2016年12月19日

『話し合いでは返って来ない。』

チーム桜子・神保京子です。


ロシア大統領ウラジーミル・プーチン氏が

来日しました。

遅刻してきてあっと言う間に帰っていきました。


北方領土の返還をめぐって、

日本国内では返還交渉が進展するのではないかとの

大きな期待がなぜかおきましたが、

私は話し合いでは絶対に返ってこないし、

交渉も進展しないと思っていました。


歴史を見れば、領土を取り返す手段は大抵戦争です。

血を流して、日本人兵士の犠牲を払ってでも取り返す。

実際にそうなるかどうかではなく、

その覚悟が返還交渉に必須なのではないでしょうか。

果たして、日本人の中にその覚悟があるのかと言えば、

そこまでしなくてもいいんじゃないの?

という方が大半なのだと思います。


翻ってロシア側は?

と言えば、その覚悟が十分にあるし、

現にクリミアではロシア兵が血を流して

領土を取り戻しているわけです。


そのロシアに領土を返してくれと

話し合いなんかで通じるはずがないと私は思います。


だから、

日本国内で返還交渉への期待が高まったことが

不思議で不思議でなりませんでした。


マスコミが期待を勝手に高めて、

安倍政権を貶めたいのか、

それとも、頭がお花畑で

本当にうまくいくと思っていたのかは

定かではありませんが、

どう考えても

ロシアが領土を返還することはないと思うのです。


かく言う私は北方領土を返還せよ。

と主張するだけの覚悟を有しているのかというと、

即答できないでおります。


例えば北方領土のために

我が国の自衛官が犠牲になることを

妻である自分は覚悟ができるのだろうか。

と想像すると、

とても複雑な心境になってしまいました。

いやはや情けない。


けれど、一度奪われた領土を取り返すという事は、

『話し合いで解決!』なんて

生ぬるい話ではないと改めて思います。


日本は領土問題をたくさん抱えていて、

どれも相手国のせいにばかりしていますが、

結局は日本がどんな毅然とした対応を取るのか、

それにかかっているのだと私は思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子