきた。


東アジアの文化交流を進めるには

最もふさわしい場所だ」と

朝日が言いたいことを

代弁させているのだ。


中国の海洋覇権にとって

沖縄、南西諸島ほど邪魔なものはない。


ちなみに中国が狙う尖閣諸島は

石垣島に属している。


そこの大浜市長は

「自衛隊は殺人装置」などといって

海上自衛隊や米軍の寄港すら

拒絶する人物であるから

北京政府が喜ぶのも無理はない。


軍拡含め、着々と

実行に移されている中国海洋覇権政策を、

よりによって

日本の大新聞がお先棒を担ぐことも

鳩山首相は

“友愛”でくくろうというのだろうか。



posted by チーム桜子 at 17:19| Comment(9) | TrackBack(1) | 大高 未貴 
この記事へのコメント
大高さんはじめまして

チャンネル桜をほぼ毎日見ています。

柔らかい口調で、ずばずば
本当のことを言ってくれるので
毎回楽しみです。

これからも、真実を伝え続けてください。

しかし、売国新聞朝日を読んでる人は
どんな人たちなんでしょう??

うちはもちろん産経です!!キッパリ
Posted by miha at 2009年11月21日 17:59
老台北こと、蔡先生が桜で話されていたと思いますが、沖縄の方言は中国語の文法とは全く違う、日本語の文法であるとの事。確か、沖縄の学生にそれを話すと、皆、一様に安心すると仰っていたと記憶しています。
日本よりも中国との結ぶつきが強いかった筈なら、もっと中国語の影響を受けた言葉になっても不思議でないと思います。そこは無視なのでしょうか。

沖縄ビジョンに対する沖縄の世論が知りたいです。
Posted by おばちゃんA at 2009年11月21日 19:37
大高様、

初めまして、KUと申します。

申し上げにくいのですが、薩摩藩の琉球侵攻に
関する大高さんの主張には、無理があると思い
ます。

>薩摩侵攻については
>当時の地政学を振り返る必要がある。

>大陸ではアヘン戦争が勃発するなど
>西洋列強がアジア侵略を企て、
>沖縄を日本侵略の基地にするため
>虎視眈眈と布石を敷いていたのだ。
>薩摩藩があせるのも無理はない。

>座して死を待つより
>祖国防衛のために立ち上がった
>日本の日清、日露戦争の背景に酷似する。

と説明されていますが、アヘン戦争は幕末である
1840年に勃発した戦争であり、戦国末期の琉球
侵攻からは、200年以上も後の出来事です。1609年
当時の薩摩藩のメンタリティーからして、日本国
全体の祖国防衛の為に、琉球侵攻を実行したとは
思えません。せいぜい、支那との貿易拠点の確保
が主な目的ではないでしょうか?
Posted by KU at 2009年11月21日 21:53
晩秋の候、日頃の御活躍に敬服し、我が国唯一の国民テレビの存在は私ども国民にたいへん喜ばしく、今後のチャンネル桜様の更なる躍進に期待申し上げます。

日本の偏向マスコミは今さら言うまでもありませんが、戦後日本人が失った正しい歴史的観念と創造的な日本文化の復興を遂げ、老若男女がお互いに支えあい、真の日本文化と伝統を取り戻す強い礎を感じます。沖縄県は列記とした日本を構成する都道府県の1つであり、あたかも外国の影響があるかの誤まった解釈は甚だ遺憾です。

NHKの問題、外国人参政権、国立追悼施設建立、日教組教育問題、どれも山積ですが、ともに
日本を守る行動に共鳴できまして、報道ワイドをご覧になる方、チャンネル桜を応援なさる視聴者の皆様の応援メッセージは日増しにどんどんと増え、これは多くの一般国民が日本の危機を持ち始
めた何よりの証拠です。日本が日本であるための自由を取り戻しましょう。
Posted by 自由と言論の会(吉原) at 2009年11月22日 12:47
友愛の海から泥棒叩き出せ
国際秩序守るためにすぐさま叩き出せ
不法占拠を許すなよ海自を出せよ
侵略者を追い払え
ああこれこそが普通の国だ

友愛精神でチベット救え
まだあるぞウイグルモンゴル虐殺地帯
内政干渉なら気にするなお前ら好きな
伝家の宝刀振りかざし
人権出せよ普通に言えよ

友愛精神で音羽御殿を
今すぐに売却して国庫にすぐ入れろ
イオンも何でも友愛だ全て無料だ
さもなけりゃ無責任与党
すぐ解散し総選挙
まともなメディアですぐ総選挙
Posted by 栄冠は君に輝く at 2009年11月22日 22:25
朝日新聞 11月23日付 社説

外国人選挙権―まちづくりを共に担う

http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit1

終わってる
Posted by simon at 2009年11月23日 19:53
このまま行けば経済はどん底。
経済破綻さえ起こりうるのではないだろうか。

そのほうが良いと最近強く思います。

経済危機が巻き起こり民主党も政権をほっぽりだし、何もなくなった日本が1から出直す。

これしかもう皇統の日本再生は残されていないのではないか?
Posted by 農夫 at 2009年11月24日 20:06
コメントありがとうございます!KU様、私の表記下手で誤解を与える文章になってしまいました。ただ西洋列強のアジア侵略の布石は学者によっても16世紀ー18世紀と区分がわかれるところで、私はアヘン戦争の前哨戦の意味合いで書きました。げんにオランダはインドネシアを300年以上植民地にし、その布石をうちはじめたのは16世紀です。大局的な流れでの見方であります。それから「薩摩侵攻400年」については毎日新聞も今年の6月に記事を特集しており、沖縄の某学者が、当むりやり絡めて政治問題化しております。
 過去の悲劇を遺産にせず、高貴な沈黙を保ってきた日本人の美徳を忘れた醜い理論に辟易です。まるで南京大虐殺のフィクションを外交カードに使う北京政府そっくりです。
Posted by 大高未貴 at 2009年11月24日 23:01
大高様はじめまして。あなたのあの綺麗な顔で歯に衣きせぬ発言は初めはびっくりしましたが、今は「もっとやれ!」というまでに変わりました。
ところで、チャンネル桜とまったく同じ言い回しで南京大虐殺の真実を知ろうという映画祭が行はれるのをご存知ですか?まったく同じ言い回しなのに結論は真逆です。本当にあった南京大虐殺をみなさん知って下さい。という映画祭のようです。12月13日(日)
に世田谷区民会館で行われるようです。ホームページは次のとおりです。http://jijitu.com/filmfestival2009/
チャンネル桜の皆様でよく調査して頂きたいと思います。ホームページタイトルは「南京・史実を守る映画祭」です。主催元もはっきりしていないのにゲストに鈴木邦夫さん(新右翼団体「一水会」最高顧問)何故南京大虐殺なんかないという右翼が来るのでしょうか?
主催は中国としても鈴木さんは何故でるのでしょうか?
本当に私たちは情報戦の中にいるのですね。お体ご自愛下さい。
Posted by 山形県人 at 2009年12月05日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33775806

この記事へのトラックバック

過去10年で最も使われた言葉は「温暖化」=調査
Excerpt: 調査会社グローバル・ランゲージ・モニターによると、過去10年間で最も使用された言葉は「地球温暖化」であることが分かった。2番目に多く使用されたのが2001年9月11日の米同時多発攻撃を意味する「9/1..
Weblog: とんみんくん
Tracked: 2009-11-21 23:27