2015年09月15日

『被災地の外国人』

チーム桜子・神保京子です。


茨城県の鬼怒川周辺で大雨により堤防が決壊し、

たくさんの被害が出ました。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。


とある番組でこの鬼怒川で被災した方々の中に

多くの外国人住民がいて、

とても困っているとの報道がありました。


報道では、『英語も日本語も通じず、

途方に暮れている・・・。』と、

とても同情的に話していたのですが、

旅行客として来て被災したわけではなく、

この場所で暮らしていて日本語も英語も

話せない外国人って、どういうこと?


この茨城の常総市って

そんなに田舎ではないけれど、そこまで都会じゃないし、

日本語も英語も話せないで

どうやって生活していたの???

せ、生活保護とか???


一体どこの国の人なのか

全く触れられていませんでしたが、

常総市では発災後に空き巣被害が

多発しているとこのこと。

今までの日本の災害で空き巣被害が

ニュースになることなんてほとんどなかったので、

外国人の比率が割りと高い地域だったという事で、

大変申し上げにくいですが

様々な疑念が湧いてしまいます。


日本は本当に災害が多くて、毎年のように

どこかで誰かが被災する大変な事態が起きています。

それを日本人は力を合わせて

みんなで協力して乗り越えてきたわけですが、

文化や風習や言語や考え方の違う人々が

混ざった上で今後起こりうるたくさんの災害を

乗り越えることってなかなか大変なのでは

ないでしょうか。


移民や難民を受け入れよう!

なんて簡単に言う人がいますが、

平常時ならばいざ知らず、これだけ災害の多い日本で

彼らを受け入れて共に暮らしていけるのか、

ちゃんと現実を考える必要があると感じました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 11:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
災害が起きるたび人の絆が強くなっている/今こそ友愛

>明日は我が身、お互いさま<こうした言葉も日本ならではの習わしから来ていますよ、関東震災の当時と同じ慈しみの精神が現れている、情愛と心の豊かさで震災に遭われた方たちも必ず再建できる、衣食住の心配事が大きいですが大丈夫だ、何とかなるんだ、日本を信じてくれ。
Posted by 鬼と人と太陽とともに。。 at 2015年09月16日 17:17
まあ、安全神話の崩壊だね、誰のせいでもどうしようもないよ、災害に合わないところを探して家立て、尚且つ、保険に入っておく、備えあれば患いなしだよ、こればっかりは運命だ、どうしようもねーよ 
Posted by at 2015年09月17日 14:00
「移民や難民を受け入れよう!」
っていかにも人道的で反対しづらいことですが、移民で破綻している国を見ると、綺麗ごとの偽善じゃ済まないと思います。
日本の治安が悪くなるなら、移民や難民を受け入れる義務など無いと思います。
Posted by at 2015年09月17日 22:02
最近ひょんなことから同じ職場の人が二人も、家族で自衛隊の基地祭に行っていると知りました。
今までそんな話が出たことが無く意外でしたが、自衛隊に好意を持っている人が身近にいて嬉しくなりました。
ほかにも航空祭は親子で毎年行くという人もいます。
Posted by 葉桜 at 2015年09月17日 22:07
チーム桜子・神保京子さん、はじめまして。

前トピよりお邪魔させていただいております。
長々とした自己PRは前トピのコメント欄にて済ませておりますもので、各位ご迷惑となってはいけませんのでこちらでは控えさせていただきます。

そもそも論として「移民」と「難民」は違うという常識を、一般教養として私たち日本国民は習熟度を高めていかねばなりません。
その上での議論でないと、いたずらに「軽佻浮薄なヒューマニズムもどき」のセンチメンタルな感情論で認知してしまう致命的な過誤を犯すことになります。

常総市は意外と国際都市なんですね。
特にブラジル人コミュニティーがここ2,30年の間にすっかり定着しているのだそうです。
日本語ができなくとも、こうしたコミュニティーの中で生きるだけなら言葉の壁は障害にならず、ポルトガル語しか話せないのに来日するブラジル人の方も多いようです。
群馬や他の地域にも、こうしたブラジリアンタウンが点在していると聞きます。

ペルー人の男による無差別連続殺人事件の例も含めて考えましても、我が国は「移民」も「難民」も安易軽率に受け入れるようなことがあっては絶対にいけません。
双方にとって不幸です。

言葉・価値観・生活様式・雇用・社会保障などなど・・・オールクリアすべき要素が多々ありますが、こうした「課題」を無視した先にあるのは「悲劇的な対立と憎悪」しかないことを深くかみしめながら、本件に向き合うべきであると考えます。

神保さんには、はじめましてのご挨拶を申し上げ、チーム桜子各位には、あらためましてよろしくお願い申し上げます。
Posted by 「日本学会」会長 at 2015年09月18日 00:03
天皇陛下の万歳を祝し奉ります。
皇后陛下の万歳を祝し奉ります。

明治節おめでとうございます♪

明治節の佳節にあたり、ここに明治節制定ノ詔書*と明治節ノ祝宴ニ於ケル勅語*を謹載し奉り、お祝い申し上げます。



**明治節制定ノ詔書【昭和2年3月3日】

朕カ皇祖考明治天皇大業夙ニ曠古ノ隆運ヲ啓カセタマヘリ茲ニ十一月三日ヲ明治節ト定メ臣民ト共ニ永ク天皇ノ遺徳ヲ仰キ明治ノ昭代ヲ追憶スル所アラムトス


**明治節ノ祝宴ニ於ケル勅語【昭和3年11月3日】

朕曩ニ明治天皇ノ懿徳ヲ頌揚シ其遺業ヲ追念セムカ為明治節ヲ定ムル所アリ今此佳辰ニ値ヒ祝宴ヲ開キ各国代表者並諸大臣等ト歓ヲ偕ニスルハ朕ノ満足スル所ナリ茲ニ友邦ノ君主及大統領ノ健康ヲ祝シ併セテ交際ノ益々親密ナラムコトヲ望ム
Posted by 「日本学会」会長 at 2015年11月03日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163637119

この記事へのトラックバック