2016年12月19日

『話し合いでは返って来ない。』

チーム桜子・神保京子です。


ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏が

来日しました。

遅刻してきてあっと言う間に帰っていきました。


北方領土の返還をめぐって、

日本国内では返還交渉が進展するのではないかとの

大きな期待がなぜかおきましたが、

私は話し合いでは絶対に返ってこないし、

交渉も進展しないと思っていました。


歴史を見れば、領土を取り返す手段は大抵戦争です。

血を流して、日本人兵士の犠牲を払ってでも取り返す。

実際にそうなるかどうかではなく、

その覚悟が返還交渉に必須なのではないでしょうか。

果たして、日本人の中にその覚悟があるのかと言えば、

そこまでしなくてもいいんじゃないの?

という方が大半なのだと思います。


翻ってロシア側は?

と言えば、その覚悟が十分にあるし、

現にクリミアではロシア兵が血を流して

領土を取り戻しているわけです。


そのロシアに領土を返してくれと

話し合いなんかで通じるはずがないと私は思います。


だから、

日本国内で返還交渉への期待が高まったことが

不思議で不思議でなりませんでした。


マスコミが期待を勝手に高めて、

安倍政権を貶めたいのか、

それとも、頭がお花畑で

本当にうまくいくと思っていたのかは

定かではありませんが、

どう考えても

ロシアが領土を返還することはないと思うのです。


かく言う私は北方領土を返還せよ。

と主張するだけの覚悟を有しているのかというと、

即答できないでおります。


例えば北方領土のために

我が国の自衛官が犠牲になることを

妻である自分は覚悟ができるのだろうか。

と想像すると、

とても複雑な心境になってしまいました。

いやはや情けない。


けれど、一度奪われた領土を取り返すという事は、

『話し合いで解決!』なんて

生ぬるい話ではないと改めて思います。


日本は領土問題をたくさん抱えていて、

どれも相手国のせいにばかりしていますが、

結局は日本がどんな毅然とした対応を取るのか、

それにかかっているのだと私は思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
『話し合い』では返してくれない。

明治期に当時のロシア皇帝ニコライ2世が来日した際、群衆に紛れた巡査(警察官)がサーベルを抜いてニコライ2世の乗った人力車に襲いかかり斬りつけた事件があった。有名な大津事件であるが、当時はロシアの極東進出、植民地拡大に朝鮮半島や日本海までロシア側に取られてしまう俄かな現実が圧し掛かっていた。北海道、九州さえ危ないと言われていた。その頃の小国日本は軽化学工業がようやく成長し始め、アジアで唯一の新興国家の道を歩み始めたばかりの若き青年だった。

外国の皇帝を斬りつけるなど前代未聞の大事件になり、日本政府に緊張が走った。日本政府のできうる限りの持て成しと市民の歓迎ぶりに日ロ両政府は極めて良好なムードができつつある中「今、ロシアと戦争したら絶対勝てないときにとんでもないことをしてくれた」、この罪を持って日本政府はロシア側に誠意に侘びた。日本の政治家は内には強く外には弱い外交姿勢を江戸幕府の開国以来貫いていた。優れたものを外国から学ぶ独特の手法と立ち回りで、日本が力をつけたときこそが
列強と対等になれる絶好の機会だった。見計らった緻密な戦争準備と外交力で後の日露戦争に勝利できたことは言うまでもない。

政府はこの巡査を死刑にするよう、圧力をかけたが、当時の大審院(今の最高裁)は死刑ではなく無期懲役刑に処した。これには諸説あるが、大きな理由はきちんとした日本の法整備だった。大審院は「外国の皇帝を傷つける行為が死刑に該当する法文がない」という理由だった。これは三権分立に根差した司法権の独立だった、政府のいかなる要請や圧力も裁判に介入し、拘束できないという理屈である。文明国としての民主主義ができていた証拠でもあった。明治政府はもはや戦争は避けられない、ロシア側は総力を挙げて日本に復讐してくると覚悟していた。ロシア側に裁判の結果死刑ではなく、無期刑になった事を伝えると「貴国の法で処罰したのであれば、それで構いませんよ」とロシア側は回答したそうである。きちんと法整備され、秩序を乱した者は法で裁く文明社会としての政府の対応をロシア側は評価した。

憲法も持たない野蛮な国も多くあった時代、日本は日本国憲法を制定した文明国だった。ごく当たり前のようだが、対等の関係とは共通のルールがあることだろう。戦争に勝ったからといって領土を占拠し返さない理由は成り立つまい。北方領土は昔から日本人がたくさん暮らしていた。あの人たちの住民票は今もある。戦争は実力行使による蛮行だ、不可侵条約を破棄した当時のソビエト政府は正当事由なり根拠を国際社会に説明できるのだろうか、時が経過しても日本人は言い続ける、「そこは私たちの場所です、帰してください」。
Posted by 社会人記者 キャプテン丙 at 2016年12月28日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178096586

この記事へのトラックバック