2016年04月05日

『アメリカの大統領選挙』

チーム桜子・神保京子です。


今年はアメリカの大統領選があるということで、

一体誰が大統領になるのかとメディアはさかんに

報道しております。


小さい頃から不思議だったのですが、アメリカの

大統領選って、ちょっと報道しすぎじゃないでしょうかね。

確かにアメリカは世界一の大国だと思います。

アメリカの政策が日本に大きな影響をもたらすことも

確かでしょう。

大統領が誰になるのかは世界の関心事であり、

他の国も報道しているのかも知れません。


でも、日本人に選挙権があるわけでもないのに、

こんなに何か月も前から誰になるの?誰になるの?

って、そんなにハラハラドキドキしてどうするのよ?


報道の量が多いのも不可解ですが、

問題なのは報道内容だと思います。

というのも、メディアを見ていると

アメリカの大統領が○○になったら日本はどうなる?

という受け身な意見はあっても、○○になったら

日本はどうする?どうすべきか?

という能動的なお話はほぼ皆無なのです。

アメリカの大統領が誰になるかよりも、

ちゃんと今後の日本がどうあるべきかを語って、

その上で、アメリカと付き合っていけば

良いのではないかと思うのです。


とは言え、日本は自分の国の憲法でさえ

自分で作り変える事が出来ない国。

情けなくてみっともなくて、

アメリカ様の一挙手一投足を

常にそわそわして見ているだけの国。

大統領選の報道を通して

そんな日本の現実を突き付けられた気がしました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
一流の人々は「自分がこうありたい」というポイントに大きなエネルギー負荷をかけるのに対して、一般の人々は「一般的にこうあるべき」というポイントに自分の存在意義をかけてしまう。
Posted by 日野丸子 at 2016年04月06日 15:26
テレビがない生活になり10年以上になるのだが、昼食先で久しぶりに見て驚いた。
スポーツ紙を読みあげたり、twitterの声を取りあげて番組を維持しているようにしか見えず、コメンテーターも表面的で大衆迎合。
Posted by ten at 2016年04月08日 12:26
プライムニュース。

渡部昇一「子どもは自分の意志で産んで、それで保育園に入れなかったら国を責める、何を考えてるんだ」
石原慎太郎「いやなら中国にでも韓国にでも行けばいい」
堺屋太一「イスラム国にでも」
http://matome.naver.jp/odai/2146004648005779501

老害の見本
Posted by mass at 2016年04月08日 13:59
「日本はアメリカの属国などでは決してない。日本は暫定政権(臨時政府)のままなのである」
これは私の持論です。
そのことを長々と申し上げることは差し控えますが、この場合「アメリカ合衆国」という存在は、「日本国」という名の日本暫定政権にとっては今後の「行程表」にダイレクトに影響を及ぼしますから「他人事」ならぬ「他国事」にはならないのです。
なぜなら「誰がアメリカの大統領になるのか」によって、日本暫定政権の方向性も決まるからです。

「日本の現実を突き付けられた気がした」
というご感想はまさにその「リアル」を痛感されておられるのではないかと私も想いを同じくしております。
今、安倍内閣・自民党や大阪維新の会を中心とした革新陣営は「憲法改正」を共有テーマとして今後の政局をリードしようとしています。
その先は「いわゆる“日本国憲法の焼き直し”」による「国体の変革」という恐ろしい副作用をもたらす危険性を内包する不幸な未来です。

「正式な軍隊さえ持てれば日本は一人前の国になれる」といった軽佻浮薄な「改憲論者」の戯言には正直「ML系護憲論者」と同じエッセンスを私は見出しています。
国体の本義に基づかない「改憲派」と「護憲派」は「同じ穴の狢」です。

「国体明徴無くして新憲法の制定無し」
このことを自覚せずして、新しい憲法、そして日本の「今」と「未来」を語ることはできないと考えます。

そんな今の日本にとって「アメリカに向き合うことは直接自分と向き合うこととイコールである」という情けない現実に対抗することは不可能です。

「ホワイトハウス=ワシントンD.C」は日本にとって“GHQ”そのものです。
その主が誰になるのかは「日本国」の運命そのものであること、そしてそれを喜んで受け入れているのが誰でもない私たち日本人自身であることをあらためて思い知らされるトピックでした。
Posted by 「日本学会」会長 at 2016年04月09日 10:15
自分のいいとろこは男からの暴力に耐えられる。というお笑い芸人の女の子オカリナ。
みんな笑ってる。
ダウンタウン浜田「それいいな」。

これテレビで流しちゃいけません。
Posted by DV at 2016年04月16日 09:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174778270

この記事へのトラックバック