2010年09月18日

『おいおいおい!これでイイのか?”国際理解授業”』

チーム桜子・長野 衣美です。


先日、小学校三年になる息子が、学校から帰宅するなり、

「アニョハセヨ〜」と元気に叫びました。


「はいいい? なんじゃそりゃ? どこで覚えたの?」

と私が聞くと、

「今日学校に韓国の人が来て教えてもらった」とのこと。


確かに! その日の授業は特別授業で

『国際理解』というものがありました。


『国際理解』というからには、

いろんな世界のお話が聞けるのかな。

楽しそうだなと 私も思っていたのですが・・。


でも実際は「国際」といえど、

お勉強するのは「韓国」の文化のみ。


おいっ!

いつから国際=韓国になったんだい?


息子に何を習ったのかと尋ねたら、

三班に分かれて言葉や遊びや文化など、

それぞれ興味のあるジャンルのお話を聞いたり

体験したりしたそうな。


まあいいさ。韓国の遊びや言葉を覚えたって、

何も悪いとは思わないけれど、

ちょっと待って! 

果たして学校はどんな基準で

200近くある国の中から韓国を選び

『国際理解授業』と銘打ったんだろうか?


例えば生徒達に興味ある国はどこ? 

とアンケートを取ったのだろうか?


その疑問を後日息子の担任の先生に聞いてみた。


結果は

「いや、アンケートなどは取ってませんが、

毎年恒例で韓国の方を呼んで

国際理解授業するというのが

年間スケジュールに組み込まれてまして・・」

とのことでして・・。


補足のように

『夏休み明けに、国語の授業で

"三年峠”という韓国のお話をすることの意味もあって・・』

とおっしゃっていました。


ほほう。


じゃあ「スイミー」の授業の前には

アメリカの国際理解授業はしないのかい?


「スーホの白い馬」の授業の前には

モンゴルの国際理解授業はしないのかい??


ついでに先生に

「その韓国の方々は

どこからの派遣で来られているのですか?」

と聞いてみましたら

「さあ・・」とのご返答でした。


で、調べてみました。


『民団新聞』のバックナンバーを。

愕然としました・・。


以下、民団新聞に書かれていた内容です。


記事は2001年のものですが、

ほかにも民団新聞のバックナンバーを調べたら、

いろんな地方で『国際理解授業』は行われていて、

各地で「絶賛」されていることが分かります。


「このときばかりは

教室で引きこもりがちがちな生徒までが夢中になり、

担当教師をびっくりさせていた。」とか、

「はじめは隅のほうでひっそりしていた在日の子が、

私たちとの出会いを通して

自らの出自を明らかにしてくれることもあった」

とか

おいおいおいおいおいおい・・・!

・・と突っ込まずにはいられない主観的かつ、

自画自賛的なこの記事!


で、やっぱり、『国際理解授業』は、

韓国以外のお国を選んでもいいんじゃないか!!



民団・日教組=民主党支持・・。

これ、偶然?

引く手あまた国際理解教育 「三年峠」で児童の関心


1205_b2.jpg

ペンイに目を輝かせる児童(川崎市立小田小で)


【神奈川】

川崎市内の公立小学校などで

国際理解教育の授業を行う川崎市教育委員会の

「民族文化講師ふれあい事業」が好評を博している。

この事業は市教委の主導で5年前から続いているが、

学校からの依頼の約3分の2が

川崎市ふれあい館の韓国文化講座に集中している。


2学期は国語の授業で

韓国の民話「三年峠」を学ぶためか

特に多忙を極めるという。


■□■□■□


川崎市民族文化講師ふれあい事業

依頼校の3/2が韓国文化要請


川崎市ふれあい館の学校訪問は神奈川県内全域を対象に

7、8年前から続いている。


ただし、市教委が

「民族文化講師ふれあい事業」として予算化した今は、

川崎市内の依頼校を回るだけで手いっぱい。

訪問先はほとんどが小学校だ。


この2学期、小学校では

3年生が国語の時間に韓国の民話「三年峠」を学ぶ。

児童の韓国への関心の高まりを受けて、

学校側が市教委に依頼するという例が多い。


ふれあい館では出し物として

マダン劇「三年峠」と、

子どもたち自ら民族楽器やチョゴリに触れ、

韓国の遊びを実体験するワークショップ形式の2つを

用意している。

チームは4人、ないしは6人で構成。

メンバーはその都度、

ふれあい館職員の朴栄子さんが

同館を運営する社会福祉法人青丘社の周辺に集う

同胞ボランティアに声をかけて編成している。


11月29日は市教委からの要請を受け4人で

市立小田小学校(平沢公子校長、500人)を訪問した。


体育館で自己紹介の後、各自が手分けして

チャンゴ演奏、民俗ノリ、韓国語学習、

チョゴリの試着などの各コーナーを担当した。

このときばかりは

教室で引きこもりがちがちな生徒までが夢中になり、

担当教師をびっくりさせていた。


最後に全体会を締めくくるにあたって朴栄子さんは

子どもたちに「違いを大切に」と呼びかけている。

この日は同小では

在日同胞子弟の在籍が確認されていたためか、

朴さんの話にはふだんよりも熱が入っていた。

この体験学習をただの文化交流や

文化理解だけにとどまらせず、

誰もが「共に生きる」国際理解教育の一環に

したいからだ。


朴さんは

「はじめは隅のほうでひっそりしていた在日の子が、

私たちとの出会いを通して

自らの出自を明らかにしてくれることもあった。


すぐ近くにいる違う文化を持つ人と

一緒に生きていくことが大事なのだと

子どもたちに伝えていきたい」と話している。

(2001.12.05 民団新聞)

 
 
ブログ村 ブログ村
posted by チーム桜子 at 19:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 長野 衣美