2015年04月16日

『お帰りさない、加藤さん!』

チーム桜子・神保京子です。

産経新聞前ソウル支局長さんが出国禁止されてから8ヶ月。

理由はなぜかはよく分かりませんが、

韓国からの出国を許されて帰国されました。


いやぁ、本当にお疲れ様でした。

まずはゆっくり休んでいただいて、

日本を満喫していただきたいです。


そもそも、加藤さんが拘束されるきっかけとなったのは

セウォル号沈没事故の際、パククネ大統領が

連絡の取れない時間があり、もしかしたら男性と

会っていたのでは?という噂があることを

記事にしたためです。


結局事実はどうだったのか全くよく分かりませんし、

セウォル号の事故だって未だに行方不明者がいる状態。

そんな中で、韓国国内でのうわさを記事にしただけで

8ヶ月も帰国を許されないなんて、滅茶苦茶すぎます。


ただ、今回の出来事はよくよく韓国にとって

プラスだったのかと言えば決してそんな事はないと思います。

加藤さんを出国禁止にしたことで、日本人の対韓国感情は

悪化し、言論弾圧を行う韓国に対する世界の目は

厳しいものになったはずです。


私は滅茶苦茶な政府、司法、国民のいる韓国には

絶対に行きたくないと思いましたし、できる事なら

今後もなるべく関わらないで過ごしていきたいと

心から思いました。


この出来事は韓国という国がどんなものか

再確認できる好機となったのではないでしょうか。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119908110

この記事へのトラックバック