2016年07月11日

『参院選所感』

チーム桜子・神保京子です。


昨日、参院選の投票に行ってまいりました。

そこで二つ感じた事がございます。


まず、投票がとにかくアナログ!

投票用紙に鉛筆で手書きって!!!

いつの時代よ!

大人になってから鉛筆を使うなんて

選挙以外ではないんじゃないかしら。

今はほとんどの世帯で

インターネットが使えるんだから、

いい加減ネットで投票できるようにしてほしいし、

それが無理だとしても、投票所にタッチパネルくらい

入れてくれればいいのに!


そうすれば書き間違いも、数え間違いもなく、

投票所の職員の数だって減らせて、

一石何鳥にもなると思うのです。


お年寄りが使えないとか、初期費用が莫大とか

いろいろ難癖つけてやらないようですが、

投票率を上げたいのだったら、もっと工夫してよ!

と心から思いました。


そして選挙期間中にもう一つ感じたのが、

東京の傲慢さ!

正確には在京メディアの傲慢さ!

参院選の最中にひたすら都知事選の話を垂れ流して、

一体なんなのよ?!

と本当に腹立たしかったです。


だって、私は静岡県民で、都知事選の選挙権はないのですよ。

だから、都知事選うんぬんより参院選の方が

ずぅぅぅぅっと大切。


東京以外46道府県の国民は

参院選前に都知事選の報道ばっかりやっていることに

違和感どころじゃない被差別感すら覚えたと思いますよ。


と言うことで、今回の参院選では投票のシステムの悪さと、

在京メディアの傲慢さを酷く感じる選挙でありました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 16:56| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子