2018年06月19日

『日の丸』

チーム桜子・神保京子です。


RADWIMPSというバンドが「HINOMARU」という歌を出し、

その歌詞の内容がまるで軍歌のようだと批判され、

作詞した野田さんが謝罪するという事態に発展しました。


批判する人は軍歌のようだと言うのですが、

私には軍歌というより

日本と日本人への応援歌のように感じられて

とても頼もしく、とても元気の出るような歌に

感じられました。


きっと批判するにしても、歌詞のどの部分の

どの言葉がだめなのか

具体的に言えないのだろうと思います。


私もかつては日教組教育を受けたバリバリの

ぼんやり左翼だったので、その頃の自分だったら

きっとこの曲に言い知れぬ嫌悪感を抱いただろうと

思います。


日教組教育は日本人が再び誇りを持ったり勇気を出したり、

誰かのために頑張ったりすることを強く禁じる教育なので、

「HINOMARU 」の歌詞を聞くだけで

今までの常識と違いすぎて、頭が混乱し

拒否反応が出ちゃうんだろうな、と思います。


それはもう仕方のない事だと思います。


だって、真面目に勉強していたら

自然とそうなるようなカリキュラムなのですから。

今回、RADWIMPSのような若者に人気の若いアーティストが

こうした歌を出したことに時代の変化を感じました。


やはりネットの発達や、それにともなう

既存メディアの衰退は着実なものとなって

表面化しているんだと実感しました。

RADWIMPSさんは今回謝罪してしまいましたが、

これからも自由に音楽活動をして貰いたいと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子