2017年02月25日

『これを好機に』

チーム桜子・神保京子です。

2月13日にマレーシアで金正男氏が殺害されました。

正男氏には特に何の思い入れもありませんでしたが、

やはりあのような形で殺されてしまうのは

とても理不尽であり、とてもかわいそうだと

感じました。


正男氏が殺害されてから、10日以上が経ちますが、

日本での報道は北朝鮮の思惑や現指導者金正恩の考えや

気持ちを忖度するものばかりです。

日本と北朝鮮間の最大の問題と言えば

拉致問題であると私は思うのですが、

拉致問題への影響などを報道するものは

一つもありませんでした。


今回のような突飛な出来事は

北朝鮮がいかに狂った国家であるかを世界に宣伝し、

それとともに、拉致問題をクローズアップし、

日本の味方を作る好機にもなりえるはずなのに、

メディアも政治家もその事には

全く触れないのですよね。


これはとても残念ですが、日本は戦後からずっと

何かの出来事にただおろおろするだけの受動的な国家に

成り下がっている証拠なのだと思います。


今後も北朝鮮は今回のようなめちゃくちゃで

残酷な事をやっていくでしょう。

大事なのはその時の北朝鮮の思惑などではなく、

日本がその出来事をいかに日本に有利に

利用していくかだと思います。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178901779

この記事へのトラックバック