2016年06月24日

『イギリスの選択』

チーム桜子・神保京子です。


イギリスがEUを離脱することになりましたね。

ずっと離脱派を残留派が拮抗していたそうで、

なんだかんだで残留するのかな。

大きな変化は起きないんじゃないのかな。

などと勝手に思っていましたが、

離脱派が勝利しましたね〜。


ちょっと驚きましたが、離脱派の皆さんの危機感を

私はとても理解できます。

この投票の前に地上波を見ていたら

不思議な解説をしていました。


離脱派の言い分

・EU域内に入った移民が大量に無審査で

イギリスに入り治安が悪化する。

・移民に仕事を奪われ雇用が減る。

・英語を話せない移民に対する社会保障費が

めっちゃかかる。

・EUに負担金を1兆円以上払い、それが東欧の

貧しい国に払われイギリスにうまみがない。

など。


残留派の言い分

・EUを脱退したら関税がかかり、経済的にマイナス。

・EU域内に入るのに手続きが煩雑になり

お金がかかる。

・イギリスに拠点を置く外国企業が

イギリスを離れるかも知れない。など。


結論

残留しないと経済的にマイナスなので、

離脱しない方が良い。

と、頓珍漢な解説をしていて驚きました。

だって、離脱しても残留しても

金額の大小はあれど

経済的にマイナスじゃないですか。


イギリス人のEU離脱願望というのは、

経済的なことだけではないと思うんですよね。


EUの法律が優先され、移民が大量に入ってきて、

イギリスの主権が徐々に失われ、

イギリスという国がなくなってしまうのでは、

という危機感がEU離脱派の根底にあると思うんです。


今後、おそらく他のEUに属する国々が

EUを離脱したいと声を上げ始めてしまえば、

あっという間にEUは瓦解するでしょう。

そうなればヨーロッパは大混乱に陥るでしょうし、

それを見て喜ぶのはロシアでしょうし、

混乱したところにさらに移民が増えれば

収集がつかなくなるかも知れません。


それでもイギリス人がEUを離脱し、

自立の道を選んだわけです。


早速株価は乱高下し、円高になっちゃいましたが、

世界が混乱しようがどうなろうが

自分の国の行く末は自分で決める!

と言うイギリスの姿勢が

ある意味羨ましくもありました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2016年06月16日

『がめつい!!!』

チーム桜子・神保京子です。

舛添都知事が辞めますね。

あの都知事の座に対する執着が本当に不様で

見ていてとても気分が悪かったです。

一つ一つは大したことのないしょぼい金銭問題ですが、

積もり積もるとなかなかの金額でしょうし、

それが都民の不満を爆発させたのでしょう。


私費を政治資金で処理していたことや、

ファーストクラスを使っていたことよりも、

都立高校の跡地を韓国学校に

貸し出そうとしていたことの方が

私は絶対に許せませんでした。


舛添さんが辞めるということですから、

この問題は一時保留になると思われますが、

次にどんな人になるかで

まだまだ油断はできませんよね。


舛添さんも、あのがめつさと知識を

都政に生かせられれば良かったのに、

強欲じいさんの成れの果てが

今の無残な姿なんですね。


早くも次の都知事候補の名前が

ぽつぽつ出始めていますが、

一体どうなることやら・・・。


私は都民ではないので、投票できませんが

ぜひ次の都知事には

もう少しまともな人間を

選んでいただきたいです。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 00:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2016年06月07日

『スズキ、がんばれ!』

チーム桜子・神保京子です。


三菱自動車の燃費不正問題からスズキまでもが

燃費の計測方法を不正に行っていた

というニュースが出て、

めちゃくちゃショックでした。

というのも、スズキのコンパクトカーソリオに

ちょうど乗り換える予定で、

お金も払ってあとは納車待ちだったからなのです。


ところが、三菱とスズキでは

全く不正の意味するところが異なり、

三菱は燃費データを水増しし

カタログ値を良く見せる悪質な虚偽でしたが、

スズキは国の定める計測方法が

天候によって左右されるために、

屋内で取った数値を積み重ねて出した独自のデータ。

と言うことで、再度スズキが国の定める方法で計測したら、

すべての車種で燃費がカタログ値よりも

上回ったそうなのです。

スズキを買った我が家は

むしろ超ラッキーでした。


三菱とスズキの大きな違いは

顧客に対して誠実かどうか。

だと思います。

メディアや国はスズキに対し

『不正!不正!国の定めた方法守れや!

』と騒いでいますが、

客であるこちらとしては、

国の測定方法とやらに不信を抱き、

スズキへの信頼が逆に増えました。

『嘘をつかない』

というのは日本人の美徳の一つだと思いますが、

顧客に対して嘘をつかないためのデータが

国に対して嘘をつくことになった

スズキを責める気にはどうにもなれません。


だって、スズキがいわゆる『不正』をしても

顧客は少しも不利益を受けないからです。

むしろ、国の方が測定方法のあり方について

再考する必要があるのではないでしょうか。

客に対して誠実であったスズキを

私は応援したいと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 15:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 神保 京子