2017年10月24日

『総選挙が終わって』

チーム桜子・神保京子です。

総選挙が終わり、ふたを開けてみれば

与党の圧勝という形で幕を閉じました。

あれだけ盛大に森友・加計問題で騒いだのに、

選挙結果にはあまり影響を与えなかったようで、

既存メディアの皆様は

苦虫でも嚙むようなお気持ちではないかと

お察し申し上げます。


ジャーナリストの門田隆将さんのコラムで、

“朝日新聞が選挙終盤に行った世論調査で

比例区投票先を「自民党」と答えた世代が

18〜29歳の41%で、

親世代の60代の27%を大きく引き離している。

若者は「現実政党」しか信じなかった。”

という記事を読んで、

若者の方が自民党を応援していることを実感しました。


この若者たちは既存メディアと左派の皆様が煽った

いわゆるモリ・カケ問題などには目もくれず、

現実に経済や雇用を安定させてくれる政党を

支持したのでしょう。

そして、おそらくこの若者たちは政治の情報を

既存メディアではなくネットから仕入れている人が

大半だと思われます。


ネットの情報は玉石混交と言われていますが、

それでもその中から情報を取捨選択する能力は

幼い頃からネットに触れている若者の方が

長けているのではないでしょうか。


自民党が一番良いなんてことは勿論、ありませんが、

若者が既存メディアに煽られず、

現実的にどこの政党がよりマシなのか

ちゃんと選んでいるのだと思うと、

今後の日本に少しだけ明るさを

見たような気がしました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子