2009年11月09日

『日本解体阻止!第2弾〜11・14in銀座』

チーム桜子・鈴木 あおいです。

こんばんは。

『日本解体阻止!第2弾!』



告知です!

11月14日

守るぞ日本!国民大行動 in 銀座


時間は

10時00分〜12時00分 有楽町マリオン前にて 街頭宣伝

13時00分〜14時00分 常盤橋公園にて デモ準備・隊列 

       ※ 常盤橋公園(東京都千代田区大手町2-7-2)

東京メトロ半蔵門線「三越前」駅 徒歩2分

14時00分〜15時00分 デモ行進  常盤橋公園 → 日比谷公園

15時30分〜17時30分 有楽町マリオン前にて 街頭宣伝

登壇予定の方々は以下、



[敬称略・順不同]


西村眞悟(前衆議院議員)

赤池誠章(前衆議院議員)

馬渡龍治(前衆議院議員)

小田村四郎(元拓殖大学総長)

井尻千男(拓殖大学日本文化研究所顧問)

西尾幹二(評論家)

小林正(教育評論家)

百地章(日本大学教授)

西岡力(「救う会」会長代行・東京基督教大学教授)

増元照明(「家族会」事務局長)

山際澄夫(ジャーナリスト)

伊藤玲子(元鎌倉市議会議員)

三輪和雄(日本世論の会会長・正論の会代表)

藤井厳喜(国際問題アナリスト)

大高未貴(ジャーナリスト)

三橋貴明(経済評論家・作家)

土屋敬之(東京都議会議員)

三宅博(前八尾市議会議員)

永山英樹(台湾研究フォーラム会長)

村田春樹(外国人参政権に反対する市民の会東京代表)

平田文昭(アジア太平洋人権協議会代表)

英霊来世(ミュージシャン)

ほか 地方議員多数


尚、時間や場所においては

一部変更がありましたので

お出かけ前にもう一度ご確認ください。


第一弾に続きまして、

第二弾も告知動画作らせていただきました。


元々動画編集スキルなんて

全く持ち合わせていなかった私ですが、

都合の悪い事は完全にシャットアウトし

報じようとはしないメディアに対して、

ほんのちょこっとでも真実の情報を知る

きっかけになればと思い、ここ最近始めた次第です。


至らぬ点もございますが、ご容赦くださいませ。

http://www.youtube.com/user/mirukuchann#p/a/u/0/jGLsxYKlxeg


何やら某2ちゃんねるで、ありがたい事に

私のスレを立てて下さった方がいらっしゃるようで、

大変恐縮です。


聞くところによりますと左翼おじさんと

NHKさんが必死に

私の応援をしてくれているようです(笑)。


左翼ホイホイですね、はい。


私がこの活動に入っていった理由は、

30年以上も拉致問題を解決できない日本に

疑問と憤りを感じてからでした。


どう見ても弱小国の北朝鮮という国から

何故こんなにも長い間

拉致被害者の方々を救出できないのでしょうか?


アメリカだったならすぐに

飛んで迎えに行くのでしょうけれど、

日本はどこか弱腰で

国としての体勢がおかしいのではないかと

思い始めたのです。


拉致の実行犯を釈放しろと言うような人達が

日本人の税金で日本の国会にいます。


拉致被害者家族会の方々の街宣に

各局取材に来るが何故か報道されません。

保守議員は叩かれても

売国議員は持ち上げられます。


私が思っていたそれぞれの謎は

チャンネル桜により、すっきり解消さました。


お金をかけなくてもこんなに

分かりやすくて良い番組ができるんですね。


大金を注ぎ込んでいるはずの地上波とは

明らか違います。


「政治は難しい」

長い事私の中にあった先入観は、

今となっては

そう見させられていのでは…

そんな気さえしています。


メディアが伝えない真実を

一人でも多くの人に知ってもらいたい。


そんな思いで桜を応援しています。

そんなところで今日は、外国人地方参政権阻止!

ハチ公前の街頭宣伝に

後半ほんの少しお手伝いに行って来ました。


どうやら参政権について動き始めたようで…

これは絶対阻止しなければなりません。

091107_1619~020001.jpg


091107_1620~010001.jpg


091107_1621~010001.jpg


091107_1629~010001.jpg


かわいいにゃんこも撮らせてただきました。


友愛外交だか宇宙外交だか知りませんが、

民主党がこだわるマニフェストとやらには

一行も記してないじゃないですか!


国民を欺く形で選挙を行い、

国民の意思とは異なる法案を通そうとする強行体制。


夫婦別性の名の下に

家族という小さな組織を破壊し、

外国人参政権の名の下に

国家という大きな組織をも

解体するおつもりですか?


私たちが日本人として行使できる主権は

ただ唯一、参政権だけです。

それを外国人に渡すということは、

この国の歴史や文化や伝統に

何の思い入れもない

日本国旗国歌も尊重しない人達が

日本人(?)になるという事です。


何千年も続いてきた日本国としての形態が

大きく変わろうとしています。


遥か昔から今日までずっと続いてきた歴史を

この代で変えようというのは烏滸がまし過ぎます。


鳩山総理が言う、開かれた日本とは

即ち何を意味するのでしょうか?


3年5年日本にいるだけで

参政権や永住権、

更には日本人と同等の権利を

獲得できるというのは大変奇妙であり、

その先に何があるのか、

私たちにとっての利点は何なのか全く疑問です。


参政権が欲しいならば帰化すべきであり、

日本国旗を尊重する者だけが

参政権を獲得できる仕組みにすべきです。


それすらできない外国人に

参政権を与える行為は

国同士が揉める大きな火種になりかねません。


参政権を推進される議員の先生方は

一体何を考えているのでしょうか?


平和ボケしている国民を

完全になめきっているように思います。


国会答弁で、稲田朋美氏が

外国人地方参政権について

鳩山総理に問いただしたところ、

開口一番

『宇宙ができて137億年、

地球ができて46億年。

地球はすべての生命体』

以下は書くまでもありません。


溜息が出る内容でした。


私個人としてできる事を

がんばろうと思いますが、

神風が吹くことを祈らんばかりです。


上記に記した通り来週土曜日14日に

日本解体阻止第二弾、

大演説&デモ行進が行われます。


皆様ぜひご参加いただき、

共に抗議の声を上げましょう!!
posted by チーム桜子 at 01:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 鈴木あおい 
この記事へのコメント
BNNプラス北海道365というニュース発信サイトが、「外国人参政権」の賛否を問うアンケートを実施しています。
期間は、11月9日から15日までの1週間。
URLは、以下の通り。

http://www.hokkaido-365.com/news/2009/11/post-540.html

皆さん、どしどし反対票を投じましょう。
Posted by J at 2009年11月09日 12:38
連投、失礼します。

上記のコメントをチャンネル桜さんの
コメント欄に投稿しても、
理由は分かりませんが、はじかれてしまいます。

どなたか代わりに投稿をお願いします。

すみません。
Posted by J at 2009年11月09日 13:08
こんばんわ

早速投票してきました。

日本のためになるのなら、
おおいに、民主党にしてもらいたい!!

しかし、ろくな法案を出さない民主党・・・
完全に狂ってます。

愛媛県にいるため
デモには参加できませんが、応援しています。

Posted by miha at 2009年11月09日 18:32
地方で小さな子供の子育て中のため、参加できません。
残念です。

子供達のために、なんとかこの暴挙を阻止したいです。
Posted by 加藤幸美 at 2009年11月09日 23:10
民主党が外国人地方参政権付与法案を断念しました。政府として事実上、慎重に受け止めることを正式に認めたもので、民主党平野官房長官がコメントを述べたものです、皆様の御蔭を持ちまして、今回、大成功になると思われます。

御苦労様です!これからも頑張りましょう。皆さん。わたしもやります!
Posted by 敬称略 at 2009年11月10日 02:26
>敬称略様

え?え?え?
そうなんですか??
それは単純に考えて危険回避されたと思ってよろしいのでしょうか?

毎日新聞がいうところの『右翼関係者(私達)』の抗議は無駄ではなかったということでしょうか?だとしたら素晴らしいことです。
Posted by 長野 衣美 at 2009年11月10日 09:23
敬称略です。

外国人地方参政権付与法案を政府として断念

確かに、NHKのラジオニュースで(午前3時頃)聞いたんですが、誤まっていたかもしれません、重複していたのか、皆様も独自で調べて見て下さい、産経新聞に問い合わせたのですが、情報がないという事でした。不確かで申し訳ないです。私の聞き間違いなら、お恥ずかしいですが。
Posted by 敬称略 at 2009年11月10日 10:59
敬称略です。

すいません、上記の件、小生の誤認であったかもしれませんでした。申し訳ない。

本日のNHKラジオの午前三時のニュースを聞いたもので、確かに「政府として外国人地方参政権付与法案を断念した」(平野官房長官)と聞いたはずなのですが。産経新聞に問い合わせたら情報はありませんでした。情報が錯綜し、不確かで申し訳ないです。皆様も独自で調べてみて下さい。
Posted by 敬称略 at 2009年11月10日 11:06
>敬称略様

いえいえ、とんでもない!情報ありがとうございました。以下の文章が今のところの動きみたいです。いずれにしろ少しは好転(というか一旦回避)みたいですよ!

〜以下我らがNHKニュースより〜

平野官房長官は記者会見で、民主党が検討している日本に永住する外国人に地方参政権を認める法案について、「タイトな日程の中で、ほんとうに提出できるかどうかはわからない」と述べ、今の国会で審議を行うことに慎重な考えを示しました。

日本に永住する外国人に地方参政権を認める法案をめぐっては、民主党の山岡国会対策委員長が先週、「民主党内にもいろいろ意見があり、集約には時間がかかるので、党議拘束をかけずに、議員立法で今の国会に提出することを検討したい」と述べました。これについて平野官房長官は、記者会見で「この法案については民主党内で十分に議論をする必要があるという、これまでの考えに変わりはないか」と記者団が質問したのに対し、「変わりはない」と述べました。そのうえで、平野官房長官は「政府として法案を今の臨時国会に提出する考えは現時点ではない。提出するとすれば議員立法になると思うので、党の国会対策委員会でどう判断するかだが、タイトな日程の中で、ほんとうに提出できるかどうかはわからない」と述べ、今の国会で審議を行うことに慎重な考えを示しました。
Posted by 長野 衣美 at 2009年11月10日 18:53
外国人参政権法案の「成立に自信」 議連事務局長

民主党の「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民法的地位向上推進議連」事務局長の川上義博参院議員は9日、記者団に対し、外国人地方参政権付与法案について「「党議拘束を外しても、各党が共同提案すれば優に可決できる数を確保できるんじゃないか。自信はある」と述べた。

川上氏は会談後、記者団に「できれば今国会でやりたいが、審議が尽くされなければ継続(審議と)する。(来年1月召集の)通常国会では百パーセント成立したい」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091110/stt0911100017002-n1.htm

百パーセント成立したい!?
売国法案だけは本気のようです。
Posted by Q太郎 at 2009年11月10日 20:46
コメントありがとうございました。
敬称略様、情報をありがとうございます。危険回避が現実化する事を祈らんばかりですね。夢にも出てきそうです(-.-;)
守るぞ日本第二弾、いよいよ今週土曜日となりました。
皆様、銀座に集結しましょう!
どうしても参加できない方は、動画サイト等で中継される事と思いますので、そちらも盛り上げいただければと思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by 鈴木 at 2009年11月11日 14:21
>どうしても参加できない方は、動画サイト等で中継される事と思いますので、そちらも盛り上げいただければと思います。
 
呼びました?
生放送を予約しました。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv6552804
ほかに仲間が数チャンネル参加、放送予定です。
合わせてご覧いただけたら幸いです。
 
が、しかし!
   
中継ではすべてを伝える事は不可能ですので、参加できる方はどんどん銀座に来て欲しいですね!
 
また生放送に出演してくださいねー(笑)
Posted by 櫻花ちゃんねる at 2009年11月12日 00:19
櫻花チャンネル様

呼びました(笑)
書き込みありがとうございます♪
先日は街宣中継おつかれ様でした。
いよいよ明日です!暖かくしてがんばりましょう^^
よろしくお願いいたします。
Posted by 鈴木 at 2009年11月13日 14:08
初めまして。
僕も、これから、自分のできる事から、日本を守っていきます。宜しくお願いします。

神風は必ず吹きます。
今の日本の置かれている現状を見ていると、とても悲しく、不安になってしまい、絶望感に覆われてしまいますが、なぜか、希望のようなものも感じてしまうのです。
僕は、特に優れている訳でなく、思慮の浅い男ですが、何故かそんな風に感じます。それは、こんな男でも危機感を感じているからかもしれません。

そんな訳で、ただ祈るのではなく、日本男児と大和撫子が、神風を吹かすべく行動していきましょう。
Posted by 白地に紅い日の丸 at 2009年12月09日 01:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33515737

この記事へのトラックバック