2017年02月02日

『アパ!』

チーム桜子・神保京子です。


日本を代表するホテル『アパホテル』に置かれている書籍が

南京大虐殺を否定しているとして騒ぎになり、

それから少し経ちますが、

なんだかあっさりトーンダウンしていますね。


アパホテルは私も何度か利用したことがありますが、

以前から部屋の中に元谷代表の保守的な本は

普通に置いてあり、

何を今更???という感じでした。


この騒動の当初は中国も国を挙げて

アパホテルを攻撃していましたが、

アパホテル側が本を撤去せず、

毅然とした対応を取っていたら、

いつの間にやら騒動は

終息の方向に向かっているようですね。


杉田水脈前衆議院議員のフェイスブックによると、

1月のアパホテルは過去最高収益だったそうで、

中国人が来るメリットよりも、

中国人が来ない方が大きなメリットを得られる結果が

出たわけです。


これは、いままで爆買い爆買いと中国人観光客を

持て囃していたいた企業の方々には

衝撃的な結果なのではないでしょうか。


私も、中国人が風光明媚な観光地でギャーギャーわめき

騒ぐ姿にうんざりしていたので、

合法的に中国人がいない場所でゆっくりできるのだったら、

そちらを選びたいと思います。


たぶん、それは排外主義とか排他的とか

言われると思うのですが、

中国人がマナーを守って静かに観光してくれれば

全く問題はないのです。


でも、彼らは自国の風習を海外においても貫き通し、

他人の迷惑を顧みない自由を謳歌しているわけですから、

こちらも彼らに近づかずに

静かに過ごす自由を選択したいわけなのです。


今後、アパホテルの示した中国人がいなくなったことの

メリットをほかの日本企業がどう捉えるか、

これは大変面白いことになったのではないでしょうか。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 神保 京子