2016年04月29日

『新番組』

チーム桜子・神保京子です。


4月25日からチャンネル桜の番組が変わったそうです!

月〜金の20:00〜21:00は

『フロントジャパン』というタイトルで、

日々のニュースや様々なテーマを取り上げて

日本の進むべき道を追求する番組だそうです。



他にも頑固なおじ様方が論陣をはる『頑固亭異聞』、

日本と世界の草莽日本人が現地の情報を伝える

『桜ワールドネットワーク』などなど。

今までにも増してパワーアップした番組が目白押しです。


いくつか新しい番組を拝見いたしましたが、

スタジオのセットもかっこよくなっていて

とても面白かったです!

あと、私はいつもネットで視聴しているので、

一つの動画の再生時間が長くなったので

それもちょっと嬉しいです。


リニューアルしたチャンネル桜の番組が

もっと広まるように

これからも応援したいと思います〜!

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 16:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
「国体護持の保守本流」という正統派を貫く唯一のテレビ局である「日本文化チャンネル桜」さんのプログラムは、硬直化した現代言論・報道分野において、まさに新時代への水平を開く「プロフェッショナル表現」の端緒となるであろう未知数の可能性を「今」と「未来」へ向けて「社会政治的命題の証明」に取り組んでいるように私は思います。

ただ、もっと「リアル」に向き合ってもらえるような番組がほとんどないのが残念なところです。
例えば、“日本よ、今...「闘論!倒論!討論!」”という人気番組がありますが、いつも「保守の座談会」に終始してしまい、対論にならない結果に終わっていますが、それではタイトルにそぐわない気がするのです。
新自由主義・グローバリゼーション・自由放任主義などを代表する革新論客4人とこれに対立する保守論客4人との対論や、マルクス・レーニン主義を未だに信仰するML系4人と保守系4人との対論、リバタリアニズムを標榜する新左翼4人と保守系4人との対論などなど・・・もっと「リアル」と対峙した「勇気」ある知的トークバトルの「闘論」「倒論」「討論」を実現してほしいものです。

ともあれ「チャンネル桜」さんは、日本で唯一の保守本流マスコミであるのと同時に、保守も中道も革新も問わず、「日本」を想い、考えるすべての人が等しく必見のコンテンツを提供してくれています。

「日本文化チャンネル桜」さんの新たなるご活躍をお祈りしています。
Posted by 「日本学会」会長 at 2016年05月01日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175091694

この記事へのトラックバック