2015年08月28日

『夜の総火演』

チーム桜子・神保京子です。

先週、静岡県御殿場で自衛隊による総合火力演習が

行われました。

23日の本番では2万6千人の人が

見学に来ていたようです。

今回は観客にけが人が出たり

10式戦車のキャタピラがはずれたりと、

残念な事故がいくつかあったようです。

徹底的に事故の追求をして、

二度と事故が起こらないようにつとめていただきたいです。


一般的に総火演は昼の部が有名ですが、

今回、私は夜の部に行って来ました。


昼は2時間ほどみっちりやるのですが、

夜は30分ほどで終わるので、

始まってしまうとあっという間でした。


soukaen 01.JPG


夕闇の演習場にそびえる富士山。

と〜っても幻想的でした。


夜の部は自衛官が暗視スコープを使うので

カメラのフラッシュやライトは

目を傷つけるおそれがあるので、使用厳禁。

ですが、演習前に照明弾の打ち上げがあって、

それはカメラで撮ることができました。


soukaen 02.JPG


初めて照明弾を見たのですが、

あまりに明るくてびっくりしました。

照明弾はよくUFOと身間違えられますが、

確かに他に見たことのない光ですし、

パラシュートがついていてゆ〜っくり降下するので、

知らなかったらきっとUFOに見間違えると思います。

100万カンデラという明るさらしくて、

1カンデラがおよそロウソク1本だそうなので、

ロウソク100万本分!?

ちょっとよくわからないですが、

とにかくもうめちゃくちゃ明るかったです。

他にも夜間の総火演は銃弾の弾道が光るようにされていて

昼よりもくっきり見えたり、周囲がものすごく静かなので

砲弾の爆音がより鮮明に聞こえてきたりと、

昼よりもむしろ迫力があったように感じました。


夜の御殿場の山の中なんてなかなか行きにくいですが、

皆さんも機会があったら

ぜひぜひ見に行っていただきたいです。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
http://news.jphma.org/2013/10/jphma-622f.html子宮頸がん予防ワクチンその後 被害者へのホメオパシー健康相談も始まる(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

Posted by junn at 2015年08月30日 10:15
砲弾の破片で軽症のけが人が出たらしいですが、一体どんな状況だったんですかね?戦車砲の装弾筒が発射後に飛び散ったとしても、あくまで前方に飛び散るはずなので見物人の方には来ないはずだし・・・。

井上和彦氏のガダルカナルレポート見ましたが、井上氏は、戦史以外の知識は、あまりカメラ前で語られない方が良いのでは?「私の知る限り、97式中戦車改の現存は、世界に3台・・」みたいな発言は、自ら知識の乏しさを披瀝されてる感じがして痛々しい・・・。いまどきグーグルで調べただけでも、ロシアにも現存しているのが判明するし、アメリカだけでも、アバディーン以外の博物館に2台(内1台は増加装甲付きのレア物)ある事もわかる。その他の発言も違和感があるが、長くなるので止めときます。

Posted by 不可解 at 2015年08月30日 11:36
ずっと前からの願いで、一度観に行ってみたいです。
このところ鉄道の放火事件が続いているので、関連して何か変だな〜と感じます。
Posted by ぽん at 2015年09月01日 20:23
TBSって尽々ひどいね。ブルーリボンバッジをドラマの悪役に付けさせるなんて絶対故意だよね。
Posted by ぽん at 2015年09月03日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162436142

この記事へのトラックバック