2016年10月29日

『電車で化粧』

チーム桜子・神保京子です。


東急電鉄のマナー広告で、

女性が電車内で化粧をすることを

『みっともない』と表現したことが、

様々な反響を呼んでいるそうです。


「電車内で化粧して何が悪い。」

「鉄道会社にみっともないと言われる筋合いはない。」

「女性蔑視の表現だ。」

という否定的な意見と、広告に賛成の意見の両方が

噴出しているのだとか。

私はみっともないと言うか、電車内で化粧をする人は

他人に対して思いやりのない人だな、と思います。

だって、化粧って粉が飛んだり、

人の服を汚す可能性があるので、

物理的に人に迷惑かける可能性がありますよね。


みっともないとは、

とてもじゃないが、見ていられない。

ということですよね。


そもそもスッピンがみっともないという自覚があるから

化粧をしているのですよね・・・?

女性は化粧をしなくてはならないなんて法律はないので、

別に揺れる電車内で危なっかしく

化粧をする必要はどこにもないと思うので、

朝、時間がなかったのであれば

スッピンで出かければ良いのではないでしょうか。


とは言え、電車内で化粧をする女性は

公共の場での振る舞いを学ばずに

成長してきたのだろうなと思います。

公共の場は不特定多数が利用するのですから、

みんな節度をわきまえて気を遣いあって

過ごす所だと思います。

だから、自分のスッピンは

とても見られたものではないと

自覚があるのであれば、

化粧をしてから公共のスペースに出るのが

筋だと思うのです。


公衆道徳なんて、おそらく

死語になってしまっているのだと思うのですが、

みんながみんな自分の事を優先して行動していては

公共の場は荒れ放題になるでしょう。

化粧に限らず、音楽を大きな音で聞いたり、

混雑した車内で足を組んだり、

公共の場にふさわしくない行動をとる人は

多少なりといます。

せまい日本でみんながそこそこ気分よく過ごすには

そこそこ相手の事を思いやる気持ちが

大切なのではないでしょうか。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177465489

この記事へのトラックバック