2016年02月29日

『ニュースでよく見る乳幼児虐待死』

チーム桜子・神保京子です。

乳幼児の虐待死のニュースを定期的に見聞きし、

いつも悲しく悔しく思っておりましたが、

実際に新生児を育ててみると、確かに分からないことも多く、

2〜3時間おきにやってくる授乳にオムツ替え、

理由不明の泣きじゃくりに精神的に参ってしまうことも

多々あることがわかりました。


子供が欲しくて欲しくて、やっと授かった子供なのに、

こんなに大変なんだ。

と思うと、たいして子供が欲しかったわけでもない人が

赤ちゃんを育てることは苦痛で苦痛でたまらないだろう

とも思います。


赤ちゃん育児は大変ですが、ミルクをお腹いっぱい飲んで、

満足そうに眠っている我が子を見ると、

疲れや不安やしんどさなんて一瞬で吹き飛んで、

本当に穏やかな幸福感に包まれます。


虐待をしてしまった人々はこうした幸せを感じられず、

育児の楽しさも味わえなかったある意味、

不幸な人々であったのだと思います。


だからと言って、虐待は断じて許されることではないので、

やってしまった人はしっかりと罪を償っていただきたい

と思います。


虐待死の問題では子供が一番の被害者ですが、

虐待死に至る前に強制的に親と子供を引き離し、

必要があれば親にカウンセリングなどを

受けさせることも必要なのではないか

と思ってしまいます。


確かにプライバシーの問題やら、どこまでが虐待なのか

線引きは難しいと思いますが、

大抵のニュースを見ると、事前に何度も通報がある場合が

多く、助けられなかったことが余計に悔やまれます。


子供を助けることが一番の目的ですが、

同時に親も犯罪者にしなくて済むわけですから、

警察や児童相談所などにもう少し権限を与えて

虐待死に至る前に子供も親も守れるようになればいい

と思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 04:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
「教育」と「調教」の違いが理解できない、というのも「悲劇」を生む大きな要素だと思います。
欧米の上流家庭では昔から牛革のムチによる「躾」が珍しくなかった伝統的先例がありますが、果たしてこれは「教育」であるのか「調教」であるのか・・・広汎な議論の余地がありそうです。

教育現場における「体罰」が社会政治的問題として大きく取り上げられたりしましたが、こうした「身体で覚えさせる(教える)」といった「体罰」も「教育」というよりはむしろ「調教」といった側面が目立つ事例が目立ち、かつての「教育的指導」といった意味における「体罰」の「巧みな加減」ができない「未熟者」による問題が見受けられます。

家庭内での「教育」や「躾」といった「子育て」についても勘違いして「調教」に走る未成熟者の「虐待」が様々な「悲劇」を生んでいます。

「教育」と「調教」は違うもの、子どもに必要なのは「調教」ではなく「教育」であるという基本中の基本を弁えるべきであると考えます。

「人が人を育てる」ということの本質的難しさとその尊い神聖な価値とをあらためて深く実感させられるトピックでした。
Posted by 「日本学会」会長 at 2016年02月29日 06:18
母子家庭だと子供が犯罪者になる確率は3倍、父子家庭だと6倍。

2013年3月23日土曜日
家庭環境と非行
http://tmaita77.blogspot.jp/2013/03/blog-post_23.html?spref=tw&m=1
Posted by date at 2016年03月01日 10:03
「なんで勉強しなきゃいけないの?」
って小さい時親に聞いたら

「誰が本当のことを言っていて、誰が嘘つきなのかわかるようになるため。それがわかれば世界が楽しくなるし、あなた自身の心が豊かになるのよ」

って言う親すごいな。

「己の怠惰故の無知と無学はゆくゆくひがみや妬みに姿を変える。低層を輪廻し続ける妖怪のようなものとなる。対し、知識や博学は己を守る術となる。自分を守るために勉学なさい」

って言う祖母すごいな。


Posted by mugi at 2016年03月03日 11:48
ラディカル・フェミニストたちが考えた
(家父長制)という概念とその打破は、今やフェミニズムの根底理論の一つになってます。
Posted by フェミ at 2016年03月06日 12:00
フェ理屈という言葉を作ったのは
元東京女子大学教授の林道義で
初出は1999年の著作 
『フェミニズムの害毒』という本
Posted by フェミ at 2016年03月06日 12:16
VERY妻になりたかった母の死から学んだこと


将来はVERY妻になって、周りから羨まれるようになりたいと思っている方、要注意です。
世間ではセレブ妻ともてはやされても子どもにとっては毒親になっているかもしれない…アルテイシアさん自身の凄絶な体験を切実に綴ります。

http://am-our.com/love/218/12903/
Posted by VERY at 2016年03月06日 15:27
2016年3月14日月曜日

世帯構造内の貧困分布
http://tmaita77.blogspot.jp/2016/03/blog-post_14.html?spref=tw

最新の厚労省『国民生活基礎調査』のデータを使って,計算してみましょう。

2014年の調査対象となた6837世帯の年収分布は,以下のようです。下記サイトの表24より数値を採取して,作成しました。

---

チーム桜子のメンバーの中に海外在住の方いらっしゃるので是非海外の情報もブログにアップしてください。
日本との日常の違い、生活してみないとわからないことなどお願いします。

イギリスでは病院行くと「人種」の記入欄があるみたいです。
医者は大変ですね。
Posted by date at 2016年03月15日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174253033

この記事へのトラックバック