2018年04月09日

『迷惑を掛けない死に方』

チーム桜子・神保京子です。

先週、西部邁先生の自殺をほう助した疑いで

二人の方が逮捕されました。

西部先生が亡くなった際、

とても悲しくとても残念に思ったのですが、

今回逮捕者が出たということで、

先生がしたかったことは一体何だったのだろうと、

呆然となりました。


逮捕されたお二人には

奥様もお子様もいらっしゃったそうで、

いくらお二人が同意のもと

自殺を手伝ったとしても、

逮捕された方々のご家族は

大変な迷惑をこうむってしまったと思うのですが、

先生はあの世で一体どんなお気持ちなのでしょうか。


西部先生は生前、度々迷惑を掛けずに

介護や看護を受けるくらいであれば

さっさとこの世からグッドバイしてしまいたい。

といった趣旨のお話をしていらっしゃいました。

確かに先生のお考えも理解できるのですが、

そうであるなら先生は

なぜ人に多大な迷惑を掛けて

あの世に向ったのか、

私には全く分かりません。


亡くなった方を冒涜するわけにはいかないのですが、

西部先生の自分の最後は

自分で決めるという生き様、死に様が

今回の一件で多分に白けてしまい、

先生の行動が人に迷惑を掛けずに死ぬなんて

土台無理な話であることを

逆に証明してしまったようだと感じました。


私もいつか訪れる自分の死については

なるべく人に迷惑をかけずに、と思っていますが、

一切の迷惑を掛けずに死ぬなんて

不可能なことなので、

とにかく死ぬまでしっかり生きて、

死後の面倒はある程度

自分で準備をしておこうと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 13:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子