2015年11月30日

『フジの視聴率低迷』

チーム桜子・神保京子です。


だんだんと寒くなってまいりましたね。

私は静岡と言えど山の中に住んでいるので、

もう朝はうっすら氷が張っていてすごく寒いです。

皆さんも、風邪など引かないようにお気をつけください。


ネットニュースを見ていて、思わず吹き出してしまった

ニュースがありました。

フジテレビの亀山社長が、フジの視聴率低迷は

3.11を機に変化してきたのではないか。

という見解を述べていたのですよ。

社長さんの現状分析がそれ???って感じで

びっくりしちゃいました。


今でこそ視聴率低迷のフジですが、

私も昔はよく見ていたんですよ。

古畑任三郎とか、踊る大走査線とか、

ロングバケーションなんてドラマも

見ていた記憶があります。

バラエティーもフジが面白いな〜!なんて

10年前くらいは言っていたでしょうか。


それが今では、フジで見たいと思う番組が

考えても考えても一つも思い浮かびません。

そりゃ、視聴者が見たい番組がないのだから、

視聴率はさがりますよね。

そして、それは別に東日本大震災があったから

ではなくて、 韓国ドラマを大量に放送して、

韓国人タレントをめちゃくちゃ起用して、

韓国の音楽を流しまくって、視聴者を怒らせて

数千人規模のデモまでやられたにも関わらず、

何の見解もしめさずに、視聴者と向き合わなかった

体質にあると私は思っていたのですが、

違ったのですかね?


それに、最大の原因と言えばネットやスマホの

普及によってメディアの選択肢が増えたことに

あると思うんですよ。


いつでもどこでも接続できるネットは、

自分の知りたいジャンルの情報を

即座につないでくれて、時間と場所に制限がある

テレビとは全く違った使い方を利用者に提供して

くれています。

そことどう戦うのかを考えないといけないのに、

何を震災がどうのこうのと言っているので

しょうか。


それにしたって、国民の電波を格安で使って

恵まれた環境で仕事をしているのだから、

それでもうまくいかないなら

ただ単に経営に失敗してるだけじゃないのかしら。

フジテレビの抗議デモが毎週のように

行われていた時も、見たくなかったら

見なきゃいい。と言う態度だったのが、

そっくりそのまま返ってきたということでしょう。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年11月22日

『パリのテロから一週間』

チーム桜子・神保京子です。

今年も残りわずかになりましたね。


一週間前にパリで同時テロが起きて、

132人が亡くなったそうです。

犯人達はISを名乗り、シリア難民の中に紛れ込んで

フランスにやってきたことが明らかになっているのだ

そうです。


そんな中、フランスの最大野党のマリーヌ・ルペン党首が

現行の制度に反対しこんな発言をなさいました。


「国籍法の改定も欠かせません。

二重国籍も廃止すべきです。

祖国は一つしかありえない。

どちらか選ばなければなりません。」


ルペン党首は極右政党の党首として日本では紹介され、

排外主義者とか言われておりますが、

果たしてそうなのでしょうか。


フランスは二重国籍OKの出生地主義ということで、

今回大量に流入している難民が

フランスでたくさん子供を産んだら、

その子供たちはみんなフランス国籍を

取得できるんですよね。

フランス語ができなくても、

フランスの文化を理解しなくても、

フランス料理を知らなくても

フランス人になれるのだそうです。


そのような状況下で、ルペン党首が目指すのは、

日本のような二重国籍を認めない血統主義と

帰化のみによる国籍の制度なのだそうです。


日本人の親から生まれ、日本で育ち、今後も日本で暮らすのが

普通と思っている私にとっては、当然の制度で、

ルペン党首がわざわざこのような発言をすることが

逆に不思議です。


日本のリベラルさん達は、よくフランスの自由な制度を

褒め称えますが、それによってもたらされるたくさんの

不利益をほとんど伝えてくれません。

安価な労働力として何十年も受け入れてきた移民が、

もといたフランス人の雇用を奪い、

フランスの文化に溶け込まず、

社会不安をもたらす側面を

日本もしっかりと見ていかなくてはいけないと思います。


そもそもシリアという国をぐちゃぐちゃにしたのは誰か?

という問いは今回置いておいて、こと移民問題に関しては、

安易に日本も移民をもっと入れるべきという意見には

到底賛同できそうもありません。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年11月14日

『大統領を越える存在???』

チーム桜子・神保京子です。


長らく軍事政権が続いていたミャンマーで総選挙が行われ、

アウンサンスーチー氏率いる国民民主連盟(NLD)が大勝し、

政権交代が見込まれるとのことです。


アウンサンスーチーさんは、外国メディアに対して、

『次期大統領には何の権限も無い。

自身の大統領就任を禁じた憲法規定合わせるために

任命したに過ぎない。私が全てを決する。』

と述べたそうなんです。

全部の文脈が分からないのですが、この言葉だけを聞いたら

スーチーさん、めちゃくちゃ言ってません???


ミャンマーの憲法の規定に家族に外国籍の人がいたら

大統領になれない。というのがあって、

亡くなったイギリス人の旦那さんとの間に

イギリス籍の息子さんがいるために大統領になれないのだ

そうです。


う〜ん。


だったら息子たちをミャンマー籍にするとか、

それが嫌だったら、改憲を目指して

その後に選挙をもう一回やって大統領を目指せば

いいんじゃないでしょうか?


ミャンマーの歴史をチラッと調べてみたら、

イギリスがミャンマー(ビルマ時代)に対して行った統治が

もうめちゃくちゃで、独立後の軍事政権がイギリスに対して

ものすごい不信感と警戒心を持つのは

当たり前なんじゃないでしょうか?


イギリスはミャンマーを統治するときに、

イスラム教徒のインド人や華僑を入れて

他民族宗教国家に作り変え、山岳民族(カレン族など)を

クリスチャンにして統治に利用、民族による分割統治を

行ったそうなんです。

それで、

インド人→金融

華僑→商売

山岳民→軍、警察

ビルマ人→最下層の農奴

に分断したために、現在でも

民族間の対立の元になっているのだそうです。


こんなに酷いことされても、イギリスに留学し、

イギリスで政治、経済、哲学を学び、イギリス人と結婚し、

イギリス人の子供をもうけたアウンサンスーチー氏に

前政権が警戒感を持つのはある意味、

不思議ではないのじゃないかと思ってしまうのです。


日本の報道だと、まるでミャンマーに夜明けが来たかのような

歓迎振りですが、今後、スーチーさんがどのような政治手腕を

発揮するのかは未知数ですし、どうにもミャンマーの未来が

本当に明るいものになるという確信が持てません。

とはいえ、日本は大戦中にビルマの独立を助けるために

イギリスと戦った仲間でもあります。

これからのミャンマーが繁栄してくれることを

心から祈っています。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 14:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 神保 京子 

2015年11月05日

『一人っ子政策からわかること』

チーム桜子・神保京子です。


最近、中国が一人っ子政策を転換し

二人まで子供を作っていいですよ。

という方向に変わったそうですね。

何と言うか、相変わらず強引ですね〜。


一人っ子政策と言えば、私が北京に留学していた

およそ10年前ですが、『無痛中絶』と書かれた看板が

そこら中に貼られていました。

それから、私が借りていたアパートの入口の上部に

『子作りは計画的に!』という標語が貼られていたり、

コンドームの自動販売機があったりして、

なんじゃこの国は〜???と思ったものです。


一人っ子政策自体は小中学校の社会科の授業

で習うほどメジャーなものですが、その影で今まで

一体何万人、何億人の赤ちゃんが中絶されてきたので

しょうか。

一人しか産めない中国では家督を継いだり

労働力になる男の子の方が望まれるために

女の子の場合には中絶されてしまうのだとか。


そのために男女比のバランスが崩れて、

男が多くなっているらしいです。

と言うことは、中絶は性別が分かってから

行われるんですよね・・・。

それって、結構お腹の中で

赤ちゃん育ってますよね・・・。

性別がわかるのが日本だと

早くて妊娠5〜6ヶ月みたいですけど、

エコーの具合でちゃんと診断できなければ

もっと遅いわけで、そうなると

もうお腹も出っ張ってきて、胎動も感じるはず・・・。

それを強制中絶って、なんてグロテスクで

恐ろしいことをするんだろう。


日本だと赤ちゃんはよく神様からの授かり物なんて言って、

男だろうと女だろうと授かったものを大切にしますが、

中国様は全く赤ちゃんに対する根本的な考え、

意識が違うんですね。

日本の学校でも一人っ子政策は社会の授業で勉強しますが、

その影で中絶されていく胎児のことや、究極の男女差別や、

命に対する意識の違いなど、この政策から読み取れる

ありとあらゆる日中の違いもあわせて学ぶことが

大事だと思いました。

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 16:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 神保 京子