2016年06月24日

『イギリスの選択』

チーム桜子・神保京子です。


イギリスがEUを離脱することになりましたね。

ずっと離脱派を残留派が拮抗していたそうで、

なんだかんだで残留するのかな。

大きな変化は起きないんじゃないのかな。

などと勝手に思っていましたが、

離脱派が勝利しましたね〜。


ちょっと驚きましたが、離脱派の皆さんの危機感を

私はとても理解できます。

この投票の前に地上波を見ていたら

不思議な解説をしていました。


離脱派の言い分

・EU域内に入った移民が大量に無審査で

イギリスに入り治安が悪化する。

・移民に仕事を奪われ雇用が減る。

・英語を話せない移民に対する社会保障費が

めっちゃかかる。

・EUに負担金を1兆円以上払い、それが東欧の

貧しい国に払われイギリスにうまみがない。

など。


残留派の言い分

・EUを脱退したら関税がかかり、経済的にマイナス。

・EU域内に入るのに手続きが煩雑になり

お金がかかる。

・イギリスに拠点を置く外国企業が

イギリスを離れるかも知れない。など。


結論

残留しないと経済的にマイナスなので、

離脱しない方が良い。

と、頓珍漢な解説をしていて驚きました。

だって、離脱しても残留しても

金額の大小はあれど

経済的にマイナスじゃないですか。


イギリス人のEU離脱願望というのは、

経済的なことだけではないと思うんですよね。


EUの法律が優先され、移民が大量に入ってきて、

イギリスの主権が徐々に失われ、

イギリスという国がなくなってしまうのでは、

という危機感がEU離脱派の根底にあると思うんです。


今後、おそらく他のEUに属する国々が

EUを離脱したいと声を上げ始めてしまえば、

あっという間にEUは瓦解するでしょう。

そうなればヨーロッパは大混乱に陥るでしょうし、

それを見て喜ぶのはロシアでしょうし、

混乱したところにさらに移民が増えれば

収集がつかなくなるかも知れません。


それでもイギリス人がEUを離脱し、

自立の道を選んだわけです。


早速株価は乱高下し、円高になっちゃいましたが、

世界が混乱しようがどうなろうが

自分の国の行く末は自分で決める!

と言うイギリスの姿勢が

ある意味羨ましくもありました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
こんな真っ赤なのを使う共産党主義者がいるということを、みなさんにも知っていただければと思います。
Posted by むーたん at 2016年06月26日 22:45


イギリス人は冷静沈着で、人生の出来事を――たとえどれほど悲劇的なことであれ――ユーモアとともに受け止めるやり方を心得ているとよく言われます。かなり当たっています。
それがイギリス人の本当に馬鹿なところなんです。ユーモアは救いにならない。

ミシェル・ウエルベック『素粒子』

Posted by mugi at 2016年06月30日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175811455

この記事へのトラックバック