2009年07月27日

斉藤ゆきののごあいさつ

斉藤 ゆきの(さいとう ゆきの)

現在、家業を手伝いながら母親の介護をして、自らも膠原病を持ちながら
司法書士・行政書士を目指して、日々まったりと勉強中〜

チーム桜子・斉藤ゆきのです

小・中・高と反日教育をどっぷりと受けて、日本が嫌いな日本人に(笑)
でも、20代の前半にインドにハマり、バイトはインド・ネパール料理屋ばかり
行ってました。そこで、インド・ネパール人から「日本の事を教えてくれ!」
とよく言われたのですが、実は日本の事について何も知らない自分がいました。
彼らは日本はいい国だとしきりに言いますし(笑)

じゃあ一度日本の事を勉強してみるか!

と飛び込んだのが舞楽の世界。
日本文化の奥深さにどんどんハマッて行くのが自分でわかりました。

日本って実はすごいんじゃないの???

インド・ネパールの友達に、日本の文化や日本各地をガイドしていくうちに、
日本が段々好きになっていきました^^
と共に、自分の国を否定する国って何??と疑問を持つように。

決定的だったのが、今年北野誠さんの追放事件。
え?なんなの?言論封鎖?それでマスコミも原因追求せず全部スルーですか??

・・・何かが日本ではびこってる。。。

と検索していて見つけたのが

さまざまな形で活動されている保守系の人々の記事でした。
こんなに日本の為に頑張ってくれてる人がいるのに、私は何をしているんだろう?
私も何か出来ることがあればと思い、立ち上がる事にしました!

某コミュニティで色々書いていると、チーム桜子のお話を頂きました。
女性ならではの視点で、今日本に何が起こっているか皆様にお伝えする事が
出来るなら・・・と思い、今回チームに参加させて頂くことになりました。

少しでも多くの人にコラム見ていただけたらうれしいです☆

最後にダライラマ14世の実姉の言葉を☆
「戦争でどんなに建物が破壊され、人が殺されても国は滅びない。
でも、その国の人々の魂(伝統文化・歴史)が破壊された時、
その民族は滅びます」

posted by チーム桜子 at 08:23| Comment(11) | TrackBack(0) | 斉藤ゆきの 
この記事へのコメント
魂が破壊された時、その民族は滅びる。
滅亡の危機に晒された人の魂の叫びですね。
今日のチベット明日の台湾は明後日の日本。

そういや今の日本って子供の頃から伝統文化に触れる機会がほとんどないですね。
Posted by 穂日 at 2009年07月27日 19:33
斉藤さんのように多くの方に日本の凄さを知ってもらい日本を好きになって欲しいです。応援しております。
Posted by 憂国太郎 at 2009年07月28日 20:07
うう、日本の魂(伝統文化・歴史)は破壊されそうです。

この道筋はもう変えられぬものなのか!
Posted by at 2009年07月28日 23:04
早速のコメントありがとうございます^^
魂の破壊(精神侵略)は残念ながら完了しているようですが、最後の最後でとてつもない日本が再生するような気がしています。
私達のご先祖様に恥じないよう、明るい未来を子孫に残せるように、頑張っていきましょう!
これからもよろしくお願い致します☆
Posted by 斉藤ゆきの at 2009年07月29日 14:07
私も司法書士を目指してますが、予想してた以上に難しいですね。
お互い頑張りましょう!
Posted by 千葉県民 at 2009年08月02日 22:06
コメントありがとうございます^^
司法書士は勉強する範囲が膨大ですからね^^;
頑張りましょう!!
Posted by 斉藤ゆきの at 2009年08月04日 07:25
はじめまして
報道ワイド日本を見てこのサイトを知りました。
応援させていただきます。
Posted by チャンネル桜視聴者 at 2009年08月05日 03:49
はじめまして☆
お笑い担当のゆきのですwww
応援ありがとうございます^^
Posted by 斉藤ゆきの at 2009年08月05日 23:45
インドといえば、チャンドラ・ボースを知らないとモグリといわれますよ。

あと、スリランカのジャヤワルダナ!

Posted by はじめまして at 2009年08月09日 08:23
簡単な設問に答えるだけで貴方にふさわしい名言がわかる、名言チェッカー!あなたの本当の性格を見抜けちゃいます。世界の偉人達が残した名言にはどことなく重みがあるものです
Posted by 名言チェッカー at 2009年09月21日 19:59
大阪の伝統文化にも目を向けていただければと思います。最近はネットでは他国呼称する売国的な族も多い状況です。それでいてステレオタイプな価値がはびこる状況。地元を自虐的に言うことも結構あったりと全く持って辛い状況です。

斉藤さんには、大阪の伝統、歴史、文化を見つめ直していただければ嬉しいです。
Posted by 視聴者 at 2009年12月17日 14:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30389070

この記事へのトラックバック