2017年10月24日

『総選挙が終わって』

チーム桜子・神保京子です。

総選挙が終わり、ふたを開けてみれば

与党の圧勝という形で幕を閉じました。

あれだけ盛大に森友・加計問題で騒いだのに、

選挙結果にはあまり影響を与えなかったようで、

既存メディアの皆様は

苦虫でも嚙むようなお気持ちではないかと

お察し申し上げます。


ジャーナリストの門田隆将さんのコラムで、

“朝日新聞が選挙終盤に行った世論調査で

比例区投票先を「自民党」と答えた世代が

18〜29歳の41%で、

親世代の60代の27%を大きく引き離している。

若者は「現実政党」しか信じなかった。”

という記事を読んで、

若者の方が自民党を応援していることを実感しました。


この若者たちは既存メディアと左派の皆様が煽った

いわゆるモリ・カケ問題などには目もくれず、

現実に経済や雇用を安定させてくれる政党を

支持したのでしょう。

そして、おそらくこの若者たちは政治の情報を

既存メディアではなくネットから仕入れている人が

大半だと思われます。


ネットの情報は玉石混交と言われていますが、

それでもその中から情報を取捨選択する能力は

幼い頃からネットに触れている若者の方が

長けているのではないでしょうか。


自民党が一番良いなんてことは勿論、ありませんが、

若者が既存メディアに煽られず、

現実的にどこの政党がよりマシなのか

ちゃんと選んでいるのだと思うと、

今後の日本に少しだけ明るさを

見たような気がしました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2017年10月09日

『拉致問題を解決したい』

チーム桜子・神保京子です。

先日、バイオリニストの後藤龍さんが

拉致問題啓発のためのチャリティーコンサートを

日本各地で行っているという記事をネットで読みました。

彼はニューヨークで生まれ育ち

世界で活躍する音楽家なのですが、

幼い頃から母親の節さんが拉致問題について

心を痛めて涙する姿を見て、

自分とは無関係ではないと

啓発コンサートを行うようになったのだそうです。


正直、私も自分で子供を産み育てるまでは、

子供を拉致されるという事が

どれほど辛いのか想像もつきませんでした。

けれども、今改めて拉致問題を考えると、

本当に涙がこぼれてきてしまいます。

拉致被害家族の横田早紀江さんも

年齢は違えど同じ母親だと思うと、

もう、本当に身を切られるよりも辛いだろうと

胸が締め付けられます。

拉致された娘さんが怖い思いをしてないか、

お腹を空かしていないか、

寂しい思いをしていないか、

きっと毎日毎日娘さんの事を考えて、

悲しくしんどい思いを

何十年もしてきたんだろうと思います。


きっとバイオリニストの後藤さんのお母様は

息子さんをとても大切に愛情深く育てたから、

拉致問題にも涙し、そして、その思いが

息子さんにも伝わって、

彼は啓発活動をするようになったのだと思います。

私も彼のお母様のように

拉致問題という日本の根本問題をしっかりと

子供に伝えられる母親になりたいと思いました。


もうすぐ総選挙です。

拉致問題の解決に政治の力は不可欠です。

私は次の選挙では

拉致問題にしっかりと取り組んでいる政治家、政党に

投票したいと思います。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子