2015年08月19日

『自衛隊のある暮らし』

チーム桜子・神保京子です。


静岡に越してきてから、およそ2週間。

こちらはとても涼しくて昼間でも室内気温は

30度にならず快適にすごせています。


先日、御殿場のスーパーで卵を買おうとしたら

おもしろいパッケージがありました。

gotenba-tamago.JPG

御殿場のいろいろな情報をのせるシリーズみたいで、

今回はもうすぐ開催される総合火力演習の情報が

載せられていたみたいです。

何だか、生活に密着している感じがあって良いですね。


この総合火力演習は年に一回、富士の演習場で

大規模に行われる演習ですが、1〜2週間前から

この練習で毎日毎日爆弾(?)とか拳銃(?)などの

爆音が聞こえています。


昼の部と夜の部があるようで、夜も遠くで

ドガーン!ボン!ボン!と音がしていますが、

こちらに住む人はみんな慣れた様子で、

もうすぐ総火演(総合火力演習の略)だね〜。

とのんびりと話しています。


もちろん、御殿場周辺には駐屯地が多く、

自衛官が多く住んでいるせいもありますが、

街中を陸自の車両が走っていても

誰も何も言いませんし、特に気にする人もいません。


もしかしたら、一部に強烈な反自衛隊の人が

いるかもしれませんが、大多数は自衛官が身近にいるのが

普通の暮らしです。

自衛隊と御殿場周辺の人々は本当に普通に暮らし、

とても馴染んでいます。


自衛隊と地域住民の関係性は

悪いところばかりピックアップされますが、

日本中のほとんどのところでは

うまくいっているんだろうなぁ。

そして、それは絶対に報道されないし、

何か問題があるときだけやたらと騒がれるんだろうな・・・。

と、卵のパック一つから、

またマスコミの酷さを考えてしまいました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
卵が左側の下だけ使ってあるところがカワイイ・・・(笑)
Posted by おかゆ at 2015年08月19日 20:00
御殿場は有名なレストラン
「れすとらん 力亭(チカラテイ)」
がある所ですね。
Posted by junn at 2015年08月19日 20:45
【緊急アピール】

子宮頚がん予防ワクチンは「民族根絶やしワクチン」です!

            
知らずにいることがどれほど怖いか? http://home-yasupapa.pya.jp/kinkyukeijiban.html


 

Posted by j at 2015年08月20日 07:28
私が中学生の時、中学の近くにある標高の高い山で地元の陸上自衛隊が演習で来ていた、迷彩服がめずらしくて、銃が見えて、格好良かったし、何だか子供心にも頼もしく思えて手を振った、そしたら隊員の方が、「勉強しっかりやってるか、がんばれよ」と声を返してくれたのおぼえている。当時の社会科の男性教諭が演習に来ていた自衛隊を批判する口調で「お前らも自衛隊といっしょに行って来い」とかボロボロな言い方していた先生がいた。日教組か何か、回りが反自衛隊的な雰囲気があったように思う。今ではそうでもないが、こんな教師がいたこと、児童生徒に自分の国を守ることに自信や誇りを教えない、おかしな信条を生徒の前で見せるのはどこか大人の汚いエゴとかいうか、暗い悲しい気分になる。

自衛隊こそ日本の看板を背負っている、誇るべきごく普通の存在、頑張る自衛隊のみなさんの活躍を日本の国民なら知らないのはやはりおかしい。変なマスコミの論調や変なに勢力に誤魔化されないでください。自衛隊の中には立派な方が大勢いる、もっと身近に国民は感じていいんじゃないでしょうか。

あの青木ヶ原樹海(自殺の名所?)を陸上自衛隊が横断しています、食糧も水もなく、レンジャー部隊として訓練踏破することで一般にも知られるようになっています。科学兵器演習だけではなく自然の猛威に苛まれた過酷な環境を克服することも求められるんですね。1人1人が洗練され磨かれた組織力はまさに大和魂のように思えてくる。

自衛隊の皆さん、頑張って下さい。いつもありがとうという国民の声を忘れずに。
Posted by 自由と言論の会/内山芳美 at 2015年08月21日 23:30
自衛隊は最も身近な存在、マスコミや悪口を言う人は間違っている。雇用、地域経済、災害や緊急避難時、国際活動、医療、数えきれないくらい貢献している。マスコミこそ戦後の日本社会の産業廃棄物でしょう。真実を伝えない媒体は公害。
Posted by look me. at 2015年08月27日 00:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161850053

この記事へのトラックバック