2009年11月03日

『広東式 先祖祀りを 撮る』

チーム桜子 榊 ハジメ@広東省 爆竹天国 です

こんにちは!!

ゆうべ アパートの裏の 住民区の人たちが 

やたらに 爆竹や花火を鳴らすので 

はて 今日はさては彼らの暦の上の

何か特別な日に違いない・・・

と なんとなく 考えたのですが

今朝 テレビがまた心霊化して 見れなくなり

国会中継は 始まらず 

退屈で時間ももったいないので

普段は午前中は おっくうで 

外出しないダメ人間の姐さんですが

気が向いて スーパーに買出しに出てみたら・・・

あら アパートのフロアの玄関に テーブルを出して

ガードマンの兄ちゃんと 掃除のおばちゃんが 

コテコテの広東式の神様先祖様祀り儀式の準備に

まるで神様のアレンジの如く 

ぴったり 出くわした・・・( ゜Д゜)


(まるでおままごとの道具のような 

安っぽいプラの小さな小さな お茶碗に ご飯 

真っ赤な盃には お酒が・・・
 
ガチョウの 照り焼き・・・美味そう・・・

豚の脂身・・・林檎、みかん、ヨウズ(柚子)、

ガチョウの横の白い丸は 魚のすり身団子で
 
これは広東省の名物 美味しいよ!!)


photo NO.1.JPG


2007年に世話になった会社に 

コテコテの迷信(信心を中国ではこう言う)深い

潮州人の幹部家族がいて 

数日に一回くらいの割合で 

頻繁に いろいろな祀りごとを 

彼らの工場の入り口で 挙行していたのを

日々 見ていたので 新鮮味は特段ないけれど


常平の街中では せいぜい 裏通りを探索して 

信心深い地元の広東人のお宅のおばあちゃんなどが

玄関先で お線香を炊くのを 

こっそり陰から撮影するのが せいいっぱいなので

これは嬉しい まさに神様のプレゼント!!

と 一気に興奮し

「私は日本人なんです 広東人は 信心深いですね

 こういう コテな祀りごとの写真をブログに載せて

日本人を 喜ばせたいんです」

と 頼み込み けっこうマジで 

嫌がってる掃除のおばちゃんを

無理くり丸め込み 撮影した 

(が〜ちょ〜ん!!(ノ∀`) 美味そうにテリテリでんなあ)


photo NO.2.JPG


袋の中には ぎっしり 偽のお金 

有名なあの燃やすお金ですね


photo NO.3.JPG


このへんで おばちゃん 

結構マジで嫌がり始める・・・

でも この風景こそが 広東式祀りごとのハイライトっしょ


photo NO.4.JPG


偽のお金は 全部で 3種類あった 

みな 木版画みたいな

古めかしい いい感じの昔のお金のデザイン 

これ いいお土産にならん?


photo NO.5.JPG


銭燃やし専用バケツに 次々とほりこまれるお金

これを撮影したら おばちゃん マジ怒ってた・・・

先祖に 怒られるんだろうか??


おばちゃんの言うには 

今日は先祖記念の祀りの日なんだって

だからかな 今日は午前中 

裏の住民区では ずっと 爆竹が鳴っています


photo NO.6.JPG


他の地方のことは知らないけど

広東省の人は 

すごい宗教心が強い印象を受けるなあ

独特の暦があって 

暦に定められた祀りの日には 

街のあちこちで爆竹を鳴らしたり、

こういう感じのお供えを飾って お札を燃やし

線香を焚いて・・・


ご先祖を敬い、霊魂を慰める精神は 

共産党の時代を経ても

あの烈しい 文革を経ても 

やはり 

消し去ることは出来なかったわけですねえ・・・


先祖の霊を 敬い、祀り、畏れ、慰め・・・

日本人の靖国に対するこころは 

広東省の人々には

わかってもらえるのではないか と ふと 考えました


・・・が 執拗な撮影ぶりに 

おばちゃんが 本気で 嫌がるので 謝謝!!

と お礼を言って スーパーに走って 

逃げの韋駄天を決めました


と、スーパー前を 

シリ割れズボンの子供が散歩中

まあ このあたりでは 

シリの割れてないズボンの子供の方が 少ないんで・・・


photo NO.7.JPG


ハジメさんの住んでる アパートの低層にある

天虹スーパー1階の おしゃれフロアには 

なんとDHCまで売ってますが

こんな 微妙な資生堂の パクリもまた売ってます


photo NO.8.JPG


さて 天虹スーパーで 買い物をしながら

朝なんで 魚売り場の水槽が

魚で ぱんぱんなのを見咎め

これは 是非 写真を・・・

と カメラ持ってうろうろしたのですが


私のかもし出すムードがあまりに 

アヤシイので店員のお姉ちゃんに

思いっきりマークされ 撮影ならず(ノ∀`)アチャー


ちなみに 撮影したくて 

魚売り場にうろついてた15分間に

25センチくらいのでっかい 魚が 跳ねて

水槽から飛び出して

床に 落ちていたので お姉ちゃんに 注意 


お姉ちゃんが 鮮やかな手さばきで 

網で魚を水槽に戻して 安心したら

むこうの水槽から スッポンが脱出して 

売り場を 自由闊達に 歩き回っていて

そこを モップ掛けしてる 掃除のおばちゃんが

「ああ 亀が 亀が 亀が・・・」

と指をさして笑うので

また お姉ちゃんが慌てて 網を・・・


そうです 中国のスーパーでは 

30分に1回か2回くらい 脱出劇を目撃できます 

特に午前中は 

魚がまだ元気なんで頻繁です(ノ∀`)アチャー


魚が 撮れなかったんで 別のネタを探して

アパート裏の 住民区を うろつく・・・


裏の住民区は 普通の質朴な庶民のエリアですが

その中でも だいぶお金のある人々は 

こんな 素敵なアパートに住んでいます


photo NO.9.JPG


が 裏の市場のそばにある 

前から気になってる果物屋台一家

朝の開店前に行けば確認可能では?と 

物陰からこっそり観察・・・


photo NO.10.JPG


歩きながら バラックの中を 覗き見ました

確かに この バラックに 一家で住んでます・・・

バラックの奥のほうに 

ちょうど セミダブルベッドくらいのサイズの

木箱を連ねたような少し高い寝台らしきものがあり

そこに おばあちゃんが

2、3歳の幼児2人と一緒に座って

朝ごはんを 食べていました・・・見るからに起きぬけ


バラックの中には 釜や鍋、七輪も見えます

どう見てもここに 住んでます   

しかも、若夫婦、

子供3人(1歳少しから 4歳くらい?)

おばあちゃんが2人?

なんでおばあちゃん2人?

もう一人はご近所さんなのかな?

おねしょとウンコで汚れたズボンをはいた

2歳くらいの子供を連れて

屋台の周りを歩いていましたーーー


photo NO.11.JPG


さすがの広東省も 最近涼しくなってきたので

市場には 

工員さん向けに布団が山積みになっていた

もちろん 化繊わたのふとんで 

おそらくこれで 40−50元前後でしょう


photo NO.12.JPG


帰りに 例のイスラム食堂の前を通ったら

イスラムの伝統的な

黒い透かしレースの入った被り物をした

おばあちゃんが孫をあやして散歩していました


若い連中は 仕込みに忙しく 働いていました


photo NO.13.JPG


今日の散歩は たった1時間で 

ずいぶん収穫がありましたね

神様と ご先祖様の ご加護でしょうか


■■■■■■■■■■■■【 おまけ】■■■■■■■■■■■


上記 イスラム食堂に 行ってみました

ご存知のように 豚肉はありません 

基本 羊肉と 牛肉です


この日は

「トマトと卵炒め かけ麺」スープ付きで 7元(100円)

を頼みました 



photo NO.14.JPG



これが・・・すっごい美味しかった・・・

でも 量が多すぎて残しました

このスープ 羊のだしです

特有のきつい香が また たまりません 

癖になります



その後 出前を 

アパートの部屋まで持ってきてもらうように

なりました



これは「羊肉水餃子」 7元(100円)

開けてびっくり 全部ラー油の水餃子( ゜Д゜) 

しばし 呆然


photo NO.15.JPG


しかし これ 食べてみたら むっちゃ 美味い!!!

羊のクセが 強烈な辛味で 飛んでるんで 

ぱくぱくいけます!!



辛いんで 汗びっしょりになりますが 

これねえ ビールのアテに いいと思うわ〜 

青島ビールくれ って感じ?

15個くらい 入ってて 

食べても食べても 終わらない感じ

お腹いっぱいでした


そういうわけで 今 

この イスラム食堂をごひいきにしております

いっぱい 通ったら 取材できるかしら( ゜Д゜)

下心マンマン

posted by チーム桜子 at 05:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 榊 ハジメ 
この記事へのコメント
榊さんこんにちわ

毎回、新鮮な情報ありがとうございます。

不思議な国ですね・・・
なんともいえません。

日本を抜いて、数年後には世界第2位の経済大国になる・・・

榊さんのブログ読んでたら
矛盾だらけのような気がしてなりません。

何で、このような国に
売国議員はへつらうのか
やはり、向こうの方が上手いのか。

水島社長が言う「情報戦争」に
日本人がころりとだまされてるんですね。

マスゴミにだまされ続ける日本人(苦笑)
Posted by miha at 2009年11月03日 12:50
miha様 コメント感謝いたします

そうですね 矛盾だらけと言えばその通りです

しかし 私は14年前の まだ みんなが平等に貧しい中国
の 残り香のある頃にこの国に来て 以来 そのあれよあれよの
大変化をこの目で見て 感じますが

中共政府の政策って なんだかんだ言っても実際正しいと・・・

だってほんとに あんな国だった中国がちゃんと豊かになってるわけで・・・

「上手い」って言ったら これ以上「上手い」国は おそらく
現在の地球上に無いと思われます

そして 日本の沈滞と沈没の原因は・・・
おっしゃるとおり、間違いなくマスゴミです!!

Posted by 榊 ハジメ@広東省 急に寒い at 2009年11月03日 21:45
いつも面白い裏中国ネタをありがとうございます。
楽しみにしてます
Posted by 穂日 at 2009年11月05日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33375165

この記事へのトラックバック